共有 フォルダ 削除 復元。 共有フォルダが復元できない!削除してごみ箱にも無いとき元に戻すには。

共有フォルダ内のファイルを削除させない方法

共有 フォルダ 削除 復元

しかし、うっかり間違って重要なフォルダを削除してしまったことがあるでしょう。 また、強制的に電源を切ってからパソコンを再起動した時、何らかのフォルダが消えたこともあるでしょう。 誤操作のほか、パソコンの故障、ハードウェアの不調、ウイルスの感染などの原因で、重要なフォルダが削除されることもあるでしょう。 せっかく作ったフォルダをまた一から作り直さなければならないと思うとショックで立ち直れないでしょう。 しかし、安心してください。 実際に、削除したばかりのフォルダがパソコンから完全に消えるわけではありません。 ただ使用可能な領域としてマークされ、新しいデータに上書きされることを待っています。 そのため、重要なフォルダが削除されたことに気づくと、上書きを防止するために、すぐにほかのPC作業を一時停止して、フォルダの復元を行うべきです。 さて、Windows 10で削除したフォルダを復元する方法は何ですか?フォルダの復元方法を知っておくことが大事です。 Windows 10でフォルダを復元する方法 まずは、消したフォルダはゴミ箱の中に残るかをチェックすべきですが、「Shift」+「Delete」キーでフォルダを消してしまった場合やコマンドからフォルダを消してしまった場合、ゴミ箱から復元できないため、次に説明するフォルダ復元方法を試す必要があります。 ファイル履歴をオンにするか、システムの保護を有効にすることにより、ディスク上に履歴が残っている限り、消したフォルダを以前のバージョンに復元することができます。 D以降のデータ用ドライブに対しては無効になっているので、これらのドライブでもこのファイル復旧機能を利用したいなら、手動でシステムの保護を有効にする必要があります。 手順 1. 手順 2. こういうとき、データ復元ソフトを使用して消したフォルダを復元することができます。 【補足】ファイル履歴またはシステムの保護が有効になっている場合、ファイル履歴からフォルダを復元したり、復元ポイントを使用してパソコンの全体を復元することで削除されたフォルダを復元したりすることもできます。 バックアップデータを保存していない場合には、 復元ソフトを使うしか方法はありません。 ここでは、安全かつ強力なデータ復元ソフト「」をお勧めします。 これは、Win10に対応し、PCのHDD、SDカード、ゴミ箱、やUSBメモリから削除してしまった写真、音楽、動画、ドキュメント、電子メールなどの全種類のデータを簡単かつ高速に復元することができます。 次は、このソフトを使って削除したフォルダを復元する方法について詳しく紹介させていただきます。 手順 1. Recoveritをダウンロードし、インストールし、起動して「削除したファイルの復元」を選択します。 手順 2. 削除したフォルダの保存先を選択して「開始」をクリックします。 手順 3. スキャン中です…しばらくお待ちください。 手順 4. スキャン結果はデフォルトでツリー表示され、左ペインで選択したフォルダの内容は右ペインで確認できます。 復元したいフォルダにチェックを入れて「復元」をクリックします。 手順 5. 復元先を指定して「復元」をクリックします。 指定した場所にフォルダが復元されます。 Windows 10でフォルダをバックアップする簡単な方法 バックアップを作成しなくても、削除したフォルダの復元もできますが、少し複雑で時間がかかります。 バックアップがあれば、どんなトラブルが発生しても、システム、パーティション、フォルダなどを速やかに元の状態に戻すことができます。 もし、バックアップ&復元のフリーソフトを探しているなら、は最善の選択だと思います。 これは、Windows10、Windows8. 1/8、Windows7、XP、Vistaに対応し、万が一に備えて日頃からバックアップを取ったり、必要なときにバックアップから復元を実行したりすることができます。 システム/ディスク/パーティション/ファイルやフォルダのバックアップ&復元ができます。 バックアップスケジュールを設定して、毎日、毎週、毎月バックアップを自動作成することができます。 次は、AOMEI Backupper StandardをWindows 10 PCにダウンロードしてフォルダバックアップを実行する方法について説明して行きましょう。 手順 1. 手順 2. ここではタスク名を編集できます。 「フォルダを追加」をクリックしてバックアップしたいフォルダを選択します。 手順 3. イメージファイルを保存する場所(バックアップ先)を選択します。 「スケジュール」をクリックして自動バックアップを設定します。 最後は「開始」をクリックします。 すると、スキームを有効にすることができます。 これは、ディスク領域を解放するために古いバックアップイメージを自動削除する機能です。 Windows Server 2012/2016/2019に対応したい場合、もあります。 企業で台数無制限のPC&サーバーを守りたい場合、を選ぶことができます。 結論 以上は、Windows10で削除したフォルダを復元する方法です。 ニーズに応じて、「以前のバージョン」機能またはデータ復元ソフトを選んでください。 データを常に安全に保つためにAOMEI Backupperを使用して定期的にバックアップを取ることを忘れないでください。

次の

【Windows10】削除したフォルダを復元する方法

共有 フォルダ 削除 復元

本日のお問い合わせはこちらです。 1年前にメインのPC(A)とその他のPCと共有フォルダを使用していました。 1年前に新たなPCが入り、そちらのPCをメインにし、以前までメインだったPC(A)から共有フォルダを削除しました。 今回、1年前に削除した共有フォルダを復元したいと思っているのですが、復元ソフトを使用して復元はできますでしょうか? 3回ほど行いましたが、共有フォルダに入っていないデータは復元できますが、共有フォルダが復元リストに見当たりません。 メインのPC以外から共有フォルダ内のファイルを削除した場合はゴミ箱に移動せず完全に削除されてしまうということは分かったのですが、メインのPCの共有フォルダごと削除した際について情報が見つからなかったので質問させていただきました。 とのことでした。 ん~どんな方法で復元したのでしょうか。 よくわからないですね。 でも共有フォルダをフォルダごと完全に削除してしまったら普通はデータロストですね。 どうしたもんかな。 以下に対応録を記載いたします。 おろ?そうではなくて共有フォルダが表示されない場合はをご参照ください。 Contents• 共有フォルダが復元できない!削除してごみ箱にも無いとき元に戻すには。 普通は戻せませんが 参考:キャノンシステムアンドサポート株式会社 ボリュームシャドーコピーという設定がされていれば上記の方法で戻る可能性があります。 確かボリュームシャドーコピーはデフォルトで有効に設定されていなかったかな。 確認してもらったところ、ボリュームシャドーコピーが設定されており幸運なことに戻すことができました。 つまり復元とはあくまでシステムの復元であってドキュメントの復元ではない、と。 つまり完全削除したフォルダやファイルは戻らない、ということです。 念のため質問者様に聞いてみたら、まさにこの「システムの復元」で共有フォルダを復元しようとしていたみたいです。 そのNASでのデータ復旧の仕方が上記サイトに記載されておりました。 という復元ソフトを使っていますね。 そういえば復旧天使は会社のPC修理担当の人も使ってました。 優秀なソフトなのかしらん。 スポンサーリンク 管理者さんがバックアップをとっている可能性は 今回は個人の使用なので定期的なバックアップはとっていないと思うのですが、会社が運用しているサーバの共有フォルダであれば管理者さんが定期的にバックアップをとっている可能性もあります。 ダメもとで確認してみる価値はあります。 運用上の見解ですが 意図的に「trash」フォルダをつくって共有フォルダでは不要なファイルを削除せず「trash」フォルダに移動させる運用もありえます。 実際にNASを購入して設定しているとデフォルトで「trashbox」フォルダが作成されます。 そして定期的に「trashbox」フォルダを削除するわけですね。 この運用方法はネットワーク上のファイルを直接消去してしまって元に戻せない、といった今回のような不具合を防ぐ意味合いを持っているのだと思います。 共有フォルダが復元できない!削除してごみ箱にも無いとき元に戻すには。 ~結論~ いかがでしたでしょうか。 共有フォルダを削除してしまって復元できない場合は ・ボリュームシャドーコピーからの復元 ・復元ソフトの使用 ・管理者さんにバックアップ有無の確認 などで対応してみてください。 本記事が少しでもお役に立てたならばこれほど嬉しいことはありません。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 よろしければ別記事もご参照ください。 共有フォルダの不具合に関する記事はにまとめています。

次の

Windows 10 で削除してしまったデータを復元する 3 つの方法

共有 フォルダ 削除 復元

共有フォルダーのデータを簡単に復元する PCでは削除したファイルは「ゴミ箱」に溜り、「ゴミ箱」を空にしない限りはいつでも戻すことができます。 しかしWindowsサーバーの共有フォルダーに置かれたデータは、削除するとその瞬間に消えてしまいます。 この場合、データを戻すには通常バックアップから戻すしかありませんが、これはシステム管理者にとっては大きな作業負荷となります。 もちろんバックアップがない場合は復元はできません。 このような問題に対応するために、Windowsサーバーには「シャドウコピー」の機能が標準装備されています。 シャドウコピーを利用すれば、クライアント側の簡単な操作でデータを復元することができます。 (シャドウコピーの機能はデフォルトでは無効になってるため、使用開始時には設定を行う必要があります。 詳しくはSIerにご相談ください) シャドウコピーの利用(クライアント操作) シャドウコピーのデータ復元操作はとても簡単です。 データが入っていたフォルダーを右クリックし、「以前のバージョンの復元」を選択します。 (下記はWindows 7の画面です) 「以前のバージョン」タブの「フォルダーのバージョン」から復元したい日時のフォルダーを選択します。 「開く」またはダブルクリックでシャドウコピーされたファイルが表示されますので、必要なファイルをローカルに保存すればOKです。 シャドウコピーの仕組み Windowsサーバーのシャドウコピーは一定の間隔でディスクのスナップショットを自動で保存する機能です。 ユーザーミスなどによるデータ消失の他、誤って上書き保存した場合や、ファイルが破損してしまった場合でも、シャドウコピー時点のデータまで戻すことが可能です。 シャドウコピーに使用する容量(最低300MB~)やコピーのスケジュールは任意に設定することが可能です。 ただし、 ・リアルタイムでのバックアップには対応していない。 ・データはシャドウコピーの利用領域によって古いものから自動削除される。 という注意点があります。 またハードディスクが破損した場合、シャドウコピーも失われますのでこの機能をバックアップの代わりに使用することはできません。 あくまで簡易的で手軽な復旧手段としてご活用ください。

次の