胃 が キリキリ 痛い 対処 法。 胃が痛い。空腹時や食前にみぞおちがキリキリする時の原因や対処法。

みぞおちが痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

胃 が キリキリ 痛い 対処 法

食後にくるキリキリとした胃の痛みは食事量と食材が関係 食後に胃に痛みが来た時に まず最優先で考えるポイントは 食べた量と 食べた食材です。 要は確率として一番多いのが 食べ過ぎと刺激物の食材なんですね。 食べた後に 気持ち悪い感覚や 苦しさがあれば 食べ過ぎている可能性が高いですね。 お腹がゴロゴロ言って動きます 後は胃に血流を送る為のツボを刺激して 痛みが引くのを我慢するしかないですね。 記事: 次に考えることは 『何か刺激物を食べたか?』です。 辛いものや 香辛料を食べると 舌がヒリヒリすることはありませんか? それと同じで胃も刺激物が入ると 粘膜が傷ついてしまいます。 お酒はもちろん コーヒーなど これらの飲み物も飲みすぎに要注意。 食べ物ならキムチやカレーなど辛いもの。 胃を荒らす薬も予め確認しておきたいですね。 応急処置としては常温の水やホットミルクで 胃の中を刺激を薄める方法があります。 アルコール、カフェイン、辛さ これらを中和させてくれます。 【注意】 ただここで確認事項が1つ。 それは 水や牛乳は 胃酸も中和さてしまうということ。 胃酸を薄めると消化力が落ちるので 食べ過ぎによる胃痛の場合は 症状が長引く恐れがあります。 なので胃痛の原因がどちらにあるか? それを見極めてから試してください。 スポンサーリンク 定期的に痛む、慢性的に胃痛があるなら自律神経の乱れ 次は食後に胃がチクチク痛むのが 毎日の様にやってくるケース。 この時は、あなたの胃の 消化力が落ちていないか確認します。 胃の消化する機能が低下して 普段の量でも許容範囲を超えて 胃が悲鳴を挙げているかも。 一般的に消化力を落とす原因は 自律神経の乱れにあると言われています。 【自律神経って何?】 自律神経とは言葉の通り 「自律してる神経」のこと。 人間の意志に関係なく働いて 生命維持の役割を助けてくれる神経です。 具体的に自律神経は乱れがちになるのは 以下の項目の通り。 心当たりはありませんか? 【自律神経を乱す生活】• 寝不足• 遅寝遅起き• 食事の時間が毎日バラバラ• 慢性的なストレス• 糖質、砂糖の摂りすぎ• お腹の冷え• 運動不足 常に胃痛がある。 または痛みと一緒に ゲップや 飽満感 お腹が張る感じ があれば 消化力の低下を疑いましょう。 このような慢性的な症状には 漢方や生薬がオススメです。 病気があるわけではなく ストレスや疲れによる胃痛には 効果を期待できるので試して見ては? 記事: 気になるなら病院で診察を!胃の病気という可能性も 食後の胃痛が治らない時… 先ほど言った解消法で改善せずに ずっと症状が続く場合は 何か病気の危険があります。 『万が一』ということもあるので 症状が良くならない時は要チェックですね。 突然の胃痛が時間が経っても引かない理由 食べ過ぎや飲みすぎの心当たりがない。 時間が経っても痛みが引かない。 そんな時に考えられる病気は 以下のようなものがあります。 【可能性がある病気】• 食中毒 食あたり• 胃腸炎 ノロウイルス等• 急性胃炎 胃痛の他に頭痛や寒気 便秘や水下痢など 体の異常はありませんか? これらの元の病気が治らないと 胃痛も収まりません。 急に胃痛があって 時間が経っても治らない。 市販薬の漢方や胃薬でも 症状が軽減しない場合は 胃腸科や 内科で診察を! 長期的、定期的に胃がキリキリ痛むときは胃カメラを! 次は長期的に胃がキリキリ痛む時。 それがストレスや自律神経の乱れからくる 消化力の低下以外のケースを考えます。 真っ先に挙げられるのは 胃潰瘍。 鈍い痛みが伴う胃の病気です。 胃の粘膜や胃自体が傷つくもので 悪化すれば最悪、胃に穴が空いてしまうことも… ピロリ菌や胃炎の悪化 ストレスが原因とされています。 胃カメラで診察できるので 「胃潰瘍かも」と思ったら胃腸科へ。 鎮静剤を使う無痛検査がオススメです。 内視鏡検査をすれば 食後の胃痛を招く他の病気 逆流性食道炎や 胃がんも検査できます。 なかなか痛みが治らない場合は 忙しいからといって後回しにせずに 検査を受ける時間を作ってみては? 記事: 記事: 胃がキリキリ痛むといっても このように食べ過ぎから病気まで 様々な可能性が考えられます。 他の症状はないか? 時間の経過と症状の変化は? これらを指標に 少しでも不安を感じたら 医師に診てもらいましょう。 スポンサーリンク.

次の

胃が痛いときの原因は症状でわかる 胃痛セルフケアを知っておこう Doctors Me(ドクターズミー)

胃 が キリキリ 痛い 対処 法

最近、という人は必見です。 胃の痛みは急に痛くなる事が多く、だらだらと痛かったり、我慢できないほどの痛みだったりと症状は様々です。 ここでは胃が痛い原因と対処法を見ていきます。 胃が痛いときの考えられる原因と症状とは 胃が痛いときには、その症状に応じて原因があります。 忙しいとき、大きな悩みやストレスがあるとき、空腹時、逆に食後にも胃が痛くなることがあります。 胃が痛くなる原因とは何でしょうか。 以下に考えられる原因を挙げてみましょう。 過度なストレスが原因の場合 胃が痛いときの大きな原因として挙げられるのが、ストレスだとされています。 過度な精神的ストレスが胃に悪影響を与えます。 仕事の忙しさや労働環境、住居環境などライフスタイルの様々な場面でのストレスが大きくなると、私たちの自律神経はすぐに乱れてしまいます。 自律神経は胃酸の分泌や胃の動きを制御しており、自律神経が乱れることで胃酸が必要以上に分泌され、胃粘膜を守るしくみとのバランスが崩れ、胃の粘膜が傷つくといったことが起こります。 最近、胃が痛いことが増えたなと感じるようであれば、今一度環境を見直しストレスが過度にかかっていなかったか振り返ることが大事です。 自分でも心身を休めるように努めて、労わってあげましょう。 神経性胃炎、過敏性腸症候群の場合 神経性胃炎・過敏性腸症候群はいずれもストレスに大きく関係する病気ですが、これらがある場合、胃痛に加えて下痢・便秘も併発することがあります。 過食気味、食べ過ぎが原因の場合 これは、先のストレスに大きく関わりがありますが、人はストレスなどの精神的負荷がかかると飲食でストレスを発散しようとしてしまいます。 忙しさとストレスで、食べられるときに思い切り食べ、飲めるときに思い切り飲むといったように暴飲暴食をしてしまいがちです。 仕事が忙しいと、夕食の時間も遅い時間になりがちで体への負担は非常に大きくなってしまいます。 また、アルコール・タバコなど刺激物も痛みの原因となります。 コーヒーやお酒、香辛料や熱い食べ物、極端に冷たい食べ物などは極力控えるようにしましょう。 なるべく飲食でのストレス解消を避け、自分なりの健康的なストレスの発散方法を見つけることが重要です。 空腹が原因の場合 空腹が原因で胃が痛いという場合には胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などが考えられます。 胃は胃酸から粘膜を守る仕組みがありますが、十二指腸にはそのような仕組みが手薄で、胃よりも酸に弱いと言われており、過分に分泌された胃酸によって粘膜が傷ついてしまいます。 急性胃腸炎 胃の痛みに加え、水のような下痢、止まらない嘔吐、発熱など付随症状が激しい場合、急性胃腸炎が挙げられます。 ノロウイルスやロタウイルスといったウイルス性の胃腸炎が有名です。 風邪症状を伴うこともあり、「お腹の風邪」などと呼ばれることもあります。 胃がん 一般的にはがんは痛みが乏しいですが、胃の痛みに加えて胃のむかつき、吐き気、嘔吐、食欲低下、体重減少、全身の倦怠感、吐血といった症状があると胃がんを疑う場合があります。 ピロリ菌という細菌感染があり慢性的な胃炎があると胃がんの発生率が上がると言われています。 胃潰瘍 胃潰瘍の痛みは強いズキズキとした痛みがみぞおちの辺りに起こります。 食事前後にこのような痛みが現れる場合は胃潰瘍の可能性が考えられます。 原因としては、ピロリ菌感染に加え、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などといった薬物が胃の粘膜を傷付け、胃が溶かされることが原因とされます。 胆のう・胆道・膵臓の病気 胃以外にもみぞおちのあたりにある臓器として、胆のう・胆道・膵臓などがあります。 胆のうの中にいつの間にか胆石ができていて、それが何かのきっかけで移動し、狭い胆道に詰まると、胆汁の流れが妨げられ、胆道の筋肉がけいれんして強い痛みが起こります。 放置すると高熱、黄疸が起こります。 脂っこいものを食べた後に、みぞおちから右わき腹に強い痛みがある場合に胆石発作を疑います。 また、膵臓に炎症や何らかの問題があると、みぞおちから背中にかけて痛みが起こります。 心臓の病気 狭心症や心筋梗塞といった心臓の病気が、胸ではなくみぞおちの痛みとして自覚される場合もあります。 胃が痛いときは無理をせず専門医療機関の受診を 軽い胃の痛み、またいつもの痛みなどといって放っておかず、無理をせずに専門の医療機関を受診しましょう。 胃が痛いときの対処法とセルフケア 上記のように、胃が痛い原因は様々です。 胃が痛いときに、とにかくすぐに出来る対処法を挙げてみましょう。 静かに横になって寝る 環境的に可能な限り、横になって安静にして胃が痛いのが和らぐのを待ちましょう。 食後の場合、胃の出口がある右を下にして休むと、胃の中身の流出を促すことができます。 ゆったりとリラックスを心がけることが大切です。 温かい飲み物を飲む 油っこい食事や刺激物を控えて、温かい飲み物を飲むようにしましょう。 白湯やホットミルクが良いでしょう。 軽いストレッチと深い深呼吸をする ゆったりとリラックス状態を心がけて、優しく体をストレッチすることと深呼吸することをおすすめします。 痛みが和らぐかどうか、様子を見ながら行ってみてください。 胃が痛いときの薬の服用はどうすればよい? 胃が痛い症状のなかでも、食べ過ぎ、飲みすぎの場合には胃腸薬が効くことが多いです。 胃腸薬のなかでも、総合胃腸薬などといったものはいずれの胃痛にも効果的とされています。 しかし、胃が痛い原因の特定が必要ですので、いつまでも市販薬に頼るのではなく、早めに専門医療機関の受診をおすすめします。 胃が痛くなる前にしておきたいこと 胃痛の大きな原因である「ストレス」を極力なくすことが重要です。 ストレス原因を遠ざけることが自分の身を守ることにつながります。 環境を変える、気分転換を工夫するなど、自分に合ったストレス発散法を見出しましょう。 どういった時間を過ごせば自分がリラックスできるか把握しておくことはとても重要です。 バランスの取れた食事と良質の睡眠、適度な運動といった、健康的な規則正しい生活スタイルを心がけましょう。 生の大根に含まれるジアスターゼ、生のキャベツに含まれるビタミンUなど、消化を助ける酵素が含まれる食品をうまく取り入れましょう。 最後に医師から一言 胃が痛いときはセルフケアを行うこと、そして早めに消化器内科など医療機関を受診するように心がけましょう。 監修:Doctors Me 医師• 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の

胃が痛い時の対処法!! 寝方やツボ・飲み物のオススメはこれ

胃 が キリキリ 痛い 対処 法

ストレスによる胃酸過多 胃がキリキリと痛む原因としてまず考えられるのは胃酸が胃の粘膜を荒らしてしまうことによる炎症です。 急激な緊張やストレスで胃酸が急激に分泌されると、一時的に胃の粘膜が炎症を起こし、 急性胃炎を発症します。 短期的な緊張やストレスが原因であれば、すぐに胃酸の分泌は止まり、自身の治癒力で回復に向かいますので心配は不要です。 1日ぐらいは食事をとらず、冷たい飲み物も避けましょう。 ぬるま湯などで水分補給をしましょう。 症状が少し落ち着いたらおかゆやうどんなど、消化しやすく刺激の少ないものから食べるようにするといいですね。 強いストレスが続いたり、食生活が大きく乱れたりして胃炎が慢性化してしまった場合は注意が必要です。 急性胃炎よりも強い痛みを感じたり、嘔吐や食欲不振などの症状も現れる慢性胃炎へと発展してしまうおそれがあるのです。 慢性胃炎へと移行してしまった場合、自然治癒力だけではなかなか改善しません。 医療機関で相談し、薬を服用しながら食事や生活リズムを改善していく必要があります。 慢性胃炎を放置すると胃潰瘍・胃がん・十二指腸潰瘍などへと発展する場合もあります。 キリキリした胃の痛みが頻繁にある場合は、早めに治療を開始しましょう。 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん) お腹がキリキリ痛むと言っても、それが胃なのか腸なのかは意外とわかりませんよね。 胃が痛いと思っていても実はそれは腸かもしれません。 お腹がキリキリと痛む原因で非常に多いのは 過敏性腸症候群です。 これはキリキリとした痛みの他に 下痢・便秘などの症状も現れます。 原因はストレスなどの心因性のもので、特効薬はありません。 ストレスを少しでも軽減し、規則正しい生活を送ることが大切です。 痛みなどもストレスとなりますので、痛みが強い場合は痛みを抑える薬や整腸剤・抗うつ剤などの服用も必要となります。 胆のうの病気 胃の痛みが出る病気は胃の病気ばかりではありません。 食後1~2時間ほど経ってから胃の上の方がキリキリと痛い• 背中や右肩にかけて痛みがある などの症状がある場合は胆のうの病気である可能性があります。 胆のうの病気というと、 胆のう炎・胆のうがん・胆のうポリープなどがあります。 胆石が原因で発症することもあります。 放置していても問題ない場合もあり、様子をみることもありますが、手術が必要な場合もあります。 検査をして状態を知る必要がありますので、早めに医療機関で相談しましょう。 胆のうに異常がある場合、右肩や背中にも痛みがあることが特徴的ですので、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。 参考: すい臓の病気 食後1~2時間後に胃がキリキリと痛み、背中や腰にも痛みがある場合、すい臓の病気の可能性もあります。 すい臓は胃の裏側(背中側)にあり、胃の痛みと区別できないことが多いです。 すい臓の病気であれば、アルコールや油分の多い食事を摂った後に痛みが出ることが多いです。 このような症状がある場合は早めに検査を行いましょう。 すい臓の病気というと、急性すい炎・慢性すい炎・すい臓がんなどがあります。 すい臓がんは初期症状がほとんどないため、胃痛でわかることは非常にまれですが、早めに検査をしておきましょう。 急性すい炎は 胆石や アルコールの過剰摂取が原因になることが多いです。 激しい痛みを伴いますので、早めに治療を行いましょう。 慢性すい炎はアルコールの過剰摂取が原因であることが多く、すい臓の機能が低下します。 回復することはできないので、病気の進行を食い止めるという治療を行います。 アルコールの摂取をやめ、食生活を改善させることから始めます。 慢性すい炎になった場合、これまでの食生活を改め、機能低下したすい臓に合わせた食生活に変えていく必要があります。 胃の痛みと背中の痛みは区別がしにくいので、ぜひこちらの記事もあわせてご覧ください。 参考: まとめ 胃がキリキリ痛いという症状があると、ストレスかなと思う方が多いですね。 急激な痛みがあってもすぐ回復する場合は問題ないことが多いですが、頻繁に痛む場合や、背中側にも痛みがある場合は放置せず、早めに医療機関で相談しましょう。 早めの治療で回復したり、進行を防ぐことができることもあります。 胃薬を飲むと一時的に痛みがなくなり、治ったと勘違いすることもありますが、痛みを抑えているだけで病気は治っていないこともあります。 気になる場合は放置しないようにしましょう。

次の