長野 朝日 放送 アナウンサー。 【abn長野朝日放送】大槻瞳アナウンサーがかわいい件

長野智子

長野 朝日 放送 アナウンサー

にも掲載されているけど、ガリガリ(細身)だったこともあって「土曜はこれダネッ!」の食レポでは視聴者から「(撮影後に)食べ物を残しているのでは?」という声が多かった。 これが発端で食レポでは常に豪快に食べるようにしていると発言したのがなつかしい(と同時にステキでまっすぐな女性なんだなと感じる)。 とはいえ、振り返ってみるといろいろと無理していたのでは?と思う。 細すぎるという体が原因で苦労も絶えなかっただろうし・・・。 それだけに今でも「土曜はこれダネッ!」内での卒業は鮮明に記憶している。 長野県に貢献してくれたかわいい女子アナウンサーたちに感謝を 以上、すでに退社している長野県のかわいい女子アナウンサー一覧でしたよっと。 現在活躍中のかわいい女子アナウンサーたちが長野県の顔になってくれることを願いつつ、これまで貢献してくれたかわいい女子アナウンサーには心から感謝したい。 なお、本記事は定期的に更新していく予定。 アナウンサーの入社および退社は活発なので次々と女子アナが追加されていくかもしれない。 これは残念なことだけど、応援する姿勢をもつことが重要ですわな。

次の

かわいい!長野朝日放送松尾まどかアナが結婚・退社・フリーへ

長野 朝日 放送 アナウンサー

楠原由祐子アナのwiki風プロフィール• 楠原由祐子アナのカップ画像と美脚が放送事故!?• 楠原由祐子アナが熱愛彼氏と結婚?• 楠原由祐子アナの年齢と身長は? Table of Contents• 楠原由祐子アナのwiki風プロフィール 出典: 楠原由祐子アナのプロフィール 名前 楠原 由祐子 くすはら ゆうこ 生年月日 1987年8月30日 年齢 30歳 出身地 神奈川県 身長 不明 体重 不明 血液型 B型 入社年 2011年 担当番組 abnステーション、いいね! 信州スゴヂカラ 最終学歴 慶應義塾大学総合政策学部 所属 長野朝日放送 趣味、特技 モダンバレエ、書道 資格 — 楠原由祐子アナは1987年生まれ、 今年30歳になりました! 出身地は神奈川県ですが、 一時期は長野県の佐久市に住んでいたらしく、 「第二のふるさと」なんだとか。 高校は神奈川県立の湘南高等学校。 こちらもキャンパスは湘南藤沢キャンパスですから、 おそらく実家から通っていたのでしょうか!? まぁ、「近所にあるから」という理由だけで サクッと合格できる大学ではないですから、 楠原由祐子アナはかなり学業優秀だったのでしょう! ちなみに、趣味(特技)はモダンバレエ。 公式プロフィールにもこのように記載されています。 3歳から入社するまでモダンバレエをやっていました。 昔はI字バランス。 今はいびつなY字バランス。 引用: Y字バランスでも十分すごいですが、 そのさらに上を行くI字バランス・・・。 実に同局10年ぶりの正規の女子アナ採用となりました。 入社後半年、2011年10月から「abnステーション」という 夕方の生ワイド番組を任され、現在も担当中。 30歳とお年頃なのですが、 彼氏に関するスキャンダルなどは 今のところありませ・・・、ありました!! どうやら同僚の先輩アナウンサーと お付き合いしている模様。 abnステーションでも共演する同僚ということもあり、 愛を育みやすいのかもしれません。 女子アナになって6年目というところのようです。 入社が2011年4月1日という、東日本大震災直後です。 この年入社の女子アナは 割と苦労が多かったかもしれませんね。 出典: 隣に写っている黄色い服の女性は テレビ朝日の松尾由美子アナ。 身長が154cmだそうです! それよりも数cmは高そうな楠原由祐子アナ。 推定身長は158cmくらいでしょうか!? スポンサードリンク まとめ 今回は長野朝日放送の女子アナ 楠原由祐子アナをチェケラってみました^^ 長らく女子アナ採用を行ってこなかった長野朝日放送の 厚い壁をブチ破り女子アナの座をゲットした楠原由祐子アナ。

次の

朝日放送テレビのアナウンサー一覧

長野 朝日 放送 アナウンサー

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2015年7月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年11月) 朝日放送テレビのアナウンサー一覧(あさひほうそうテレビのアナウンサーいちらん)は、• (ABCテレビ)• 2018年4月1日の移行に伴うラジオ・テレビ同時分社化前の朝日放送(ABC、現:)• 旧朝日放送が合併するまでの(OTV) に所属する、もしくは所属していたを一覧にしたものである。 現職アナウンサー [ ]• 1965年 (常勤顧問・エグゼクティブアナウンサー、2003年の取締役就任時にアナウンス部からは離脱)• 1984年 (エグゼクティブアナウンサー)• 1985年 (ゼネラルアナウンサー)、(ゼネラルアナウンサー)• 1987年 (総合編成局アナウンス部長、2005年〜2015年9月にスカイ・Aへ出向等)• 1989年 (2009年7月〜2010年7月にへ出向)• 1992年 (編成局アナウンス部担当部長)• 1994年 (ゼネラルアナウンサー)• 1995年• 1996年• 1997年 (2011年10月〜2013年8月に出産・育児休暇)• 1998年• 1999年 (2013年5月〜2015年3月に出産・育児休暇)• 2000年 、(2011年6月〜2012年3月および2015年6月〜2017年3月に出産・育児休暇)• 2001年 (2006年6月〜2007年3月および2010年7月〜2011年3月に出産・育児休暇)、• 2004年 (2016年10月〜2018年3月および2019年11月以降に出産・育児休暇)• 2005年• 2006年 (2017年10月~2019年3月および2019年9月以降に出産・育児休暇)• 2008年 、• 2009年 、• 2010年• 2011年• 2012年• 2013年• 2014年 、(アナウンス職のまま2020年4月から東京オフィスへ異動)• 2015年• 2016年 、• 2017年• 2018年• 2019年• (せんだい たかし、1988年-? (まつばら ひろき、1984年-2008年)• 2018年5月から2020年3月までは、へ社会部の記者として出向していた )• 大阪経済記者クラブ担当)• 男性 [ ]• (あべ のりゆき、1970年-2006年)• (いまい きよゆき、1958年-1967年)• (いまむら ますぞう 1955年-? ) ラジオ時代の朝日放送から大阪テレビ放送へ出向。 1956. 30時点で29歳。 後に常務取締役や顧問を務めた。 岩成太一(いわなり たいち)• (いんでん ひろき、1965年-1985年)• (うえくさ さだお、1955年-1992年定年) 定年後も1998年まで朝日放送で実況アナウンスを続けた。 「オフィスSARAH」代表。 妻も元朝日放送アナウンサー、とも他局でアナウンサー。 (うえだ ひろあき、1958年-1993年)• 臼村保彦(うすむら やすひこ)• (おおいわ けんいち、1980年-1988年) の開局を機に、第1期のアナウンサーとして移籍。 後にフリー。 (おおた もとはる、1974年-2012年)• (おおつか のぶお 1981年-2019年) ()。 在職中は、東京支社で報道部の記者を兼務した後に、『』やドキュメンタリー番組のディレクターを務めた。 ラジオのニュースデスクや、経営部門への勤務を経て退職後の2019年に、芦屋市議会議員選挙で初当選。 (くす あつお、1981年-2018年定年) ゼネラルアナウンサーを経て、2017年2月に嘱託契約へ移行したが、2018年3月の定年を機にフリーアナウンサーへ転身。 転身後も朝日放送ラジオの番組に出演しているほか、在職中に長らく携わっていた高校野球中継の実況を、2019年からラジオ限定で再開した。 久保顕次(くぼ けんじ 1955年-? 30時点で24歳。 朝日放送テレビがTBSテレビの系列局だった1967年7月に、『』で大阪タワー展望台からの中継に登場。 久保田勝(くぼた まさる)• (くらた あさお 1972年-1976年) 1948年生まれで早稲田大学出身。 在職中は植草貞夫に師事。 数年後に故郷・富山県のに移籍すると、スポーツ実況にとどまらず、報道・バラエティなどの番組で幅広く活躍した。 現在はフリーアナウンサー。 在職中はスポーツアナウンサーとして活躍。 後にラジオの「ニュースデスク」を歴任。 日本シリーズ、1964年「阪神-南海」、1985年「阪神-西武」、1984年オールスター ほか多数。 小林一繁(こばやし かずしげ)• 30時点で27歳。 退社後の2011年3月から、2012年12月のに兵庫県選挙区および比例近畿ブロックへの重複立候補で出馬するまでは、フリーアナウンサーとして活動。 (しみず じろう、1994年-2016年) 教師への転身を視野に2016年6月中旬で退社(2017年度より兵庫県内の高校教諭)。 菅原裕和(すがわら ひろかず、1971年-2009年)• (たかだ あきら、1954年-1964年) 東京12チャンネル(現:)の開局に携わるため退社。 (たかつか てつひこ、1980年-1994年) に転身し「高塚てつ彦」を経て「高塚哲広」として活動。 高橋義昌(たかはし よしまさ)• (たかやなぎ けんいち、1983年-1991年) 開局時に移籍。 後にフリー。 30時点で23歳。 新日本放送の設立を機に同局へ移籍。 後にの社長・会長を務めた。 (たまい たかし、1956年-1989年) 1953年にラジオ神戸(現在の)へ入社。 1956年に朝日放送へ移籍した。 田村安起(たむら やすおき、1955年-?) 1964年の日本シリーズでラジオ実況を担当した。 後に放送センターの初代センター長。 (つじ とよひと、1965年-?)• (とくら のぶよし、1969年-2009年)• 退職後も2019年1月まで嘱託契約を結んでいため、2016年10月から2018年12月までラジオ番組『』のパーソナリティを務めた。 契約期間満了後の2019年2月以降も、フリーアナウンサーとして朝日放送ラジオの番組へ出演中。 (なかむら えいいち、1951年-1977年) ラジオ単営局時代の朝日放送第1期アナウンサー。 在職中には、・・大阪社会部への出向を経て、『』でラジオパーソナリティとして名を馳せた。 退社後には、を1期・参議院議員を2期歴任したほか、所属のタレントとして朝日放送の番組に随時出演していた。 中村哲夫(なかむら てつお) 在職中はスポーツアナウンサーとして活躍。 『』の初代司会も務めた。 東京オリンピックのバレーボール女子・決勝戦の実況で知られる。 退社後は、アクト・アカデミー芦屋の講師を歴任。 2015年4月に逝去。 中島愛悦• 中村宗明• (ながさわ あきひこ、1970年-2006年)• アナウンス職からの異動後に演芸番組へ長らく携わっていた縁で、の開館計画に参画したほか、初代の支配人にも内定していた(2018年の開館を前に就任を辞退)。 後に報道部長、報道局長、テレビ制作局長などを歴任)• 野島一郎(のじま いちろう) 『』でオープニングナレーション(第1話のみ)、エンディングナレーションを担当。 後にラジオの「ニュースデスク」を務めた。 長谷川景一(はせがわ けいいち)• (ひらいわ こうすけ、2011年-2018年6月) 2018年6月15日付で退社した後に、フリーアナウンサーに転身。 朝日放送在職中の2017年から携わっていた関連イベントの実況を中心に活動する ほか、「ODDYSAY」(自ら設立したマネジメント事務所)の代表取締役も務める。 松倉一義(まつくら かずよし) 『』第1話で夢屋時次郎()に街頭インタビューしていた。 (みやね せいじ、1987年-2004年)• 村上守(むらかみ まもる、1951年-? ) 朝日放送ラジオ開局の第一声を発した。 1970年代前半までスポーツ実況などで活躍。 人事異動でアナウンス職を離れてからは、経営企画室長や監査役を務めた。 (むらた よしお、1969年-2005年) 退職後は業務提携のフリーアナウンサー。 森川司郎(もりかわ しろう)• 矢代清二(やしろ せいじ、1955年-? 30時点で26歳。 現在はアクト・アカデミー芦屋の講師。 女性 [ ]• (あかえ たまお 1997年-2007年) フリーに転身し、『』など東京拠点で活動中。 安生直美(あんじょう なおみ) 現在はアクト・アカデミー芦屋講師。 石川博子(いしかわ ひろこ)• 井土昌子• 稲田英子(1955年-? 1956. 30時点で25歳。 大阪テレビ放送時代の試験放送第一声を発した。 『』の司会を担当。 小深秀子(1955年-? 30時点で27歳。 (かがわ ちほ、1992年-1998年)• (かどの ゆき、2010年-2015年) 結婚のため退社し、福岡へ移住。 所属でフリーとして活動。 刈屋幸子• 鬼頭立子(きとう りつこ) 後になどでパーソナリティー、美声で有名だった。 坂本治子• 佐藤和枝(さとう かずえ 1955年-? 30時点で29歳。 柴田邦江(しばた くにえ) 1968年から1976年まで、『』の初代パーソナリティーを務めた。 清水芙美子(しみず ふみこ)• 須藤章子• (せきね ともみ、1995年-2000年) 退社後、に転身。 セイプロダクション業務提携のフリーとしてABCの番組に出演(2018年4月からラジオ『』出演中)。 高橋章子• (たなか はなこ、2002年-2009年)• 寺岡美紗子(てらおか みさこ)• 中尾啓子(なかお けいこ)• 長島不二子(ながしま ふじこ)• 平石光世(ひらいし みつよ)• 藤久ミネ(ふじひさ みね、1958 - 1967年) 退社後は、フリーアナウンサー・評論家・放送作家に転身。 ABCのネットチェンジ後(1979年)から、『』(テレビ朝日の関東ローカル番組)でキャスターを務めた。 松本佳代子(まつもと かよこ)• 的場千鶴子(まとば ちづこ)• 美紀嵩子 現在は朗読グループRSTへ参加• (やまもと もな、1998年-2005年) フリーに転身。 2011年に一旦引退後、2013年に個人事務所で活動を再開。 吉崎泰子• (よしだ るいこ) 現在は写真家、フォトジャーナリスト。 主著に「ハーレムの熱い日々」• 開局当時から在籍。 「JONR-TV. チャネル6 シックス 、ABC朝日放送です」とステブレを入れていた。 備考 [ ]• 開局当初のアナウンサー養成は、、の方等が担当。 朝日放送グループのアナウンサーは、2018年3月31日時点の在籍者は翌4月1日の移行の際に旧朝日放送から朝日放送テレビへ全員が自動的に転籍する形で、同日以降に入社したアナウンサーも当初から朝日放送テレビが雇用する形で共に朝日放送テレビ所属となっている。 この為朝日放送テレビの番組だけでなく、兄弟会社の(ABCラジオ)やの番組に出演する場合は朝日放送テレビから出向する形を取る(スカイ・エーは分社前の旧朝日放送時代から)。 逆に朝日放送ラジオやスカイ・エーではアナウンサーの自社雇用を行っていない。 新人アナウンサーが初鳴き(放送デビュー)を迎える日には、朝日放送早朝の生放送番組(テレビ『』ラジオ『』)に出演するのが定例行事となっている。 ちなみに、この企画を提案したうえで、自身の番組で最初に実行したのは道上である。 テレビ・ラジオの分社以降、テレビでの肩書表記は「ABCアナウンサー」から「ABCテレビアナウンサー」に変更されている。 一方でラジオでのアナウンスは「ABCアナウンサー」(『』では「ABC」 )のまま。 脚注 [ ]• 高橋大作 2018年5月25日. 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2018年6月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年6月16日. 2018年6月16日閲覧。 例外として、『』ではスタジオレギュラー(分社時点ではヒロド歩美)は「ABC TVアナウンサー」(「ABC TV」ロゴに続けて「アナウンサー」と表記することで「ABCテレビアナウンサー」と読ませる)、ラッシャー板前の生中継パートナー(分社時点では塚本麻里衣)は「ABC TV」ロゴに続けて「朝日放送テレビ」と表記。 『』(、朝日放送テレビ、共同制作)でのヒロドもしばらく「ABCアナウンサー」のままの状態が続いた。 ABCと同じくテレビ・ラジオが分社したおよび所属アナウンサーに対しては「」「」とアナウンスしている。 外部リンク [ ]•

次の