マツコの本名。 マツコデラックスの本名は松井貴博!素顔や年齢なども紹介

マツコ会議|タルちゃんの由来や本名は?いつから韓国の事務所で練習生?

マツコの本名

Sponsored Link 年齢は?出身は?身長は?本名は? マツコさんは、1972年10月26日生まれ、 千葉県千葉市稲毛(現・稲毛区稲毛)のご出身、 身長180センチ、 体重140キロ、 血液型はA型、 本名は、 松井貴博(まつい たかひろ)です。 マツコさんは、タレント活動のほかに、 文筆業などもされているようで、 昔は、ゲイ雑誌の記者、 編集者をしていたとのこと。 マツコさんの肩書きで、 「女装タレント」 というのがありますが、 オカマでもなく、オネエでもなく、 そんな職業(?)が作られたのは、 マツコさんの登場以降かもしれませんね。 さぞや、ほくほくものでしょう。 彼(女?!)の年収がどれくらいあるのか調べてみると・・・ なんと、CMのギャラなどを合わせると、 6億円を超えているとのこと! 6億って、想像できない数字ですよね・・・ マツコさんは、過去に、 ゲイ雑誌の編集者を辞めた後、 しばらく自宅で、 引きこもり生活をしていたことがあるそうですが、 その時には、まさか未来の自分が、 こんな大成功を収めているなんて、 想像もつかなかったでしょうね。 失礼ですが、 デブで、ゲイで引きこもりって・・・ ちょっと人生きつ過ぎます。 しかし、才能って、 どこで開花するか分からないものですね。 マツコさんは、本当に、 ドラマティックな人生を歩んでおられます。 ご本人はそのことについて、 淡々としておられるようですが、 内心はどうなのでしょう? 老後のために蓄えているとのことですが、 それでも、あまりありますよね! 木村拓哉と同級生だった? そんなマツコさんの出身高校は、 千葉県立犢橋 こてはし 高等学校なのですが、 実は、さんと、 1年間同級生だったというのです。 このことについて、さんが、 ラジオ番組で言及されていたのですが、 マツコさんも木村さんも、 お互い同級生だったと知りながら、 さんまさんには何も言わないため、 「高校時代になんか2人、あったんかな?」 「言うたらアカンもんなんや」 と、気を回され、 その話題には触れなかったのだそうですが、 なんと、高校時代、マツコさんと木村さんは、 会話を交わしたことはなかったのだとか! 当時、木村さんは、 すでにとして活動されており、 学校に来てはすぐに帰る、木村さんの後ろ姿を、 マツコさんは、陰から見ていたそうですが、 一方で木村さんは、 「どいつがマツコか分かんねぇよ」 と、おっしゃっていたようなので、 当時のマツコさんを覚えていないようです。 ともあれ、さんまさんによると、 今でも、お互いお二人に会っているものの、 どちらからも何も言われることはないのだとか。 ただ、人の成功をねたんでいるだけでは、 生きている価値がありません。 そして、成功イコール幸せでもないもんよ。 人生とは、えらく厄介なものですね。 そう、自分が幸せかどうかは、 自分で決めるしかないのよ。 笑いって差別でしょう? 私が自分で常に承知しているのは、 「私は差別されているから笑われているんだ」 ってことなの。 あと、毒舌も! 親は身の程を知れ。 ブサイクなお前の娘が、 シンデレラなんかできるわけないでしょ! 思っててもなかなか言えないですよね(^^;) マツコさんだから、おもしろい。 でも私ね「ありのままでいい」っていう風潮は、 よくないと思うのよ。 最近は、流行った映画の影響もあって、 「ありのままでいい」という風潮がありますが、 本当にありのままなら、 この社会、生きてはいけませんよね。 人生のどん底と絶頂、 この二つを経験したからこそ言える、 核心をついた言葉の数々が、 私達の心にも響くんだと思います。 これからも、タレント活動はもちろんのこと、 こういう言葉で、私達を導いてほしいですね。 と言いたいのですが・・・ こんなアタシにも、 「人生を指南してください」なんて企画が持ち込まれるの。 でも、アタシ自身どうしたらいいか迷っているのに、 「人サマに人生を教えている暇はありません」 って断ってるわ。 とのこと。 マツコさんらしいですね~ 今後の活躍も期待しています!!.

次の

久留栖るなのプロフィール/本名・高校・彼氏を調査!『マツコの知らない世界』2月18日

マツコの本名

DJBoss(ボス)の経歴やプロフィールや本名は?• 名前:DJBoss• 生年月日:1968年3月10日• 年齢:50歳 あら、すでに半世紀生きて らっしゃる。 という事はパラパラ最盛期には 遊びたい盛りの30前半ですな。 お金も少々盛ってて毎晩 クラブシーンを盛り上げたと 思われますね(笑) ちなみに本名は 横田聡さんといいます。 意外と普通の名前でした(笑) ではDJBoss(ボス)の経歴をチェック! DJBossの経歴は? かつてのディスコブームをけん引した 伝説のディスコクラブマハラジャで DJをしていたのそうですが それ以前の経歴はちょっとわからない ですね。 ディスコブーム終焉と共にマハラジャは 減少。 かつて全国にあった店舗も縮小に 伴い、DJBossさんも活動の場を ゲームメディアなどに移していきます。 いまから10年以上前になるのですが コナミの伝説的なヒットゲーム• ダンスダンスレボリューション• パラパラparadise• ビートマニア におけるユーロビートミックスを担当。 エイベックスからは 【スーパーユーロビート】 シリーズで人気を博す。 現在は有線放送 【ハイパーメディアコミックス】 にて横田商会として オリジナルミックスを連日放送 とまぁ、こんな感じ。 ダンレボとかパラパラparadise とかやってる女子高生をみる 男子高生であった頃が懐かしい (笑) パラパラparadiseに関わって いた所を見ても パラパラに熱を持ってるのが うかがえますね。 では、次に伝説の女王について 同じ局なので可能性めっちゃ高い ですね(笑) パラパラオールスターズですが• RICHIE(リッチー) 渡辺理知世(わたなべ りちよ、1974年7月24日 - )• SATOKO(サトコ) 山崎聡子(やまざき さとこ、1980年9月28日 - )• MAKI(マキ) 小谷田真紀子(こやた まきこ、1976年4月16日 - )• TOMOMI(トモミ) 工藤友美(くどう ともみ、1980年6月4日 - )• RYOKO(リョウコ) 小田倉良子(おだくら りょうこ、5月2日 - )• MIHO(ミホ) 川良美穂(かわら みほ、1980年 - ) 以上のメンバーで構成されて ました。 元々スーパーユーロビートの アイコンとして活動していた 側面があるので今回のDJBoss とも旧知の仲である可能性は 高いですね。 今現在の各メンバーの詳しい 状況は解らないのですが 過去の活動をみてみると 2016年頃までイベントなどで ちょいちょいと活動してたり するようですが基本的には それぞれ主婦なりしてると思われ ます。

次の

【マツコの知らない世界】さにーのプロフィール、本名、経歴について紹介!!

マツコの本名

Contents• マツコデラックスの本名は松井貴博 まず、マツコデラックスさんの本名についてですが、過去に雑誌で特集された際、本名が 「松井貴博(まつい たかひろ)」であることが明らかになっています。 以前から、本名が「松~なんとか」であることを公表していた。 当たり前ですが、マツコデラックスさんは千葉県出身の日本人ですからね。 マツコデラックスと両親との関係 マツコデラックスさんは、自分自身について「親の育て方がよかったのかどうか、人でなしになるほどのはずし方はできない人間なんですよ」とインタビューで語られていました。 スポンサーリンク ここでのポイントは、「親の育て方がよかった」と本人が語られている点です。 このことから、マツコデラックスさんは、ご両親に感謝されていることが伺えます。 マツコデラックスの父親 マツコ・デラックスさんの父親は、昭和一桁の九州生まれ。 終戦まで満州にいた。 細くて小柄で、特段、特徴のない方で、職業は、建設会社のサラリーマン。 洗濯機や掃除機が故障しても、修理をして使うほど、堅実な性格。 昔の家族の大黒柱のイメージの典型ですね。 堅物で亭主関白でっていうあの感じですね。 現代では珍しいのではないでしょうか。 マツコデラックスさんはゲイなのですが、 「」 父親にゲイ雑誌の編集だと公表できなかったため、「出版関係の仕事」とごまかしていたそうです。 「働かないやつは、水、飲むな!」 と父親に怒られた経験もあるほどですから、子供からすれば超怖い父親に簡単に言えるようなことではないですよね。 今となっては、少し公にしても認められる風潮にはなってきていますが、それでもまだまだ差別的な目は減りません。 ましてや、二十年以上も前となると携帯電話もない世の中です。 理解されるとは到底思えませんよね。 残念ながら、父親に関して、写真や画像は公表されていないようです。 マツコデラックスの母親 マツコデラックスさんのお母さんは、体形も話し方もマツコさんそっくり。 性格はさっぱりしている。 あごのラインと目元はうり二つ。 マツコデラックスさんは、やはり母親にもゲイだということは公表できなかったようです。 「」 当たり前ですよね。 自分の子供がゲイということを簡単に受け止められる母親はそういません。 人 気が絶頂になってきた2011年のある日、母親から手紙が届きました。 腰の手術をした報告の手紙だったようですが、その一番最後には「5時の生放送楽しみにしています」とつづられていました。 それを読んで、マツコは爆笑するとともに大号泣しました。 女装してても、していなくても、母親はちゃんと見ていてくれた。 マツコさんは、この手紙について「(母は)手紙でもこういうことを言う人ではないので…『このタイミングで言ってあげたほうがいいんじゃないか』って、きっと母が機転をきかせた気がします」と語っています。 母親はマツコさんのことを、「太りすぎだ」と注意する以外は、何も言わず見守ってくれる人物だったそうです。 このエピソードから察するに、ご両親とも、マツコデラックスさんがゲイや女装が趣味なことを公表されても、優しく受け止めてくれていた気がします。 ちなみに、マツコ・デラックスさんは母親が39歳の時の子供です。 そして、その優しい母親も2016年に82歳で死去されています。 マツコデラックスと木村拓哉とは犢橋(こてはし)高校の同級生 マツコデラックスさんと元スマップの木村拓哉さんとは、同じ高校の同級生だったことは有名ですよね。 二人は、千葉県にある「 犢橋(こてはし)」高校出身です。 学校の偏差値は43~45なので、正直に言うと、バカ高校ですね。 相当、偏差値は低いので、名前を書けば入れるレベルです。 校則は他の学校より少しゆるい程度。 スポンサーリンク 学校についての掲示板的なサイトによると髪色が明るかったり上履きのかかとを踏んでいると先生に注意されることはあるようです。 注意されるレベルということは最底辺ではないことの証明ですね。 ただ、キムタクはスマップとしてデビューするため東京の高校に転校してしまったため、1年間だけ同級生だったそうです。 木村さんがマツコさんに対し「どんなやつがお前になったんだ」みたいなことを言っていた。 確かに、高校で違うクラス、クラス数が多くなると知らないのは無理ないでしょう。 しかし、よく考えてみてください。 木村拓哉さんですよ!?あのキムタクですよ? ジャニーズでアイドルですよ? そんな人を全く知らないということは有り得ませんよね?事実、そのようで・・・ どうやら、高校時代に2人は一緒に過ごしていた時期があったようです。 関係者によると、一緒にサボる仲間だったのだとか。 「2人は、演劇部の幽霊部員どうしで、学校をサボっては駄菓子屋でアイスや菓子パンを買っては食べていた仲とか。 もっとも、木村がマツコのことをK高校の同級生だと知ったのは、つい最近のこと だという。 「マツコは高校時代から40キロ以上も太っていますからね。 気が付かないほどの外見が変わってしまっていたパターンですね。 あるあるですが、確かにマツコデラックスさんばりに変化していれば、本当に気が付かないかもしれません。 マツコが木村に「中学時代の時って(制服)学ランだった?」と質問すると、木村は「ブレザー」と回答。 マツコが「襟に芯が入ってないのを着て…」と当時を回顧すると、木村も「ネクタイの芯も抜いてね…何がしたかったんだろう」と当時を振り返った。 木村がマツコが出演する番組をよく見ているという話になり、マツコは嬉しそうに「大好きなのよ、私のこと。 でも、本当のことをいうと、この人じゃなくて、娘さんたちが私の番組を見てくれている。 この人はついでに見ているだけよ」と家族の話をさらりと話した。 このやり取りからも、なんとなく仲が良い感じも漂ってきますね。 ただ、一方で、距離を置こうとしているともとれます。 あまり共演のない2人ですから、あまり仲が良くないのかもしれませんね。 マツコデラックスさんと木村拓哉さんの人気があれば、番組の一つや二つ、余裕で制作できるでしょうからね。 明石家さんまがラジオで言及するも深堀せず 明石家さんまさんと木村拓哉さんが仲がいいことも有名です。 一緒に番組もされていますしね。 そんな明石家さんまさんですが、一度、 マツコさんと木村拓哉さんが高校の同級生だったことについて、明石家さんまさんがラジオの中で言及したことがあります。 しかし、同級生だったことを2人はさんまさんに全然報告していなかったようで、そんな2人の様子から、 高校時代になんか2人あったんかな? 言うたらアカンもんなんやと気を遣って、詳しくは触れませんでした。 また、2010年12月19日に生放送された『さんま&SMAP!美女と野獣クリスマス・禁断の質問SP』ではマツコがゲスト出演して木村と顔を合わせたものの目立った絡みはなかった。 あの明石家さんまさんが気を遣うのですから、相当なタブーだと察したのかもしれませんね。 ジャニーズ事務所の思惑が裏にあった? 一方で、ジャニーズ事務所が木村のイメージダウンを恐れ、情報を公開しなかったことも大きい。 番組関係者もこの件に触れることは絶対NGでした。 しかし、ここにきて、木村サイドはなんとかマツコの人気に便乗しようと、共演の新番組をスタートさせたいと動いています。 マツコは、これまでさんざん自分を袖にしてきたにもかかわらず、人気が落ちてきた途端に今度は自分を利用しようとする木村サイドのやり方を不快に思い、距離を置こうとしています。 木村拓哉さんはスマップの解散騒動で人気を落としてしまいました。 仲の良いグループで押していたのに、完全に内輪もめで解散。 解散会見は、本当に批判が殺到し社会現象にもありましたよね。 一方、マツコデラックスさんをテレビで見ない日はありません。 「」 「」 二人の立場が完全に入れ替わったことは事実です。 マツコデラックスさん側の気持ちも分かりますし、木村拓哉さん側の気持ちも分かりますね。 二人の仲が良い悪いということよりも、二人を利用したい取り巻きが二人を支配しているように見えました。 急上昇ランキング!!• 2018年1月11日 に投稿された• 2018年5月1日 に投稿された• 2018年7月4日 に投稿された• 2018年7月26日 に投稿された• 2018年3月6日 に投稿された• 2018年5月8日 に投稿された• 2018年2月8日 に投稿された• 2018年4月22日 に投稿された• 2018年7月22日 に投稿された• 2018年3月3日 に投稿された• 2018年5月2日 に投稿された• 2018年1月30日 に投稿された• 2017年12月18日 に投稿された• 2018年1月10日 に投稿された• 2017年12月19日 に投稿された• 2018年1月27日 に投稿された• 2018年9月8日 に投稿された• 2018年2月9日 に投稿された• 2018年3月19日 に投稿された• 2018年5月15日 に投稿された• 2018年2月6日 に投稿された• 2018年1月24日 に投稿された• 2018年3月8日 に投稿された• 2017年12月8日 に投稿された• 2018年1月8日 に投稿された• 2018年6月24日 に投稿された• 2018年1月31日 に投稿された• 2018年4月21日 に投稿された• 2017年12月10日 に投稿された• 2017年12月24日 に投稿された 最近の投稿• カテゴリー•

次の