レッド ナイト。 【音量注意】世界一レッドナイトの再販を待っていた私の、本気を見せます。【フォートナイト】

【音量注意】世界一レッドナイトの再販を待っていた私の、本気を見せます。【フォートナイト】

レッド ナイト

ファウストのレッドホットナイトが非常に強い! M17やM19がめっちゃ楽になる! Ver1. 05時記載。 コマンドは、Dr. 最大まで溜めて発動するのに10秒程度かかる。 また、Dr. ファウスト1~4まで上げることで威力とレッドオーブ消費量が上がる。 ファウスト4時、レッドオーブ消費量は最低で45000、最大で15万。 レッドホットナイト発動時にDT発動していれば威力が上がる。 さらにセットハットで敵に帽子をつけた状態でも威力が上がる。 ダメージを比較すると、以下の通り。 THE VOID、難易度DMD・ヘルカイナ相手で確認。 ダンテ・レッドホットナイト最大溜め(Dr. ・おまけその1・難易度DMD・M19 タメ時間が長いため当てるのは難しいが、レッドホットナイト最大溜め時の威力が非常に強力で、DMDのM19バージルもほぼ1発で沈めることができる。 バージル相手だと最大まで溜めるには運が絡むが、後半のDTバージルを相手にせずに済むのでかなり楽。 序盤は、歩いて様子見や幻影剣1個ずつ飛ばしながら歩くといった行動が多々あるので、運が良ければ最大まで溜めることができ一気に終わらせることができる。 DTすることで威力アップだけでなく、1個ずつ飛ばしてくる幻影剣は相殺できるので幻影剣をされたら発動する瞬間だけでなく溜めている間もDT発動しておくとよさげ。 ・おまけその2:難易度HAH・M17 開幕時の構えやパターン変更時の瞬間移動~構え~瞬間移動の時が狙い所。 開幕時は最大まで溜めると攻撃を食らってしまうので、程々で発動しておくとよい。 パターン変更時は早すぎると瞬間移動で躱されて、遅すぎると攻撃を食らってしまうので少しタイミングが難しいが、一応最大溜めを当てることができる。 286• 413• 813• 141• 133• 978• 120• 208• 819• 128• 1382• 253• 179• 102• 115• 102• 180• 104• 1375• 189• 155• 109• 162• 170• 120• 1345• 271• 218• 193• 138• 137• 110• 128•

次の

デスナイト:Lv305

レッド ナイト

そして同級生の美柳愛美と鎖ヶ塚灯利の3人でバカンスに来ていた。 2人は、既に水着なのだが未だに上にパーカーを着ている羽菜。 それを見た愛美は、羽菜に近寄りそのパーカーを脱がすと・・ 豊満なボディが露にされる「な、なにするの、アミちゃんーっ!?」と隠すが 「いやあ・・まるでビーチボールですなあー」と関心する2人なのだった。 「そんなことないもん」と辺りを見ると男の人が居ることに気付いた羽菜。 「誰か居るじゃんっ。 恥ずかし・・」ともう一度見ると居なくなっていた。 不思議に思っていると灯利が「そういえばハナハナ知ってるー?」と声を掛けてきた。 「この辺りって巨大なサメが出るんだよー」とこれから楽しもうというのに怖いことを口にする灯利。 その話を聞いた愛美も「あー・・なんか知ってるかも。 因みにその巨大サメは、漁船も食べてしまうらしい・・。 それを聞いてしまった羽菜は、顔面蒼白。 「そんな大きいサメなんて・・ないないっ」と言ったことにより怖がりだと思われてしまった羽菜。 その頃、海の上では猟師が桁外れの大きさのサメを目撃していた。 サメのことを聞いてしまってから怖くて震えが止まらない羽菜。 2人は、別荘にビーチボールを取ってくると言います。 「あ・・あたしも行く!」と言う羽菜に「3人で行っても仕方ないしさ。 あれ?もしかしてあの嘘くさい噂が怖かったり」と愛美に言われてしまい「こ・・怖くなんてないもん!いいよ!2人よりも先に海を満喫しちゃうからね!」と強がりを言ってしまった羽菜だった。 とりあえず、水面で浮き輪に座りながら満喫することにした羽菜。 その頃、海の中では羽菜のお尻を狙っている影が・・ サメがどうとか気になるものの楽しんでいる羽菜。 「ふふっ、早くアミちゃんとトモちゃんも来ないかなー?」なんて言っていると サメの背びれがどんどん近づいてきます・・その事に気付いた羽菜。 でも、もうサメは目と鼻の先です。 どうすることもできない・・食べられてしまう!!と思ったその時!制服を着た女の人がサメの鼻に一撃を与え助けてくれました。 その女の人のほうを見ると男の人も居り「ただのホオジロザメだったようだ」と言っています。 しかもその女の人は、スウッと消えてしまったのです!混乱している羽菜に男の人は話を続けます。 「サメは、鼻に神経が集中していてそこで血の匂いを嗅ぎつける。 だからこそその部位は弱点に成り得る。 最大の特徴は最大の弱点になるということだな。 」と言います。 それを聞いた羽菜は「え・・?あ・・もしかしてさっ岩場にいた・・って、同じクラスの鍵守・・?」と男の人が同じクラスの鍵守悠人だということに気づきました。 呑気に「ん?こんにちは」と言う鍵守に羽菜は「って違くて!なに!?え?なにこれ、どういうこと!?なんで鍵守が!?っていうかサメ!!サメだよね!?それを今黒い人がやっつけて・・!」とホオジロザメの方を指を差す羽菜の先にはホオジロザメだけではなくそれ以上に大きいサメが近づいてきていました。 それに気付いた2人。 羽菜は「なにあれっ!?」と涙目です。 「巨大なサメ・・一匹来た後に・・本命が・・か・・」と言う鍵守。 鍵守は、羽菜に手を差し出し「いいから、まずはボートに乗るんだ」と言います。 この場は、不利だ。 近くに小島がある。 そこに向かおう」と言います。 2人は、小島に向かってボートを漕ぎ続け何とか小島に到着しました。 「よかったあ・・!とりあえず氏に小島にたどり着けて」と安心する羽菜。 「そうだな・・」と鍵守は、羽菜を見ます。 するとある事に気付いたのか・・「先に謝罪しておく。 これは事故だからな?」と鍵守の指が下だと示します。 「どうしたの?」と下を見ると水着が捲くれ胸が大胆に晒されていることに気付きます。 「大方漕いでる最中に水着が捲れてしまったのだろう。 しかし、予測はしていたが・・これは凄いな。 」と見る鍵守に羽菜は、恥ずかしさのあまりに頬を叩いてしまいました。 助けてもらったのにお礼が言いづらいと言う羽菜に「・・別に礼を言う必要はないさ」と言う鍵守。 鍵守悠人は、同じクラスなのですがあまり話したこともなく、いつも窓際で外ばかり見ている生徒で、普段から人を寄せ付けない雰囲気でちょっと変わった人だったので妙に羽菜は、気になっていました。 羽菜は、鍵守のことを知っていますが鍵守は、自分のこと知ってくれているのかなと疑問に思い聞いてみると当然知っているようで何故かというと、クラスの男子たちが一番可愛いと騒いでいるからだそうで「可愛いのは確かだ。 お前は、自信を持っていい」と鍵守の肩をぽんっとされ顔を赤らめる羽菜。 すると鍵守の背中に何やら黒い気配が・・!? 「悠人・・私の目の前で女の子を口説くなんて・・いけない子ね・・」と現れたのは・・ 同じ学園の3年生、一番美人で格好いいといわれている鍵守夜々子でした。 夜々子は、羽菜に近づき「あのサメが狙うのも分かるわ・・美味しそうな子だもの・・」と言うのでした。 一段と大きくて何でも飲み干してしまうほどのサメ。 作品の中のサメもホオジロザメとは、桁違いの巨大なサメです(笑 あんなサメが現れる海なんてとても怖いですね。 そして助けてくれた鍵守悠人と夜々子ですが今のところ謎なところが多いですね。 何故、夜々子は消えてしまうのか。 何故、巨大サメを追っているのか。 とても続きが気になりますね。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の

デスナイト:Lv305

レッド ナイト

そして同級生の美柳愛美と鎖ヶ塚灯利の3人でバカンスに来ていた。 2人は、既に水着なのだが未だに上にパーカーを着ている羽菜。 それを見た愛美は、羽菜に近寄りそのパーカーを脱がすと・・ 豊満なボディが露にされる「な、なにするの、アミちゃんーっ!?」と隠すが 「いやあ・・まるでビーチボールですなあー」と関心する2人なのだった。 「そんなことないもん」と辺りを見ると男の人が居ることに気付いた羽菜。 「誰か居るじゃんっ。 恥ずかし・・」ともう一度見ると居なくなっていた。 不思議に思っていると灯利が「そういえばハナハナ知ってるー?」と声を掛けてきた。 「この辺りって巨大なサメが出るんだよー」とこれから楽しもうというのに怖いことを口にする灯利。 その話を聞いた愛美も「あー・・なんか知ってるかも。 因みにその巨大サメは、漁船も食べてしまうらしい・・。 それを聞いてしまった羽菜は、顔面蒼白。 「そんな大きいサメなんて・・ないないっ」と言ったことにより怖がりだと思われてしまった羽菜。 その頃、海の上では猟師が桁外れの大きさのサメを目撃していた。 サメのことを聞いてしまってから怖くて震えが止まらない羽菜。 2人は、別荘にビーチボールを取ってくると言います。 「あ・・あたしも行く!」と言う羽菜に「3人で行っても仕方ないしさ。 あれ?もしかしてあの嘘くさい噂が怖かったり」と愛美に言われてしまい「こ・・怖くなんてないもん!いいよ!2人よりも先に海を満喫しちゃうからね!」と強がりを言ってしまった羽菜だった。 とりあえず、水面で浮き輪に座りながら満喫することにした羽菜。 その頃、海の中では羽菜のお尻を狙っている影が・・ サメがどうとか気になるものの楽しんでいる羽菜。 「ふふっ、早くアミちゃんとトモちゃんも来ないかなー?」なんて言っていると サメの背びれがどんどん近づいてきます・・その事に気付いた羽菜。 でも、もうサメは目と鼻の先です。 どうすることもできない・・食べられてしまう!!と思ったその時!制服を着た女の人がサメの鼻に一撃を与え助けてくれました。 その女の人のほうを見ると男の人も居り「ただのホオジロザメだったようだ」と言っています。 しかもその女の人は、スウッと消えてしまったのです!混乱している羽菜に男の人は話を続けます。 「サメは、鼻に神経が集中していてそこで血の匂いを嗅ぎつける。 だからこそその部位は弱点に成り得る。 最大の特徴は最大の弱点になるということだな。 」と言います。 それを聞いた羽菜は「え・・?あ・・もしかしてさっ岩場にいた・・って、同じクラスの鍵守・・?」と男の人が同じクラスの鍵守悠人だということに気づきました。 呑気に「ん?こんにちは」と言う鍵守に羽菜は「って違くて!なに!?え?なにこれ、どういうこと!?なんで鍵守が!?っていうかサメ!!サメだよね!?それを今黒い人がやっつけて・・!」とホオジロザメの方を指を差す羽菜の先にはホオジロザメだけではなくそれ以上に大きいサメが近づいてきていました。 それに気付いた2人。 羽菜は「なにあれっ!?」と涙目です。 「巨大なサメ・・一匹来た後に・・本命が・・か・・」と言う鍵守。 鍵守は、羽菜に手を差し出し「いいから、まずはボートに乗るんだ」と言います。 この場は、不利だ。 近くに小島がある。 そこに向かおう」と言います。 2人は、小島に向かってボートを漕ぎ続け何とか小島に到着しました。 「よかったあ・・!とりあえず氏に小島にたどり着けて」と安心する羽菜。 「そうだな・・」と鍵守は、羽菜を見ます。 するとある事に気付いたのか・・「先に謝罪しておく。 これは事故だからな?」と鍵守の指が下だと示します。 「どうしたの?」と下を見ると水着が捲くれ胸が大胆に晒されていることに気付きます。 「大方漕いでる最中に水着が捲れてしまったのだろう。 しかし、予測はしていたが・・これは凄いな。 」と見る鍵守に羽菜は、恥ずかしさのあまりに頬を叩いてしまいました。 助けてもらったのにお礼が言いづらいと言う羽菜に「・・別に礼を言う必要はないさ」と言う鍵守。 鍵守悠人は、同じクラスなのですがあまり話したこともなく、いつも窓際で外ばかり見ている生徒で、普段から人を寄せ付けない雰囲気でちょっと変わった人だったので妙に羽菜は、気になっていました。 羽菜は、鍵守のことを知っていますが鍵守は、自分のこと知ってくれているのかなと疑問に思い聞いてみると当然知っているようで何故かというと、クラスの男子たちが一番可愛いと騒いでいるからだそうで「可愛いのは確かだ。 お前は、自信を持っていい」と鍵守の肩をぽんっとされ顔を赤らめる羽菜。 すると鍵守の背中に何やら黒い気配が・・!? 「悠人・・私の目の前で女の子を口説くなんて・・いけない子ね・・」と現れたのは・・ 同じ学園の3年生、一番美人で格好いいといわれている鍵守夜々子でした。 夜々子は、羽菜に近づき「あのサメが狙うのも分かるわ・・美味しそうな子だもの・・」と言うのでした。 一段と大きくて何でも飲み干してしまうほどのサメ。 作品の中のサメもホオジロザメとは、桁違いの巨大なサメです(笑 あんなサメが現れる海なんてとても怖いですね。 そして助けてくれた鍵守悠人と夜々子ですが今のところ謎なところが多いですね。 何故、夜々子は消えてしまうのか。 何故、巨大サメを追っているのか。 とても続きが気になりますね。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の