シンク 関数。 イベント シンク マップ

シンク関数—ArcGIS Pro

シンク 関数

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。 概要 すべてのシンクまたは内部排水のエリアを特定するラスター レイヤーを作成します。 詳細については、Spatial Analyst ツール ヘルプの「」トピックをご参照ください。 ラスター関数です。 備考 シンクとは、流向ラスター内の 8 つの有効値のいずれにも割り当てることのできない流向を持つ、セルまたは空間的に接続された一連のセルのことです。 これは、すべての隣接セルが処理セルよりも高い場合、または 2 つのセルが相互に流れ込んでループが形成されている場合に発生します。 シンク関数は、D8 入力流向ラスター レイヤーにのみ対応しています。 D8 流向は、関数でデフォルトの流向タイプ D8 を使用して作成できます。 シンク関数の出力は整数ラスターで、各シンクには個別値が割り当てられます。 これらの個別値には、1 とシンクの総数の間の範囲が設定されます。 たとえば、シンクの総数が 1000 の場合、個別値の範囲は 1 ~ 1000 になります。 パラメーター.

次の

A.045. シンク関数とフーリエ変換|エスオーエル株式会社

シンク 関数

定義 [編集 ] sinc 関数は、正規化 sinc 関数と非正規化 sinc 関数という名で区別される、2種類の定義を持つ。 などでは、次の 正規化 sinc 関数( 標本化関数ともいう)が普通である。 では、次の歴史的な 非正規化 sinc 関数が使われる。 sinc 関数はいたるところである。 sinc 関数は カーディナル・サイン cardinal sine とも呼ばれ、"sinc" 英語発音: の関数名はラテン語の sinus cardinalis を短縮したものである。 sinc関数の性質 [編集 ] 特にことわらないかぎり、正規化sinc関数について述べる。 特殊値など [編集 ]• つまり、矩形関数のフーリエ変換はsinc関数、sinc関数のフーリエ変換は矩形関数である。 テイラー展開 [編集 ]• 直交性 [編集 ]• sinc関数の平行移動同士はする。 無限積 [編集 ]• 有限長で計算を打ち切らなければならないことも多く、無限長では生じない問題が発生することもある。 概して、理論的背景やシミュレーションにとどまることが多い。 ただし、コンパクト台をもたないため、計算量が O n 2 ( O は)で増える。 これは、コンパクト台をもつ基底だと計算量が O n であることに比べ、大きなデメリットである。 sinc 関数のフーリエ変換が矩形関数であることから、やの補間カーネル()に用いる。 無限系列の信号に対しては、sinc 関数は理想的な補間カーネルである。 しかし、コンパクト台をもたないことが実際の有限長の信号を処理する際には問題となるため、実際の信号処理では、sinc 関数に似たコンパクト台をもつ関数である、3次畳み込み関数や、ランツォシュ Lanczos フィルタなどが使われることが多い。 矩形関数のフーリエ変換がsinc 関数であることから、sinc 関数を使えば、理想的なができる。 参考文献 [編集 ]• Gearhart, William B. ; Shultz, Harris S. March 1990 , , The College Mathematics Journal Mathematical Association of America 21 2 : 90-99 , 関連項目 [編集 ].

次の

数式が苦手でも簡単逆算! Excelゴールシークは知らなきゃ損

シンク 関数

コンテンツ [] 三角関数 三角関数(さんかくかんすう、英: trigonometric function)とは、平面における、の大きさとの長さの関係を記述するのおよび、それらを拡張して得られる関数の総称である。 三角関数という呼び名は三角法に由来するもので、後述するを用いた定義に由来する呼び名として、 円関数(えんかんすう、英: circular function)と呼ばれることがある。 特に sin, cos は的にも的にも良い性質を持っているので、様々な分野で用いられる。 例えばやなどは正弦関数と余弦関数を組み合わせることで表現することができる。 この事実はおよびの理論として知られ、音声などの信号の合成や解析の手段として利用されている。 他にものやは正弦関数および余弦関数を用いて表すことができ、ベクトルを図形に対応づけることができる。 初等的には、三角関数はをとする一変数関数として定義される。 三角関数の変数の対応するものとしては、図形のなす角度や、物体の回転角、波や信号のようななものに対するなどが挙げられる。 三角関数に用いられる独特な記法として、三角関数のとに関するものがある。 文献あるいは著者によっては、通常の記法と三角関数に対する特殊な記法との混同を避けるため、三角関数の累乗を通常の関数と同様にすることがある。 ゆえに、角度に対して辺比の値を与える関数を考えることができる。 それぞれ 正弦( sine; サイン)、 正割( secant; セカント)、 正接( tangent; タンジェント)、 余弦( cosine; コサイン)、 余割( cosecant; コセカント)、 余接( cotangent; コタンジェント)と呼び、まとめて 三角比と呼ばれる。 ただし cosec は長いので csc と略記することも多い。 これは分母となる辺の比の大きさが 0 になるためが発生し、その除算自体が数学的に定義されないからである。 一般の角度に対する三角関数を得るためには、三角関数について成り立つ何らかの定理を指針として、定義の拡張を行う必要がある。 後述するは初等幾何学におけるそのような拡張の例である。 他に同等な方法として、やを用いる方法などがある。 このとき実変数 t に対する三角関数は以下のように定義される。 さらにこれらのとして以下の 3 つの関数が定義される。 特に csc, sec, cot は 割三角関数(かつさんかくかんすう)と呼ばれることがある。 他の定義 この他にも定積分による(逆三角関数を用いた)定義などが知られている。 周期性 sin x と cos x のグラフ。 これらの関数の周期性が確認できる。 三角関数のグラフ: Sine( 青実線)、 Cosine( 緑実線)、 Tangent( 赤実線)、 Cosecant( 青点線)、 Secant( 緑点線)、 Cotangent( 赤点線) 双曲線関数 において、 双曲線関数(そうきょくせんかんすう、英: hyperbolic function)とは、と類似ので、標準形のをするときなどに現れる。 この性質を用いて逆に三角関数を定義することもできる。 単位円の面積で三角関数を定義したのと同じように双曲線を用いて双曲線関数を定義することができる。 このように三角関数と双曲線関数は非常に似通った関数として定義され、いろいろな場面でその類似性が現れる。 定義に双曲線を用いる関数を双曲線関数と呼ぶことにあわせて、定義に単位円を用いる三角関数の事を 円関数 circular function と呼ぶこともある。 sinh, cosh をそれぞれ 双曲線正弦関数 hyperbolic sine; ハイパボリックサイン 、 双曲線余弦関数 hyperbolic cosine; ハイパボリックコサイン と呼ぶ。 このように定義された、双曲線正弦関数、双曲線余弦関数、双曲線正接関数、双曲線余接関数、双曲線正割関数、双曲線余割関数を総称して 双曲線関数という。 指数関数 e x は x を複素変数に拡張できるので、指数関数で定義されている双曲線関数自体も x を複素変数にとってもよい。 双曲線関数はいずれも名称が長いため、読むときは省略されることも多く sinh は シャインあるいは シンチ、cosh は コッシュと読まれたりもする。 基本性質 sinh, cosh と tanh のグラフ。 特にcosh x のグラフはとして知られている。 具体的には、それらは sine 、 cosine 、 tangent 、 cotangent 、 secant 、 cosecant 関数の逆関数である。 それらは角度の三角比の任意から角度を得るために使われる。 逆三角関数は、、、において広く使われる。 表記 逆三角関数に対して用いられるたくさんの表記がある。 はしばしば使われるが、この慣習は関数の合成ではなく冪乗を意味する sin 2 x のような表現の一般的なセマンティクスと論理的には相反し、それゆえとの間の混乱を起こすかもしれない。 著者によっては別の慣習が使われる。 によって表現されるべき乗法逆元との混乱を避ける。 ところが語頭の大文字を主値を取ることを意味するために使う著者もいる。 この慣習は記事全体において用いられる。 コンピュータプログラミング言語において逆三角関数は通常 asin, acos, atan と呼ばれる。 ただし r は円の半径である。 従って、において、"コサインが x の arc" は "コサインが x である角度"と同じである、なぜならば単位円のはラジアンによって角度を測ったものと同じだからである。 基本的な性質 主値 6つの三角関数はいずれもでないから、逆関数を持つように制限される。 それゆえ逆関数のはもとの関数の定義域の真のである。 でもある。 ただ 1 つだけの値が望まれているとき、関数はそのに制限される。 この制限とともに、定義域の各 x に対して表現 arcsin x はそのと呼ばれるただ 1 つの値だけを返す。 これらの性質はすべての逆三角関数についても同様に当てはまる。 主逆関数は以下の表にリストされる。 上の引数の順序 y, x は最も一般的のようであり、特にC言語のようなISO規格において用いられるが、少数の著者は逆の慣習 x, y を用いているため、注意が必要である。 これらのバリエーションは に詳しい。 x, y 共に 0 の場合、インテルの CPU の FPATAN 命令、Javaプラットフォーム、. NET Framework などは下記ルールに従っている。

次の