オープンワールド なんj。 【朗報】外人「日本人が作らないから戦国時代のオープンワールドゲームを作った」: みじかめっ!なんJ

洋ゲーの「オープンワールド疲れ」が深刻に 海外ゲーマーはオープンワールドにもう飽きた?

オープンワールド なんj

年 1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率) トータルリターン 15. 89 22. 07 20. 01 18. 62 カテゴリー 28. 19 22. 21 20. 62 19. 30 -0. 14 -0. 61 -0. 59 0. 29 0. 59 0. 95 カテゴリー 0. 30 0. 24 0. 41 0. 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の

洋ゲーの「オープンワールド疲れ」が深刻に 海外ゲーマーはオープンワールドにもう飽きた?

オープンワールド なんj

2016年の前半にPS4の本体を買ってから、今まで全然ゲームをやっていなかった分、2016年はけっこうな本数を遊びました。 半年で30本くらい買ったと思います。 北米版で安くソフトが購入できたというのが大きいです。 PSVRを買う気満々だったのに、予約が全くできずに入手できなかったので、じゃあ今まで発売されたPS4のソフトやっておこうということで色々と買ってみました。 FPS(一人称シューティング)はライトゲーマーにはちょっと難易度が高いし、TPS(三人称シューティング)の方が好みなので、TPSゲームでクリアしたゲームの個人的なランキングです。 基本的にエイムが苦手なので、撃ち合いよりもステルス要素が入っているゲームの方が好きです。 かといって、撃ち合いが全くないのも嫌だという。 そして、ホラーやゾンビは苦手です。 ウォーキングデッド見てますけど。 以下のランキングはそんな似た感じの人にはちょっとは参考になるかなとは思います。 ゲームに関する詳しい感想記事がある場合には、このブログ内の感想記事のページへリンクしてあります。 2018年2月追記:ジャストコーズ3ゴールドエディションが3月に発売されるので、を追加しました。 オープンワールドゲームなのにメインのストーリーが気になります。 「ゼロドーン計画とは何か?」とか。 クリアしてみると、かなりスケールの大きな話でした。 メタルギアソリッド5並に操作性も良く、アクションゲームとして面白いですし、ストーリーも良いです。 色々な武器を駆使して、大型の機械獣を狩るのが楽しいです。 ゴリ押しで行くとなかなか倒せない場合が多いですが、敵の弱点や行動パターンを調べ、属性攻撃をすると簡単に倒せたりします。 フォトモードで戦闘中に写真を撮れたり、「オーバーライド」や「穢れの矢」で機械同士を戦わせて遊んだりすることもできます。 基本の武器は弓矢なのである程度エイムが必要ですが、R3押し込みでスローモーションになるのでエイムが苦手でもなんとかなります。 弓矢を引きながらジャンプするとスローモーションになるスキルも取れます。 ファークライシリーズやメタルギアシリーズが好きなら、ハマるでしょう。 エンディングのSpecial Thanksに「Hideo Kojima」って入ってました。 小島プロダクションは『ホライゾン』と同じゲームエンジンを『デスストランディング』に使用しているみたいですね。 続編も出そうな終わり方だったのでかなり期待しています。 2位 ウォッチドッグス2 ゲーム性、雰囲気、ストーリー、全てが好みです。 最近のゲームって画面全体が暗い物が多いですが、サンフランシスコが舞台のオープンワールドゲームなので、明るい雰囲気で良いです。 サブカルチャーへの言及やアメリカ社会批評的な舞台設定も好きです。 銃撃戦はオートエイムなので、僕のようなFPSが苦手な人でもけっこう簡単にクリアできると思います。 一部の車を使ったミッションはかなり苦戦しました。 非常に良くできていて、売れ続けるのも分かります。 海外ドラマや映画好きにやってもらいたいです。 4位 メタルギアソリッド5ファントムペイン(MGS:TPP) 他のTPSゲームで遊んでからMGS5を振り返ると、操作性が物凄く良いです。 洋ゲーにありがちな「もっさり感」が全然なく、思い通りにスネークを操ることができます。 ストーリーが完結していないということで批判されがちですが、中盤まではほぼ完璧の出来じゃないでしょうか。 弓を使ったシューティングゲームをやりたい人におすすめ。 システムはほぼ前作と同じですが、クラフトや探索要素が増えて冒険感が前作よりも強いです。 パズルや戦闘やアクションなど、全体的にバランスが取れていて良いTPSゲームだと思います。 複数のマップに分かれているオープンワールドゲームです。。 6位 プラントvsゾンビ ガーデンウォーフェア1 PS Plusに入っていないと遊べない点がちょっとアレですが、マルチプレイが非常に面白いです。 初心者でも全然活躍できます。 マルチプレイが怖い!っていう人はまずガーデンウォーフェアで慣らしてみると良いと思います。 ただ、ガーデンウォーフェア2が出てから過疎っている感じはありますので、今からやるなら2を買った方が良いと思います。 ストーリーは単純でけっこう短いですが、撃ち合いが面白い。 マップもバラエティーに富んでいて良かったです。 小さいマップに分かれたオープンワールドゲームです。 操作性もけっこう違いますし。 ウォッチドッグス1は銃撃戦とカーチェイスを楽しめます。 「フォーカス」というスローモーションになる機能があるので、エイムやカーチェイスが苦手でもなんとかなります。 シカゴが舞台のオープンワールドで全体的に暗い感じ。 香港が舞台のオープンワールドで殴り合いの格闘がメインのGTAという感じで、なかなか面白かったです。 序盤は体力も無く、カンフーの技も少なく、あれって思いましたが中盤から面白いです。 どうしても乱戦になってしまうので、あまり戦術とか関係なくなりがちなので、ガーデンウォーフェア1の方を上にしました。 前3作をやっていなくても、楽しめると思います。 敵がすぐに横から回り込んでくるので、銃撃戦は難しくなっていると思います。 ヘッドショットしないと敵が固いです。 崖を登るアクションに、ロープやピッケルなども加わっていてちょっと幅が広がりました。 全体的に面白いんですけど、基本同じことの繰り返しなので、アンチャーテッドコレクションと続けてやるのはあまりおすすめしません。 12位 ジャストコーズ3 ストーリーとかどうでもよくって、グラップリングフックとウイングスーツで飛びまくり、パラシュートで降下中に強力なロケットランチャーで敵の施設を破壊。 ヘリや戦車や戦闘機を乗っ取り敵の基地を破壊。 難しいことを考えずに爆破しまくりたいという人におすすめのゲームです。 カバーアクションと早く走れるボタンがあればもっと良かったと思うんですけど。 南国の島が舞台のオープンワールドゲームです。 DLC全部入りのゴールドエディションがあります。。 13位 アンチャーテッドコレクション 映画のようなゲームと言えばこれ。 基本は崖や壁を登って行き、敵との銃撃戦です。 1から3までずっと続けてやってしまうと、「同じことの繰り返し感」がすごいので一気にやらずに時間をおいてやった方が良いかも。 パズルを解いて、崖を登って秘密の扉を開けて苦労してたどり着いた先に敵が大量に出現するのはあるある。 番外編(FPS) ファークライ4 FPSですが、スキルの習得や武器の購入などRPG的な要素が強く、敵をマーキング可能なので初心者でもやりやすいと思いました。 まだまだやってないTPSのゲームが沢山あるので、来年もゲームばかりになるかも。

次の

今回の全米オープンの「見なくてもいいか…」感 ウホウホあんてな

オープンワールド なんj

2016年の前半にPS4の本体を買ってから、今まで全然ゲームをやっていなかった分、2016年はけっこうな本数を遊びました。 半年で30本くらい買ったと思います。 北米版で安くソフトが購入できたというのが大きいです。 PSVRを買う気満々だったのに、予約が全くできずに入手できなかったので、じゃあ今まで発売されたPS4のソフトやっておこうということで色々と買ってみました。 FPS(一人称シューティング)はライトゲーマーにはちょっと難易度が高いし、TPS(三人称シューティング)の方が好みなので、TPSゲームでクリアしたゲームの個人的なランキングです。 基本的にエイムが苦手なので、撃ち合いよりもステルス要素が入っているゲームの方が好きです。 かといって、撃ち合いが全くないのも嫌だという。 そして、ホラーやゾンビは苦手です。 ウォーキングデッド見てますけど。 以下のランキングはそんな似た感じの人にはちょっとは参考になるかなとは思います。 ゲームに関する詳しい感想記事がある場合には、このブログ内の感想記事のページへリンクしてあります。 2018年2月追記:ジャストコーズ3ゴールドエディションが3月に発売されるので、を追加しました。 オープンワールドゲームなのにメインのストーリーが気になります。 「ゼロドーン計画とは何か?」とか。 クリアしてみると、かなりスケールの大きな話でした。 メタルギアソリッド5並に操作性も良く、アクションゲームとして面白いですし、ストーリーも良いです。 色々な武器を駆使して、大型の機械獣を狩るのが楽しいです。 ゴリ押しで行くとなかなか倒せない場合が多いですが、敵の弱点や行動パターンを調べ、属性攻撃をすると簡単に倒せたりします。 フォトモードで戦闘中に写真を撮れたり、「オーバーライド」や「穢れの矢」で機械同士を戦わせて遊んだりすることもできます。 基本の武器は弓矢なのである程度エイムが必要ですが、R3押し込みでスローモーションになるのでエイムが苦手でもなんとかなります。 弓矢を引きながらジャンプするとスローモーションになるスキルも取れます。 ファークライシリーズやメタルギアシリーズが好きなら、ハマるでしょう。 エンディングのSpecial Thanksに「Hideo Kojima」って入ってました。 小島プロダクションは『ホライゾン』と同じゲームエンジンを『デスストランディング』に使用しているみたいですね。 続編も出そうな終わり方だったのでかなり期待しています。 2位 ウォッチドッグス2 ゲーム性、雰囲気、ストーリー、全てが好みです。 最近のゲームって画面全体が暗い物が多いですが、サンフランシスコが舞台のオープンワールドゲームなので、明るい雰囲気で良いです。 サブカルチャーへの言及やアメリカ社会批評的な舞台設定も好きです。 銃撃戦はオートエイムなので、僕のようなFPSが苦手な人でもけっこう簡単にクリアできると思います。 一部の車を使ったミッションはかなり苦戦しました。 非常に良くできていて、売れ続けるのも分かります。 海外ドラマや映画好きにやってもらいたいです。 4位 メタルギアソリッド5ファントムペイン(MGS:TPP) 他のTPSゲームで遊んでからMGS5を振り返ると、操作性が物凄く良いです。 洋ゲーにありがちな「もっさり感」が全然なく、思い通りにスネークを操ることができます。 ストーリーが完結していないということで批判されがちですが、中盤まではほぼ完璧の出来じゃないでしょうか。 弓を使ったシューティングゲームをやりたい人におすすめ。 システムはほぼ前作と同じですが、クラフトや探索要素が増えて冒険感が前作よりも強いです。 パズルや戦闘やアクションなど、全体的にバランスが取れていて良いTPSゲームだと思います。 複数のマップに分かれているオープンワールドゲームです。。 6位 プラントvsゾンビ ガーデンウォーフェア1 PS Plusに入っていないと遊べない点がちょっとアレですが、マルチプレイが非常に面白いです。 初心者でも全然活躍できます。 マルチプレイが怖い!っていう人はまずガーデンウォーフェアで慣らしてみると良いと思います。 ただ、ガーデンウォーフェア2が出てから過疎っている感じはありますので、今からやるなら2を買った方が良いと思います。 ストーリーは単純でけっこう短いですが、撃ち合いが面白い。 マップもバラエティーに富んでいて良かったです。 小さいマップに分かれたオープンワールドゲームです。 操作性もけっこう違いますし。 ウォッチドッグス1は銃撃戦とカーチェイスを楽しめます。 「フォーカス」というスローモーションになる機能があるので、エイムやカーチェイスが苦手でもなんとかなります。 シカゴが舞台のオープンワールドで全体的に暗い感じ。 香港が舞台のオープンワールドで殴り合いの格闘がメインのGTAという感じで、なかなか面白かったです。 序盤は体力も無く、カンフーの技も少なく、あれって思いましたが中盤から面白いです。 どうしても乱戦になってしまうので、あまり戦術とか関係なくなりがちなので、ガーデンウォーフェア1の方を上にしました。 前3作をやっていなくても、楽しめると思います。 敵がすぐに横から回り込んでくるので、銃撃戦は難しくなっていると思います。 ヘッドショットしないと敵が固いです。 崖を登るアクションに、ロープやピッケルなども加わっていてちょっと幅が広がりました。 全体的に面白いんですけど、基本同じことの繰り返しなので、アンチャーテッドコレクションと続けてやるのはあまりおすすめしません。 12位 ジャストコーズ3 ストーリーとかどうでもよくって、グラップリングフックとウイングスーツで飛びまくり、パラシュートで降下中に強力なロケットランチャーで敵の施設を破壊。 ヘリや戦車や戦闘機を乗っ取り敵の基地を破壊。 難しいことを考えずに爆破しまくりたいという人におすすめのゲームです。 カバーアクションと早く走れるボタンがあればもっと良かったと思うんですけど。 南国の島が舞台のオープンワールドゲームです。 DLC全部入りのゴールドエディションがあります。。 13位 アンチャーテッドコレクション 映画のようなゲームと言えばこれ。 基本は崖や壁を登って行き、敵との銃撃戦です。 1から3までずっと続けてやってしまうと、「同じことの繰り返し感」がすごいので一気にやらずに時間をおいてやった方が良いかも。 パズルを解いて、崖を登って秘密の扉を開けて苦労してたどり着いた先に敵が大量に出現するのはあるある。 番外編(FPS) ファークライ4 FPSですが、スキルの習得や武器の購入などRPG的な要素が強く、敵をマーキング可能なので初心者でもやりやすいと思いました。 まだまだやってないTPSのゲームが沢山あるので、来年もゲームばかりになるかも。

次の