リバー デイル シーズン 4。 NETFLIXで人気沸騰中のリバーデイル!アーチ―父役急死でシーズン3は

NETFLIXで人気沸騰中のリバーデイル!アーチ―父役急死でシーズン3は

リバー デイル シーズン 4

リバーデイル高校の人気者で、裕福な家庭のジェイソン・ブロッサムが謎の死を遂げたことから、町の状況が一変していきます。 ジェイソンと同じ高校に通うアーチーたちは、彼の謎の死を解明するべく、町に隠された深い秘密を知ることとなるのでした。 しかし実は、これら一連の事件は繋がっていたことがわかりました。 すべて裏で操っていた黒幕は、ジェイソンの母であるペネロピ・ブロッサムだったのです。 逃走を図ったペネロピ、果たして再びリバーデイルに戻ってくるのでしょうか? 犯人は憔悴しており保釈金を払って保釈されていた それを聞いたアーチーは、自ら裁きを下すと激怒し、電話帳から犯人の住所を調べたのです。 犯人の家へ行くと中年の男が出てきました。 「僕が無免許で親の車を勝手に乗り回して引き起こした事故だった」 少年は震えながらアーチーに謝りました。 アーチーは、自分も同じように父の車に無断で乗っていたことがあるから、自分の身にも起きていたことかもしれないと肩を落とします。 一時は自分を見失いかけたアーチーでしたが、ヴェロニカの励ましで父の葬儀を最後までやり遂げると、リバーデイルに戻っていきました。 リバーデイルの沿道には、たくさんの人が国旗やプラカードを持ち、父の帰りを待っていてくれました。 【リバーデイル】シーズン4第2話 新校長ハニー アーチーは父の葬儀後、毎晩ポップの店でジャグヘッドたちと過ごし、少しずつ立ち直り始めていました。 新学期の初日、寝坊して遅刻してしまったアーチーたち。 するとそこへ、ウェザビー校長の後任で ハニーという新しい校長が現れ、これからは秩序、規律、罰則を重んじるように忠告するのでした。 そして今学期からは、アーチーの勧めでモンローがリバーデイル高校に入学し、アメフト部へ入部することになりました。 一方で、ダンスパーティの開催を控えていたこともあり、シェリルはハニー校長に手土産を持って挨拶に行きましたが、彼女の努力も空しく、前回死者が多かったという理由で中止を言い渡されました。 それでもダンスパーティーを諦めきれなかったシェリルは、学校ではなくシスルハウスで行うことにしたのです。 そしてダンスパーティー当日。 シェリルがみんなの前で、 新しい敵であるハニー校長をホームカミングまでに追い出すと宣言した直後、シスルハウスの騒音の通報を受けたと警察がやって来ました。 実はハニー校長が警察に通報していたのです。 親友に戻りたい ベティの元を訪れたケヴィンは、過去の自身の過ちを認め 親友に戻りたいと新聞クラブへの入部を申し込みます。 チャールズに話を聞くと、どうやら ケヴィンは農場との関係がまだ切れていないようで、ファングにメールを送っていたとのこと。 チャールズは、それを探るべく彼らの関係を利用すると言うのです。 ベティは早速ケヴィンに、 農場のことを話してくれる証人が見つかったと偽情報を流します。 するとケヴィンは、ベティと別れた直後にファングを呼び出し、エドガーの件でFBIが証人を見つけたと伝えたのです。 ファングは、ケヴィンに証人の名前を調べるように言い、ファングがいなくなった後、ベティはケヴィンを連れ出してチャールズと合流しました。 ベティを裏切ったことを問い詰められたケヴィンは、ファングに会いたかっただけで仲直りは本心だったと否定します。 チャールズは、ケヴィンの様子からスパイをさせるのは無理だと判断しましたが、ベティは独断でケヴィンにスパイをやってくれるよう頼み了承を得るのでした。 【リバーデイル】シーズン4第3話 エドガーの隠れ家へ ケヴィンから得た情報で隠れ家を監視していたチャールズは、所有者がエドガーの信者であることを突き止めました。 その頃、学校にいるベティの元へ、エドガーから現金や信者全員分のパスポートを5時間で用意するよう連絡がはいり、すぐさまチャールズに話を通したものの知事は要求には応じないとのこと。 しかし、それをエドガーに勘づかれ、ベティたちの元に 爆弾を背負った ポリーが 送り込まれてきたのです。 爆発までの時間はわずかだったものの、ベティが機転を利かせ間一髪で爆発を逃れました。 知事の了承が下りないとFBIが動けないとわかったベティは、自ら動くしかないとエドガーに要求されたものを集め、1人で彼の元へと向かいます。 ベティは、母に会せるようエドガーに言いますが「真実を受け入れないのは残念だ」と、彼女を信者に襲わせて拘束したのです。 ベティが目を覚ますと隣には母がおり、2人とも椅子に繋がれていました。 母の話によれば、エドガーはロケットを作っていてそれで逃げるとのこと。 「このままではバスに繋がれて盾にされる」と、危機を感じ2人は脱出を試みるのでした。 更生施設を作る アーチーは、ジムを更生施設にする件を進めていました。 この更生施設は、子どもたちに格闘技やボクシングを教え、危ないところへ行かないよう夜10時まで開けるとのこと。 しかし、それには建物の改修などが必要で、多額の資金が必要だと頭を抱えてしまいます。 モンローによれば、マルコムを襲ったギャングたちは、ゲームセンターにいる子どもたちを強盗や運び屋として使っているよう。 モンローはギャングに仕返しをしたいようでしたが、アーチーは警察に任せようと助言しました。 家に戻ったアーチーは、母親から更生施設は意味がないと言われましたが、「町を変えてみせる」と、ひとりギャングの元に向かったのです。 その直後、アーチーと入れ替わりでヴェロニカが訪ねてきました。 彼女は更生施設に必要な小切手を持ってきましたが、アーチーの母は受け取りを拒否。 しかしヴェロニカは、投資するのは町ではなくアーチーだと……。 アーチーの母はその言葉で思い直し、彼の手伝いをすることに決めたのです。 ジャグヘッドの転校 ベティの後押しでストーンウォール高校へ入学したジャグヘッドは、寮では ムースとルームメイトになり再会を喜びました。 ムースによると、ガーゴイルキングのふりで父が捕まってから精神病院に入っていたとのこと。 ただ、 フレッドには気をつけるよう忠告されたのです。 どうやらフレッドには、 外交特典があり 外交官の子は何しても許されると思っているようで、早速ジャグヘッドはサロンでフレッドと揉めてしまいます。 するとフレッドは、ジャグヘッドへの腹いせでムースの正体をバラしてしまうのです。 そして週末。 実家に戻ったジャグヘッドがベティとくつろいでいると、家のチャイムが鳴りました。 ドアを開けても誰もいませんでしたが、足元に 1本のビデオテープが置かれていたのです。 【リバーデイル】評価の声 リバーデイル見始めてハマった!殺人事件をきっかけにストーリーと人間関係がどんどん複雑になっていく。 学園物だけど色々な要素があって面白い。 それにリリ・ラインハート可愛すぎね!ティモシー の出ていたマイ・ビューティフル・デイズで見てからファンになったけど。 Netflixで見れます! — ちゃき milkshocola リバーデイル面白い!田舎町でようこんなに事件おきまくるなと思う。 引越した方が良いやろ。。

次の

リバーデイル シーズン1全話の動画を無料視聴できる配信サイト

リバー デイル シーズン 4

告白しよう。 わたしはティーンドラマに目がない。 「ビバリーヒルズ高校白書」の影響だ。 あるいは、「ドーソンズ・クリーク」のせいかもしれない。 それに、1980年代のジョン・ヒューズ監督作品なら何でも好きだった(とはいえ、こうした好みは大人になるにつれて公にはできなくなったが)。 たしかに、格調高いテレビドラマというカテゴリーにあてはまりそうなティーンドラマは、ごくわずかだ(そもそも、ないかもしれない)。 けれども、すべてのドラマが「ザ・クラウン」のようになれるわけではない。 そして、延々と流れてくる嫌なニュースを耳にして誰もがイライラしている夜には、「ゴシップガール」や「プリティ・リトル・ライアーズ」の世界に浸るとホッとする。 けれども、わたしのに対する愛は、それとは違う。 「リバーデイル」はティーンドラマの必須条件をすべて満たしている。 とはいえ、「リバーデイル」の魅力はそれらではない。 アメコミをベースにした物語 その理由を説明する前に、まずは基本情報をお伝えしておこう。 「リバーデイル」は、高校生のアーチー・アンドリュースを主人公とする、はるか昔から続くコミックス・シリーズ「アーチー」の世界がベースになっている。 少なくともキャラクターたちは同じだ。 現在の同コミックス・シリーズが現代にふさわしくアレンジされているのと同様に、ドラマのほうも現代風にアレンジされている。 演出を手がけたのは、「glee」や「ビッグ・ラブ」に携わったロベルト・アギーレ=サカサだ。 彼は原作を出版しているアーチー・コミックスの最高クリエイティヴ責任者で、同社がここ5年間で復活を遂げた立役者でもある。 仕組んだのはハイラム・ロッジ。 アーチーがつきあっているヴェロニカの父親だ。 ただし、「リバーデイル」がばかげている理由はこれではない。 これはまだ序の口だ。 これまで触れてこなかったと思うが、このドラマにはすでに殺人者が2人も登場しているし、町は新しいストリートドラッグ「ジングル・ジャングル」の中毒者だらけになっている。 ジングル・ジャングルとは、「スピード」と精製度を上げたエクスタシーである「モーリー(Molly)」を、ストロー状のキャンディ「ピクシー・スティックス」で摂取するような魔法のドラッグとされているものだ。 10代が大人のように振る舞う違和感 おおざっぱに言えば、「リバーデイル」がとんでもなくまぬけに見えるのは、「ティーンエイジャーが30歳の大人みたいに振る舞っている」からだ。 20年ほど前の「ビバリーヒルズ高校白書」のなかで、ディランが高校生のくせに遺産を相続してひとり暮らしをしているのに、誰もそれを疑問視しなかったことを覚えているだろうか。 「リバーデイル」もそんな感じだ。 しかしこの世界では、アーチーが先生とデートする。 そして面白いことにアーチーの父親役は、「ビバリーヒルズ高校白書」でディランを演じていたルーク・ペリーなのだ(母親役はモリー・リングウォルドなので、これは納得できる)。 そしてこの世界では、ティーンエイジャーが親族の財産を手に入れ、そのお金で怪しげな酒場を親から買い取ることができる。 ヴェロニカが、父親ハイラムの酒場を買ったように(あと丸3年はお酒が飲めないのに、どうやってお酒の販売許可を得たのだろうか?)。 高校生たちはさらに、映画『スポットライト 世紀のスクープ』の取材チームさながらに、地元で起きる犯罪や行政を調査し報告する。 斧を振り回す狂暴な変人を、弓と矢で退治する。 親が刑務所に入っているあいだに店を経営したかと思えば、選挙権もないのに市長選挙に参加する。 抗議運動を起こせば、校長は生徒のいいなりだ。 さらには、暴走族を率いて古くからの問題を解決するし、自分の家族の不正を暴露することさえやってのける。 願望が成就される世界 しかし、こうしたばかげた事柄のすべては、「リバーデイル」は願望が成就される世界であることを表してもいる。 「リバーデイル」は、「スマートな若者たち」を描いたドラマなのだ。 原作コミックでは、牧歌的な若者たちの姿が、キャンディーに包まれたような世界として表現されていた。 その世界で大事だったのは、「ヴェロニカとベティ」のどちらを選ぶのか、ということだった。 しかしドラマ版の「リバーデイル」では、ベティとヴェロニカは、男性の取り合いはフェミニストにふさわしくないと理解している。 シェリル・ブロッサムがレズビアンであるということは受け入れられているばかりか、彼女の最も好ましい一面として称賛されている。 だからといって、「リバーデイル」に問題点がまったくないわけではない。 問題は多い。 けれども、このドラマはそもそもはじめから、CWネットワークによるセクシーさ満点の目玉番組になると決定されていた。 だから少なくとも、それなりの中身があるドラマではある。 そのひとつに、ヴェロニカ・ロッジのこんなセリフが挙げられている。 「マッチョの男かアーティストの男か、どちらかひとつという古くさい考えはもうやめない? ジェームズ・フランコを体験したこの世界では、いろんなタイプを兼ね備えていてもいいんじゃない?」 マクヘンリーは正しい。 このセリフはばかげている。 けれども「リバーデイル」では、こうしたばかばかしい楽しさこそ、逃避先としてもってこいなのだ。

次の

Netflixドラマ「リバーデイル」シーズン4/配信日・内容・新キャストなど最新情報まとめ

リバー デイル シーズン 4

リバーデイル Riverdale 「羊の皮をかぶった狼め!」 こんなセリフ、ドラマや映画の中で耳にした事もあるでしょう。 一体どういう意味なのか? いい人に見えるけど、実は酷い奴だった! つまり見た目と中身が全然違うって事です。 今回紹介するドラマ、リバーデイル。 まさに羊の皮をかぶった狼です。 静かで平和な田舎町、だけどその裏には闇がたくさんあった。 こんなお話ですからね。 日本でも横溝正史の作品は田舎の闇を描いています。 犬神家の一族や八つ墓村などは有名ですよね。 ただそれらの作品は見た目からもう闇度が高いですから。 リバーデイルはパッと見爽やか、中身はドロドロな闇というアメリカン?スタイル。 例えるなら白いTシャツに白い歯が似合う爽やか男子。 なのに中身は女子に対して常にイヤらしい妄想を抱いているムッツリスケベみたいな。 実は見た目と違い、ただ者じゃないんです。 リバーデイル あらすじ 平和な田舎町、リバーデイル。 ある日、一人の高校生が事故死する。 しかし事実は違った。 殺されたのだ、何者かによって。 それにより、今まで隠されていた町の闇の部分が姿を現す事になる。 そしてリバーデイル高校に通う生徒達の日常をも大きく変えていく。 誰が殺人事件の犯人なのか? リバーデイルに隠された闇とは何なのか? ミステリアスな物語が今、始まる。 こんな人にオススメ ・田舎町が舞台のミステリー、面白いに決まってる ・とにかく学園ものが好き ・ドラマはキャラクターの魅力が重要 ・ドロドロな人間関係、観てる分には面白い ・綺麗な川の流れる町に住んでみたい 世代を超越した見所 「うちの子と何を話していいかわからないんです!」 思春期のお子さんを持つ親なら当然抱える悩み。 そんな時はリバーデイルを親子一緒に観賞しましょう。 悩みも即、解消するはずです。 なぜドラマにそんな事が出来るのか? それはリバーデイルが海外ドラマの皮を被った全方位型視聴兵器だから。 今流行のミリタリー風に表現しましたけど。 要は色んな年代の視聴者が楽しめる仕掛けが実装してあるんです。 パッと見、若者向けオンリーな創りですよね? 実は熟年キラーな闇の面も持っています。 例えばキャスティング。 かつて1990年代を席巻した名作青春ドラマ、ビバリーヒルズ高校白書。 熟年の方には思い出深い作品のはず。 そんな通称ビバヒルでディランを演じた永遠のイケメン、ルーク・ペリー。 何とリバーデイルにしっかり出ています! さすがに高校生役ではありませんけど。 これはほんの一例。 他のキャストでも仕掛けがあるんです。 ここでは敢えて語りません。 実際に観てビックリして欲しいですから。 こんな感じなので熟年の方も楽しめるはず。 勿論、基本は若者が楽しめる青春な創り。 つまり親子で一緒に楽しく観賞というテクニックが使い放題! 上手い創りですね。 内容的にはこんな公式が当てはまります。 現在、新シリーズが放映されている海外ドラマの象徴的存在。 実はリバーデイルと共通点があります。 ・タイトルが実際にある地名 ・一見平和な田舎町の裏に潜む闇を描く ・登場人物の魅力にまいってしまう 勿論リバーデイルが単に模倣しているわけではありません。 学園ものという調味料をしっかり効かせてツイン・ピークスとの差異化を図ってます。 本気で好きになっちゃいそうな登場人物たち 「マンガの魅力はキャラクターで決まる!」 マンガ雑誌編集者の口癖ですが、真実でもあります。 実はこの法則が当てはまるドラマがあるんですね。 そう、リバーデイルです。 なぜならリバーデイルはコミックを原作にしているから。 感情移入しやすい魅力的なキャラクターが何人もいます。 これって凄い事ですよ。 多くの漫画家が魅力的なキャラクターの創造に日々苦しんでいますからね。 それぐらい難易度が高い。 逆にキャラクター造形に成功すれば作品は成功したに等しい。 ドラマ化においてキャラクターを更に掘り下げたのかもしれませんね。 とにかくそこに力を注いだ感じはあります。 特にいいのが高校生の面々。 ちょっとしたやり取りすら面白い。 いい意味で高校生の皮を被ったエンターテイナー。 私の高校時代、こんな生徒達はいませんでした。 実際、私もそうでしたから。 もう一度高校生、やりたくなりましたよ。 最後に 闇を抱える大人たち。 そんな大人たちに翻弄される若者たち。 町の利権も絡み、ドロドロとした闇が町を覆う。 世代を超えて楽しめるエンターテイメントになっています。 夏にキャンプはつきもの。 だったらたまには自宅でキャンプも楽しいかも! リバーデイルでひと夏の青春と闇のバカンスを満喫してみませんか?.

次の