中国2ちゃん勢い。 世界各国は脱中国の動き。世界から孤立する中国。第2波、第3波に要警戒

【遠隔操作事件】札幌にある2ちゃん関連会社を家宅捜索

中国2ちゃん勢い

ただし往年、2chが日本のネットカルチャーを代表する存在だったのも確かだ。 不謹慎ネタを好み「便所の落書き」と揶揄される劣悪なデマや誹謗中傷が渦巻いていたいっぽう、タテマエやきれいごとを嫌うカルチャーゆえに、大手メディアが報じない際どい情報や庶民の本音が大量に書き込まれていた。 加えて当時は2chが情報の「最先端」だったことで、一部のインテリ層と思われる人々も活発に書き込みに参加していた。 度の過ぎた悪ふざけや暴露行為と、たまに見せる意外な頭の良さと反権威性。 ゆえに黄金期の2chは、良識ある世間から問題視されつつも怪しい魅力を放っていた。 現在の日本で活躍しているクリエイターには、2ch(およびその文化的影響から生まれたニコニコ動画・新都社・各種のまとめブログなど)から世に出た人も少なくない。 代表的なところではミュージシャンの前山田健一(ニコ動出身)や『ワンパンマン』作者のONE(新都社出身)、2019年に松本清張賞を受賞した小説家の坂上泉(2ch「やる夫スレ」出身)らが挙げられるが、他ならぬ私もその一人だ。 かつて非正規労働者だった私は、 中国の大規模掲示板『百度貼吧』のスレッドを2ch風に翻訳したまとめブログを運営していたことで2010年に書籍の出版を打診され、結果的に中国ライターとして身を立てている。 現在30代くらいの日本の表現者にとって、若いころの2ch系メディアでの活動歴が「黒歴史」になっている人も多いだろう。 とはいえ、あの無法地帯的な怪しい空間が、なんらかの文化の揺籃の地になったことも確かである。 中国に染み出した2chカルチャーの「その後」 いっぽう、かつて2ch文化は中国にも浸透していた。 現在はTikTokやスマホゲームをはじめ中国発のネットカルチャーが大量に日本に流入しているが、2chが隆盛を極めていた2000年代の時点では「先進国」の日本から発展途上国の中国へと文化が一方的に流れ込んでいたからだ。 例えば、「自重」「厨房」「ネ申」「wwww」といった2ch語が中国のネットスラングとして定着しかけたほか、ニコ動やふたばちゃんねるで人気だった東方Project系のネタ、さらには現在の価値観では大きな問題がある淫夢ネタや恒心教ネタ(内容は詳述しない)なども含めて、 萌えと悪ふざけと反権威主義がないまぜになった2ch系文化のノリが、当時はかなりの程度で中国のネット空間に輸出されていた。

次の

中国:2ch勢いランキング

中国2ちゃん勢い

んちゃ。 中国がまたこんな事を・・ 【中国 WHOへ32億円の拠出増】 中国が、WHOへの資金拠出を3000万ドル(約32億円)上乗せすると発表。 米国のトランプ大統領は、WHOの新型ウイルス対応が「不適切」だったと非難し、資金拠出を一時的に停止する考えを示している。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics どうしてまぁ、こんなにWHOにお金渡すのか不思議でしょうがないですけど。 中国は何を企んでいるのか・・。 って、そりゃあ、世界覇権でしょ〜。 以前に、中国企業がヨーロッパ企業を爆買いしているという記事がありました。 株価が大幅に下落する中、割安で購入する好機と判断したようだ。 これに対し、欧州各国政府は危機感を強め、自国企業の防衛に動き始めた。 銀行関係者によると、中国系の企業やファンドから欧州企業に対しM&A(合併・買収)の提案を行いたいとの依頼が急増している。 依頼の大部分は中国国有企業からのものだという。 中国政府は自動車や新エネルギーなどを戦略的重点分野に定めており、国有企業もこうした分野を標的にする可能性がある。 民間企業では、複合企業である復星国際が3月、新型コロナの感染拡大に伴う世界的な株価下落を受け、投資機会を模索すると表明。 商業施設運営の上海豫園旅游商城もフランスの宝飾大手ジュラの株式55.4%を2億1000万元(約32億円)で取得すると発表した。 米大手法律事務所デチャートのパートナーを務めるヤン・ワン氏(香港在勤)は「まだ初期段階かもしれないが、今年後半に中国企業による国境を越えたM&A活動が徐々に増加する」との見方を示した。 引用元: 結局、これが狙いだったのか。 なんとな〜く、分かってましたけども。 中国の動きを見ていると、世界覇権を目指しているとしか思えない。 そして。 ヨーロッパは今までと違い、中国と距離を置くことに。 欧州遠ざける中国のコロナ外交-今の雰囲気は「かなり険悪」 — ブルームバーグニュース日本語版 BloombergJapan アフリカでも、反中国の動きが・・ 先日中国の広州市で起きた黒人(ナイジェリア人)に対する差別事件が、ナイジェリア人の怒りを買ったことになったか。 映像を見る限り、確かに工場の名前は「広東自由貿易区」の模様。 タイに続き、アフリカの友人も失うことになるな。 今の中国はまさに末期症状、このまま頑張って「世界の孤児」になれ! — あの中国から(詳しくは自己紹介で) ChaosChina 中国でコロナめぐる差別、アフリカ諸国が猛反発「容認できない」(AFP ナイジェリアのオンエアマ外相は14日、周平剣駐ナイジェリア中国大使に対し、「我々は身の回りの物を持って、路上で寝起きしているナイジェリア人の映像を見た。 痛ましくてならないものだ」と伝えた。 — 滝田洋一(日本経済新聞) yoichitakita そして、フィリピン、ベトナムでも。 中国政府が、領有権をめぐって争う南シナ海の島々に新たな行政区を設置すると発表したことに対し、ベトナム政府は19日、反発する声明を出しました。 各国が新型コロナウイルスの感染対策に追われる中、「ほかの国の弱みにつけ込む行為だ」として中国への懸念が強まっています。 最近「レーダー照射事件」が発生したことも明かし、これも抗議に含めたとのことです。 — 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom 世界各国に喧嘩を売る中国。 世界各国から嫌われる中国。 これで本気に中国は世界覇権が達成できると思っているのかねぇ。 このまま世界から孤立する勢いな感じがしますけども。 こんなことになってますので、脱中国が世界各国で始まってますよ。 EU首脳会議 医療品の中国依存、脱皮へ 企業買収でも歯止め ミシェルEU大統領が各国に示した復興計画の草案は、コロナ危機について「医療品など、死活的に重要な製品を欧州で生産する必要性を示した。 国内回帰すべき」 — zakzak zakdesk このままいくと、中国は世界の工場でなくなってしまう。 恐らく、今でも失業者であふれているでしょうけど、今後も益々失業者が増えていくことになるでしょう。 ということは。 最終的に何をしでかすかというと、 やはり、戦争。 このシナリオはすでに決まっているのではないかなぁ〜と、マコちゃんは妄想してますよ。 中国はロックダウンを解除してしまったので、恐らく第2波、第3波がくるでしょうね。 あの中国寄りのWHOも警告してます。 BBCニュース — ロックダウン解除は新型ウイルスを「再活性化」 WHOが警告 — BBC News Japan bbcnewsjapan 結局、ロックダウンを解除したのも、中国経済が大変な事態だからでしょう。 国が潰れてしまう。 だから解除するしかなかった。 マコちゃんの妄想では、新型コロナウイルスは、中国が作った人工ウイルス。 事故で漏れ出したのか、撒いたのかは分かりませんけども。 恐らく、世界の多くの人もそう感じているでしょう。 ついに、あのホンマでっかTVに出演している武田先生も新型コロナウイルスは人工ウイルスという見解を示しましたよ。 武田先生はぶっ飛んでますけど、エライ大学教授ですからね。 科学的根拠に基づいて、今回の新型コロナウイルスを人工ウイルスと言ってますから。 新型コロナウイルス=人口ウイルスと捉えて良いのではないでしょうかね。 ということは。 中国共産党はワクチンも特効薬も実は持ってるんじゃないの? 普通、人工ウイルスを作るときは、ワクチンとセットで作る言われてますからね。 習近平、中国共産党幹部はすでにワクチンを打っているので大丈夫。 ウイルスが変異してる場合はワクチンや特効薬は効くのかねぇ。 このまま第2波、第3波が来たとしたら、中国、本当に潰れてしまうのかも。 そうなる前に、戦争を起こすのか・・。 こんな国際情勢だとやはり、戦争が起こす感じがしますけどねぇ。

次の

大量逮捕!中国版ウィキリークスは何をやらかした? 中国版2ちゃんねらーの「悪ふざけ」、習近平の娘の個人情報を暴露(1/5)

中国2ちゃん勢い

んちゃ。 トランプさんが新型コロナウイルスは武漢の研究所から流出したという証拠を含む報告書を公表すると、明らかにしましたよ。 【準備中】トランプ大統領「コロナは武漢から」 証拠公表へ 武漢の研究所から流出したとの主張を裏付ける「決定的な」証拠を含む報告書を公表すると明らかにした。 また、ウイルス流出は意図的なものではなかったとの見方も示した。 — ライブドアニュース livedoornews あんれまぁ〜。 こりゃあ中国の反応によっては益々、アメリカと中国の戦争になりそうな感じがしますけど。 いやぁ〜、こりゃあ困ったわ。 う〜〜ん。 アメリカと中国の戦争が早まりそうだから、シンゾーは1日でも早く緊急事態条項を成立させたいのかもなぁ。 【改憲 首相「成し遂げていく」】 安倍首相(自民党総裁)は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、憲法を改正して「緊急事態条項」を創設する必要性を訴えた。 「必ずや皆さんとともになし遂げていく。 その決意に揺らぎは全くありません」。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 新型コロナウイルスの感染拡大だとか、医療崩壊だとか言っているけども。 日本は検査件数が少ないですし、多くの国民が自粛要請を受け入れているお陰か、、世界的に見ても感染者数も死者数も少ない。 日本の感染者数は、人口10万人あたり、12人。 まぁ、東京などの都市部と地方ではこの割合は変わりますけども、かなり少ないですわ。 ちなみに、スペインは10万人あたり460人。 致死率に関して。 致死率は感染者のうち、亡くなった人の割合。 日本は致死率、3. フランスは、18. 参照元: 緊急事態条項を含む改憲をしないでも、十分に新型コロナウイルスは抑えられていると思うのだが。 うむ・・ シンゾー、そんなに謙遜しないでもいい。 新型コロナウイルスは十分に押さえ込んでるぞ!! マスコミを使って、新型コロナウイルスの恐ろしさを国民に洗脳し、そのお陰で日本国民の感染者を十分に抑え込む。 さすがシンゾー。 あっぱれですわ。 ただ、シンゾー。 正直に言いなさい。 どっかからの命令で、緊急事態条項を憲法に組み入れないといけないんだよな。 最初から、シンゾーは緊急事態条項、緊急事態条項言ってたじゃないか。 恐れることはない、誰に言わされてるんだ? と、マコちゃんは妄想を繰り広げておりますよ。 まぁ、今回の新型コロナウイルスは実に闇深いと多くの人が思っているでしょうけども。 このブログで、何度もこの世の中を陰でコントロールし、動かしている奴がいると書いていますよね。 シンゾーはその下の下の下っ端なのでしょう。 以前に中国はウォール街の金融資本家、国際金融資本家のおかげで、あそこまで発展できたと書きましたね。 そのウォール街の金融資本家、国際金融資本家はどうして中国に投資したのか。 それは金儲けという目的もあるでしょうけども、他に何か目的があるからでしょう。 それが何なのか真実は分かりませんけども。 マコちゃんの聞いた話しによれば、中国は実験場。 新世界秩序を目指す輩が、中国の一党独裁という国民を管理できる体勢を利用し、国民をどれくらい管理監視できるのか、という実験を行っている。 なので、中国は監視カメラ、AI、通信機器などが物凄い勢いで発展してるでしょ。 恐らく、ウォール街の金融資本家、国際金融資本家はそろそろその実験を終了したい感じ。 もう様々なデータを取れたでしょうし、何よりも中国共産党の存在が邪魔になってきているのかもしれません。 でも実は。 戦争を起こさないでもアメリカは、中国共産党を震えあがらせることができるのですよ。 なぜなら。 中国共産党幹部のお子様たちは、アメリカの有名大学へ行き、アメリカの有名企業に勤めている。 アメリカの大学や企業は、どんなにおバカなお子様であっても受け入れるのです。 中国共産党は、お金を使って我が子をアメリカの有名大学に入れて、アメリカの企業に勤めさせる。 そして中国に帰国した時に、アメリカの情報を・・なんてことも考えたりしているでしょう。 中国共産党幹部のお子様や、ご家族はどっぷりとアメリカの自由に洗脳されてしまってますからね。 中国に戻りたいなんて、思いもしませんわ。 そしてアメリカ。 中国共産党のお子さんたちを満面の笑みで受け入れているわけではないのであ〜る。 受け入れているのは理由がある。 それは、 人質。 アメリカと中国に何かあった場合、中国共産党の幹部の子供や家族を人質にとることができるのですよ。 でも、中国共産党幹部はそんな事とはつゆ知らず。 我が子がアメリカの有名大学、有名企業に入社してニコニコ。 ウォール街の超有名な金融機関にも敢えて中国共産党幹部の子供を雇っている。 ウォール街の金融機関なんてのは、もとを辿れば、ロック・フェラーや、ロスチャイルドとかに行き着きますからね。 邪魔となれば、中国共産党の子供や家族を消し去ることなんて、いとも簡単にできてしまう。 消し去るというのは・・分かるでしょ? 中国はアメリカの国債をたくさん持っているから、米国債を売ってしまえばアメリカも大変な事態に・・なんて話しもありますけどね。 でも、なんのために日本がいるんですか。 そんな事態となれば、日本がせっせと米国債を買えば済む話しでしょーがー。 ということで。 もしアメリカと中国がそんな事態になれば、恐らく、日本が米国債を一生懸命に買うことになるのでしょうね。 んで、回り回って、結局は日本国民がせっせと支払った税金で米国債を買う構図ということか・・。 もちろん、あくまでマコちゃんの妄想ですけどね。 どっちにしろ日本は、アメリカと中国の揉め後に巻き込まれそう。 こりゃあ、また税金上がるわ。 なんだかなぁ〜、日本って。

次の