ガラス コーティング 雨 染み。 車のコーティング後にできる水垢の原因と落とし方まとめ

ガラスコーティング後にワックスは正しい?|トータルカービューティIIC

ガラス コーティング 雨 染み

車は好きですが、ボンネットの開け方も知らない私ですが、ちょっと勉強して、原因を調べました。 <経過> #5月29日納車 #5月30日、運動会のため、学校校庭に駐車。 砂埃による汚れひどし #5月30日〜6月7日、ホースで水道水を浴びせるだけで、一見汚れが落ちたように見えるので、この作業を連日繰り返す。 この際、水滴放置。 #6月8日、多数のイオンデポジット発見。 水道水を浴びせるだけでは、結局泥の斑点が残ることに気付き、マイクロファイバークロスできれいに拭いてみたところ、多数の輪ジミを見つける。 この日は時間なく放置。 #6月9日、輪ジミに対し、ウルトラグラスコーティングneo付属のコンディショナー 6649e:ガラス系コート剤塗布) を使ってみるも効果なし。 次に別の付属のクリーナー 6649c:たぶん極微な研磨剤 を用いたところ作業した場所全てのイオンデポジットを除去達成。 ネットでは付属のクリーナーでは除去できないとの情報が大半ですが、早いうちなら効く様です。 作業時間、車全体で30分。 クリーナー6649cの作用機序は、ガラスコーティングに乗っている不純物をからめ捕るイメージです。 ですので、乾いた状態で作業をしないと、水分子ばかりからめ取ってしまって、輪ジミの原因物質をうまく絡めとれません。 #6月12日待望の雨、雨水が水滴状に残っていることを確認し放置。 #6月13日、快晴、昨日の水滴は乾いているものの、雨ジミは着いていない。 <結論>以上の経緯から、今回の輪ジミの原因は雨水の放置にあるのではなく、いい加減な水洗いのために水道水の不純物が残ったイオンデポジットであることが判明。 そして、万が一イオンデポジットができてしまっても付属のクリーナー6649c(たぶん極微な研磨剤)で輪ジミは落とせることも分かりました。 しかし、一台を作業するのに30分を要するので、とにかく水道水の水滴を揮発させないことを徹底することにつきますが、とはいっても水滴が残らないようにいくら注意しても、不意な散水や子供の水鉄砲などの被害はさけられそうにありません。 こうなるとイオンデポジットはできてしまって仕方ないものとして、それをどう効率的に処理するかを考えた方が合理的だと判断しました。 その方法をで紹介します。

次の

プロが教える車の雨染み,コーティングの水垢の対処法

ガラス コーティング 雨 染み

「完全硬化型のガラスコーティングは硬化時間が必要」 完全硬化型のガラスコーティング(俗に言う液剤自体がガラスとなるコーティング剤)は、ワックスや簡易コーティングと違い、長い耐久性が特徴です。 洗車や雨などでは、落ちることなく長期間愛車を守ることができます。 (ピカピカレインのガラスコーティング剤もこのタイプです) ですが、その分、ほかのコーティング剤より硬化時間が必要となります。 簡単に分けるとこうなります。 【ワックス・ポリマー】 主成分は天然・化合物含めロウが多く、乾燥することで車体を覆う層になります。 たいていのものが30分~1時間程で完全に乾きます。 上に層がのっているだけで塗装と密着はしていないので耐久性はありません。 洗車や雨で剥がれていきます。 【ガラスコーティング】 空気に触れた直後から化学反応を起こして徐々に硬化が始まります。 成分の内容は下項目をご覧ください。 表面だけの評価でおよそ12時間は必要です。 完全に固まった場所は塗装と密着していますので後からの修正が効きません。 剥がす場合はポリッシャー等の研磨を行います。 それだけ強固な被膜だけあって耐久性はピカイチです。 ・ガラスコーティングはどうやって生成されるの? ピカピカレインを含む本格ガラスコーティングの売りである「ガラス化」についてですが、 実際どのようなメカニズムで瓶の中の液体がガラスになっているかを知ってる方は少ないのではないでしょうか。 ここではその原理をピカピカレインガラスコーティングを例として説明します。 ボディに塗布された直後の液剤の主成分はガラス成分とアルコールです。 硬化に時間がかかるのはこの辺りが大きく関係しています。 なお、この後に車の塗装と被膜が二週間をかけてぴったりと密着していきます。 そして密着後は洗車や劣化で落ちることもなく、耐久性のあるガラス被膜が車のボディを守ります。 それをそのまま車体に塗り付けることは不可能ですよね…。 ガラス成分の濃度が高い程塗りにくくなるのもそのためです。 「表面硬化と完全硬化の違い」 上記でもご説明させていただきましたが、 完全硬化型のガラスコーティングは、液剤がガラス被膜へしっかり硬化するまで時間が必要になります。 表面硬化と完全硬化の違いについては、下記をご覧ください。 ボディと完全に結合しているわけではないので、硬化している・していない箇所にムラがあり、 非常にデリケートな状態でもあります。 ピカピカレインガラスコーティングの場合、 まず、空気中の水分とガラスコーティング剤の成分が化学反応を起こしてゆっくりじわじわと硬化を始めます。 液剤の内部から硬化するという訳ではなく、空気に触れている表面から徐々に硬化をしていくのですが、表面硬化は、大体約半分くらいまでのコーティング層の硬化が完了したという状態と思っていただければ、イメージしやすいと思います。 この表面硬化まで、ピカピカレインガラスコーティングだと【約12時間】かかります。 表面硬化後は、車を走行させたり、雨に濡れても優しく拭き上げてあげれば問題ございません。 この完全硬化まで、ピカピカレインガラスコーティングだと施工から【約2週間】かかります。 完全硬化が完了した後は、いつも通りの洗車やメンテナンスを行っていってください。 ナノピカピカレインメンテナンス剤を使用したり、ガラスコーティングの二度塗りを行うのも ガラス被膜がしっかり形成された完全硬化後に行います。 業者さんで扱われるガラスコーティング中には、 数日~数週間、車を預かって施工~表面硬化、完全硬化まで済ませるというものも。 納車前ならともかく、納車後にまた数週間も業者に預けたくない!という方は、 是非これを機に、自分で完全硬化型ガラスコーティングを施工することをご検討を! ピカピカレインガラスコーティングなら、約12時間の表面硬化が完了すれば、 車の走行も問題なく行えるので、業者さんに預けるようなこともありません。 「硬化中における注意点」 では、表面硬化と完全硬化の違いがわかったとろこで、次は実際にガラスコーティングを施工した後 ガラスコーティングの硬化している間気をつけるべきポイントをそれぞれ紹介していきます! 【表面硬化中の注意点】 ガラスコーティング施工後から2時間後から表面硬化が始まり、約12時間で表面硬化が完了します。 この期間における注意点としては、 「濡らさない」・「運転しない」・「カバーをかけない」です。 ・施工後12時間は水分厳禁! 表面硬化中の12時間は絶対にお車を濡らさないようにしてください。 ここでいう水分というのは雨はもちろんのこと、夜露や朝露も含まれます。 なお、この期間の洗車はお控えください。 とは言っても、全ての人が屋根のある車庫でお車を保管されているわけではありませんし、 施工中に突然雨が降ってくることもあるかと思います。 そんな場合はどう対応すればよいのでしょうか? もし濡れてしまったら、すぐに屋根のある場所にお車を移動させてください。 その後、ボディについた水滴をマイクロファイバークロスで優しく拭き取ってください。 ・運転は控える 少しの距離であっても運転をされますと、小石のはね上げでガラスコーティング液剤が剥げたり、 埃を巻き込んで汚れてしまう恐れがあります。 ですので上記で述べたように、 突然雨が降ってきた、施工場所と保管場所が異なる、といったような不要不急以外の運転はお控えください。 ・カバーの使用は控える 完全にガラスコーティングが硬化する前にカバーをかけてしまうと、 そのカバーをかける時および外す時の摩擦でガラス被膜が落ちてしまう可能性が高いため、ご使用はお控えください。 ただし、お客様から 「雨が降られた時にすぐに対処できないから、カバーをかけたい!」 というお問い合わせをいただくことがあります。 繰り返しになりますが、弊社としてはカバーの使用はお勧め致しませんが、 雨に濡れて放置してしまうと後々ムラになり、酷い場合は全てコンパウンドで研磨しなければなりません。 これらのリスクを鑑みたうえで、ご自身でご判断いただければと思います。 ・表面硬化中にムラを発見したら? まずはマイクロファイバークロスでムラになっている箇所を拭きのばしてみてください。 それでも取れない場合は、残っているガラスコーティング液剤をムラ部分にスポンジで多めに塗布し、 マイクロファイバークロスで拭き伸ばしてください。 【完全硬化中の注意点】 12時間の表面硬化が終わると、その後の2週間が完全硬化の期間となります。 この期間の注意点としては、「水分を長時間放置しない」です。 ・水分を長時間放置しない 表面硬化の時と違い厳禁ではありませんが、長時間放置してしまった水分は水垢等の原因になりますので、 雨に降られてしまった場合は、ボディについた水滴をマイクロファイバークロスで優しく拭き取ってください。 またこちらも表面硬化と違い、洗車もOKです。 ただし、洗車機ではなく、必ず手洗い洗車でお願いします。 ・完全硬化中にムラを発見したら? 既に硬化が始まっているため、ムラを落とすには、その箇所のみコンパウンドで研磨することになります。 その後は部分洗車して、余ったガラスコーティング液剤で再施工してください。 ポイント:1 艶 施工後まず一番最初に目に見えてハッキリわかる効果はガラスコーティング特有の美しい艶!! 普段お使いのお車が新車のような輝きに…!そして新車への施工も更に美しく色に深みのあるボディへ…。 自分の愛車が艶々だと愛着も湧きますし、普段のドライブだって楽しくなりますよね。 お客様から駐車場で自分の車が周りと比べ輝いているのを見て 優越感に浸ってしまうというありがたいお声もしばしば頂きます! ポイント:2 水弾き 洗車や雨の際に効果を発揮します、水弾きです! 弊社は3種類の水弾きのガラスコーティング剤を販売しております。 特に一番売れているのがピカピカレインプレミアム こちらは滑水性となっております。 親水と撥水のいいとこ取りをしたような水弾きで 水の粒がコロコロとボディを滑り落ちるイメージです。 ガラスコーティング施工前は水がボディにベターっとくっついて、 ウォータースポットやイオンデポジットの原因になりやすかったり、 洗車の際も拭上げに手間がかかってしまっていたかと思います。 しかしその悩みもピカピカレインを施工した完全硬化後のボディには必要ありません! 滑水している様子はまさに爽快! 水が流れ落ちるため、洗車や雨が降った後の水の拭上げも施工前と比べ圧倒的に楽になります! ポイント:3 防汚性 ピカピカレインのガラスコーティングはなんと防汚性にも優れております。 上記でも申し上げた通り、水が流れ落ちるためウォータースポットやイオンデポジットができにくくなります。 ウォータスポット以外にも、雨天時には泥などが付着しボディが汚れてしまいますよね。 しかしこちらもご安心を!汚れもコーティングの力で簡単に落ちます。 軽い汚れ程度でしたら水洗いでも充分!洗車の労力が楽になります。 その他にも花粉・黄砂の対策にも! 花粉・黄砂は愛車にとって大敵なのはご存知ですか? 一度付着して放置してしまうと、落とすのも一苦労。 そして何より花粉・黄砂の成分は塗装に悪影響を及ぼします。 これらの汚れもコーティングをしていればボディを保護できるので、ボディを痛める心配がありません。 もちろんこれらを放置しますと、被膜も傷が付きますので愛車のケアはお忘れ無く! 花粉・黄砂については詳しくはこちらにも記載しております。 pika2rain. 効果が充分に発揮される完全硬化までは2週間かかりますが、 硬化後はなんと3年の耐久性です。 ガラスコーティングを施工すると、お車の塗装も、普段のケアも良いことづくめです! 是非ガラスコーティングを施工し効果を実感してみてください。 「やっぱり完全硬化型ガラスコーティングは耐久性がいい!」 この記事でも記載させていただいた通り、やはり完全硬化型のガラスコーティング剤は硬化時間がかかります。 ですが、ほかのコーティング剤やワックスと比べると、断然被膜の持ちが違います。 むしろ、完全硬化型のガラスコーティング剤より持ちのいいコート剤があるのか…?というレベル。 硬化時間中に雨が降るのが心配…という方や、施工に時間をかけてられない!という方には 簡易コーティングやワックスをおすすめしますが、 何度も施工するのが億劫な方や、常に愛車を守りたい!きれいな状態で保ちたい!という方には 完全硬化型のガラスコーティング剤をおすすめします。 正しい施工方法、硬化時間を守り、よりよい愛車ライフをお過ごしください!.

次の

親水コーティングは雨じみがつかないのか?

ガラス コーティング 雨 染み

目次でパッと理解する• 車のガラスコーティングを除去する理由って? 古い被膜の上からもう一度コーティングを施すと効果が薄れるので、コーティングを一旦除去する必要があります。 通常の洗車では落ちない汚れを落としたり、施工に失敗してやり直したりする時も、コーティングの除去は有効な手段となるのです。 劣化したコーティングを除去して下地処理をする 劣化したコーティング剤は除去しないと、曇りやシミの原因となってコーティングの効果が発揮されません。 また古くなった被膜の上に新しいコーティング剤を重ねると、塗装面にダメージを与えるばかりかコーティングの効果がますます落ちてしまいます。 一旦除去して下地処理を行い、再度コーティングを施工すれば美しさが戻りますよ。 洗車では落ちない汚れを除去できる どんなに優れたコーティングでも、水垢を避けることは出来ません。 特にイオンデポジットやウォータースポットが発生したら、ボディに凹凸が生じて塗装面を浸食するので、洗車で落とすことは出来なくなります。 コーティングを一旦除去すれば、洗車で落ちない汚れも落とすことが可能です。 その後でコーティングし直せば美しさが戻りますよ。 失敗したコーティングをやり直す 車が心底から好きな人は、コーティングを自分で施工することもあるでしょう。 しかし施工中に上手く行かず、ムラになる個所が生じたらシャクに触りますよね。 そんな時も施したコーティングを一旦除去すれば、もう一度やり直すことが出来ます。 自分で作業する人は除去する手順を覚えておけば、慌てる必要はありません。 車のガラスコーティングを除去する方法 ガラスコーティングの被膜はとても硬いので、ボディを撫でるように拭くだけでは落とせません。 ポリッシャーなど表面を強力に洗浄するアイテムが必要です。 塗装を削る恐れもあるので難易度が高く、自信が無ければ業者に依頼する方が無難です。 ガラスコーティングの除去はポリッシャーが必要?! ガラスコーティングはカーワックスやポリマー加工と比べてとても強い被膜を形成するので、拭き取る程度で除去することは不可能です。 ポリッシャーを使って除去する必要がありますが、塗装面を傷つけるとコーティングの除去だけではなく塗装し直すハメに陥ります。 塗装を削らないよう、コーティング被膜との境目を見極める技術も求められるので、ポリッシャーを容易したり作業時間を確保したりする必要があり、テクニックと根気が必要な作業が必要なのです。 ガラスコーティングで失敗したときに試したい裏技 ガラスコーティングを自分で施工すると、どうしてもムラが生じやすくなります。 施工完了後にムラに気付いたなら再度除去してやり直しですが、施工途中に気付いたならリカバリー出来る可能性があるので、テクニックを覚えましょう。 ムラになった個所にもう一度同じコーティング剤を塗り込めば、解消する可能性があります。 もう一回塗っても変わらなければ、再度塗り込むとボディに傷が付く可能性があるので、業者に見てもらった方が良いでしょう。 車のワックスやポリマーコーティングを除去する方法 ワックスやポリマーコーティングを自分で落とす場合、ガラスコーティングよりも被膜が弱いので自分で除去できます。 但しやり直した後に効果が落ちないよう、表面処理をきちんと行いましょう。 コーティングを落とす前に表面を処理する ワックスやポリマー加工を施した場合は、一旦除去しないともう一回施工しても効果が薄れ、また劣化した溶剤が塗装面にダメージを与えかねません。 コーティングを落とす前の表面処理としては、まずボディを触ってみて下さい。 ツルツルした感覚なら良いですが、ザラザラした感覚なら鉄粉が付着しています。 鉄粉は塗装表面を痛めるので、ボディをしっかり水洗いしましょう。 その後除去剤や粘土で鉄粉を丹念に取り除きます。 市販のコーティング除去シャンプーや脱脂剤で油分を取り除く 次にコーティング除去成分配合の市販カーシャンプーや脱脂剤を使います。 カー用品店ではワックスやコーティング剤を落とすカーシャンプーと尋ねれば、すぐ対応してくれます。 脱脂剤を使うとコーティング剤やワックスに配合の油分を除去し、再度施工した後の効果が向上するからです。 手順としてはカーシャンプーで丁寧に洗車し、脱脂剤で油分を抜き取ってからコーティングをやり直す流れで進行します。 コーティング除去の注意点 コーティングを除去する時の注意ですが、コーティングを落とす作業は塗装も落とすことに繋がります。 一気にコーティングを除去しようと考えず、範囲を区切りながら丁寧に被膜を落とすよう心がけましょう。 一度に落とそうとすると上手く除去出来た個所とそうでない個所が生じてまだらになり、見栄えが悪くなります。 確実に進めましょう。 専門店に依頼する コーティング除去の注意として、一般の方は被膜と塗装面の境目の見極めが難しいことも挙げられます。 塗装面を傷つけ、塗り直しとなれば目が当てられなくなります。 また何年もメンテを怠ると簡単に落とせなくなり、ポリッシャーで削る必要があります。 塗装面の境目がわからない、またはポリッシャーを使う自信が無い時は、専門店に作業を依頼しましょう。 フロントガラスのコーティング除去なら簡単?! 市販の外側ガラス専用クリーナーでフロントガラスのコーティング除去はできます。 ガラスコーティング剤もあればコーティングも同時に完了しますよ。 ガラス周りの樹脂が白くならないよう、マスキングテープもあると良いですね。 クリーナーで古いコーティング剤や油膜を取り除きます。 この作業はコーティングの下地処理にもなります。 専用スポンジでタテヨコ方向、溶剤の弾きが無くなるまで塗り込みますが、全体を一度に塗らずに狭い範囲をいくつかに分けて塗りましょう。 その後コーティング剤を塗れば、コーティング除去と再コーティングが一気に完了です。 まとめ 最強の効果を誇るガラスコーティングでも、汚れが付かないということは物理的にあり得ません。 酸性雨や洗車の後に水滴が残っているとウォータースポットなどに変質して、洗車では取れなくなります。 コーティングのやり直しや洗車では落ちない汚れを取る時に、コーティング除去は大切な方法なのです。 自分で施工する人は、失敗した時にやり直す手段となるので、覚えておくと良いですね。 根気が必要ですが一気に片付けようとせず、狭い範囲をいくつか区切って作業することが成功のコツです。

次の