とっとと くたばれ 糞 野郎。 #鬼滅の刃 #童しの とっととくたばれ糞野郎

「胡蝶しのぶ『とっととくたばれ糞野郎』がハム太郎のリズムで再生できる」ツイートに公式サイト運営「鬼滅のハム太郎 なのだ。」

とっとと くたばれ 糞 野郎

JUGEMテーマ: JUGEMテーマ: こんな夢をみた。 泣き崩れる男性。 謝罪の言葉も、もう聞き取れない。 何年か前にテレビで見た時も、小柄だったが、 さらに、小さくなった感じ。 あの時は、なんか瞬きしない人だなって思ったんだな。 魂売っちゃうと、あんな目になるのかな。 今回の法廷。 この場が与えられて、よかったね。 定年したあと、天下りせずに、そのまま退職したんだよね、確か。 そこに、私たちと同じ常識を感じたんだけど。 今回の、この場が与えられてよかったね。 間違えることは、誰にでもあるよ。 その場では、それしかないって思うんだ。 でも、一歩その場を離れたなら、気がつくこともあるんじゃない? あなたが、一生懸命に守ったものは、なんでしたか? あなたが、これから守りたいものは、なんですか? あなたが、奪ってしまったかもしれない命が、 あなたに、この機会を与えてくれるんだから、人間って、やっぱ、すごいよね。 さあ、ひとしきり泣いたら、あなたには、まだ、できることがあるはず。 本当のことを、話してください。 もう、この悪夢を終わらせましょうよ。 私たちは、もう、たぶん、本当のことを知っている。 でも、法廷の場で、証言できるのは、あなただけなんだよ。 この機会が、与えられて、本当によかったね。 そして、この機会をつくってくれた方の、強さに、あらためて敬意を!! そんな夢をみた。 それにしても、しぶといよね。 「とっととくたばれ、糞野郎。

次の

「胡蝶しのぶ『とっととくたばれ糞野郎』がハム太郎のリズムで再生できる」ツイートに公式サイト運営「鬼滅のハム太郎 なのだ。」

とっとと くたばれ 糞 野郎

それだけが童磨の家族の肖像であり家族との繋がり。 彼本人がそれを悲劇ともせず、動機ともしない以上、なんの物語にもならなかった過去回想。 だから翻って、童磨にも感情も感傷も与えられることはない、と仮定する。 あかざを友達だと思ってるのと、しのぶに恋したと思ってるの、どっちもたぶんただの道化の言葉遊びでしかない。 童磨さんって本当に「最初から人間じゃなかった」のかなと。 視座が鬼。 最初から鬼。 だから鬼になった劇的なエピソードなんてない。 人間の頃のこともきれいに覚えてる。 鬼滅で主人公や正義から一抹の優しさや温かさを鬼が与えられることが多いのを、かわいそうなひとたちへの無差別な優しさと解釈するのはやはり間違いで、あれは彼らの「人間だった時の」「」に対する優しさであって、鬼にかけてる優しさじゃないんだな… というのが個人的な結論。 でも童磨さんがいなかったら、ぎだゆうは妹を救えなかったし、ぎだゆうたち兄妹の絶望にきづいてあげられる人もこの世にはいなかったのに、 感情がわからないというだけで それだけで 与えられる情けがないんだーーーー 死体蹴りされるのだとかなしくなっているのが今です えんむにもまるで情けや物語は与えられなかったような そんな彼の血鬼術は人の心をめためたにすることだったような 人の心へのリスペクト、やはり重要 そう、そうなの それを踏まえると、たぶん、あかざがまだ煉獄さんやたんじろうに見当違いで失礼千万なことを元気いっぱいにのたまっていた時はたぶん漫画演出的にも全く情けはかけられてない、たんじろうから怒りをただぶつけられている ただあかざが人間の時のことを思い出して、を少しだけ取り戻したとき、その少しのに対するだけの少しの道場が、演出とたんじろうから与えられたんだと思うのね なので、やはり作者の道徳の天秤は、 鬼の鬼たる部分には情け容赦なく、しかし人だったところへは情けを てことだと思うのね ということは、ということはですよ 「人間の時を思い出して、だから今際の際にを少し取り戻せたあかざ」がいるのに、「人間の時のことを鬼になってもぜーーーんぶ覚えたまんまだけど、もともと心がないからそんなの関係ねぇ童磨」を出すって、 はぁ 童磨の人間たる人生 とは!!! どうまの 認められるべき はないのか……… あんなに 優しいのに………… 錯覚 信者です あんなに 優しいのに………………!!! 錯覚 万世極楽教徒 周りがバカだ馬鹿だって思って軽蔑してたのに、最後「あーだめなんだ俺は そこまで特別になれなかった 」で終わるのもなんていうかすごい。 しかしそこに特に本人の感傷がない。 死に際してすらない。 そして、万世極楽教祖が、「地獄に行こうよ」と自らの地獄行きを語るストも、全部良い。 「天罰はくだらない だからせめて 悪人は死後地獄に行くって そうでも思わなきゃ 精神の弱い人たちはやってられないでしょ?」 地獄、行くんだね… はい、 恋 最後の瞬間に童磨も恋という感情を知れた!て読む人もいると思うけど、私は「最後の最後までどうまにはトンチンカンな感情の解釈しかなかった」という描写な気がして 馬鹿な人がかわいそうだと泣く、自分はいいことをしてたのにと怒る、というシーンからまるで変わっていないということ いかに童磨には何もわかっていないのか、という。 あかざに救いを与えた愛という感情で、童磨は人の気を逆なですることしかできない。 あの描写、童磨は最後の最後まで童磨節全開で元気溌剌だし、どちらかというと気分を害したのはしのぶというか…「仲間を信じます」という綺麗な言葉では童磨とのやりとりを締めくくれず、しのぶは軽蔑と怒りで締めくくった。 そこをしのぶの重要な側面だと作者が選んだのかなと。 しのぶと童磨の関係性においては、やはり、しのぶに「怒り」と「疲れ」を与えたというそこが大事だったのかなと。 普通の作品なら、怒りからの解放、敵に最後に圧倒的に優位に立って、怒りが情けに変わったりもする。 怒りは卒業するものだとされる。 ので、しのぶさまの怒りや決意が大好きだった一読者として、最後までたおやかに怒る女、しのぶを描いてくれたのは嬉しい。 その身全てを毒としたその殺意を、卒業するものにせず、彼女の一側面として描ききられたことが有難い。 もちろん、その後の家族とのあたたかさ、がすべてなんだけど 童磨さん視点では童磨さんなりに立派に感情もってるんよね だからちょっと「うーん自分やっぱズレてるかも〜」って自戒した直後に「でも恋できるもん!」「これが恋ってやつなんでしょ?」て思ったのかもね。 「これって恋かな〜?!」ていう台詞は、むしろ童磨さんには結局友達も作れないし恋もできないという描き方だったという上記のわたしの解釈はふつうに誤読かもしれないんだけれども、童磨が最後に恋して、フラれたという話だったとしたら、そうして死んでいのすけに踏みつけにされて、すっかりあとはしあわせな、家族の物語へスポットライトはうつって、一体全体その恋に、何を私は見出せるでもなく……………。 カナヲにしろしのぶにしろいのすけにしろ、徹頭徹尾どうまが勧善懲悪だったのにむしろ結構面食らってしまった…一気に三人もの登場人物の復讐というを成功させるのやばない???三人もあたたかな物語が迎えられた のに対して、童磨やばすぎる なにもあたたかみねぇ あかざの愛と、いのすけ、カナヲ、しのぶの家族の祝福 に挟まれて、一切の道化である童磨の最期に送られる言葉が、 「とっととくたばれ糞野郎」 「口ほどにもない野郎だぜ」 はぁ かなしいかなしい かなしいけどこれが天才吾峠が創造神たる世界の道徳の天秤なのだ 天秤が美しい作品は美しいのだ 誰にも彼にも見放された一生で、童磨様の気まぐれな憐憫でしか救われ得なかった孤児の兄妹を読み返すことにする 万世極楽教徒でした mammymummymother.

次の

【鬼滅の刃】胡蝶しのぶのセリフまとめ!!アニメでの名言も紹介!

とっとと くたばれ 糞 野郎

それだけが童磨の家族の肖像であり家族との繋がり。 彼本人がそれを悲劇ともせず、動機ともしない以上、なんの物語にもならなかった過去回想。 だから翻って、童磨にも感情も感傷も与えられることはない、と仮定する。 あかざを友達だと思ってるのと、しのぶに恋したと思ってるの、どっちもたぶんただの道化の言葉遊びでしかない。 童磨さんって本当に「最初から人間じゃなかった」のかなと。 視座が鬼。 最初から鬼。 だから鬼になった劇的なエピソードなんてない。 人間の頃のこともきれいに覚えてる。 鬼滅で主人公や正義から一抹の優しさや温かさを鬼が与えられることが多いのを、かわいそうなひとたちへの無差別な優しさと解釈するのはやはり間違いで、あれは彼らの「人間だった時の」「」に対する優しさであって、鬼にかけてる優しさじゃないんだな… というのが個人的な結論。 でも童磨さんがいなかったら、ぎだゆうは妹を救えなかったし、ぎだゆうたち兄妹の絶望にきづいてあげられる人もこの世にはいなかったのに、 感情がわからないというだけで それだけで 与えられる情けがないんだーーーー 死体蹴りされるのだとかなしくなっているのが今です えんむにもまるで情けや物語は与えられなかったような そんな彼の血鬼術は人の心をめためたにすることだったような 人の心へのリスペクト、やはり重要 そう、そうなの それを踏まえると、たぶん、あかざがまだ煉獄さんやたんじろうに見当違いで失礼千万なことを元気いっぱいにのたまっていた時はたぶん漫画演出的にも全く情けはかけられてない、たんじろうから怒りをただぶつけられている ただあかざが人間の時のことを思い出して、を少しだけ取り戻したとき、その少しのに対するだけの少しの道場が、演出とたんじろうから与えられたんだと思うのね なので、やはり作者の道徳の天秤は、 鬼の鬼たる部分には情け容赦なく、しかし人だったところへは情けを てことだと思うのね ということは、ということはですよ 「人間の時を思い出して、だから今際の際にを少し取り戻せたあかざ」がいるのに、「人間の時のことを鬼になってもぜーーーんぶ覚えたまんまだけど、もともと心がないからそんなの関係ねぇ童磨」を出すって、 はぁ 童磨の人間たる人生 とは!!! どうまの 認められるべき はないのか……… あんなに 優しいのに………… 錯覚 信者です あんなに 優しいのに………………!!! 錯覚 万世極楽教徒 周りがバカだ馬鹿だって思って軽蔑してたのに、最後「あーだめなんだ俺は そこまで特別になれなかった 」で終わるのもなんていうかすごい。 しかしそこに特に本人の感傷がない。 死に際してすらない。 そして、万世極楽教祖が、「地獄に行こうよ」と自らの地獄行きを語るストも、全部良い。 「天罰はくだらない だからせめて 悪人は死後地獄に行くって そうでも思わなきゃ 精神の弱い人たちはやってられないでしょ?」 地獄、行くんだね… はい、 恋 最後の瞬間に童磨も恋という感情を知れた!て読む人もいると思うけど、私は「最後の最後までどうまにはトンチンカンな感情の解釈しかなかった」という描写な気がして 馬鹿な人がかわいそうだと泣く、自分はいいことをしてたのにと怒る、というシーンからまるで変わっていないということ いかに童磨には何もわかっていないのか、という。 あかざに救いを与えた愛という感情で、童磨は人の気を逆なですることしかできない。 あの描写、童磨は最後の最後まで童磨節全開で元気溌剌だし、どちらかというと気分を害したのはしのぶというか…「仲間を信じます」という綺麗な言葉では童磨とのやりとりを締めくくれず、しのぶは軽蔑と怒りで締めくくった。 そこをしのぶの重要な側面だと作者が選んだのかなと。 しのぶと童磨の関係性においては、やはり、しのぶに「怒り」と「疲れ」を与えたというそこが大事だったのかなと。 普通の作品なら、怒りからの解放、敵に最後に圧倒的に優位に立って、怒りが情けに変わったりもする。 怒りは卒業するものだとされる。 ので、しのぶさまの怒りや決意が大好きだった一読者として、最後までたおやかに怒る女、しのぶを描いてくれたのは嬉しい。 その身全てを毒としたその殺意を、卒業するものにせず、彼女の一側面として描ききられたことが有難い。 もちろん、その後の家族とのあたたかさ、がすべてなんだけど 童磨さん視点では童磨さんなりに立派に感情もってるんよね だからちょっと「うーん自分やっぱズレてるかも〜」って自戒した直後に「でも恋できるもん!」「これが恋ってやつなんでしょ?」て思ったのかもね。 「これって恋かな〜?!」ていう台詞は、むしろ童磨さんには結局友達も作れないし恋もできないという描き方だったという上記のわたしの解釈はふつうに誤読かもしれないんだけれども、童磨が最後に恋して、フラれたという話だったとしたら、そうして死んでいのすけに踏みつけにされて、すっかりあとはしあわせな、家族の物語へスポットライトはうつって、一体全体その恋に、何を私は見出せるでもなく……………。 カナヲにしろしのぶにしろいのすけにしろ、徹頭徹尾どうまが勧善懲悪だったのにむしろ結構面食らってしまった…一気に三人もの登場人物の復讐というを成功させるのやばない???三人もあたたかな物語が迎えられた のに対して、童磨やばすぎる なにもあたたかみねぇ あかざの愛と、いのすけ、カナヲ、しのぶの家族の祝福 に挟まれて、一切の道化である童磨の最期に送られる言葉が、 「とっととくたばれ糞野郎」 「口ほどにもない野郎だぜ」 はぁ かなしいかなしい かなしいけどこれが天才吾峠が創造神たる世界の道徳の天秤なのだ 天秤が美しい作品は美しいのだ 誰にも彼にも見放された一生で、童磨様の気まぐれな憐憫でしか救われ得なかった孤児の兄妹を読み返すことにする 万世極楽教徒でした mammymummymother.

次の