代替空港 大石。 夫婦で逮捕: 大石英司の代替空港

夫婦で逮捕: 大石英司の代替空港

代替空港 大石

大石英司の代替空港 ほとんどの方はまだまぐまぐの会員では無いはずなので、クレジットカードを用意し、まぐまぐのトップ頁からまず を行って下さい。 自己紹介。 1961年生まれの小説家です。 ここ数年は長野県の 田中康夫知事ウォッチャーとしても知られていますが、原則小説家です。 それ以外の稼ぎは全くありません。 この頃は軍事問題をテーマにした小説がメインですが、別にそれしか書かないというわけではありません。 サイトをいくつか廻しています。 まず、日記がある。 その下位ディレクトリではあるけれど、。 他にも、匿名で廻しているサイトが何件かあります。 私が今暮らしている川崎市高津区の話題や、故郷の鹿児島の話題、最新家電製品やネットに関する話題、そして4歳児の子育ての話題もありますが、恐らく8割方は、時事問題の論評になります。 タイトルにある「代替空港 alternate airport 」というのは、私が好きな alternative という言葉に引っかけました。 これは、日々起こる時事問題に関して、通俗的ではない、alternative な視点を提供するためのメルマガです。 私はここ数年、土日を除いて毎日、日記をweb上で書いてきました。 このメルマガの内容は、毎日サイトに とほぼ100パーセント同じ内容です。 メルマガなりの特典は現状はありません。 web日記を止めてその読者をこちらへ誘導しようという意志も今はありません。 これは基本的に、私が毎日公開している日記に対して、いくばくかでもお代を払っても良いよという奇特な読者の方がいらしたら、こちらでお願いしますという、大道芸人が路上に置く帽子みたいなものです。 WEB日記と比較して利点はあるのか? 毎日もう更新されただろうか? といちいち私のサイトを覗きに来なくても、アップロードされた時点でそれが貴方の元に届きます。 私が、読者のメールアドレスをトレースすることは不可能ですから、匿名でそれを入手できます。 ただし、 あるメール・アドレスが購読者か否かの確認は出来るらしいです。 メルマガ故の特典に関しては、建物上無いと言わざるを得ません。 考えてはいますけれど、あとで「あると言ったじゃないか?」と解釈されるような誤解は避けたいですから、原則「特典は無い」とここに銘記します。 10人程度の読者に留まるようなら、時々、300円以上の商品を郵送することくらいはしましょう。 100人単位なら、これまで撮り溜めた写真を壁紙代わりに公開する程度のことはしても良いなと思っています。 たとえば、一週間に一本、WEB日記とは別立てで軽い話題を配信する程度のことも念頭にはあります。 いずれも案であって、ここで約束するものではありません。 さすがに最初は客引きする必要もあるでしょうから、発刊当初は、メルマガだけのチープなネタも配信します。 ただしそれも一定時間が経過したら必ず無料公開します。 将来にわたっても、公開版を止めて読者をこちらへ誘導することは無いのか? ということに関しては何とも言えません。 たとえば、今いきかがり上、週末も日記を書いていますが、これを止めてメルマガ限定で週末版を出すようにするかも知れません。 さすがに読者10人で半年続ける 半年は継続しないと契約解除できない のは辛いですから。 (すでに3ヵ月、毎日、メルマガ・オリジナルの小ネタを一本付けています。 週一本は、完全メルマガのみの記事も配信します。 いつまでこのサービスが可能かどうか解りませんが。 11月02日記) 出版業界も不況が酷くて、印税や原稿料だけでは食べていけない状況があります。 私のように印税だけで稼ぎが成り立っている小説家は、もうほんの数えるほどになりました。 それ以前に、書きたいことがあるのに、発表の場すら無くなっている状況がある。 私自身、毎日の日記執筆に割く時間は、重いテーマに関しては2時間3時間は掛かるわけで、仕事が追い込みに入る辺りでは、ちょっと辛いなと思うことはあります。 実際、このWEB日記を止めたら、あと二冊は余計に書けているよなと思うことはある。 それがなくても他のことをして時間を潰すのでしょうけれど。 インターネットという新しい媒体で何か新しい展開が出来ないかとみんなが模索していますが、まだまだハードルが高い。 出版社も今のやり方での稼ぎを確保することに汲々としている状況で全く及び腰です。 たとえば、私が尊敬するがあります。 せめて三日おきに更新されるのであれば、私はあれに月2. 000円払っても構わないと思っています。 それくらい読ませるものがある。 でも現状、WEB上からお金を回収することに成功した人はこの業界ではいません。 チャレンジする人もいない。 先にやった人に限って詐欺紛いの行為に走る。 この試みは、冒険作家クラブで今考えている、有料メルマガ発行のシステムの勉強も兼ねていますが、同業者に対して、儲けを期待しちゃいけないけれど、励みにはなるよという程度のことを、ここで実証できればと思っています。 今も冒険作家クラブで一緒に幹事をお願いしているとか、こんなのただで読ませて貰って良いのかなという文章を毎日のようにウェッブ上で公開しているプロは多い。 そういう人々に対して、こういう方法を使えば、いくばくかでも寺銭を回収する方法はありますよ、という先駈けになりたいと思っています。 なお、には、私のスレが一本あります。 スレの消費速度が早く、いちいちURLを張り替える余裕がないので、もし興味のある方は、マスコミ板にアクセスして「大石英司」で検索して下さい。 メールでもここでも当メルマガに関する要望苦情抗議は受け付けます。 時々、しょうもない人間が荒したりしますが、体力のある限り、私もそこでお答えします。 ところで、私が理想とする有料メルマガは、たとえば仮にここ まぐまぐなら、読者は最初に1. 000円コースとか2. 000円コースとかでエントリーします。 それぞれ料金によって読める本数に差がある。 000円コースで、10本読めるとします。 000円の内20パーセントの400円は、その10本の執筆者で均等に分配。 残り1. 600円は、読者に分配権がある。 600円を入れ込んだ一人の執筆者に払っても良いし、今月はこの人頑張ったし、彼と彼女も応援したいから、1. 000円+300円+300円で分配するとか。 こうして読者がピンポイントで作者を応援できるようなシステムが出来れば良いなと思っています。 これ、ビジネスモデルとして特許取れないだろうか。

次の

医クラ: 大石英司の代替空港

代替空港 大石

来歴 [ ] 経済誌の記者などを経て、1986年の『B-1爆撃機を追え』でデビュー。 以降、、を中心に執筆する。 作家としての活動の他に海外エアショーのレポートや、日刊ので時事全般を論評し発行している。 、所属。 かつての会員だったが、退会している。 人物 [ ]• 元衆議院議員およびマスコミ批判ウェブサイトも開設していた。 田中の長野県知事選落選直後(2006年)に、「自分のブログは役目を果たした」としてブログ閉鎖を匂わせる発言を繰り返すが、2008年9月現在もブログ執筆は継続中。 2008年3月、アフィリエイト収入増加のため、発行する無料メールマガジンの広告クリックを呼びかけたが、規約違反のため広告掲載用発行者IDを失効させられた。 これに対して、法的処置をとることを表明したが、2008年9月現在までに具体的な動きはない。 『』 GCB というアーケードゲームのプレイヤーで、2006年11月22日に『カードビルダーの塊』というエッセイ本を出す。 作風 [ ] 自衛隊の特殊部隊を軸にしたシリーズや、近未来のサイバーSF的な作品が多い。 この特殊部隊は隊長(二等陸佐・音無誠二)の名字から「サイレント・コア」と命名されており、この特殊部隊の活躍を描いた作品群は「サイレント・コア」シリーズとも呼ばれる。 「サイレント・コア」シリーズは現在が舞台だが、他作品と時系列が繋がっていない番外編的な作品もあり、また近未来を描いた作品にもサイレント・コアのメンバーのその後の姿が出てきたりする。 また、版形変更後の出版元について特記ない場合は変更前と同じとする。 サイレント・コアシリーズ [ ] 同部隊メンバーが登場する作品も含む。 『戦略原潜(レニングラード)浮上せず』(上下巻)中央公論新社、1988年10月:(文庫版)徳間書店、1993年1月• 『核物質(プルトニウム)護衛艦隊出撃す』(上下巻)中央公論新社、1990年6月:(文庫版)徳間書店、1993年12月• 『第二次湾岸戦争』(上下巻)中央公論新社、1992年7月:(文庫版)1995年12月• 『自由上海支援戦争』(上下巻)中央公論新社、1993年9月:(文庫版)1997年3月• 『』中央公論新社• 『発火する(バーニング・エリア)アジア』1994年9月:(文庫版)1997年7月• 『ルビーの泪』1994年11月:(文庫版)1997年8月• 『神々の島』1995年1月:(文庫版)1997年9月• 『資源は眠る』1995年3月:(文庫版)1997年10月• 『南沙の鳴動』1995年6月:(文庫版)1997年11月• 『アジア覇権戦争』中央公論新社 『環太平洋戦争』の続編。 『南沙争奪』1995年11月:(文庫版)1998年2月• 『深海の覇者』1996年2月:(文庫版)1998年4月• 『巨象の鼓動』1996年5月:(文庫版)1998年6月• 『二匹の昇竜』1996年6月:(文庫版)1998年8月• 『覇権の果てに』1996年7月:(文庫版)1998年11月• 『新世紀日米大戦』中央公論新社• 『笑顔のファシズム』1997年10月• 『黄色い資本主義』1997年11月• 『真珠湾の亡霊』1998年1月• 『トラトラトラ』1998年3月• 『ミッドウェーの警鐘』1998年9月• 『祖国ふたたび』1998年12月• 『甦る星条旗』1999年3月• 『眼下の危機』1999年6月• 『地を這う者たち』1999年11月• 『愚行の葬列』2000年3月• 『石油争覇(オイル・ストーム)』中央公論新社• 『南海のテロリスト』2001年1月• 『驟雨の奪還作戦』2001年4月• 『誤解の海峡』2001年7月• 『鴨緑江を越えて』2001年10月• 『明日昇る朝陽』2002年1月• 『合衆国シリーズ』中央公論新社• 『合衆国再興』• 『上 コロラド・スプリングス』2003年7月、• 『中 テキサスの攻防』2003年10月、• 『下 約束の地へ』2003年12月、• 『魚釣島奪還作戦』中央公論新社、2004年10月、• 『沖ノ鳥島爆破指令』中央公論新社、2005年5月、• 『死に至る街』中央公論新社、2007年2月、• 『北方領土奪還作戦』中央公論新社 『サハリン争奪戦』の続編。 2008年01月、• 2008年02月、• 2008年04月、• 2008年06月、• 2008年08月、• 2008年12月、• 2009年01月、• 『首相専用機を追え! - 蝶紋島極秘指令』中央公論新社、2009年5月、• 『対馬奪還戦争』中央公論新社• 2009年08月、• 2009年09月、• 2009年12月、• 2010年03月、• 2010年04月、• 『半島有事』中央公論新社 『対馬奪還戦争』の続編。 『潜入コマンド蜂起』 2010年08月、• 『釜山の亡霊部隊』 2010年10月、• 『ソウル・レジスタンス』 2011年01月、• 『漢江の攻防』 2011年03月、• 『嵐の挟撃軍団』 2011年06月、• 『仁川上陸作戦』 2011年09月、• 『38度線を超えて』 2011年12月、• 『米中激突』中央公論新社• 『南洋の新冷戦』2012年08月、• 『楽園の軍楽隊』2012年10月、• 『包囲下のパラオ』2012年12月、• 『ペリリューの激闘』2013年02月、• 『暁のオスプレイ』2013年04月、• 『南沙の独裁者』2013年06月、• 『奮闘の空母遼寧』2013年08月、• 『南シナ海海戦』2013年10月、• 『日中開戦』中央公論新社• 『ダブル・ハイジャック』2014年05月、• 『五島列島占領』2014年08月、• 『長崎上陸』2014年11月、• 『南九州蜂起戦』2014年12月、• 『肥後の反撃』2015年03月、• 『核の脅し』2015年06月、• 『不沈砲台』2015年08月、• 『佐世保要塞』2015年11月、• 『第三次世界大戦』中央公論新社• 『太平洋発火』2016年3月、• 『連合艦隊出撃す』2016年6月、• 『パールハーバー奇襲』2016年9月、• 『ゴー・フォー・ブローク! 』2016年11月、• 『大陸反攻』2017年3月、• 『香港革命』2017年8月、• 『沖縄沖航空戦』2017年12月、• 『フィンテックの戦場』2018年1月、• 『B-1爆撃機を追え』(単行本)講談社、1986年8月、:(新書版)1992年2月:(文庫版)1993年3月• 『カナリアが囁く街 - 警察庁が震撼した七日間』(単行本)講談社、1987年8月:(新書版)1992年12月:(文庫版)1995年2月• 『原子力空母(カール・ヴィンソン)を阻止せよ』中央公論新社、1987年9月:(文庫版)徳間書店、1992年9月• 『シーナイトを救出せよ』(単行本)講談社、1988年8月:(新書版)1992年9月:(文庫版)1994年8月• 『原潜海峡を封鎖せよ』中央公論新社、1989年6月:(文庫版)徳間書店、1993年8月• 『ジャパンカード - 極東の憂鬱』(単行本)天山出版、大陸書房、1989年9月• 『ブルドッグシリーズ』祥伝社• 『制圧攻撃機(ブルドッグ)出撃す』1990年10月:(文庫版)1996年1月• 『大使を救出せよ』1991年10月 『大使奪還作戦』(文庫版)1997年1月• 『飛行空母(アナハイム)を墜とせ』1993年11月:(文庫版)1997年6月• 『黄金郷(レイン・フォレスト)を制圧せよ』1995年8月• 『電子(サイバー)要塞を殲滅せよ』1996年8月• 『極北に大隕石を追え』1997年5月• 『第二次太平洋戦争』(上下巻)中央公論新社、1991年2月:(文庫版)徳間書店、1994年9月• 『異常犯罪捜査官』天山出版、大陸書房、1991年5月:(文庫版)徳間書店、1994年2月• 『ソ連極東艦隊南下す』中央公論新社、1991年7月• 『ロシア極東艦隊南下す』(文庫版)1995年5月• 『極東戦域(ソビエト)軍出動セリ』天山出版、大陸書房、1991年9月:コスミック出版、1993年7月• 『シーデビル電撃作戦』徳間書店、1991年11月:(文庫版)1995年3月• 『UNICOONシリーズ』徳間書店 『シーデビル電撃作戦』の続編。 『南沙諸島作戦(スプラトリー・オペレーション)発令』1993年3月 『南沙諸島作戦発動』(文庫版)1997年10月• 『サラエボ至急報』1994年11月 『バルカン半島至急報』(文庫版)1999年7月• 『海中要塞(シーフォートレス)封殺作戦』1996年4月• 『死闘! 日本海海戦』1996年10月:(文庫版)1999年12月• 『尖閣に幽霊船の謎を追え』1997年8月• 『北欧孤島奪還戦線』廣済堂出版、1992年3月:(文庫版)1995年4月• 『反乱! ロシア原潜艦隊 - 199X年日米露日本海大海戦』光文社、1992年4月• 『樹氷戦線』立風書房、学習研究社、1992年10月• 『アキレス浮上せず』角川書店、1995年2月• 『救難飛行隊シリーズ』角川書店• 『救難飛行隊』1995年11月• 『緋色の狐 - SOS! 朝鮮半島へ出撃せよ』1997年1月• 『首都壊滅作戦』幻冬舎、1998年2月• 『冥氷海域 - オホーツク「動く要塞」を追え』祥伝社、1998年5月• 『ゼウス - 人類最悪の敵』祥伝社、2000年2月• 『』(単行本)中央公論新社、2004年12月、:(文庫版)2005年12月• 『ぼくらはみんな、ここにいる』(単行本)中央公論新社、2005年12月:(文庫版)2007年6月• 『女神(ミューズ)のための円舞曲(ワルツ)』(単行本)中央公論新社、2007年10月、:(文庫版)2009年2月、 脚注 [ ].

次の

医クラ: 大石英司の代替空港

代替空港 大石

GWなのに、ちっともニュースが減らないorz。 この人、これまでどうも何一つこの問題に関してレクチャーを受けていなかった様子で、もちろん、何一つ満足な受け答えも出来ない。 聞く側もそれを悟って、追い詰めちゃだめだwとたいして突っ込まない。 日本全体に関わる大問題なのに、とんでもない無責任知事さん。 ただ、ことがこうなると、そもそもメディア・センターなんて、あそこに設けなきゃならないものなの? 分散配置すれば良いじゃん。 見本市やコミケは無理だけど、そっちは可能でしょう。 たかだか10日や2週間。 てまあ、シェールガスの最後の一滴まで吸い尽くしたら、それに手を付ける価値はあるかも~。 あと次からは、軍旗は止めて朝日新聞の社旗にすれば無問題よw。 要は、もう国に体力はないから、家族に看取って貰いなさい。 今以上のシモの世話は出来ません、ということなわけだけど、お金も無く頼れる家族もいない高齢者は大勢いるわけじゃないですか。 それで、高齢な子供を巻き込んでの老老介護の悲劇だって増えることになる。 それでもなお、そうやって老人を自宅へ戻そうという国の明確な方針があるなら、自裁を認めるしかないでしょう。 誰もいない家に惚け老人を戻して、暗にのたれ死ね、というより遙かに人道的。 ただ、確実に消費が戻ると言えるだけの賃金上昇は全く起こっていないことも事実です。 中古のP-3Cを、東南アジアに安く払い下げれば、中国の抑止にも役立つし、一般的な捜索救難、漁業監視にも貢献できる。 ただ、プロペラ機はメンテも大変だし、その機密は、最終的には全部中国に渡ることは覚悟しなきゃならないから、どの技術までを渡すかを吟味し、メンテまできっちり面倒を見る覚悟で挑まないと。 しかし、百機は買ったはずのP-3Cも、今は60機まで減ったのね。 その用廃した40機って、いったい何処に行ったんだろう。 情報収集機への改造なんて10機もあれば十分だろうから、あとは全部スクラップだったんだろうか。 でも今でも良い技術を持っている所で、とある、この技術ならここという基幹技術をアップデートさせたらどうにも駄目で、試しに東芝に投げたら意外に良いものを作ってくれた、なお話があるんです。 ところが、この東芝の身売り騒動が発生して以来、その東芝の防衛関連部門(半導体事業が大きく関与している)をどうするのか? という話は誰も書いてくれないのね。 とんでもない怠慢ですよ。 でもこれがストーカー事件の一般的な展開なのね。 警察が忙しくて、「緊急性は無い」という都合の良い解釈がされてしまうと、あとは放置プレイになって、弁護士とか立ててガンガン文句言わないと動いてくれない。 「今回で最後にさせてもらいます」。 頭を下げながらの言葉に怒りがこみ上げた。 弔問に来る来ないというのは、単に内心の問題であって、遺族がそれで怒るのは仕方無いけれど、それを記事にするのはどうかと思う。 法人としての企業はどこかでけじめを付けなきゃならないし、結局法人として出来ることは、お金で解決することだけなんだから。 こんなの税務署を介在させれば一発なのに、それすら国は手を貸してくれなかったんだから。 さすが読売!w。 やっぱり弁護士を立てるしかないか……。 「思い当たるフシはないです」 ククッw。 何やら知らんが、首位同士つぶし合って、わが川崎がウマー! ですがね。 したら何? この街は。 まるでニコタマみたいに商業ビルが林立して流行っている。 ムサコ以上の賑わい。 横浜から南にこんなに賑わっている街があるなんて知らなかった。 シネコンまであるんだけど、なんでここはこんなに発展しているんだろう。 セールをやっていたからなのか、お店は学生客でごった返している。 丁度新入生が道具一式を買いそろえる時期よね。 その場で張り替えて貰ったけれど、ラバーて進化しているのね。 ところが、帰りに京急の電車に乗ろうとしたら、駅が解らない。 見当たらない。 地図上では、ここにあるはずなのに線路も電車も見えない。 とりあえず駅ビルに入ってみたけど、こんな横浜の外れでまさか駅ビルの上の階に改札やホームがあるなんて無駄なことはあり得ないよな……、と思って上ったら、改札もホームも3階にあった。 京急の街って、どこもあんなに発展しているんだろうか。 まるでニコタマみたいに商業ビルが林立して流行っている。 ムサコ以上の賑わい。 俄には信じられない。 私は若い頃、一つ手前の弘明寺に住んでいたが、上大岡はよくある急行が停まる程度の街だった。 たしか、小さな三越がありました。 あのエリアは坂が多くて自転車が使いづらく道が狭く車も不便だった。 路線バスは道幅ギリギリを走っていた。 それが、ムサコ以上に賑わっているのか。 >旭日旗問題 日本人としては面白くない話だが、サッカーの観戦、応援に邪魔な大旗をもていくのもどうかと思う。 スポーツ観戦はアメリカ人を見習うべき。 応援の強要もないし、スポーツの楽しみ方が上手。 昔、高校野球甲子園で漁師が使う大漁旗の持ち込みを禁止したことがあった。 通路で邪魔だから。 銚子商業、黒潮打線といって、漁師のオッサンたちが威勢よく旗を振るい見応えがあったけど、別になくても勝敗には無関係。 投稿: シーアルローテ 2017. 技術的には何もしていません。 ネット黎明期から使い古された手口ですが、普段PCを使わずスマホでしかネット閲覧しないような人はパニックになって電話してしまうのでしょう。 他の記事によると、GW中はこの手のサポートが激増するようで。 >ただ、パチンコの配信って何なの? そっちが気になる。 新台の動画配信や、ブラウザによるシミュレータなどが置かれているサイトですね。 ゲームの体験版配布や店頭でのPVのようなもので、宣伝効果を狙って運営されているものです。 連荘時のボーナス映像などがあるので、それらを見たがるパチンコユーザーは意外と多いです。 投稿: 銀次 2017. えっ、コウモリなんて居たのと思ったら居るんですね、海越えして少数ですが。 都市部とかトンネルなどに生息しているようなので果たして人間がいなくなっても生存していけるのか疑問ですが。 ふとホームを見ると大きいのはわかりますが、降りたことも無いのでそんなに開けているとは知りませんでした。 投稿: 一般書店で 2017. 05 16:42 『日本の少子化対策は何故失敗したのか』 >経済要因を完全に無視してるから 特殊出生率と所得の低下は見事なほどにリンクしてる事実を政府は認めようとしない >で、少子化問題なんだけど、この真の原因ってのは、単に女がワガママになって 結婚したり子供を産まなくなっただけの話。 だから真の対策としては、女が結婚 しない、子供を産まない方が損する様に社会制度を変える必要が有った。 投稿: 英知の人・エイチマン 2017. 被害者はここでパニックり電話する。 アンチウイルスソフトではここの動作は許可されているモノだから禁止することができない<禁止するとゲームとかまともなソフトも動かなくなる。 本当に感染するようなソフトがあればチェックできるが、被害があったURLを集めて警告する・アクセス許諾制にするくらいしかできないのでは無いだろうか。 投稿: 一般書店で 2017. 05 20:25 ドナルド・トランプがガソリン税を引き上げようとしている。 財政を均衡させようという意識を景気回復が不完全な現在の米国で、トランプが持っているとしたらトランプノミクスは不完全に終わる。 原油価格がバレル当たり100ドル超える状況が継続するのであれば、日本海からメタンハイドレートを採掘しても、もしかしたら採算が取れるかもしれない。 そもそも世界中に原油価格が高くならないことには原油やガス等の資源で容易に採算が取れない地域が多い。 しかし2017年5月5日現在。 春先だというのに米金利引き上げの影響か原油価格が45ドル台にまで下がってきている。 今年FRBがさらなる利上げをしだしたら少々の減産など効かずに、さらに原油価格が下がるかもしれない。 もしそうなったらアメリカ経済にとっても不都合かもしれない。 コメント欄にモグラたたきのモグラのようなコメントがわいてきている。 投稿: 2017. 05 20:56 『子供に米軍機離着陸を妨害させる、40メートルの糸付き風船100個 』 刑事責任を問われない子供を利用した悪質なゲリラ工作。 この許せない「母親」は、顔を晒してやるべき。 なお、こういう法律もあるんだからな。 航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律(昭和四十九年六月十九日法律第八十七号) (航空の危険を生じさせる罪) 第一条 飛行場の設備若しくは航空保安施設を損壊し、又はその他の方法で航空の危険を生じさせた者は、三年以上の有期懲役に処する。 そういや、最近パブ弁!氏を見かけないな。 退屈でたまらん。 そろそろ出て来て、砲弾を撃ち込ませて欲しい。 喜んで、効力射を要求するぞ。 投稿: 英知の人・エイチマン 2017. 06 00:18 >まさにこの通りど真ん中の勘違い人間がここに何人もいるw 「余り褒めるな」(パタリロ・ド・マリネール8世殿下) これは、何の自虐ギャグだ? 『(社説)阪神支局襲撃30年 覚悟をもって喋る、明日も』 >異論を排除する、すさんだ言葉の横行は、安倍政権の姿勢と無縁ではなかろう。 国際NGO・国境なき記者団が毎年発表している「報道の自由度ランキング」で、日本はことし、180カ国・地域 のうち前年と同じ72位。 主要国7カ国(G7)で最下位となった。 >報道機関への信頼は揺らぎ、取材環境も厳しさを増す。 自分好みの「情報」を信じ、既存メディアの情報を疑う傾向は、世界で強まっている。 >メディアが伝える事実とは別の「事実」があるとする「もう一つの事実」。 昨年の米大統領選では「フェイク(偽)ニュース」が世論に影響を与えた。 もう、爆笑あるいは苦笑するしかない。 おひねりで、火のついた爆竹をプレゼントしてやりたいくらい。 投稿: 英知の人・エイチマン 2017. あんまり褒められた行為ではないけれど、 これって航空法で禁止されていないんですよね。 「航空の危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律」にしても、 地上の人間だけでなく、飛行中の航空機側にも責任が生じるんです。 「凧は合法的に揚げられているのだから、回避するのは航空機側の責任だ。 それで危険な事態になったら航空機側のせい」という話にもなりかねない。 行政側が訴えたりしないのは、裁判で逆に米軍側が負ける可能性があるからだそうです。 「じゃあ飛行場周辺での凧揚げや風船は、全部禁止せい」という意見もあるけれど、 航空機の離発着が可能なのは空港だけではない。 公園の運動場や学校のグラウンドなど、全国に何百カ所という場外離発着場がある。 ビルの屋上ヘリポートまで含めたらおそらく何千カ所。 これらは管理者側の許可を得たら、即席飛行場に早変わり(緊急時に使うのだから当然) いつ使用するか判らないといって、一年中公園や校庭の周辺地域で風船や凧揚げを禁止するわけにもいかない。 「じゃあ使うときだけ凧揚げは禁止しろ」というのも非現実的。 「突然だが当公園に1時間後に急遽ヘリが着陸することになった。 所轄署は周辺地域に全力で非常線を張って凧揚げと風船を取り締まれ。 違反者はその場で拘束しろ」 なんて無茶は出来ない。 そんなリソース県警には無い。 最初の話に戻ると、けっきょく飛行場エリアと周辺エリアとの間に幅広く緩衝地帯を設けるのがベターなんです。 そうすりゃ凧揚げだろうが風船だろうが大して影響は無い。 もっとも普天間はその緩衝地帯が場所によってはほとんど無い。 そのあたりを狙っての嫌がらせなんでしょうけどね。 投稿: 丸ぼうろ 2017. 06 11:11.

次の