動画 ダウンロードランキング。 【完全無料】2020年版の動画編集フリーソフトランキング14選!window&Mac版!

Windows10動画ダウンロードソフト5選

動画 ダウンロードランキング

ダウンロードサイトのオススメランキング ダウンロードの説明がかなり長くなってしまったので、最初にサイト名だけの簡単なランキングを紹介しておきます。 サイト名をクリックすればそれぞれのサイトへ飛べます。 ランキング 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位MXONE 1位 ClipConverter. cc 『ClipConverter. cc』はYouTube動画をダウンロードできるサイトで一番オススメです。 音楽と動画の両方をダウンロードでき、よく使われる変換形式を一通り揃えています。 また、動画を切り取って保存することができるので、無駄な部分を削除してダウンロードすることができます。 慣れるまでは動画の切り取りが面倒ですが、ダウンロードするだけならすごい簡単です。 URLをコピペして変換形式を選択するだけでダウンロードすることができます。 簡単にダウンロードでき、ダウンロード形式や切り取りなどカスタマイズができるという点で1位になっています。 参考: 2位YouTube爆速ダウンロード シンプルで簡単という点ではNO1のダウンロードサイトです。 形式のカスタマイズが出来ないので2位になりました。 URLを貼って変換を押すと1秒くらいで変換が終わるので、形式を選択して保存するだけです。 ただ、画像で見ても分かるように広告がかなり貼られているので、広告を押さないように気をつける必要があります。 広告が多いのはデメリットですね。 3位dirpy 『dirpy』は音楽と動画のどちらでも保存できるサイトです。 『dirpy』は動画の切り取りとタグの編集をすることができるというメリットがあります。 『ClipConverter. cc』ではタグの編集はできませんからね。 ただ、変換形式の種類が『ClipConverter. cc』よりも少ないので、『ClipConverter. cc』の劣化版のような印象のため3位になりました。 4位Apowersoft フリーオンライン動画兼音声変換ツール 『Apowersoft』も音楽と動画の両方に対応しているダウンロードサイトです。 『Apowersoft』の特徴は変換形式の種類の多さです。 動画の変換形式では、MP4 AVI MOV WMV WEBM ASF MKV MPG 3GP DV SWF FLV VOBと、普段は使わないような形式まで対応しています。 変換形式は多いのですが、YouTubeの動画をダウンロードするだけならそんなに形式は必要はないため、4位になります。 5位offliberty 『offliberty』も音楽と動画の両方に対応したダウンロードサイトです。 他のサイトと同様にURLをコピペして変換保存するタイプです。 ただ、『offliberty』は変換形式がかなり少ないです。 音楽ならMP3、動画ならMP4しか対応していません。 YouTubeの動画ならMP3とMP4の形式で十分なのですが、一応『ClipConverter. cc』くらいの変換形式は欲しいところです。 『offliberty』は変換形式の少なさから5位になりました。 スポンサーリンク 6位 TokyoLoader 『TokyoLoader』はダウンロードサイトではなく、PCにインストールして使用するダウンロードツールになります。 なので一度インストールする必要があるのですが、インストール後はワンクリックで動画を保存することができます。 OSはWindows・Macの両方に対応、IE・Chrome・Firefoxなどの主要ブラウザにも対応しています。 ワンクリックで保存できるのでかなり便利なのですが、PCにインストールする必要があるので6位になりました。 7位Vid-DL — 動画ダウンロード保存支援ツール 『Vid-DL』はシンプルで使いやすいダウンロードサイトです。 他のサイトと同様にURLをコピペして変換保存できます。 『Vid-DL』はYouTubeだけでなく、他の動画サイトの動画も保存することができるという特徴があります。 ただ、保存できない動画が意外と多いというデメリットがあるため、順位は7位となります。 8位FLVTO 『FLVTO』は他のサイト同様に音楽と動画の両方に対応しているダウンロードサイトです。 シンプルなダウンロード方法で使いやすいのですが、変換形式が少ないという点で8位となります。 9位 KeepVid 『KeepVid』はURLを入力するだけで変換保存できるダウンロードサイトです。 他のサイト同様にシンプルなダウンロード方法なのですが、• 海外サイトのため英語が読めないと使いにくい• 変換するときにエラーが起こりやすい という2つのデメリットがあるので順位は9位となります。 一応YouTubeの動画をダウンロードできるので紹介しましたが、あまりオススメはできないサイトです。 特別編:MXONE MXONE 『MXONE』は有料ソフトなので特別編として紹介していますが、他の無料サイトと比べると使いやすさは抜群に良いです。 有料ソフトなんだから当たり前と言われてしまえばそれまでなのですが、 変換保存の速度・高音質・サポートといった点で他のサイトから頭二つくらい抜けています。 再生時間が30分以上の長い動画を保存するときにぴったりのソフトです。 再生時間の長い動画だと他の無料サイトの数倍は変換保存が早く終わります。 長編動画を頻繁に保存していて音質や画質に拘りたいっていう人にはオススメのソフトだと思います。 ダウンロードするときの注意点 これから紹介したサイトを使ってYouTubeの動画をダウンロードすると思いますが、違法ダウンロードをしないように気をつけて下さい。 無料動画としてアップされていたとしても、映画やアニメなどの著作権が関わってくる動画は違法にアップロードされた動画です。 ダウンロードサイトを使えばそういった動画もダウンロードできるのですが、違法なのでやらないようにしてください。 参考:.

次の

安全に動画を無料ダウンロード出来るおすすめフリーソフトランキング

動画 ダウンロードランキング

(フリーソフト) ・ブラウザ上で使えるのでMacでも利用可能。 ・無料動画ダウンロードソフトの中では最も対応動画サイト数が多い。 ・Firefoxのアドオン、Google Chromeの拡張機能なので導入が非常に簡単。 ・動作が軽快。 ・動画だけでなく、画像も保存できる(リンク先の画像を一括で保存する機能) ・ダウンロードした動画を他のフォーマットに変換できる。 デメリット ・日本語化されていない。 ・公式サイトや使い方の説明など全て英語なので、エラーが出た時などに解決するの結構大変。 ・複数の動画ファイルを一括で保存できない。 ・ブラウザのバージョンアップ(特にFirefox)で使えなくなったり、ダウンロードエラーが発生したりすることが結構ある。 (対処法としてはブラウザのバージョンを前回に戻す方法が有効) その他 ・海外製ソフトである。 ・世界で最も利用者が多い動画ダウンロードソフトである。 ・画像一括保存機能は、画像掲示板にアップロードされた画像やブログ、SNS(アメーバブログやtwitter、Facebookなど)に投稿された画像、イラスト投稿サイト(pixivやニコニコ静画など)に投稿されたイラストなどをを一気に保存する場合に役立ちます。 ・有志の方々によりvideo downloadhelperの日本語化ファイルが作られ配布されているそうです。 ただ、導入が少し煩雑なので、どうしても日本語化したいという方以外は導入しない方よいと感じました。 ・2012年に「PC Magazine」で最も優れたFirefoxアドオンと評価されたそうです。 ・2013年にGoogle Chrome版もリリース。 (以前はFirefoxのみでしか使えなかったが、今はGoogle Chromeでも使えるようになった。 ) 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 このソフトの特徴はFirefoxやGoogle ChromeなどのWebブラウザ上で動くことと、サポートしている動画サイト数が多いこと、強力なファイルのダウンロード機能である。 かなり昔からあるソフトであり、現在も開発も継続されドンドンと高機能、多機能化している。 日本ではCraving Explorerに次いで有名な動画ダウンロードソフトだが、機能的にはVideo DownloadHelperの方が上である。 MXONEには機能的に録画機能とストリーミングダウンロード機能があるので及ばないが、無料でここまでダウンロード出来る機能を備えたソフトは他にない。 動作が軽く、サクサク動画を保存できる。 また、Web上で動くのでインストールして使うソフトよりも導入が楽。 ダウンロードできる動画はアドオンが動いて知らせてくれるので非常に分かりやすい。 日本語には対応していないが、Video DownloadHelperの使い方を説明したに日本のブログなどが多いため、それらを参考にすれば使い方は迷わないだろう。 ただ、Craving Explorerなどの日本製ソフトから乗り換えてきた人にとっては英語アレルギーが出るかもしれない。 このソフトを便利に使うには設定などを変更する必要があったりするので、利用する際は「Video DownloadHelper 使い方」などでGoogleで検索して、キチンと使い方を理解してから利用したほうが良い。 機能が良いだけにもったいない。 世界的に有名な動画ダウンロードソフト。 すでに使っている人、ソフト名を聞いたことがある人も多いだろう。 使いにくいが高機能、無料系動画ダウンロードソフトのナンバーワン。 ソフトを一々立ち上げる必要がなく、非常に軽い。 ブラウザのアップデート後はエラーも多いが、ユーザー数も多いのでサポートがすぐに対応してくれるのが心強い。 長く使われてきたソフトなので信頼感もある。 また、インストール型ソフトが主流の動画ダウンロードにおいて、今のITの流れであるWebにきちんと対応している点が非常に素晴らしい。 使いやすさが気にならなければ、無料の動画ダウンロードはこれで決まり。 ちなみに、FirefoxよりもGoogle Chromeの方がブラウザのアップデートでエラーが少ないのでオススメできる。 今後にも非常に期待が持てるソフトの1つである。 ・動作が軽い。 (サクサク動く) ・動画ダウンロードエラーが少ない。 その他 ・Webアプリケーション ・保存される動画のフォーマットはmp4であることが多いです。 ・(2020年1月7日追記)新たにTwitterの動画に対応したようです。 現在の対応サイトまとめ 【】 ・You Tube ・Twitter ・Instagram ・Dailymotion ・Vimeo ・LINE BLOG ・Bilibili 【】 ・XVIDEOS ・Pornhub ・TOKYO Motion ・xHamster ・Tube8 ・SpankWire ・ShareVideos ポケットダウンローダーのURL解析能力の強さはサーバー技術。 Web技術(HTML5)は進化して、どんどんWeb上で出来ることは増えていますが、やはりまだインストール型ソフトには敵わない点は多いです。 特に、動画サイトからの動画のダウンロードなどの複雑で重たい処理になると、インストール型ソフトなら出来る処理でもWebアプリケーションだと出来ないことも多々あります。 最近の動画サイトは動画のダウンロード対策として拡張子のダミー化、データの暗号化など色々なこと行っているので、動画のダウンロードは更に難しくなっているようです。 では、なぜポケットダウンローダーはインストール型のソフト並のURL解析能力を持っているのか。 理由は、ポケットダウンローダーはWebでは出来ないこと、苦手なことをサーバー側で処理しているからです。 ざっくり説明すると、難しい作業はサーバー側でやらせて、簡単な作業はWebで行う、といった感じです。 最近、そういう技術がIT業界で注目され始め、Webアプリケーションなどに応用されているようです。 iPhoneで使える動画ダウンロード系のWebアプリケーションはポケットダウンローダーだけ。 「」にも書かせて頂きましたが、WebアプリケーションはPCやスマートフォン、タブレットなど色々な端末から利用できるという特徴を持っています。 ただ、動画ダウンロード系のWebアプリケーションに関しては、iPhoneからの利用の場合、なかなかうまくいかない場合が多いです。 というのも、iPhoneにはファイル操作の概念がないのでWebアプリケーションで動画の解析はできても、そこから動画の保存までは出来ないのです。 気になる方は、一度iPhoneで動画ダウンロード系のWebアプリケーションを使って動画の保存まで出来るかお試しください。 ポケットダウンローダーの場合は、PCからの処理とは異なる方法で処理することで、うまい具合にiPhoneにダウンロードできるようになっています。 ちなみに、Androidの場合はポケットダウンローダー以外のWebアプリケーションからでも動画保存まで可能です。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 今注目のWeb技術を使った動画ダウンロードWebアプリケーション。 動画編集機能やフォーマット変換機能などの動画のダウンロードに関係ない機能は一切付いていません。 動画をダウンロードするために最も重要な、動画解析機能だけに特化しています。 なので、機能数で言うと、他の動画ダウンロード系のソフトやアプリケーションに劣ります。 機能数が少ない、多機能ではない、という点は人によって評価が別れるところだと思いますが、私は問題ない、むしろそちらの方が良いと感じました。 動画を編集したり、動画のフォーマットを変換することではありません。 動画編集やフォーマット変換は他のフリーソフトでも出来ますし、そちらのほうが高機能だったりします。 しかも、それらの機能をつけることで動作が重くなったり、動画ダウンロードエラーに繋がったりすることもあるので、いっその事、外してしまうのが正解なのかもしれません。 それが理由かはわかりませんが、ポケットダウンローダーは他の動画ダウンロード系のソフトやアプリケーションに比べて、圧倒的に動画のダウンロードエラーが少なかったです。 基本的にWebアプリケーションは旧来型のインストール型ソフトよりも使いやすいケースが多いです。 動画ダウンロード系のWebアプリケーションに関しても、それが言えると思います。 今まではCraving Explorerのようなインストール型の動画ダウンロードソフトが使いやすくて個人的に好きでしたが、Webアプリケーションの手軽さを体感してしまうと、インストール型ソフトを立ち上げるのが面倒くさく感じてしまいます。 アクセスすればすぐに使え、ソフトのアップデートも必要なく、定期的に来るWindows Updateで急にソフトが突然使えなくなる、なんてことがありません。 ポケットダウンローダーはそれに加えて、広告や余計な表示、機能がないので動作のサクサク感が他のWebアプリケーションよりも良かったです。 また、PC以外にもスマートフォンやタブレットからでも利用でき、各端末に合わせて画面サイズや操作方法が最適化されているので、小さい画面でも操作しやすかったです。 使いやすさに関しては、基本的にPCからの使いやすさを評価していましたが、Webアプリケーションが流行っている今はこういったモバイル端末からの使いやすさというのも重要な気がしました。 私はiPadとiPhoneからも使っているのですが、PCのない環境、例えば通勤中の電車の中や外で休憩中の時、寝る前のベッドの上などでも使えるのは、思っていた以上に便利でした。 ただ、使うブラウザによって動画ダウンロードまでの動作が異なるので、最初は使い方の説明を見ないとよくわからないかもしれません。 このアプリケーションの最大の売りはマルチOS対応だと感じた。 今まで、動画ダウンロードソフトはパソコン用が主流だったが、このアプリケーションはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも使える。 動画ダウンロードといったらPCで行うというのが常識だったため、初めてスマートフォンで動画がダウンロードできたときは少し驚いた。 すでにパソコンを使っている人よりもスマートフォンやタブレットを使っている人のほうが多いというデータがあるので、スマートフォンでも使えるWebアプリケーションが今後主流になっていくのだろう。 動画のダウンロードに必要ない機能やボタンは一切ない、フレキシブルUIというのも、今風で良いと思う。 ただ、まだ対応動画サイト数が少ないので、そのあたりは不満が残る。 今後対応サイトを増やしていくようなので、今後に期待。 メリット ・日本製ソフトである。 ・無料で利用できる。 ・対応サイト数が非常に多い(デフォルトの対応サイト数は少ないが、各動画サイトのダウンロードスクリプトを追加することにより対応サイトを増やすことが出来る) ・フォーマットの変換機能あり。 ・動画ダウンロードスクリプトはオープンソースで開発されている。 ・スクリプトのサポートがしっかりしている(ダウンロードエラーが出た場合などに報告があるとすぐに対応してくれる) デメリット ・動作が重い。 ・Macでは利用できない。 ・違法ダウンロード刑事罰化あたり(2012年)から、ソフト本体の更新が停滞気味(スクリプトは更新されています) ・追加スクリプトを入れない状態(デフォルトの状態)ではYou Tubeとニコニコ動画、Dailymotionしかダウンロードできない。 ・追加スクリプトを追加する作業が結構面倒くさい(なぜ最初から入れておかないのか?) ・追加スクリプトを入れても動画ダウンロードエラーがよく起きる。 その他 ・日本で最も使われている動画ダウンロードソフトである。 ・様々なサイト、IT系雑誌で紹介されている。 ・ブラウザ型の動画ダウンロードソフト。 ・2006年からリリースされているソフトです。 ・2015年に公式ページをリニューアルしている。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 無料の国産動画ダウンロードソフトの中では最も高機能。 デフォルト状態の対応サイト数は少ないが、スクリプトを追加することで対応サイト数を増やすことが出来る。 スクリプトはオープンソースで開発されていて、この動画ダウンロードソフトのオープンソース化というのは今までにない非常に素晴らしいシステムである。 スクリプトはJavaScriptで書かれているので、出来ればソフト自体をWebアプリ化、もしくはブラウザ用のアドオン化して欲しいところだがその動きは全く無いようだ。 また、2013年頃からソフト本体の更新が停滞気味なのでOSが変更した場合の対応など心配な面はある(理由は全体評価の蘭で説明します)。 ただ、スクリプトはオープンソースなので機能面は相変わらず良い。 Craving Explorerは海外製動画ダウンロードソフトが多い中現れた数少ない国産動画ダウンロードソフトの一つである。 日本で動画ダウンロードソフトと言えば、このCraving Explorerを連想する人は多いと思う。 あるいは、Craving Explorerしか知らない人も多いのではないだろうか。 日本人向けに作られた使いやすいUI、対応サイト数も多く、今でも非常に多くの人に使われているソフトです。 ただ、2012年に出来た違法ダウンロードに関する法律(違法ダウンロード刑罰化)によりCraving Explorerを含む国内の無料動画ダウンロードソフトの立ち位置は微妙(グレー)になり開発は停滞気味になってしまった(2012年の夏頃から開発終了、ソフトの配布終了、サポートストップをしてしまった国産動画ダウンロードソフトが増えました)。 Craving Explorerにおいては、今までなかったような基本的な部分のエラーが報告されたり、エラーへの対応の遅さが目立つように(違法ダウンロード刑罰化により、Craving Explorerもなくなるのではないかという話題が一時ネット上で盛り上がりました)。 結果、他の(海外製の)ダウンロードソフトに乗り換えてしまった人も多い。 オープンソースでここまで生き残っている感があるので、ここから先が非常に心配なところ。 この動画ダウンロードソフトのオープンソースでの開発はこれからのトレンドになりうる素晴らしいシステムなので是非続けていった欲しい。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・フォーマット変換機能あり。 ・日本語化されている。 ・ダウンロードスピードが速い。 ・対応サイト数が非常に多い。 デメリット ・Macでは利用できない。 ・更新が結構前に止まっている。 (開発中止?) ・インストール時に不要なソフトをインストールさせられる。 (チェック外すことで回避可能) その他 ・海外製ソフトである。 ・GIGAZINEでの掲載歴あり。 ・2010年からリリースされているソフトです。 ・有料版もある。 (永久版だと1ドル100円換算で2000円くらいです) ・寄付制度がある(海外では割と一般的らしいです) FreeMakeDownloaderは危ないソフトなのか? FreeMakeDownloaderは2015年頃から、ソフト本体(FreeMakeDownloader)と一緒に不要なソフトを抱き合わせでインストールされるようなシステムになってしまったようです。 一部セキュリティソフトでは、それらの不要なソフトをウィルスとして認識しているらしく、結果本体のFreeMakeDownloaderもウィルスなのではという疑いがかけられてしまった、というものです。 実際は、不要なソフトというのはウィルスソフトではないので、アインストールしてしまえば特に問題ない。 (ディレクトリを汚されるけど…) もしくは、インストールのウィザード画面で、「追加ソフトウェアをインストールする」というステップの時にチェックマークを外せば不要なソフトのインストールを防げる。 なぜソフト開発者はこんな迷惑なことをするのかというと、これら不要なソフトをユーザーがインストールすると、そのソフトの会社から報酬がもらえるからです。 海外製ソフトのフリーソフトではこういったソフトは珍しくはありません。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 日本ではあまり知られていない動画ダウンロードソフトだが、海外では結構有名なソフト。 日本人ユーザーが少ないからか、仮に日本で人気のある動画サイトのダウンロードエラーが発生しても対応に時間がかかったりする。 これから、日本人ユーザー数が増えてきたらサポートも手厚くなるかもしれないので、今後に期待。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・Macでも利用可能。 ・日本語化されている。 ・メディアプレイヤーとしても使える。 ・フォーマット変換機能あり。 ・動画編集機能あり。 ・CD,DVDへの書き込み機能あり。 ・動画の保存形式が多い。 ・海外の動画サイトに強い。 ・iPhoneやiPad、アンドロイド端末など色々なデバイスと連携できる。 ・クラウドサービスも開始。 デメリット ・利用するブラウザによってエラーが発生することがある。 (IEでは少ないが、Google Chromeでのエラーが多い) ・多機能だが全機能を使う場合にはプレミアムプランへアップグレードが必要となる。 ・アドオンでのエラーが結構多い。 ・Windows VISTA以前のOSでエラーが多く報告されている。 ・ソフトがアップデートしても日本への公開は遅れる。 その他 ・Video DownloadHelperと同じく世界で非常によく使われている動画ダウンロードソフトの一つである。 ・クラウド型のサービスもあり。 ・海外製動画ダウンロードソフトである。 ・非常に歴史のある動画ダウンロードソフトである(1995年から) ・2014年12月20日脆弱性が発見された(現在は修正済み) ・RealPlayはサービス終了したようです。 (動画編集機能がメインです) 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 動画のダウンロード、動画の編集、動画の再生をすべてこなす多機能ソフトだが、その結果エラーが多くなっている。 以前はエラーも少なかったため、非常に残念。 クラウドサービスや色々な端末での連携サービスなども開始されたが、どれもダウンロード機能の強化とは関係ないのでこちらも残念。 RealPlayerに似ている動画ダウンロードソフトのFreeMakeDownloaderと比べると機能、使いやすさの点で見劣りする。 メリット ・無料で利用できる。 ・日本語化されている。 ・Macでも利用可能。 ・動画ファイル形式変換機能あり。 ・動画を3D化することができる。 ・動画編集機能あり。 ・中国系動画サイトに強い。 デメリット ・有料ソフトである。 ・動作が重い。 その他 ・中国製ソフトである。 ・日本ではあまり人気のソフトではない。 ・90日の返金保証あり。 (返金保証については、返金ポリシーというものがありこの条件に当てはまらないと基本的には返金は受け付けてもらえないようです) ・対応サイト数は普通程度。 ・2015年くらいにサイトをリニューアルしている。 ・中国の香港に本社がある会社のようです。 ・Aiseesoftは動画ダウンロードソフトだけでなく、動画プレイヤーやデータ復元ソフトなども販売している。 ・ソフトの受賞歴あり(基本的にこういった賞は身内賞、お金を出せばもらえる賞なのでほとんど意味が無い、中身が無いものが多いので注意) 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 有料ソフトならもう少し機能をアップしてもらいたかった。 無料ならまだしも、お金を出してまでこのソフトに拘る理由はない。 このレベルの動画ダウンロードソフトなら無料でたくさん存在する。 メリット ・日本語化されている。 ・無料で利用できる。 ・Macでも利用可能。 ・マイナーな動画サイトへに対応している。 ・Webアプリケーションである。 デメリット ・主要動画サイトへの対応が弱い。 (対応サイト数が少ない) ・利用するための設定方法がかなりややこしい(Javaのインストールやセキュリティ設定、JavaAppletの設定などが必要となる) その他 ・海外製である。 ・リリース開始年度は不明だが、かなり昔から存在する動画ダウンロードサイトである。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 他の動画ダウンロードサイトで対応しきれていないマイナーな動画サイトのダウンロードにはVid-DLを使う、という使い方が良い。 全ての主要動画サイトに対応しているわけではないのでメインで使う動画ダウンロードソフトにするべきではない。 このUIで対応サイトを増やして利用設定などがなければ、一気に大人気動画ダウンロードソフトになるポテンシャルを持っているいるだけに、もったいないソフトである。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・フォーマット変換機能あり。 ・日本語化されている。 デメリット ・Macでは利用できない。 ・広告の表示が多く、消さないと再生を開始できない広告もある。 ・ダウンロードスピードが遅い。 ・対応サイト数が少ない。 その他 ・海外製ソフトである。 ・2008年に出来たソフトだが、すでに開発が終了している。 ・サポートも終了している。 ・公式サイトで書かれている動作環境はXPのみだが、Windows7、8でも動いた。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 Craving Explorerのような動画ダウンロードソフトだが、機能的にも対応動画数的にもCraving Explorerに劣る。 Craving Explorerの下位互換ソフトと言った感じ。 まだ使えるソフトだが、ソフトの開発もサポートも終了しているので、このまま廃れていってしまうのだろう。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・Macでも利用可能。 デメリット ・日本語化されていない(個人サイトでの日本語パッチ配布はありました) ・インストール時に不要なソフトをインストールさせようとする。 ・以前は対応サイト数は多かったが、今は少ない。 (ソフトの更新が遅れている) ・主要動画サイトに対応していない。 その他 ・中国製ソフトである。 ・以前はかなり有名な動画ダウンロードソフトだった。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 以前はVideo DownloadHelperに並んで海外で有名な動画ダウンロードソフトだったが、今ではVideo DownloadHelperに機能でも使いやすさでも劣っている。 日本でも結構有名だったが、不要なソフトをインストールさせようとする使用になったため利用者が激減した模様。 変にインストールするとパソコンが重くなったりするので注意が必要。 メリット ・無料で利用できる。 (フリーソフト) ・日本語化されている。 ・ダウンロード機能以外にもいろいろな機能がある。 デメリット ・Macでは利用できない。 ・主要動画サイトに対応していない。 その他 ・海外製ソフトである。 ・2006年からリリースされているソフトです。 ・2014年に(EASTにより)ウィルスが検出されたが、開発元からは何もアナウンスがない模様。 今後の動きに注意。 メリット ・日本製ソフトである。 ・Mac版もある。 (DLX) ・対応動画サイトが非常に多い。 ・コンテンツプロバイダ(動画サイト)にダウンロードブロックされている動画さえもダウンロードできる。 ・(有料)会員限定サイト内の動画もダウンロード出来る。 ・埋め込み動画もダウンロード出来る。 ・SNSにアップロードされている動画もダウンロード出来る。 ・マイナーな動画サイトの動画もダウンロード出来る。 ・ニコニコ生放送やUSTREAM、TwitCasting(ツイキャス)、YouTube Liveなどのライブストリーミングサイト(生放送サイト)にも対応している。 (コメントも保存可能) ・一括ダウンロード機能あり(複数の動画を同時ダウンロードできる) ・自動録画機能あり(ダウンロード出来ないタイプの動画はこの機能で保存します) ・動画ダウンロードスピードが非常に早い。 ・動画ファイルの形式を変換する機能あり。 ・自動検出機能で勝手に動画をダウンロードしてくれる。 ・動画の画質を劣化なく保存するこのが出来る。 ・アドオンでブラウザと連携可能。 ・サポートが充実している。 (日本語によるサポートが受けられる) デメリット ・有料である。 ・価格が高価。 ・エディションにより価格が変わる。 (エディションによって使える機能に制限がある) その他 ・30日安心保証付き。 ・サポートあり。 ・2014年からリリースされているソフトです。 ・2015年にMXONEからMXONE2バージョンアップ。 ・2016年に販売中止されました。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 使用感は「Craving Explorer」をさらに機能強化したような感じの動画ダウンロードソフト。 動画ダウンロードソフトの中でも最も高機能と言ってよいだろう。 このソフト一つでほぼすべての動画サイトの動画をダウンロードするの事が可能というのは非常に心強い。 ただ、高価なソフトなので、まずは無料動画ダウンロードソフトの「Video DownloadHelper」や「Craving Explorer」を使ってみて、満足できなかった場合や価格と機能のコストパフォーマンスを考えて割に合うと思った場合、MXONEでしかダウンロード出来ない動画がある場合、利用を考えた方がいいでしょう。 メリット ・日本語化されている。 ・Macでも利用可能。 ・iPhone、Androidなどのスマートフォン端末、タブレット端末からでも利用可能。 ・UI(ユーザーインターフェース)がシンプルで使いやすい。 ・Webアプリケーションである。 デメリット ・有料ソフトである。 ・対応サイト数が少ない。 その他 ・海外製ソフトである。 機能 操作性(使いやすさ) 総合評価 Webアプリケーションとは? Webアプリケーションというのは、FirefoxやGoogle ChromeなどのWebブラウザ上で起動するアプリケーションのことです。 特徴の1つとして、PCやスマートフォン、タブレットなど色々な端末から利用できるという点があります。 IT業界も旧来型のインストールして使うソフトウェアからWebアプリケーションに移行しているようです。 Webアプリケーションが流行っている理由 3年くらい前から、Webアプリケーションが流行っています。 理由は主に2つあります。 ・Web技術の発達 ・利用デバイスの多様化 Web技術の発達に関しては動画サイトに顕著に現れていますね。 今まではAdobe Flash Playerというソフトをインストールしなければ、動画を見ることが出来ませんでしたが、今ではそれをインストールしなくても動画を見ることが出来ます。 つまり、Webブラウザだけの力で動画が再生できるようになったということです。 これはHTML5というWebブラウザ上で動作する技術が発達したことで可能になりました。 このHTML5の技術の発達によって、今まではインストール型のソフトウェアでしか出来なかったことがウェブ上(Webアプリケーション)でもできるようになってきているようです。 次に、利用デバイスの多様化についてです。 2007年までは、ネットにアクセスする端末といえばパソコンでした。 ただ、2007年にiPhoneが発売されてから、ネットにアクセスする端末としてスマートフォンが爆発的に拡大しました。 今では、ネットへのアクセスはPCからよりもスマートフォンからのほうが多くなっています。 結果、ネットサービスはサービスを提供方法としてスマートフォンからでも利用しやすいWebアプリケーションとして提供されるケースが増えてきているようです。 スマートフォンからだと、PC用のソフトをインストールしたりすることは出来ませんからね。 動画ダウンロード系のWebアプリケーションは残念なものが多い。 「」を読むとわかると思いますが、今後はWebアプリケーションの時代になっていきます。 インストール型のソフトが完全になくなるとまでは言いませんが、どんどんWebアプリケーションに置き換わっていくことでしょう。 動画ダウンロードソフトにもその流れは来ています。 すでに色々な動画ダウンロード系のWebアプリケーションがリリースされているので、いくつか見てみましょう。 ・ClipConverter() ・KeepVid() ・Offliberty() ・SAVEVIDEO. ME() ・dirpy() ・2conv. com() 実際に使っていただくとわかると思うのですが、あまり実用的ではありません。 サイト上では色々なサイトに対応していることをアピールしているようですが、実際はYou TubeやDailymotionなどの有名な動画サイトにしか対応しておらず、エラーが多い。 Webアプリケーションというトレンドには乗っているのですが、現状はうまくいっていないケースが多いようです。 動画のダウンロードエラーが多い原因とは? 動画ダウンロード系のソフトやアプリケーション、アドオン、拡張機能を使ったことがある方なら誰でも経験したことがある、動画ダウンロードエラー。 昨日は動画のダウンロードに成功したのに、今日は失敗する、なんてケースも結構あります。 なぜこのようなことが起きるのでしょうか。 原因は色々ありますが、一番の原因は「動画サイト側の仕様変更」です。 仕様変更というのは、サイトのUIの変更や動画の配信システムの変更、動画プレイヤーの変更など様々です。 これらの仕様変更が行われると、動画ダウンロードエラーが発生する確率が高まります。 また、各動画サイト仕様変更の頻度多くなっているので、動画のダウンロードエラーが起きる確率は以前よりも上がっているようです。 以前は1年に1回仕様変更があるかないか程度のだったのに対し、最近では数ヶ月に1回程度は珍しくなくなりました。 もちろん、仕様変更が起きたとしても動画ダウンロード系のソフトやアプリケーション、アドオン、拡張機能がその仕様変更に対応していけば問題はありません。 ただ、対応動画サイト数が多いと対応しきれないというのが現状のようです。 なぜ動画サイトは仕様変更を行うのか? 動画ダウンロードエラーの一番の原因である、動画サイトは仕様変更はなぜ行われるのか。 理由はいくつかあります。 ・動画ダウンロード系のソフトやアプリケーション、アドオン、拡張機能への対策 ・寄生動画サイトへの対策 ・UX改善 基本的には動画のダウンロードを防ぐことが目的に行われているようです。 サイト上で動画を見なければ広告などの閲覧回数が減ってしまいますからね。 寄生動画サイトというのは、自分のサイトに設置した動画プレイヤーで外部の動画サイトから映像だけを引っ張ってきて、動画サイトのように見せているサイトのことです。 UX改善というのは、動画サイトのユーザーがもっと利用しやすいようにサイトを改造するということです。 この仕様変更は動画ダウンロードソフトやアプリケーションにかなりの影響を与えていて、定期的なメンテナンスがされていないソフトやアプリケーションはほとんど使えない状態になってしまいました。 1000、2000、1万の動画サイトに対応していることを謳っている動画ダウンロードソフトは本当にそれほどの数の動画サイトに対応しているのか。 対応していません。 これはあくまで理論値です。 例えば「Aという配信システムを利用している動画サイトの動画ダウンロードソフトを作ったら、他のAという配信システムを利用している動画サイトにも対応していることになる。 Aという配信システムを利用している動画サイトは1000サイトくらいあるから、1000の動画サイトに対応していることになる」と言った具合です。 「」を読んだならわかると思いますが、動画サイトは仕様変更を繰り返します。 なので、この理論値がいかに無意味であるか分かると思います。

次の

【無料動画ダウンローダー】動画をダウンロードできるおすすめランキング

動画 ダウンロードランキング

動画の作成ができるのはプロだけという時代は終わり、今では誰もが好みの動画を作れるようになりました。 YouTubeなどの動画配信サービスが人気ですが、それに合わせてWindows・Macなどのパソコン上で動画編集ができるソフトも数多く販売されています。 しかし、プロが使っているモデルから初心者に優しいものまで種類が豊富で、一体どれを選んだらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、動画編集を始めてみたい方や、よりよいソフトがあれば乗り換えたいと考えている方向けの 選び方や、おすすめの有料動画編集ソフトを人気ランキング形式でご紹介します。 自分に合っている動画編集ソフトを見つけて、クリエイティブな作品をつくりましょう! 動画編集ソフトの中には、プラグインという機能の追加や他のソフトとの連携を通して、よりクリエイティブに特化したものもあります。 例えば、動画内の被写体にグラフィックや静止画を追跡させる「モーショントラッキング」加工、またハリウッドなどのアクション映画のような加工を行いたい場合は、3Dソフトやエフェクトの生成・追加ソフトと連携することも可能です。 無料で連携できる場合もありますが、基本的には有料ソフトとの連携が多いです。 そのため一時的に動画編集をしたい方や、そこまで凝った編集をしない方には必要ないかもしれません。 ただ素材を切って貼って完成するだけではなく、作品として動画を作りたいというハイアマチュア・プロを目指す人向けの機能と言えるでしょう。 ドイツ生まれの本格マルチメディアソフト、Nero。 25年の歴史がある本ソフトは、現在も進化を続けています。 その進化を象徴するのがスマホアプリとの連携。 スマホ内のデータをPCにササッと移して、動画編集に活用することが可能です。 Neroの操作にまだ慣れていない方は、まずは「エクスプレス編集モード」から使うのがおすすめ。 シンプルに操作でき、わかりやすいですよ。 エクスプレス編集モードで作ったものをあとから「拡張編集モード」でさらに凝ったものにすることもできます。 対応OS Windows10・8. 1・7 SP1以降(Windows 7 Starterでは動作不可) CPU(動作環境) Intel Pentium または AMDプロセッサ 2. 0GHz相当以上 メモリ(動作環境) 1GB 以上 ハードディスク容量(動作環境) 5GB以上(フルインストール時) グラフィックス(動作環境) Microsoft DirectX 9. 0準拠のグラフィックスカード プラグイン・連携ソフト Nero モバイル端末用アプリ 推奨ユーザー 中級者〜上級者 本製品の大きな特徴は、 使いたい写真・ビデオ動画と演出テンプレートを選ぶという2ステップで、あっという間にプロが作ったような仕上がりの動画が完成するということ。 素材も豊富にあるので、あなたが気に入る演出がきっと見つかるはずです。 素材にする動画の長さを調整したり、写真や動画の質感を変えたりといったことも可能。 ただし、あまり凝った編集はできないので、「ある程度ソフトにお任せして動画を完成させたい!」という初心者におすすめです。 対応OS Windows10・8. 1・7 CPU(動作環境) Intel Core 2 Duo以上 メモリ(動作環境) 2GB以上 ハードディスク容量(動作環境) 2. 6GB以上 グラフィックス(動作環境) - プラグイン・連携ソフト なし 推奨ユーザー 初心者 撮影したたくさんの写真や動画をより素敵な形で残したい方におすすめのソフト。 簡単操作で、まるで映画のワンシーンのようなフォトムービーができあがります。 一画面に最大4枚の写真を表示可能なのは嬉しいポイント。 より演出の幅を広げることができます。 急な頭出しを防ぐために空白を挿入する機能があるなど、実際に再生することを考えて作られた機能もありがたいですね。 対応OS Windows10・8. 4GB以上 グラフィックス(動作環境) - プラグイン・連携ソフト なし 推奨ユーザー 初心者 せっかくの結婚式、せっかくなら美しい映像で彩りたいものですよね。 そんな時には「みんなのフォトムービー10 Wedding」がぴったり。 4K対応で、美しいフォトムービーを作成できますよ。 本格的な動画編集ソフト「Nero」シリーズの機能を使っていることもあり、ある程度凝った編集も可能。 こだわり派の方も納得できる製品です。 対応OS Windows10・8. 1・7 SP1以降(Windows7 Starterでは動作不可) CPU(動作環境) Intel Pentium または AMD プロセッサ 2. 0GHz 相当以上 メモリ(動作環境) 1GB以上 ハードディスク容量(動作環境) 5GB(フルインストール時) グラフィックス(動作環境) - プラグイン・連携ソフト なし 推奨ユーザー 初心者〜中級者 世界中の放送局やビデオ制作現場でプロに愛される「EDIUS Pro 9」。 4KやHDといった高画質なフォーマットをパワフルかつリアルタイムに編集することができます。 ありがたいのが、 さまざまなフォーマットを変換無しでネイティブに編集できるということ。 これによって、制作時間を短縮し、よりスピーディーに編集することが可能になりますよ。 対応OS Windows10・8. 0c以降、および PixelShader Model 3. 0以降以上に対応したGPU プラグイン・連携ソフト Amplify 6・Total FX 5・Robuskey・Vistitleなど 推奨ユーザー 上級者 写真や動画を取り込むと、自動でベストなシーンを選んでくれるというユニークな機能が搭載されたソフト。 手間を掛けずに盛り上がる動画を作成したい時に便利です。 高画質な写真素材が1,000点も入っているというのはありがたいポイント。 動画の素材や装飾として活用することができます。 ユニークなフォントを使うこともできますよ。 対応OS Windows10・8. 1 CPU(動作環境) Intel Core i3 または AMD A4 3. Pro版よりは機能が限定されているものの、十分クリエイティブといえる動画を作ることができますよ。 特に、 AI技術「Adobe Sensei」を用いた自動動画作成機能はとても便利です。 粗い映像をキレイに補正したり、独創的なコラージュを作成できたりと、オシャレな動画に仕上げるための機能が満載。 さらに、Photoshop Elementsと連携が可能な点も魅力的です。 対応OS Windows10・8. 1/MacOS10. 13〜10. 15 CPU(動作環境) SSE2をサポートする2GHz以上のプロセッサー(Win)/インテルマルチコアプロセッサー(64-bit対応必須)(Mac) メモリ(動作環境) 4GB以上 ハードディスク容量(動作環境) 6. 1GB以上(Win)/8GB以上(Mac) グラフィックス(動作環境) Microsoft DirectX 9または10互換のディスプレイドライバー(Win) プラグイン・連携ソフト Photoshop Elements 推奨ユーザー 初心者〜中級者 「動画編集には不慣れだけど、フォトムービーだけじゃなく動画素材をつなぎ合わせたムービーも作ってみたい!」という方には本製品がおすすめ。 ちょっとした動画編集を、直感的に行うことができます。 写真・動画の切替効果が26種類収録されているため、 ページをめくるようなおしゃれな演出も可能。 本格的な編集がしたい方には少し物足りないかもしれませんが、動画編集初心者の方にとってはかゆいところに手が届くようなソフトとなっています。 対応OS Windows10・8. 1・7 CPU(動作環境) Intelプロセッサ 2GHz以上(または同等の互換プロセッサ) メモリ(動作環境) 2GB以上 ハードディスク容量(動作環境) 4GB以上の空き容量 グラフィックス(動作環境) - プラグイン・連携ソフト なし 推奨ユーザー 初心者 あの 「ゼクシィ」にも掲載された、結婚式向けの動画編集ソフト。 結婚式用の動画はこれ1本で作ることができます。 フローラルパック・ゴージャスパック・カントリーパック・スパークルパックといった、5つの異なる世界観のテーマエフェクトが搭載されていて、好みの世界観を演出できますよ。 自由度が高い編集ができるのに、直感的な操作が可能なわかりやすいUIも魅力的。 機能が充実しているので、結婚式が終わった後も繰り返し使いたくなるソフトです。 対応OS Windows10・8. その人気の高さは、5年連続国内販売シェアNo. 1だということからも伺えます。 クロマキー合成や編集作業の効率化など、便利な機能が満載の本製品。 動画編集未経験の初心者の方から、凝った編集にもチャレンジしたい方まで、満足できるソフトとなっています。 今はまだ動画編集に不慣れだけど、ゆくゆくは得意にしたいと思っている方にもおすすめですよ。 対応OS Windows10・8. フォトムービー8 デジカメde!!ムービーシアター7 Nero Platinum 2020 Unlimited 特徴 5年連続国内販売シェアNo. 使いやすい動画編集ソフト 「ゼクシィ」掲載の結婚式向け動画編集ソフト フォトムービーだけじゃ物足りない初心者の方に AI技術を用いて、思い出をハイライトした動画を自動生成できる 自動でベストなシーンをチョイスする機能を搭載 放送局やプロフェッショナルビデオ制作現場で選ばれるソフト 4K対応の美しいフォトムービーが作れる お持ちの写真や動画が素敵なフォトムービーに 2ステップでまるでプロが作ったような仕上がりに 25年の歴史があるソフト。 スマホとの連携が便利 最安値 対応OS Windows10・8. 1・8・7 SP1以降 Windows10・8. 1・8・7 Windows10・8. 1・7 Windows10・8. 1/MacOS10. 13〜10. 15 Windows10・8. 1 Windows10・8. 1・7 SP1以降 Windows10・8. 1・7 SP1以降(Windows7 Starterでは動作不可) Windows10・8. 1・7 Windows10・8. 1・7 Windows10・8. 0 GHz 以上 Intel Core 2 または Intel Core iX CPU 以上、3 GHz 以上の速度をもつ Intel または AMD のシングルコア(複数の CPU またはマルチコアCPU を推奨)、SSSE3(Supplemental SSE3)のサポート Intel Pentium または AMD プロセッサ 2. 0GHz相当以上 メモリ(動作環境) 4GB以上 4GB以上 2GB以上 4GB以上 4GB以上 4GB 1GB以上 1GB以上 2GB以上 1GB 以上 ハードディスク容量(動作環境) 10GB以上 10GB以上 4GB以上の空き容量 6. 4GB以上 2. 0c以降、および PixelShader Model 3. 0以降以上に対応したGPU - - - Microsoft DirectX 9. 0準拠のグラフィックスカード プラグイン・連携ソフト なし なし なし Photoshop Elements なし Amplify 6・Total FX 5・Robuskey・Vistitleなど なし なし なし Nero モバイル端末用アプリ 推奨ユーザー 初心者〜中級者 初心者〜中級者 初心者 初心者〜中級者 初心者〜中級者 上級者 初心者〜中級者 初心者 初心者 中級者〜上級者 商品リンク•

次の