オクラ 栽培 プランター。 オクラ栽培 家庭菜園やプランター菜園おすすめ品種7選

オクラの育て方☆プランター栽培で収穫!7つの手順

オクラ 栽培 プランター

Sponsored Links 苗の植え方 売っているオクラの苗は、大体2~3本立てのものが多いです。 その株を分けて植えると、根が切れてしまったり傷んでしまい、成長が悪くなる大きな原因となります。 なので、分けたりはせず、 育ちの良い苗だけ残して、ほかの苗ははさみで切りましょう。 良い苗だけ残したら、実際にプランターに植えていきます。 詰めて植えてしまうと根も葉も充分なスペースがなく成長が悪くなってしまうので、 プランターに植える際には、間隔を25cm以上開けましょう。 オクラは背丈が高くなるので、 支柱も忘れず用意しておくようにしてください。 これで苗まで植え終わりましたね。 植えたら後は水やりと肥料ですが、失敗するとオクラが病気になってしまうのでご注意ください。 水やりと肥料のやり方を見ていきましょう。 オクラの肥料のやり方は? オクラは気温が上がり本葉が 5~6枚になると、一気に成長を始めます。 その時が1回目の追肥のタイミングです。 成長する為につかった養分を肥料で補うのですね。 オクラを長い期間収穫をし続けるためには、肥料切れにならないように注意が必要となります。 2回目以降の追肥のタイミングは 2週間に1回です。 1回あたり化成肥料を 約10g、 株元から離れた場所に全体的にばら撒きましょう。 肥料を与える時には灌水で減った土を足して、 増し土を行うようにしましょう。 次は水やり方法を学んでいきましょう。 オクラの水のあげ方は? 1回の水やりはたっぷり与えないといけませんが、水を与えすぎてしまうと、 「立枯病」などの病気になってしまい、逆に枯れてしまう原因となります。 基本的には土の表面が乾いた時に水やりを行います。 1回の水やり時にたっぷりと与えるようにしましょう。 水不足だと育ちが悪くなり、上手に育たない原因になってしまいます。 ですが、あくまで土の表面が乾いてからです。 こまめに少しずつはNGですのでお気をつけ下さい。 さらっと立枯病とお伝えしましたが、実はオクラは病気になりやすいのです。 なので病気の原因と対処法を今のうちに頭に入れておきましょう。 オクラが枯れてしまう原因と対処法とは? オクラが枯れてしまう原因の一つとして、気温が関係しています。 オクラは高温性で、夜でも 20~23度の環境が適しています。 暖かい環境には適していますが、一方寒い環境は苦手です。 気温が10度以下になってしまうと、育たなくなってしまいます。 ですで、日当たり良い所に置いてあげて、寒すぎる環境は避けなければいけません。

次の

オクラのベランダ栽培は大失敗!プランターでの今後の対策は?|のちさんち

オクラ 栽培 プランター

Sponsored Links 苗の植え方 売っているオクラの苗は、大体2~3本立てのものが多いです。 その株を分けて植えると、根が切れてしまったり傷んでしまい、成長が悪くなる大きな原因となります。 なので、分けたりはせず、 育ちの良い苗だけ残して、ほかの苗ははさみで切りましょう。 良い苗だけ残したら、実際にプランターに植えていきます。 詰めて植えてしまうと根も葉も充分なスペースがなく成長が悪くなってしまうので、 プランターに植える際には、間隔を25cm以上開けましょう。 オクラは背丈が高くなるので、 支柱も忘れず用意しておくようにしてください。 これで苗まで植え終わりましたね。 植えたら後は水やりと肥料ですが、失敗するとオクラが病気になってしまうのでご注意ください。 水やりと肥料のやり方を見ていきましょう。 オクラの肥料のやり方は? オクラは気温が上がり本葉が 5~6枚になると、一気に成長を始めます。 その時が1回目の追肥のタイミングです。 成長する為につかった養分を肥料で補うのですね。 オクラを長い期間収穫をし続けるためには、肥料切れにならないように注意が必要となります。 2回目以降の追肥のタイミングは 2週間に1回です。 1回あたり化成肥料を 約10g、 株元から離れた場所に全体的にばら撒きましょう。 肥料を与える時には灌水で減った土を足して、 増し土を行うようにしましょう。 次は水やり方法を学んでいきましょう。 オクラの水のあげ方は? 1回の水やりはたっぷり与えないといけませんが、水を与えすぎてしまうと、 「立枯病」などの病気になってしまい、逆に枯れてしまう原因となります。 基本的には土の表面が乾いた時に水やりを行います。 1回の水やり時にたっぷりと与えるようにしましょう。 水不足だと育ちが悪くなり、上手に育たない原因になってしまいます。 ですが、あくまで土の表面が乾いてからです。 こまめに少しずつはNGですのでお気をつけ下さい。 さらっと立枯病とお伝えしましたが、実はオクラは病気になりやすいのです。 なので病気の原因と対処法を今のうちに頭に入れておきましょう。 オクラが枯れてしまう原因と対処法とは? オクラが枯れてしまう原因の一つとして、気温が関係しています。 オクラは高温性で、夜でも 20~23度の環境が適しています。 暖かい環境には適していますが、一方寒い環境は苦手です。 気温が10度以下になってしまうと、育たなくなってしまいます。 ですで、日当たり良い所に置いてあげて、寒すぎる環境は避けなければいけません。

次の

オクラの栽培!種まき、苗植え、プランターの育て方は?

オクラ 栽培 プランター

Sponsored Link オクラはハイビスカスの仲間で、花が咲いた後につく若さやを食べます。 オクラは採れたてのオクラが食べられるだけでなく、花の美しさから観賞用に育てる人も多い野菜です。 次々と黄色いきれいな花が咲きます。 花も実もどちらも食用にできます。 切り口が5角形のオクラが一般的ですが丸いタイプのオクラもあり、大きくなってもかたくなりにくいので育てやすいです。 【家庭で育てやすい種類】 グリーンスター、ベターファイブ、エメラルドなど 【適したコンテナ(プランター、鉢など)】 深さが30cm以上のものがよいです。 大型プランターなら2株、大型の丸い鉢なら1株が目安。 日当たりのよい場所に置きます。 【栽培の時期】 種まきは春まきができます。 【種蒔き&間引き】 種は育苗用ポットなどに播くかコンテナに直まきします。 皮がかたいので、水に一晩つけて膨らんだものをまきます。 育苗用ポットに鉢底ネットを敷いて種まき用の用土を入れ、表面をならします。 たっぷりと水をかけた後、指で蒔き穴を作り、1つの穴に3粒ずつ種をまきます。 土を薄くかぶせて上から軽く押さえます。 発芽するまでは湿度を維持させるためにぬれた新聞紙などをかぶせておくとよいです。 発芽したら日当たりのよい場所に置き、土が乾いたら水をたっぷりあげます。 本葉が3枚以上になるまでの間に間引いて1本にします。 (2本でもいいです。 ) 本葉が3~4枚になったらプランターに植えつけます。 【苗の植えつけ】 鉢底ネットをしき、鉢底石を敷き詰めたプランターや鉢に培養土を入れます。 (肥料入りの培養土でない場合は元肥として肥料を混ぜます。 ) 土は容器いっぱいに入れず、ウォータースペースを2cmほどとります。 植え穴を掘り、苗を掘った穴に入れ、周りから土を寄せて軽く押さえます。 複数植える場合は30cmほど株の間隔をとって植えます。 2株まとめて植える方法もあります。 株同士が競い合ってより深く根を張るので全体の養分の吸収がよくなります。 その後、水をたっぷりかけます。 害虫対策として防虫ネットをするとよいです。 【肥料&増し土】 植え付け2週間後に化成肥料を追肥します。 その後2週間に1回ほど化成肥料を追肥するか、週1回液肥を水やりを兼ねて施すとよいです。 土が減っていたら増し土をします。 【水やり】 乾燥に弱いので、水切れしないように気をつけます。 水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 【収穫】 花が咲いてから1週間後ぐらいには収穫できます。 オクラの実はあっという間に大きくなるので、長さ5~6cmになったらはさみで切り取ります。 とり遅れると実がかたくなって味も落ちますし、株も弱ってくるので早めに取ります。 【摘葉】 収穫した実の下の1~2枚を残してその下の葉を取っておくと養分が葉に流れず、上にできる実に集中するので実付きがよくなります。 【病気害虫】 アブラムシ、ハマキムシ、ヨトウムシなど 【注意すること】 連作障害があります。 Sponsored Link.

次の