ブライアン バティスト ン。 フランス人サッカー選手一覧

ARGENTUM ET AURUM

ブライアン バティスト ン

ブライアン・イーノ 2006年6月26日撮影 基本情報 出生名 Brian Peter George Eno 別名 Eno Brian Peter George St. John le Baptiste de la Salle Eno 生誕 1948-05-15 (72歳) 、ウッドブリッジ 出身地 ジャンル 職業 担当楽器 、 活動期間 - レーベル Opal 共同作業者 公式サイト ブライアン・イーノ( Brian Eno、本名:: Brian Peter George St. Jean le Baptiste de la Salle Eno 、 - )は、・の出身のである(イーノ本人は自らを「ノン・ミュージシャン」と呼んでいる)。 、、音楽理論家である。 ソロの音楽家としてはおそらく、「」の先駆者として知られている。 ちなみに、同じく音楽家として活動しているはブライアンの実弟である。 来歴 [ ] とに在籍しそこで美術を学習する傍ら、電子楽器や音声理論に関心を抱き、結局、音楽の方面に傾倒することとなる。 学校にまだ在籍していたよりアマチュアグループで音楽活動を開始し、の誘いにより(Roxy Music)に加入した。 そのグループでは奏者としてその特異なファッションや音楽スタイルで注目された(加入期間は1971年1月-1973年7月、『』と『』の2枚のアルバムに参加した)。 そして、ソロ名義で『』 1974年 、『』 1974年 と独特なアルバムを発表し、というバンドでライブを行うなどした後、前衛的な、的な作風を採用するようになる。 そのソロ活動と並行して、ロキシー・ミュージックのギタリストである、旧で活動していたのメンバーなどと作品を制作してマニアックなサウンドを求めていた当時のロック・シーンに大きな影響を与えた。 特に知られるところではのアルバムである「」 『』『』『』 の制作に参加したことが挙げられる。 また、アンビエント音楽の世界ではや、などの才能を次々と発掘して、非ロックな音楽に対してもおおいに貢献してきた。 その後も同傾向の作品を発表し続けながら、1980年代のロックの新たな動きにも関心を持ち、、、などのアルバムにもプロデュースや演奏などで参加、ニューヨークのアンダーグラウンド・シーンのコンピレーションアルバム『』をプロデュースするなど、その後のアーティストやシーンに影響を与える。 その他にも、の作品などにも積極的にも参画している。 21世紀に入ってからも、やのアルバム制作に参加した。 エピソード [ ] 社の、「」の起動音「The Microsoft Sound」は彼の作曲によるものである。 「The Microsoft Sound. wav」のプロパティには彼の名が記されている。 「CHRONICLE POP MUSIC CRITIC」誌の1996年のインタビューによると、マイクロソフトからの依頼は「人を鼓舞し、世界中の人に愛され、明るく斬新で、感情を揺さぶられ、情熱をかきたてられるような曲。 ただし、長さは3秒コンマ25」であったという。 当時新しいアイデアが思い浮かばずに悩んでいた彼は、これを「待ち望んでいた課題だ」と快諾し、製作にとりかかった。 最終的に84個のごく短いフレーズが製作され、その中の一つが「The Microsoft Sound」として提供された。 ちなみに、親友は後年、Windows OSの後継ソフトである「」のサウンドを担当している。 オブリーク・ストラテジーズ [ ] オブリーク・ストラテジーズ(Oblique Strategies)は、イーノとピーター・シュミットが共同で制作したカードセット。 それぞれのカードに異なる文やフレーズが印刷されている。 例は以下の通り。 問題をできる限り明確に文字で述べよ(State the problem in words as clearly as possible. 君の最も身近な親友ならどうするだろう?(What would your closest friend do? 何を増やすべきか?何を減らすべきか?(What to increase? What to reduce? 誤りを隠れた意図として賞賛せよ。 (Honour thy error as a hidden intention. ) 使用法としては、カードをよく切り、その中から1枚だけ選ぶ。 そのカードに記載の文を自分なりに解釈し、自らの創作活動に活用するというものである。 現在Enoshopで販売されているものは第5版である。 イーノは自身のソロ作品やデビッド・ボウイとのいわゆる「ベルリン三部作」でこのカードセットを使用した。 近年では、コールドプレイが『』の制作中に使用したことが知られている。 同作のプロデュースをイーノが担当した。 人物と思想 [ ] 近年のイーノは、リベラル・左派の立場をとる傾向が見られる。 2014年のガザにおけるイスラエルの軍事行動に対しては、トゥトゥやノーム・チョムスキー、アリス・ウォーカーらと共に、批判をおこなった。 また、2015年の労働党党首選挙では、左派のジェレミー・コービンを支持する意見を、リベラル系の『ガーディアン』紙に寄稿した。 ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ]• 1974年 - Here Come the Warm Jets• 1974年 - Taking Tiger Mountain By Strategy• 1975年 - Another Green World• 1975年 - Discreet Music• 1977年 - Before and After Science• 1978年 ミュージック・フォー・フィルムズ - Music for Films 映画製作者やジャーナリストに配布された版を市販用に一部改訂したもの。 収録漏れとなった曲は、後に「Music for Films, Vol. 2」の曲と共に「More Music for Films」に収録された。 1978年 After the Heat• この題名は比喩ではなく、文字通りの意味で「空港のための音楽」である。 イーノは空港という場所とその機能のために音楽を作曲したのであった。 この音楽は実際にので使用されている。 音楽その物はの手法による4曲のインストゥルメンタルからなり、各曲には題名はなく、単に番号のみがふられている。 アルバム・ジャケットには、楽曲の解説と思われる奇妙な図表による添書きが個々の音楽に併記されているが、その意味するところは解説されていない。 個々に題名を持つ10曲からなる。 1980年 Ambient 3: Day of Radiance(日本盤タイトルは『発光』) ララージ(Laraaji、本名はエドワード・ゴードン)の作曲とハンマーダルシマー()と演奏をイーノが電子処理したアルバム。 それゆえクレジットはララージのみとなっている。 発表時、媒体はであり、そのA面はザ・ダンスと名づけられたテンポの早い3曲からなり、裏のB面はメディテーションと名づけられたゆっくりとした2曲からなる。 1981年 My Life in the Bush of Ghosts イーノと元トーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンの共作アルバム。 当時はまだ一般的でなかったサンプリングを巧みに取り入れた作風で話題となった。 2006年には未発表曲を収録した再発盤が発売された。 なお、「Qu'ran」は現行CDと2006年再発盤には収録されていないが、一部の版のCDには収録されている。 1981年 Empty Landscapes• ジョン・ハッセル Jon Hassell が参加していることもあって、先にジョン・ハッセルとの共作として発表された『第四世界の鼓動』(1980年)に似た雰囲気を持つ。 1983年 Music for Films, Vol. 2 TALK SHOWのため初来日をはたした。 1984年 ザ・パール - The Pearl ハロルド・バッドと共同名義のアンビエント作品• 1985年 サーズデイ・アフタヌーン - Thursday Afternoon• 1988年 - Music for Films III 、ララージ、、マイケル・ブルック、、マイシャ・マーリン、リディア・セアミン、ハロルド・バッドとの共同によるオムニバス・アルバム。 1990年 - Wrong Way Up と共同名義。 イーノが『Before and After Science』以来久々に歌った事が話題となった。 1992年 ナーヴ・ネット - Nerve Net 未発表に終わった作品「My Squelchy Life」を母体にしている。 1992年 ザ・シュトフ・アッセンブリィ - The Shutov Assembly• 1993年 Robert Sheckley's In a Land of Clear Colours• 1993年 ネロリ - Neroli• 1994年 Headcandy Mac専用CD-ROM。 付属の眼鏡で立体映像を体験するソフトウェア。 イーノは映像制作には関与していない。 音楽のみの貢献。 1995年 Spinner 元PILのジャー・ウーブルと共同名義• 1997年 ザ・ドロップ - The Drop 旧国内盤にはボーナストラックを3曲収録した8cmシングルCDがあった。 1997年 Extracts From Music for White Cube• 1998年 Lightness: Music for the Marble Palace• 1999年 I Dormienti• 1999年 Kite Stories• 2000年 Music for Civic Recovery Center• 2000年 Music for Onmyo-Ji(陰陽師)• 2001年 ドローン・フロム・ライフ - Drawn From Life J・ペイター・シュヴァルムと共同名義• 2003年 Bell Studies for the Clock of the Long Now• 2003年 January 07003: Bell Studies for the Clock of the Long Now• 2005年 アナザー・デイ・オン・アース - Another Day on Earth 日本盤はボーナストラックを1曲収録。 2006年 77 Million Paintings DVD-ROM。 写真や絵がランダムに映り融合する。 融合のパターンは理論的には7700万通り存在する。 また、音も同様にランダムに組み合わされる。 2006年にラフォーレミュージアム原宿にてこれを使用したインスタレーション展が開催された。 2007年には改訂第2版が発売された。 2006年 77 Million 上述のインスタレーション展会場にて1000枚限定で販売されたCD。 未発表曲集。 2008年 エヴリシング・ザット・ハプンズ・ウィル・ハプン・トゥデイ - Everything That Happens Will Happen Today と共同名義• 2010年 スモール・クラフト・オン・ア・ミルク・シー - Small Craft On A Milk Sea• 2011年 ドラムス・ビトウィーン・ザ・ベルズ - Drums Between the Bells• 2011年 パニック・オブ・ルッキング - Panic of Looking• 2012年 ラックス - LUX• 2014年 サムデイ・ワールド - Someday World カール・ハイド()と共同名義• 2014年 ハイ・ライフ - High Life 同上• 2016年 ザ・シップ - The Ship• 2017年 - Reflection• 2020年 ミキシング・カラーズ - Mixing Colours との共同名義。 1973年 - No Pussyfooting• 1975年 イヴニング・スター - Evening Star• 1994年 - The Essential Fripp and Eno• 2004年 - The Equatorial Stars• 2008年 Beyond Even 1992—2006 コンピレーション [ ]• 1983年 Working Backwards 1983-1973• 1984年 Begegnungen• 1985年 Begegnungen II• 1986年 Desert Island Selection• 1986年 More Blank Than Frank• 1993年 Instrumental• 1993年 Eno Box II: Vocals• 1994年 Eno Box I: Instrumentals• 1994年 Dali's Car• 1999年 Sonora Portraits• 2003年 Curiosities, Vol. 2005年 More Music for Films プロデュース [ ] 「」も参照• - ファーストアルバムをイーノがプロデュース• 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• エリック・タム『ブライアン・イーノ』(小山景子訳、水声社、1994年)• Bracewell, Michael Roxy Music: Bryan Ferry, Brian Eno, Art, Ideas, and Fashion Boston, MA: , 2005• Eno, Brian, Russell Mills and More Dark Than Shark London: , 1986• Eno, Brian A Year with Swollen Appendices: Brian Eno's Diary London: Faber and Faber, 1996• I Dormienti with 2000. Limited edition of 2000 copies. Sheppard, David On Some Faraway Beach: The Life and Times of Brian Eno London: , 2008• Tamm, Eric Boston, MA: Da Capo, 1989; 1995 脚注 [ ]• ミドルネームの内の「St. John le Baptiste de la Salle」は、の創設者に由来する。 ウィキペディア英語版によれば、母校のイプスイッチ・聖ジョセフ・カレッジはラ・サール会傘下校である。 rockin'on. com. 2020年4月30日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - Brian Eno Recordings and Products Online(英語)• - (英語)•

次の

奇妙なラケット(続報の続報) : 横浜テニス研究所

ブライアン バティスト ン

頑固な古典派から大きく脱皮 ニュイへ、ピュリニーへと拡大した大ドメーヌ ヴォルネイのドメーヌ・ド・モンティーユといえば、古典的ワインの銘醸家として名の知れたドメーヌ。 映画「モンドヴィーノ」でも主役級で取り上げられたので、ご記憶の方も多いに違いない。 先代のユベールはディジョンでの弁護士が本業。 というのも1947年にドメーヌを相続した時、ブドウ畑の面積はわずか3haしかなかった。 その後、息子のエティエンヌとともにブドウ畑を拡張し、1990年代には7haを超えるまでに広がった。 このエティエンヌもパリのクーパース&ライブランド(現プライスウォーターハウス・クーパース)の会計士として働いていたが、2001年にブルゴーニュに戻り、シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェの経営に就くと同時に、ドメーヌ・ド・モンティーユの当主となった。 もっともエティエンヌ自身は1983年からドメーヌのワイン造りに関与しており、1995年には実質的にドメーヌの主導権を握り、ブドウ栽培をビオロジックへと転換。 父から子への継承は着々と進んでいたのである。 エティエンヌがフルタイムで経営にあたるようになってからというもの、ドメーヌの版図拡大は凄まじい。 1993年にはすでに、ピュリニー・モンラッシェ1級カイユレをジャン・シャルトロンから買い取っていたが、2004年にボーヌ1級エーグロ(白)、特級コルトン・クロ・デュ・ロワ、コルトン・シャルルマーニュを入手。 2005年にドメーヌ・デュジャックと共同でトマ・モワイヤールを買収し、コート・ド・ニュイにも進出した。 この時にヴォーヌ・ロマネ1級マルコンソール、ニュイ・サン・ジョルジュ1級オー・トレイ、特級クロ・ド・ヴージョをラインナップに加えている。 さらに2012年、エティエンヌが経営を任されていたシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェをオーナーの金融機関から買い取ってしまったのだ。 ただし、シャトーが所有していた特級モンラッシェとバタール・モンラッシェは、この買収に協力したシャトー・ラトゥールのフランソワ・ピノーに譲り、彼のドメーヌ・ドゥージェニーに加わることとなる。 白ワインのラインナップ拡充を見越して、エティエンヌはともにマイクロ・ネゴスのドゥー・モンティーユを運営していた妹のアリックスを、2006年から白ワインの醸造責任者に任命。 一方、赤ワインはエティエンヌがおもに監督するものの、全体のセラーマスターとしてアメリカ人のブライアン・シーヴが2010年に就任している。 こうしてあまりにも拡大したためヴォルネイの醸造施設では間に合わなくなり、現在は旧ロピトー・ミニョンが所有していたムルソーのセラーでワイン造りをしている。 一般にエレガントとされるヴォルネイでさえも、「いつ開くのかわからない」と言われたドメーヌ・ド・モンティーユのワインだが、今日では若いうちから香り高く、そしてタンニンもしなやかなものとなり、かつ長期熟成にも十分耐え得るスタイルへと大きく変化している。 全房を用いた醸造など、基本的にはユベール時代の様式を継承しながらも、より完熟したブドウを摘み取り、抽出の仕方や発酵温度の管理をより綿密に行うことで、現在のスタイルを築いた。 ムルソーのジャン・マルク・ルーロの元妻であるアリックスが手がける白ワインも秀逸。 シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ所有のクリマがアリックスの手を経て、どのようなワインとなるのかも楽しみである。

次の

ジョージ・ポーターJr.

ブライアン バティスト ン

頑固な古典派から大きく脱皮 ニュイへ、ピュリニーへと拡大した大ドメーヌ ヴォルネイのドメーヌ・ド・モンティーユといえば、古典的ワインの銘醸家として名の知れたドメーヌ。 映画「モンドヴィーノ」でも主役級で取り上げられたので、ご記憶の方も多いに違いない。 先代のユベールはディジョンでの弁護士が本業。 というのも1947年にドメーヌを相続した時、ブドウ畑の面積はわずか3haしかなかった。 その後、息子のエティエンヌとともにブドウ畑を拡張し、1990年代には7haを超えるまでに広がった。 このエティエンヌもパリのクーパース&ライブランド(現プライスウォーターハウス・クーパース)の会計士として働いていたが、2001年にブルゴーニュに戻り、シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェの経営に就くと同時に、ドメーヌ・ド・モンティーユの当主となった。 もっともエティエンヌ自身は1983年からドメーヌのワイン造りに関与しており、1995年には実質的にドメーヌの主導権を握り、ブドウ栽培をビオロジックへと転換。 父から子への継承は着々と進んでいたのである。 エティエンヌがフルタイムで経営にあたるようになってからというもの、ドメーヌの版図拡大は凄まじい。 1993年にはすでに、ピュリニー・モンラッシェ1級カイユレをジャン・シャルトロンから買い取っていたが、2004年にボーヌ1級エーグロ(白)、特級コルトン・クロ・デュ・ロワ、コルトン・シャルルマーニュを入手。 2005年にドメーヌ・デュジャックと共同でトマ・モワイヤールを買収し、コート・ド・ニュイにも進出した。 この時にヴォーヌ・ロマネ1級マルコンソール、ニュイ・サン・ジョルジュ1級オー・トレイ、特級クロ・ド・ヴージョをラインナップに加えている。 さらに2012年、エティエンヌが経営を任されていたシャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェをオーナーの金融機関から買い取ってしまったのだ。 ただし、シャトーが所有していた特級モンラッシェとバタール・モンラッシェは、この買収に協力したシャトー・ラトゥールのフランソワ・ピノーに譲り、彼のドメーヌ・ドゥージェニーに加わることとなる。 白ワインのラインナップ拡充を見越して、エティエンヌはともにマイクロ・ネゴスのドゥー・モンティーユを運営していた妹のアリックスを、2006年から白ワインの醸造責任者に任命。 一方、赤ワインはエティエンヌがおもに監督するものの、全体のセラーマスターとしてアメリカ人のブライアン・シーヴが2010年に就任している。 こうしてあまりにも拡大したためヴォルネイの醸造施設では間に合わなくなり、現在は旧ロピトー・ミニョンが所有していたムルソーのセラーでワイン造りをしている。 一般にエレガントとされるヴォルネイでさえも、「いつ開くのかわからない」と言われたドメーヌ・ド・モンティーユのワインだが、今日では若いうちから香り高く、そしてタンニンもしなやかなものとなり、かつ長期熟成にも十分耐え得るスタイルへと大きく変化している。 全房を用いた醸造など、基本的にはユベール時代の様式を継承しながらも、より完熟したブドウを摘み取り、抽出の仕方や発酵温度の管理をより綿密に行うことで、現在のスタイルを築いた。 ムルソーのジャン・マルク・ルーロの元妻であるアリックスが手がける白ワインも秀逸。 シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ所有のクリマがアリックスの手を経て、どのようなワインとなるのかも楽しみである。

次の