水戸黄門 ドラマ 評価。 水戸駅前のオブジェ

水戸黄門ファンの間で一番評価が高いのは初代東野英治郎のシリ...

水戸黄門 ドラマ 評価

タップでお好きな項目へ:目次• 吉保はなぜ将軍綱吉とセットのワルなのか? 柳沢吉保は上野国館林藩の小姓にすぎませんでした。 主君であった徳川綱吉に気に入られ、 彼が第5代将軍となった後も寵愛を受けて大老格にまで出世しました。 吉保の政治的手腕が優れていたとしても、 綱吉の偏愛がなければ、彼の出世はなかったと思われます。 綱吉は、 文治政治を推し進めたことを評価される一方、極端な考え方の 生類憐れみの令を発布。 彼自身の母親への孝行と称した 特別な計らいと共に、その治世の後半に起きた 自然災害が民衆を苦しめ、決して評判のよい将軍ではありませんでした。 彼が敵視されれば、くっついている柳沢吉保も同様に見なされます。 二人は 悪者タッグチームとして認識されることもあったのです。 柳沢吉保と「 水戸黄門 」ドラマ まずは、「 綱吉の側用人・柳沢吉保 」 Vs 「 天下の副将軍・水戸黄門 」について見ていきましょう。 「 水戸黄門 」ドラマにおける柳沢吉保 ドラマの中の柳沢吉保は、各地の藩の悪人と手を組んでは賄賂を貰い、藩の改易を狙うなど、まさに「 お主もワルよのお 」的悪役。 水戸藩の藤井紋太夫(ふじいもんだゆう)を操って水戸藩乗っ取りを企て、 水戸(徳川)光圀を苦境に追い込もうとして失敗し、彼の主君である 綱吉に叱責されることもありました。 とにかく黄門さま(水戸光圀)の命まで狙う汚い政治家としてシリーズ中たびたび登場します。 最後にはいつも黄門さまにぎゃふんと言わされるんですが。 水戸光圀と柳沢吉保、どっちがエライ? よく耳にするのがこの疑問です。 ドラマで水戸黄門は「 天下の副将軍 」。 悪役柳沢吉保は最後に水戸黄門にやり込められるので、光圀のほうがエライかんじです。 では実際はどうでしょう? 水戸光圀は徳川将軍家に次ぐ地位のある徳川御三家の一つ、水戸家の当主でした。 柳沢吉保は、徳川幕府で将軍の「 側用人 」で彼の地位は譜代大名かそのちょっと上程度。 「 御三家 」と比べると、格がぐっとさがります。 しかし、それは 「 格 」のハナシ。 柳沢吉保には政治を実際に動かすことができる幕府での強い権限がありました。 水戸家は血統的にはスゴくても、政治組織の中には組み込まれていないため、幕府への発言力はゼロ。 そもそも「 副将軍 」なんて役職は幕府にはないんです。 結局、血筋的に尊ばれるのは水戸家当主・水戸光圀ですが、 政治力は柳沢吉保にありました。 なぜ水戸光圀 Vs 柳沢吉保の構図になった? 「 水戸黄門 」の話しは、江戸後期の講談師が『 東海道中膝栗毛 』などの滑稽話を参考にして『 水戸黄門漫遊記 』を創作したのが始まり。 白髪と頭巾姿で諸国を行脚し、お上の横暴から町人や百姓の味方をする黄門漫遊譚は、講談や歌舞伎の題材としても大変な人気でした。 この流行の背景には、 水戸藩9代目の藩主水戸斉昭(なりあき)の工作があったそうです。 実子である一橋慶喜(よしのぶ)を将軍職に就けたい彼は、 水戸家の血統の正当性を主張するため、水戸光圀が「 天下の副将軍 」だと広めようとしたのだとか。 ドラマには史実も含まれています。 水戸光圀が、綱吉や吉保に対してズバズバと意見や文句を言う性格だったという事実は、ドラマの根幹となっています。 また、劇中の水戸家の裏切り者藤井紋太夫は、実在の水戸家の家老。 光圀に重用されながらも、光圀失脚を画策する柳沢吉保に内通したために、本当に光圀に刺殺されたと言われます。 ドラマの中での水戸光圀と柳沢吉保の対立は、これらのいくつかの事実を膨らませた結果のようです。 柳沢吉保と「 忠臣蔵 」 吉保は、「 忠臣蔵 」でも悪い奴です。 「 忠臣蔵 」における柳沢吉保の役どころ 全ての発端の、1701年の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)による吉良上野介への江戸城松の廊下での刃傷事件。 殿中で抜刀し、斬りつけたことは重罪でした。 幕府は 「 吉良上野介にはお咎めなし、浅野内匠頭の即日切腹、お家取りつぶし 」 と決定します。 この決定について不満を持った人々にとっては、刃傷事件の当該者である吉良上野介とともに、その 決定を下した幕府の代表として将軍綱吉や側用人吉保も憎むべき相手となりました。 そのため、忠臣蔵のドラマや小説の傾向としては、まず、柳沢吉保が吉良に「 浅野をいじめてしまえ 」と示唆して確執を起こさせ、上野介の挑発で内匠頭が事件を起こすと、即日切腹を命令するという冷酷な事件の黒幕的存在として描かれました。 史実として吉保は何をしたか 浅野内匠頭の切腹や赤穂浪士たちの討ち入り後の切腹処分決定には、もちろん将軍綱吉や側用人吉保も関わりました。 例えば、浅野内匠頭の切腹に立ち合った多聞伝八郎著の『 多門伝八郎筆記 』には、柳沢の指示により 浅野の即日切腹と吉良の無罪放免が決まったと書かれてあります。 ただし、この記録の 信憑性については疑問が残るとされています。 また、一方で『 浅吉一乱記 』には柳沢吉保が 吉良上野介に切腹を申しつけたともあります。 上野介自身も妻や上杉家から切腹を勧められたりしていたようです。 世間も幕府も 「 喧嘩両成敗 」として吉良家を処分するかどうかで揺れていたのは事実でしょう。 柳沢吉保が特に 悪意を持って浅野家側を処分した証拠はありません。 例え彼が、浅野内匠頭の即日切腹や赤穂浪士の切腹処分の判断に関わっていたとしても、それは 悪意というよりは綱吉の政治判断に従ったものではないでしょうか。 おわりに テレビの「 水戸黄門 」や「 忠臣蔵 」は史実の一部を借りてきたフィクションです。 そして江戸時代を舞台にしたおとぎ話をおいしく仕上げるには、柳沢吉保や徳川綱吉というスパイスが必要なんです。 お気の毒ではありますが、この二人には「 安定の悪役 」ということで、まだ需要がありそうです。 関連記事 >>>>.

次の

『水戸黄門(2017年)』武田鉄矢の演技の評価は?

水戸黄門 ドラマ 評価

沿革 [ ] 物語の背景 [ ] 実在の水戸藩主である徳川光圀は、国史編纂(『』)の為に史局員のらを日本各地へ派遣して史料蒐集を行っているが、光圀自身は世子時代の遊歴と、藩主時代のと国元の往復や領内巡検をしている程度で、諸国を漫遊したという記録は一切確認されていない。 作中では徒歩で移動しているが実際の光圀は馬やで移動していた。 光圀は同時代の資料においてと評され、庶民の間でも知名度は高かった。 亡くなった時には「天が下 二つの宝つきはてぬ 佐渡の金山 水戸の黄門」というが流行った。 水戸黄門漫遊譚の成立には、この様な名君としての評判や、におけるの浸透が後の物語の形成に影響していると思われる。 光圀の伝記資料としては、正伝である『義公行実』をはじめ『』『』など様々なものがあり、年間にはこれらの伝記資料を基に実録小説である『』が成立し、黄門漫遊譚の起源となっている。 また史実の光圀は、家臣の(佐々宗淳)らを各地へ派遣しており、総裁であった佐々と(あさかたんぱく、安積覚兵衛)の二人が、後の助さん・格さんのモデルと見られている。 当時の身分制社会では現在に残る風習以上に、は本人・直系・本人が仕えるのみが、プライベートないし畏まった特別の場面でのみ呼称できるものであった。 目下の者が目上の者あるいは上位家系・上位職にある者などに対して諱を直言することをとし、呼称の際には、被呼称者がの場合には・・居住地などをあるいはと併用することが一般的であった。 の場合には法名を用いたり、呼称者と被呼称者の格差が大きい場合には姓すらも直言を視したりする風習が厳然と存在していた。 このため、水戸黄門の名は、光圀がの一統である水戸藩の藩主であり、として権中納言を名乗っていたことから、「徳川光圀」と直言することを避けるために、藩名である「水戸」と、中納言のである「」をとって広く用いられていた別称である。 詳細は「」を参照 講談『水戸黄門漫遊記』 [ ] になって、(氏名は不明)がこれらの伝記や作の滑稽話『』などを参考にして『水戸黄門漫遊記』を創作したと考えられている。 内容は、「天下の」こと光圀がお供のを連れて諸国漫遊して世直しをするというもので、大変な人気作となった。 副将軍職は幕府の職制にはないが、水戸徳川家にはがなく江戸定府であったことから、家臣の中には「いったん将軍にことあるときは、水戸家当主が代わって将軍職を務める」と思いこんで「副将軍」という者もいたという。 この講談話の始まりについては、を将軍職に就けるため、父であるが裏で動いて、水戸徳川家は「天下の副将軍」であるという話を世間に広めようとしたのだという説がある。 になると、の講釈師がお供を俳人ではなく家臣の(介三郎、助さん)と(格さん、または厚見角之丞など)の二人とする話に膨らませて、さらに人気の題材となっていった。 助・格は、『東海道中膝栗毛』が持つ「弥次・喜多」の魅力を取り入れたものと思われる。 明治初期の黄門物の講談はとでは演じられる筋が大きく異なっていたが、助・格を従えた大阪式のものが主流になっていったという。 が衰退した幕末から後の明治、、の前にかけて、幕府全盛期に比べてへの評価が著しく低下したにもかかわらず、黄門物がもてはやされた。 この背景には、実在の光圀がを敬ったりを忠臣として称えたりして、『大日本史』編纂やがや・に多大な影響を及ぼしていることと関連していると考えられよう。 幕末からの黄門物の講談・小説などでは、へ楠木正成の墓参に行くなどの尊王論的色彩が強かった。 大戦後の映画やテレビドラマではそのような尊王色は払拭されていった。 時代劇の定番として [ ] 明治末期に日本でも映画製作が始まると、時代劇映画の定番として『水戸黄門漫遊記』ももてはやされ、戦前から戦後にかけて数十作が製作された。 をはじめとして、、、ら時代劇の大スターたちが黄門を演じている。 黄門が老け役であることを嫌った大河内や市川のために、若侍との一人二役が設定された。 戦後はの禁止を経た後に、が市川右太衛門に続いてを主演にシリーズ化。 初期の月形黄門は作品であったが、好評のためオールスターキャストの大作が作られるようになり、題名も従来の『水戸黄門漫遊記』から単に『水戸黄門』が主流になっていった。 月形シリーズでは、昭和34年()の『』が名高い。 月形黄門の興行的成功により各社が競作したが、東映の月形作品には及ばなかった。 テレビ時代になると、がやはり月形を主演ににてした。 さらに月形と同様に悪役が多かったを主演に起用した(現・)シリーズ『』は更なる人気を博し、黄門ほか数役の俳優を幾たびか変更しつつ長寿番組化。 レギュラー番組としては2011年12月まで続いた。 このナショナル劇場版では脚本家のの案により、ドラマの毎回の佳境での紋所(の)が描かれたを見せて「控え居ろう! この紋所が目に入らぬか」と黄門の正体を明かすという筋書きがある。 TBS版水戸黄門は2015年のスペシャル版以降、放送が無いが、10月より、グループ局ので『水戸黄門』の新作が放送開始。 制作会社はTBS版と同じだが、黄門役がになったのを始め、出演者は一新された。 水戸黄門の人気や知名度は高く、で開かれる、水戸黄門漫遊 のような行事名などにも取り入れられている。 あらすじ・内容 [ ] 時は、「犬公方」こと五代の治世。 した光圀はお供の俳人を連れて、諸国漫遊を兼ねて藩政視察の世直しの旅に出る。 悪政を行なう・などがいれば、光圀は自らの「水隠梅里」を書き記すなどしてその正体をほのめかし、悪政を糾す。 しかしながら光圀が正すのは局所々における役人の不正であり、時にはの掟で結ばれない恋人同士に粋なはからいを示すことなどはあるが、身分制度の矛盾を根本的に正す社会改革にまで踏み込んだ対応を試みようとすることはない。 お供は明治の講談以降、佐々木助三郎と渥美格之進の二人に定まった。 作品中、光圀が問屋「越後屋」(あるいはにあるちりめん問屋)の隠居・光右衛門と名乗る設定、助・格が印籠を悪人に見せるクライマックス、物語の冒頭でのが、出立しようとする光圀一行を諫めるシーン、さらには一行に護衛のが加わるなどは、主としてテレビドラマ『』での演出であり、先行作品を含めて他の水戸黄門物に必ずしも共通する設定とは限らない。 ふたりの水戸黄門 2003年12月30日 単発 2017年10月4日 - 2017年12月6日 10 2019年5月19日 - 2019年8月11日 番外編 [ ] 番組名 放送期間 話数 制作局 主演(黄門役) 1981年9月3日 - 1982年7月15日 46 テレビ東京 (声) 水戸黄門ミステリー 2009年2月18日 単発 日本テレビ 関連項目 [ ] その他 [ ]• - 水戸黄門をモデルにした• - 水戸黄門をモチーフとした• - あだ名が「昭和の黄門」• - あだ名が「水戸黄門」• - NHKのアナウンサー時代、あだ名が「NHKの水戸黄門」であった。 - 「美浦黄門」の異名を取った元JRA調教師• - 「競輪界の黄門」という異名を取った元競輪評論家• - 開設記念の名称が「水戸黄門賞」• - テレビCMでアニメのキャラクターとして起用• 歌謡曲• 水戸黄門旅日記() ゲーム• 水戸黄門漫遊記を下敷きにした作品 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2018年12月) 『水戸黄門漫遊記』からヒントを得た作品に、次などがある。 TVアニメ• - ストーリー展開はドラマ版と同様だが、時代劇とは思えぬアップテンポの主題歌や「流星十文字斬り」や「葵三ツ葉返し」などの必殺技を持つ助さんと「力だすき」で百人力になる格さん、印籠を出すシーンの派手な演出など、奇抜な作風が特徴となっている。 - 6話の「黄門様がやって来た!! 」で、水戸光圀、佐々木助三郎、渥美格之進が登場する。 - SFコメディアニメ。 - 巨大ロボットアニメ。 - 破壊戦士(ロボット)「ゴールドスケザーン」「ゴールドカクザーン」が登場。 - ミト、スケ、カクが3代目ラムネのレギュラー仲間に登場。 - 劇中に『水戸悶々』という時代劇が登場。 TVドラマ• 「俺は天下の偽将軍」 - 水戸黄門漫遊記や三つ葉葵の印籠が登場。 「陰謀に巻きこまれた黄門様!? 」 - が父・光圀にあやかり、市中に出て悪を懲らそうとする。 - ちょこちょこっと登場する。 - 第27話「ティナのテスト勉強」でタイムスリップし、水戸光圀、佐々木助三郎、渥美格之進らが登場。 コミック• - による漫画作品。 光圀の命を受けた浪人が「格さん」を連れて諸国を旅して悪人を斬るというストーリー。 なお、もともとは「傀儡」というタイトルであった。 - による漫画作品。 - による漫画作品。 事故死して地獄へ落ちた老教師とその生徒2人が、阿弥陀如来の命で三千世界の秩序を乱す閻魔大王を退治に行くというストーリー。 - によるパロディ小説。 - (原案:)• - 落語• ゲーム• -『暴れん坊将軍』を下敷きにしているが、登場人物の相関性についてはむしろ『水戸黄門』を髣髴させる面が強い。 - 秋山駿にミレニアムタワー地下から助川、格田が登場。 - 第1弾のシールに黄門天神 天使 、助格さん お守り 、代官魔 悪魔 での三形成が登場。 参考文献 [ ]• 『』三代目著、編、版、2006年、• 『水戸黄門』著、、 脚注 [ ].

次の

『水戸黄門』が50周年、脚本家はすぐに終わらせる予定だった|NEWSポストセブン

水戸黄門 ドラマ 評価

東野英治郎が「初代」と呼ばれるのはTBSナショナル劇場の「水戸黄門」に限った場合で、その前は月形龍之介が代表格だったようです。 TBS「水戸黄門」は光圀が東野英治郎、助三郎が杉良太郎、格之進が横内正という布陣で始まり、私が「水戸黄門」を観始めたのは光圀が東野英治郎、助三郎が二人目の里見浩太朗、格之進が横内正というメンバーで、東京では目下、夕方4時台にTBSで再放送中です。 東野英治郎の光圀の場合、とにかくツギハギだらけのボロを着た「小さい田舎ジジイ」が似合う風貌でした。 いわば庶民性と高貴な部分の切り替えが見事。 その庶民的な部分のほうは月形龍之介にはなかった(または少なかった)と思います。 次に西村晃ですが、個人的には、西村晃の光圀は東野英治郎よりは少し上品で、しかも、いたずら小僧が年取ったような感じで、庶民性も先代に負けていなかったと思います。 また、ネットでDVDのレビュー等を観た限りで申しますと、初期からの東野黄門支持派(多分)の厳しい意見でも「2代目」の西村晃のときまでは評価できる(観る気になれる)という声があるようです。 月形龍之介から東野英治郎、そして西村晃までは悪役も演じた俳優による、少し毒のある光圀という感じでした。 月形龍之介と西村晃が「忠臣蔵」の吉良上野介も演じているのが好例です(ちなみに森重久彌と石坂浩二も吉良を演じていました)。 佐野浅夫の光圀はホームドラマのお父さんそのままで、根っから善人という感じ。 石坂浩二の光圀は史実に近づいた、かつ知的な老公という趣きで、もっと評価されてもいいと思います。 里見浩太朗の場合、町人姿でも強い武士が化けているというイメージがあり、基本的にまじめなキャラクターですね。 里見浩太朗がTBS「江戸を斬る」で遠山金四郎を演じたとき、当時の新聞のテレビ欄で記者が「テレビ朝日で松方弘樹が演じている金さんはいかにも遊び人という感じだが、こちら(里見)の金さんは品行方正。 町人姿より奉行姿、侍姿のほうがよく似合う」と評論していました。 キャラクター的に里見浩太朗は吉良様でなく大石内蔵助のほうですし…。 【補足】 東野英治郎の水戸老公は盗人の真似ごとまでしていましたが、里見浩太朗の光圀には似合いません。 里見浩太朗が若い奉行を演じていたときは町人姿で賭場に入ってもさまになっていましたが、老公の役になったときはやってほしくないですね。 賭場での情報収集は今なら風車の弥七か由美かおるで充分です(飛猿がいたころは飛猿も追加)。 格さんはバクチなどしそうにありませんし、助さんはバクチに夢中になって路銀を取られてしまいそうで危険です。

次の