ふた え 整形 福岡。 二重(ふたえ)、目もと、まぶたの整形施術一覧

共立美容外科【公式】|美容整形、美容医療専門クリニック

ふた え 整形 福岡

福岡で顎整形を受けるなら経験豊富な名医に頼もう 顔の印象を決めるのは顎の形といっても過言ではありません。 輪郭がすっきりしていると、若々しい雰囲気にしてくれます。 しかし、顎のバランスが悪いと顔全体に影響するため、悩む方も多いようです。 そんなコンプレックスを解消してくれるのが顎整形。 最近ではさまざまな方法で顎の形を整えてくれる施術が出てきています。 たとえば、余分な骨を削る「顎骨削り」やプロテーゼを使った「顎形成」、ヒアルロン酸を注入する方法などです。 顎整形で大切なのは、顔全体のデザインを決めてから治療を行なうこと。 正面から見た「V字ライン」や、真横から見た「Eライン」のバランスを確認しながら仕上がりを予想します。 横顔の印象で大きく影響するのがEラインで、鼻と顎を結んだライン上に唇が位置するバランスが理想です。 そのため、鼻と顎の施術を組み合わせる場合もあります。 顎は顔全体の印象を大きく決める部位のため、治療実績の豊富な医師に相談することが大切です。 また他の美容整形と比べて難易度が高いといわれているので、技術力の高い名医に治療してもらうことをおすすめします。 ここでは福岡で顎整形を行なう名医を5名ピックアップしているので、参考にしてみてください。 室孝明医師 治療を受ける一人一人と向き合ってくれるドクター 室井医師は、美容外科・形成外科の分野を専門診療科目としています。 2002年に埼玉医科大学を卒業後、東邦大学医療センター大森病院の形成外科に勤務し、形成外科医としての道をスタート。 治療の実績を重ね2005年には東邦大学医療センター大森病院の形成外科の主任に昇格しました。 2006年に星総合病院一般外科・乳腺外科で勤務し、医療技術を磨いたのち、2008年に東邦大学医療センター佐倉病院の形成外科で主任として勤務。 その後、2010年に東京手の外科スポーツ医学研究所の形成外科・美容外科の部長に就任し、医療法人八九十会の理事にもなっています。 2011年にはヴェリテクリニック入職し、翌年の2012年には福岡院の院長に就任した実力の持ち主です。 また、厳しい条件をクリアした医師のみが取得できる日本形成外科学会や日本美容外科学会(JSAPS)、日本抗加齢医学会の専門医の資格を保有。 顎整形には、顎まわりの形を整えるアゴプロテーゼや、曲がった顎を修正するアゴスライドなどを採用しています。 これまでに培ってきた形成外科医としてのノウハウを活かして、最適な医療を提案してくれます。 患者と綿密なカウンセリングを行なうことで納得のいく施術を提供しているそうです。 所属クリニック BESPOKE(旧:ヴェリテクリニック福岡院) 住所 福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル5階• 伊東慶子医師 カウンセリングからアフターフォローまで一貫して行なう女性医師 伊藤医師はサクラアズクリニック天神で院長を務めています。 1999年に愛知医科大学を卒業後、同大学病院の皮膚科へ入職。 皮膚科医としての技術を習得し、2001年に愛知医科大学付属病院の医員助手に昇格します。 2004年に総合大雄会病院の皮膚科に入職し、さらに経験を積みます。 2008年に愛知医科大学の助教授に就任。 2011には博士(医学)学位も取得。 2015年にサクラアズクリニック天神に入職し、2017年サクラアズクリニック天神の院長に就任しました。 また日本皮膚科学会の認定する皮膚科専門医の資格も取得しています。 顎整形には、フェイスラインをはっきりさせてくれるテオシアルという薬剤や、骨を形成するレディエッセを気になる部位に注入します。 カウンセリングからアフターフォローまで一貫して行なってくれる医師です。 所属クリニック サクラアズクリニック天神 住所 福岡県福岡市中央区大名1-14-25 DAIMYO BEAUTY COMPLEX 2F• 吉池剛医師 患者に寄り添った治療を行なうドクター 吉池医師は一人ひとりに寄り添った最適な提案をしてくれます。 2005年に山梨大学医学部医学科を卒業し、市立甲府病院に入職。 2007年に山梨大学医学部付属病院で医療の経験を積みました。 2008年に品川美容外科に入職して美容医療の知識や技術を習得します。 その後、着実に腕を磨き、2013年には品川美容外科福岡院の院長に就任しました。 また、日本美容外科学会が認定する専門医の資格を持ち、他にも専門的な資格を多く取得している実績の持ち主です。 顎整形には、ボリュームとハリを与えるヒアルロン酸注入や、筋肉を小さくする効果のあるボツリヌス・トキシン注入などで対応しています。 カウンセリングで顎の形をしっかり確認し、きれいなデザインに仕上がる治療方法を行なってくれる医師です。 所属クリニック 品川美容外科福岡院 住所 福岡県福岡市中央区今泉1-20-2 天神MENTビル2F• 小原直樹医師 最先端の技術を駆使する美容医療のスペシャリスト 小原医師は表参道スキンクリニック福岡院の院長を務めており、最高水準の技術で美容医療を提供しています。 2004年に岡山大学医学部医学科を卒業し、川崎医科大学付属病院に研修医として勤務しました。 2006年に川崎医科大学附属病院で初期臨床研修医として勤務し、川崎医科大学付属部病院の形成外科学教室で形成外科医としての道をスタート。 2006年に福山市民病院形成外科、2012年に国立病院機構福山医療センター形成外科にて形成外科の技術を磨いたのち、2014年に大手美容外科へ勤務。 美容医療の技術を習得しました。 表参道スキンクリニックに入職し、表参道スキンクリニック福岡院(旧NAOクリニック福岡院)で院長に就任しています。 また日本形成外科学会が認定する専門医や、日本抗加齢学会が認定する専門医の資格を持っている実力者です。 顎整形には、下顎の骨を削る「顎削り」や下顎にプロテーゼ(シリコン製のインプラント)を埋め込む「下顎プロテーゼ挿入術」などで治療にあたります。 ほかにも治療法を用意することで、一人ひとりの症状に合わせて対応してくれるドクターです。 所属クリニック 表参道スキンクリニック福岡院 住所 福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-5 Mビル1号館8F• 菊池寛医師 患者の満足度を第一に考えている医師 菊池医師はエルムクリニック福岡院の院長。 大切にしていることは「患者さんの満足」です。 2005年に山梨大学の医学部医学科を卒業後、2006年に市立甲府病院へ勤務しました。 2007年に山梨大学の医学部付属病院に勤務。 医療技術の習得に励みます。 2008年に品川美容外科へ入職し、2013年には品川美容外科福岡院の院長に就任しました。 「先生の感じが良い」「気持ちよく施術を受けられた」などの声があがっています。 顎整形には、筋肉を縮小させるボトックス注射で対応しています。 一人ひとりの悩みに応えて、効果が高くリスクの低い治療を提案することを心がけているそうです。 クリニックは「居心地の良さ」と「通いやすさ」を意識して作ったそうです。 初めての方でも気軽に通えるよう配慮している医師だといえるでしょう。 所属クリニック 美容皮膚科 エルムクリニック福岡院 住所 福岡県福岡市中央区舞鶴1-2-8セントラルビル3F.

次の

福岡の二重整形クリニックランキング!切開・埋没法の口コミ調査

ふた え 整形 福岡

膝の外科とは 膝の外科は、ひざ周囲のあらゆる疾患・外傷を対象としています。 年齢に伴っておこる変形性膝関節症、スポーツ活動や事故に伴う靭帯や半月板の損傷が代表的な疾患です。 膝の痛みや違和感などでお悩みの方はご相談ください。 当院の特徴 65 歳以上の高齢者が人口の 3 割占める日本の高齢化。 その多くは膝に痛みを抱えていると言われています。 当院では佐田院長による年間 100 件を超える手術、膝関節の可動域訓練や筋カトレーニングなど、術後の経過をサポートするリハビリ体制、普段の生活での負担を軽減させるためのインソール 中敷き の導入と、患者さんそれぞれの復帰に向け、様々な角度から治療に取り組んでいます。 代表的疾患・症状 前十字靭帯損傷 ぜんじゅうじじんたい そんしょう スポーツ活動や交通事故などで、激しく膝をねじった時や、無理な力が急激にかかると 損傷します。 膝の痛み・腫れ・内出血や、膝が抜けるような不安定な感じが生じます。 半月板損傷 はんげつばん そんしょう 関節を動かす時や体重をかけた時に、強く痛みを感じます。 ひどい場合には膝を伸ばせなくなる、ロッキングという状態を生じるケースもあります。 変形性膝関節症 へんけいせい ひざかんせつしょう 歩いたりしたときに痛みが生じますが、安静にしていれば痛みが軽減します。 進行すると痛みの頻度が多くなり、正座や階段の昇降が困難になります。 さらに放置をしますと、日常生活に支障が起こるほどの痛みになります。 女性に多くみられ、高齢者になるほど多くなる傾向があります。 腰 腰の外科とは 人口の約8割が一度は経験している腰痛。 腰痛にはぎっくり腰のような急性から、骨の変形からくる慢性的な痛み、炎症や感染、骨粗鬆症など、様々な原因があります。 それとは別に原因が特定出来ない症状が多いのも腰痛の特徴です。 腰の中心にある脊椎は身体を支える重要なもので、いわゆる背骨のことを指しています。 脊椎の中には神経が通っており、この神経を脊髄 せきずい と言います。 腰の痛みは股関節とも関係しており、変形性股関節症 へんけいせいこかんせつしょう も疑われます。 腰の痛み、しびれなどでお悩みの方はご相談ください。 当院の特徴 当院では 2003 年に脊椎外来を開設。 2009 年より現在の冨重医師が引き継ぎ治療にあたっています。 脊椎や脊髄を様々な原因で痛めてしまい、腰痛・手足がしびれる・歩きにくいなどの症状がある方を専門とする診療科です。 脊椎外来を中心に、患者さんの痛みの原因を出来る限り掘り下げ、生活に配慮した診察を心掛けています。 代表的疾患・症状 腰部脊柱管狭窄症 ようぶせきちゅうかん きょうさくしょう 腰痛はあまり強くなく、安静時にはほとんど症状がありませんが、歩行時にふとももや膝から下にしびれや痛みなどの歩行障害が出現し、歩きづらくなります。 進行すると下肢の力が低下し、肛門周囲のほてりや排尿障害が起きることもあります。 腰椎椎間板ヘルニア ようつい ついかんばんへるにあ 腰椎の椎間板の一部がはみ出し、神経を圧迫している状態です。 腰に痛みが起こり、下肢にしびれや痛みが拡散します。 また、足に力が入りにくくなります。 腰椎変性すべり症 ようついへんせい すべりしょう 背骨が前後にずれた状態で、様々な症状をきたす病気です。 腰部脊柱管狭窄症と同様な症状が発生し、腰痛や下肢の痛み、しびれが生じます。 手 代表的疾患・症状 手根管症候群 しゅこんかん しょうこうぐん 親指から薬指の範囲がしびれ ・ 痛みが生じ、夜中や朝早くに症状が強くなり目が覚めます。 これは中高年の女性に多く、非常に多くの方が悩まれています。 肘部管症候群 ちゅうぶかん しょうこうぐん 初期は小指と薬指の一部にしびれが生じます。 麻痺が進行するにつれて手の筋肉がやせて、小指と薬指の変形が生じます。 ばね指 ばねゆび 指を曲けるための腱の1つが炎症を起こし腫れた際に、指を曲げるときの痛み、 指の動きが悪くなる、指が曲がった位置で動かなくなります。 指が伸びない状態で放置していると、関節の拘縮を生じるケースがあります。 地域の高度専門医療機関との連携 当院では、福岡大学病院をはじめとする様々な医療機関との連携を重視しています。 特に福岡大学病院とは綿密な連携により、専門性の高い手術や治療、 福岡大学病院で手術した後のリハビリテーションなど、スムーズな連携体制を整えています。 股関節・足・膝・手・肘・肩など、各専門グル-プが皆様をサポートします。

次の

福岡で二重整形の名医がいる!おすすめ美容外科クリニック

ふた え 整形 福岡

手術中には痛みはありますか? 目もとを中心に部分的な麻酔(局所麻酔)をいたします。 そのため手術中に痛みを感じるはほとんどございませんのでご安心ください。 福岡博多駅前通中央クリニックでは、痛みが少ない極細針(34G)を使用して麻酔を行います。 また、麻酔後は少しお時間を空け、麻酔の効きを十分に確認してから手術を開始するため、痛みの心配は一切ございません。 初めての麻酔でご不安な方もいらっしゃると思いますので、担当の看護師が優しくお声がけし手を握るなどの対応をいたしますので、ご不安があれば遠慮なくお気軽にお伝えください。 当院のスタッフは、二重術をはじめとした治療の経験者ですので患者様の立場に立ってご相談を承ります。 化粧やメイクはいつからできますか? 目もと周辺を避けていただければ、当日より部分メイクが可能です。 目もとのメイクは埋没法など糸を使用した手術を受けられた場合が術後3日目から可能です。 切開法や眼瞼下垂術などメスを使用した手術を受けられた場合は、抜糸の翌日よりメイクが可能となります。 埋没法はすぐに取れたり、元に戻ってしまったりしませんか? 埋没法は切開法やマクロカット法に比べると、糸がやや切れやすく緩みやすい施術方法ではありますが、必ずしもすぐに糸が切れて元に戻ってしまうわけではございません。 一方で、まぶたの脂肪が多い場合や目を開ける筋力が弱い場合など、患者さまによっては糸が切れやすい可能性があるため、その場合は埋没法ではなく全切開法やマイクロカット法(小切開法)をご提案しております。 福岡博多駅前通中央クリニックの二重術・目元治療 美容外科クリニックはどこでも同じでありません。 理想どおりの結果を得るためには、信頼と実績があり、なおかつ熟練した医師が在籍していることが必須条件となります。 私ども福岡博多駅前通中央クリニックは、長い歴史ととともに、高い技術力を培ってきた美容外科クリニックです。 患者さまにご満足いただける技術を提供させていただく自信がございます。 もし、目元にお悩みを抱えておられる場合には、ぜひ当院の無料カウンセリングをご利用いただけますと幸いです。 当院の目元治療 目が小さい、腫れぼったい、眠たそうと言われたことがあり、コンプレックスを感じているという方もおられると思います。 そのため『パッチリ二重』や『くっきり二重』、『目ヂカラ』など、目元の美しさを言い表す表現に憧れを持っている方もおられることでしょう。 当院では、さまざまなコンプレックスを取り除くことができるよう、数多くの治療をご用意しております。 以下で『ナチュラルクイック法』『スーパーWマイクロカット法』『リバース法』のほかにご用意している治療法を丁寧に解説していきますので、ぜひ参考にしてください。 マイクロカット法(一部切開法) 皮膚を切開しない、埋没法に分類される二重術です。 この治療は、通常の埋没法よりも深い位置で糸を固定する方法であるため、よりくっきりとした二重まぶたをお望みの方や、まぶたが腫れぼったい方におすすめしております。 脂肪除去法 上まぶたの余分な脂肪をメスで取り除いて、二重まぶたを形成する治療です。 上まぶたには眼窩 がんか 脂肪という脂肪があり、この脂肪が厚くなると、目全体が腫れぼったく見えます。 この治療は、腫れぼったい印象の目や眠たそうな印象の目に悩んでいる方におすすめです。 全切開法 二重まぶたのラインに沿って皮膚を切開し、くっきりとした二重まぶたを形成することができる治療です。 埋没法は経年によって元の状態に戻る可能性がありますが、全切開法では元の状態に戻る確率が低いというメリットがあります。 ただし、この治療は高い技術力を要するため、取り扱いがある美容外科クリニックが少ないのが現状です。 当院では熟練した医師が治療にあたりますので、安心してお任せいただくことができます。 目頭切開法 東洋人には、目頭部分に「蒙古ヒダ」と呼ばれるものがあり、このヒダをメスで切除するのが目頭切開法です。 蒙古ヒダで目頭部分の眼球が覆われているとそれだけで目が小さく見えたり、左右の目が離れた印象になったりすることがあります。 目頭切開法では、デザインを決めて蒙古ヒダを切除したり、二重まぶた形成術と併用することが可能です。 上まぶたのたるみ治療 筋肉の緩みや皮膚のたるみによって上まぶたの開きが悪くなった状態を眼瞼下垂 がんけんかすい と呼び、この症状があらわれると、モノが見えにくくなるなど、生活に支障をきたしてしまうことも少なくはありません。 このような状態を改善するのが、眼瞼下垂術です。 この治療は挙筋腱膜 きょきんけんまく という部分を縫い縮めます。 治療後にはまぶたの開きが良くなり、黒目を引き立たせる効果も期待できるでしょう。 また、眼瞼下垂ではないと医師が認めた場合には、眉毛の直下の皮膚を切除・縫合するブロウリフトという治療で対応させていただくことがございます。 下まぶたのたるみ治療 加齢とともにあらわれる眼の下の膨らみは、眼窩脂肪の仕業です。 この脂肪をバランス良く取り除くのが経結膜脱脂法で、この治療を行うことによって腫れぼったい下まぶたのたるみを改善することができます。 また、下まぶたの皮膚のたるみには、たるみ部分の皮膚を切除する下眼まぶた切開という治療をご用意しております。 目の下のクマ クマの状態により、経結膜脱脂法または下眼まぶた切開のいずれかでご対応させていただきます。 しわ治療 目元にできたしわは、それだけで老け顔を作り出す原因になることがあります。 当院では、ヒアルロン酸注入やボツリヌス菌注射で目元のしわの改善を目指していただくことが可能です。 涙袋形成 患者さまの目元をよく確認させていただいたうえで、ヒアルロン酸注入によりバランスの良い涙袋を形成します。 他院修正 他院で目元に関する治療を受けてみたけれど、なんとなくバランスが悪い、仕上がりに満足できないという方もおられるのではないでしょうか。 しかし当院には、経験と実績を積み、高い技術力を誇る医師が在籍しております。 他院修正に関するお悩みも、お気軽にご相談ください。 お気軽にカウンセリングにお越しください ひとつでもコンプレックスを抱えていると、心から笑顔になることができないときがあります。 当院の願いは、「患者さまに心から笑顔になっていただきたい」ということです。 どのようなお悩みでもかまいません。 まずはお気軽にカウンセリングにお越しいただき、あなたのお悩みをお聞かせください。

次の