プジョー オープン カー。 オープンカーの自動車カタログ

プジョーの新型クーペカブリオレ「207CC」誕生 【ニュース】

プジョー オープン カー

・プジョーのオープンカーは現時点で新車の購入ができず、中古車から探すことになる ・プジョーの魅力がぎっしり詰まっているオープンカー4モデルそれぞれの概要とスペック、ボディカラーを紹介 ・どのオープンカーでも「猫足」と呼ばれる路面に吸い付くなめらかな走りが楽しめる プジョーのオープンカーの購入方法は? 車の購入方法は基本的に新車か中古車かの二択です。 しかし、プジョーのオープンカーは2019年12月時点では、残念ながら新車での購入はできません。 プジョーの現行の新車販売のラインナップにはオープンカーがないためです。 プジョーのオープンカーを購入するには中古車を探すしかありません。 新車販売はされていない 現在プジョーでは新車でのオープンカーの取り扱いはありません。 以前にプジョーが販売していたオープンカーには、大きさで分けると2つのタイプがあります。 コンパクトカーに分類されるBセグメントと、それより少し大きいCセグメントです。 Bセグメントのプジョーのオープンカーは、後ほど紹介する206CCと207CCがあります。 コンパクトカーに分類されるボディサイズなので、軽自動車よりは大きいものの、小回りのきく運転のしやすさが特徴です。 Cセグメントに属するプジョーのオープンカーは、306カブリオレ・307CC・308CCがあります。 Cセグメントは、ヨーロッパでは最も競争の激しいセグメントです。 プジョーを含め各メーカーが、自社の魅力を詰め込んだ多彩な車を展開しています。 購入するには中古車を探そう! プジョーのオープンカーは、現時点では新車での販売はされていません。 そのため欲しい車があれば、中古車市場を探しましょう。 たとえば2001年に販売された206CCは、新車販売価格275万円とそれほど高くない価格だったので、日本でも人気がでました。 そのため、生産販売が終了した現在でも中古車市場に多く出回っています。 306カブリオレは、1994年から2002年まで販売されていました。 フェラーリなどの多数の名車のデザインを手がけたイタリアのピニンファリーナ社がデザインし、自社工場で加工した車として有名です。 販売終了から20年近く経過していますが、その優れたデザイン性から人気が高く、中古車市場を丁寧に探さなければ見つからないでしょう。 製造販売されていた当時も売れ筋の車種でしたが、販売終了後の今も手頃な価格で入手できるオープンカーとして人気です。 そのプジョーのオープンカー206CCのスペック・展開されているボディカラーを紹介しましょう。 サイズから分かるように、コンパクトで扱いやすいのが魅力といえます。 この車の最大の特徴は、電動開閉メタルトップでしょう。 たった20秒でルーフをオープンにでき、操作も簡単です。 車を降りる必要がなく、ルーフ最前部の左右についているキャッチロックを外し、ハンドブレーキ横のスイッチを押すだけで格納が開始されます。 詳細スペック 4速オートマチックの206CCに搭載されているエンジンは、直列4気筒DOHC で総排気量が1. 6Lです。 ちなみに206CCには、2. 0Lエンジンを搭載した5速ミッションのS16スポーツモデルもあります。 装備も充実しており、電動開閉メタルトップに加え、本革巻きステアリングやレザーシート、ABS、盗難防止システムも標準装備です。 必要十分なスペックも人気の理由のひとつとなっています。 ボディカラー 206CC(2001年販売モデル)で展開されているボディカラーは4種類ありました。 ブラック、プラチナグレー、ルシファーレッド、エーゲブルーです。 スポーツモデルのS16では5色のボディカラーが提供されていました。 ブラック、アルミナムグレー、マオリグルーン、エーゲブルー、ルシファーレッドです。 ブラックとアルミナムグレーの車には、赤と黒のコンビネーションでデザインされたレザーシートが装備され、残りの3色にはブラックレザーのシートが装備されていました。 【プジョーのオープンカー】207CCの概要&スペック 2007年に販売された207CCには、いくつかのグレードがあります。 レザーシートではなくファブリックシートを採用した標準仕様モデル、シートやダッシュボードの上面がレザー使用の「CCプレミアム」、1. 6Lターボエンジン搭載の「CC GT」です。 207CCの標準モデルの詳細スペック、ボディカラーを紹介します。 概要 207CCは2ドア、乗員定員は4名となっています。 全長は4mを超え、206CCよりもやや大きくなりました。 206の後継モデルが207なので、206CCの特徴でもあり人気の理由となった電動開閉メタルトップはきちんとこのモデルにも受け継がれています。 206CCよりも新しいオープンカーを探しているという方にはおすすめのモデルのひとつです。 詳細スペック プジョー207CC(2007年販売モデル)の詳細スペックや装備を紹介します。 搭載されているエンジンは直列4気筒DOHCで、総排気量は1. 6Lです。 右ハンドル仕様で4速オートマチックですが、1. 6Lターボエンジンが搭載されたモデルのみ5速マニュアル仕様となっています。 燃費は10・15モードで10. ABSやブレーキアシスト、突然の危険にとっさに反応し自動で緊急ブレーキをかけるESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)などの安全装備が標準で搭載されています。 もちろん電動開閉メタルルーフも標準装備です。 ボディカラー プジョー207CCのボディカラーには、オブシディアンブラック、モンテベロブルー、アルミナムグレー、トリウムグレー、ラセルタイエロー、アスマラレッド、ネイシャブルーの計7色がありました。 ボディカラーの豊富さに加えて、206CCよりも207CCが優れているのは、オープンカーの特徴でもある電動開閉メタルトップが進化した点です。 206CCではルーフを開けるためにロックを手動で外す必要がありましたが、207CCでは、スイッチひとつで開閉できるフルオートとなりました。 【プジョーのオープンカー】306カブリオレの概要&スペック プジョー306カブリオレは、1994年から2002年まで製造されていました。 イタリアのカロッツェリアであるピニンファリーナがデザインし、自社の工場で製造していたオープンカーです。 プジョーのほかのオープンカーのモデルとの決定的な違いは、メタルトップではなく布製のソフトトップを採用している点です。 概要 プジョー306カブリオレ(1994年販売モデル)は2ドアで乗員定員は4名となっています。 デザインだけでなく、加工もピニンファリーナの工場で行われていた306カブリオレのドア後部にはピニンファリーナのエンブレムが輝いています。 ルーフを開けた場合、専用パネルに格納できるようにデザインされているので、ルーフを開けていても閉じていても美しさが保たれているのは見事です。 詳細スペック プジョー306カブリオレ(1994年販売モデル)は4速オートマチックです。 搭載されているエンジンは水冷直列4気筒SOHC、総排気量は2. 0Lとなっています。 プジョーの特徴は「猫足」と形容される地面に吸い付くような、なめらかな走りでしょう。 それを実現させているのが、プジョー独特のサスペンションです。 フロントはストラット式、リアはトレーリングアーム式のサスペンションというプジョーの伝統のサスペンションが、このカブリオレにも継承されています。 ボディカラー プジョー306カブリオレ(1994年販売モデル)のボディカラーには、メーカー標準としてブラック、プルーン、ルシファーレッドの3色がありました。 スカーレットレッド、サンダンスイエロー、ブレイズゴールドの3色はオプションで選べるカラーとなっています。 1998年にはボディカラーの設定が見直されました。 レフレックスグリーン、コスモスグレー、ニューポートオレンジ、ルシファーレッド、チャイナブルーがメーカー標準です。 スカーレットレッド、サンダンスイエロー、ブレイズゴールドの3色はオプションで選べるカラーとして残されました。 【プジョーのオープンカー】307CCの概要&スペック クーペとカブリオレの両方の持つよさを見事に調和させたのが、プジョー307CCです。 電動開閉メタルトップの操作がスイッチひとつで行えるだけでなく、車に搭載されているさまざまな機能の統合制御ができる、マルチプレックス電子制御システムが装備されています。 オープンカーで気になるのは、ルーフを閉じた状態での静粛性です。 プジョー307CC は、こうした弱点もしっかり克服しています。 ルーフを閉じた状態で走った場合の静粛性は、普通のクーペタイプの車と同じレベルといえるでしょう。 概要 プジョー307CC(2003年販売モデル)は2ドアで乗員定員は4名となっています。 プジョーの特徴である「猫足」を実現させる独自のサスペンションは、このモデルにも搭載されており、独特のなめらかな走りを体感できます。 さらに、ルーフを閉じた状態のクーペスタイルでは、荷物を十分積むことができるラゲッジスペースが確保されているのも魅力です。 日常的に使えるオープンカーをお探しならば、選択肢に加えられるでしょう。 詳細スペック プジョー307CC(2003年販売モデル)に搭載されているエンジンは、水冷直列4気筒DOHC、総排気量は2. 0Lです。 駆動方式はFFで、トランスミッションは4速オートマチックとなっています。 燃費は10・15モードで10. ABSやブレーキアシスト、ESPなどの安全装備が標準で搭載されています。 電動開閉メタルトップは25秒で開閉し、時速10km以内ならば操作可能なため、車をわざわざ停止させなくても急な雨などに対応できるのが魅力です。 ボディカラー プジョー307CC(2003年販売モデル)のボディカラーは6色で展開されています。 オブシディアンブラック、チャイナブルー、パープル系のモンテクリスト、アルミナムグレー、アデンレッド、エーゲブルーです。 カラーバリエーションの豊富さに加えて、インテリアの豪華さもプジョー307CCの特徴となっています。 標準装備で本革巻きステアリング、レザーシートが装備されており、プレミアム感が味わえる仕上がりも人気の理由のひとつです。 【プジョーのオープンカー】308CCグリフの概要&スペック 各メーカーが有力車種を投入するCセグメントで、プジョーが自信を持って提供しているのが308シリーズです。 308シリーズのラインナップにはハッチバックやワゴンが加えられていますが、そのなかにCC、つまりオープンカーも含まれています。 308CCグリフは、その308CCの上位モデルです。 概要 308CCグリフは2ドアで、乗員定員は4名となっています。 308CCは、カブリオレモードを自動検知するインテリジェントオートエアコン、ネックウォーマーやシートヒータが標準装備されています。 308CCグリフは、それらに加えて17インチアルミホイールを装着し、内装にインテグラルレザー仕様を採用していることも特長です。 スポーツクーペとカブリオレという2つの顔を楽しめる車となっています。 詳細スペック プジョー308CCグリフ(2009年販売モデル)に搭載されているエンジンは、直列4気筒DOHCターボ、総排気量は1. 6Lです。 駆動方式はFFで、トランスミッションは4速オートマチックとなっています。 燃費は10・15モードで9. 2010年に308CCグリフは新開発の6速オートマチックトランスミッションを搭載するようになり、スムーズなシフトチェンジと高い静粛性の維持、燃費性能の向上に成功しました。 ボディカラー プジョー308CCグリフ(2009年販売モデル)は8色のボディカラーがあります。 ペルラネラブラック、モカ、シャークグレー、アルミナムグレー、バビロンレッド、アビサルブルー、イパネマブルー、パールホワイトです。 カラーバリエーションの豊富さに加えて、プジョー308CCグリフの魅力となっているのは 大人2人がきちんと座れる後部シートの広さでしょう。 後部シートにもセンターアームレストが備わっており、快適に過ごせるよう設計されています。 まとめ プジョーのおすすめのオープンカーとして、5つのモデルを紹介しました。 どのオープンカーにも共通している特徴として、プジョーの「猫足」と呼ばれる、路面に吸い付くようななめらかな走りを楽しめるという点が挙げられます。 しかし、残念ながら今回紹介した車すべてが新車販売を終了しているため、購入したいと思ったら中古車を探すしかありません。 自分の好みや予算にあったプジョーのオープンカーをお探しならば、中古車販売で確かな信頼と実績を誇るネクステージにぜひご相談ください。 専門のスタッフがお客様の要望を聞きながら、気に入っていただける最高の1台を探すのをお手伝いいたします。

次の

オープンカーの自動車カタログ

プジョー オープン カー

・プジョーのオープンカーは現時点で新車の購入ができず、中古車から探すことになる ・プジョーの魅力がぎっしり詰まっているオープンカー4モデルそれぞれの概要とスペック、ボディカラーを紹介 ・どのオープンカーでも「猫足」と呼ばれる路面に吸い付くなめらかな走りが楽しめる プジョーのオープンカーの購入方法は? 車の購入方法は基本的に新車か中古車かの二択です。 しかし、プジョーのオープンカーは2019年12月時点では、残念ながら新車での購入はできません。 プジョーの現行の新車販売のラインナップにはオープンカーがないためです。 プジョーのオープンカーを購入するには中古車を探すしかありません。 新車販売はされていない 現在プジョーでは新車でのオープンカーの取り扱いはありません。 以前にプジョーが販売していたオープンカーには、大きさで分けると2つのタイプがあります。 コンパクトカーに分類されるBセグメントと、それより少し大きいCセグメントです。 Bセグメントのプジョーのオープンカーは、後ほど紹介する206CCと207CCがあります。 コンパクトカーに分類されるボディサイズなので、軽自動車よりは大きいものの、小回りのきく運転のしやすさが特徴です。 Cセグメントに属するプジョーのオープンカーは、306カブリオレ・307CC・308CCがあります。 Cセグメントは、ヨーロッパでは最も競争の激しいセグメントです。 プジョーを含め各メーカーが、自社の魅力を詰め込んだ多彩な車を展開しています。 購入するには中古車を探そう! プジョーのオープンカーは、現時点では新車での販売はされていません。 そのため欲しい車があれば、中古車市場を探しましょう。 たとえば2001年に販売された206CCは、新車販売価格275万円とそれほど高くない価格だったので、日本でも人気がでました。 そのため、生産販売が終了した現在でも中古車市場に多く出回っています。 306カブリオレは、1994年から2002年まで販売されていました。 フェラーリなどの多数の名車のデザインを手がけたイタリアのピニンファリーナ社がデザインし、自社工場で加工した車として有名です。 販売終了から20年近く経過していますが、その優れたデザイン性から人気が高く、中古車市場を丁寧に探さなければ見つからないでしょう。 製造販売されていた当時も売れ筋の車種でしたが、販売終了後の今も手頃な価格で入手できるオープンカーとして人気です。 そのプジョーのオープンカー206CCのスペック・展開されているボディカラーを紹介しましょう。 サイズから分かるように、コンパクトで扱いやすいのが魅力といえます。 この車の最大の特徴は、電動開閉メタルトップでしょう。 たった20秒でルーフをオープンにでき、操作も簡単です。 車を降りる必要がなく、ルーフ最前部の左右についているキャッチロックを外し、ハンドブレーキ横のスイッチを押すだけで格納が開始されます。 詳細スペック 4速オートマチックの206CCに搭載されているエンジンは、直列4気筒DOHC で総排気量が1. 6Lです。 ちなみに206CCには、2. 0Lエンジンを搭載した5速ミッションのS16スポーツモデルもあります。 装備も充実しており、電動開閉メタルトップに加え、本革巻きステアリングやレザーシート、ABS、盗難防止システムも標準装備です。 必要十分なスペックも人気の理由のひとつとなっています。 ボディカラー 206CC(2001年販売モデル)で展開されているボディカラーは4種類ありました。 ブラック、プラチナグレー、ルシファーレッド、エーゲブルーです。 スポーツモデルのS16では5色のボディカラーが提供されていました。 ブラック、アルミナムグレー、マオリグルーン、エーゲブルー、ルシファーレッドです。 ブラックとアルミナムグレーの車には、赤と黒のコンビネーションでデザインされたレザーシートが装備され、残りの3色にはブラックレザーのシートが装備されていました。 【プジョーのオープンカー】207CCの概要&スペック 2007年に販売された207CCには、いくつかのグレードがあります。 レザーシートではなくファブリックシートを採用した標準仕様モデル、シートやダッシュボードの上面がレザー使用の「CCプレミアム」、1. 6Lターボエンジン搭載の「CC GT」です。 207CCの標準モデルの詳細スペック、ボディカラーを紹介します。 概要 207CCは2ドア、乗員定員は4名となっています。 全長は4mを超え、206CCよりもやや大きくなりました。 206の後継モデルが207なので、206CCの特徴でもあり人気の理由となった電動開閉メタルトップはきちんとこのモデルにも受け継がれています。 206CCよりも新しいオープンカーを探しているという方にはおすすめのモデルのひとつです。 詳細スペック プジョー207CC(2007年販売モデル)の詳細スペックや装備を紹介します。 搭載されているエンジンは直列4気筒DOHCで、総排気量は1. 6Lです。 右ハンドル仕様で4速オートマチックですが、1. 6Lターボエンジンが搭載されたモデルのみ5速マニュアル仕様となっています。 燃費は10・15モードで10. ABSやブレーキアシスト、突然の危険にとっさに反応し自動で緊急ブレーキをかけるESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)などの安全装備が標準で搭載されています。 もちろん電動開閉メタルルーフも標準装備です。 ボディカラー プジョー207CCのボディカラーには、オブシディアンブラック、モンテベロブルー、アルミナムグレー、トリウムグレー、ラセルタイエロー、アスマラレッド、ネイシャブルーの計7色がありました。 ボディカラーの豊富さに加えて、206CCよりも207CCが優れているのは、オープンカーの特徴でもある電動開閉メタルトップが進化した点です。 206CCではルーフを開けるためにロックを手動で外す必要がありましたが、207CCでは、スイッチひとつで開閉できるフルオートとなりました。 【プジョーのオープンカー】306カブリオレの概要&スペック プジョー306カブリオレは、1994年から2002年まで製造されていました。 イタリアのカロッツェリアであるピニンファリーナがデザインし、自社の工場で製造していたオープンカーです。 プジョーのほかのオープンカーのモデルとの決定的な違いは、メタルトップではなく布製のソフトトップを採用している点です。 概要 プジョー306カブリオレ(1994年販売モデル)は2ドアで乗員定員は4名となっています。 デザインだけでなく、加工もピニンファリーナの工場で行われていた306カブリオレのドア後部にはピニンファリーナのエンブレムが輝いています。 ルーフを開けた場合、専用パネルに格納できるようにデザインされているので、ルーフを開けていても閉じていても美しさが保たれているのは見事です。 詳細スペック プジョー306カブリオレ(1994年販売モデル)は4速オートマチックです。 搭載されているエンジンは水冷直列4気筒SOHC、総排気量は2. 0Lとなっています。 プジョーの特徴は「猫足」と形容される地面に吸い付くような、なめらかな走りでしょう。 それを実現させているのが、プジョー独特のサスペンションです。 フロントはストラット式、リアはトレーリングアーム式のサスペンションというプジョーの伝統のサスペンションが、このカブリオレにも継承されています。 ボディカラー プジョー306カブリオレ(1994年販売モデル)のボディカラーには、メーカー標準としてブラック、プルーン、ルシファーレッドの3色がありました。 スカーレットレッド、サンダンスイエロー、ブレイズゴールドの3色はオプションで選べるカラーとなっています。 1998年にはボディカラーの設定が見直されました。 レフレックスグリーン、コスモスグレー、ニューポートオレンジ、ルシファーレッド、チャイナブルーがメーカー標準です。 スカーレットレッド、サンダンスイエロー、ブレイズゴールドの3色はオプションで選べるカラーとして残されました。 【プジョーのオープンカー】307CCの概要&スペック クーペとカブリオレの両方の持つよさを見事に調和させたのが、プジョー307CCです。 電動開閉メタルトップの操作がスイッチひとつで行えるだけでなく、車に搭載されているさまざまな機能の統合制御ができる、マルチプレックス電子制御システムが装備されています。 オープンカーで気になるのは、ルーフを閉じた状態での静粛性です。 プジョー307CC は、こうした弱点もしっかり克服しています。 ルーフを閉じた状態で走った場合の静粛性は、普通のクーペタイプの車と同じレベルといえるでしょう。 概要 プジョー307CC(2003年販売モデル)は2ドアで乗員定員は4名となっています。 プジョーの特徴である「猫足」を実現させる独自のサスペンションは、このモデルにも搭載されており、独特のなめらかな走りを体感できます。 さらに、ルーフを閉じた状態のクーペスタイルでは、荷物を十分積むことができるラゲッジスペースが確保されているのも魅力です。 日常的に使えるオープンカーをお探しならば、選択肢に加えられるでしょう。 詳細スペック プジョー307CC(2003年販売モデル)に搭載されているエンジンは、水冷直列4気筒DOHC、総排気量は2. 0Lです。 駆動方式はFFで、トランスミッションは4速オートマチックとなっています。 燃費は10・15モードで10. ABSやブレーキアシスト、ESPなどの安全装備が標準で搭載されています。 電動開閉メタルトップは25秒で開閉し、時速10km以内ならば操作可能なため、車をわざわざ停止させなくても急な雨などに対応できるのが魅力です。 ボディカラー プジョー307CC(2003年販売モデル)のボディカラーは6色で展開されています。 オブシディアンブラック、チャイナブルー、パープル系のモンテクリスト、アルミナムグレー、アデンレッド、エーゲブルーです。 カラーバリエーションの豊富さに加えて、インテリアの豪華さもプジョー307CCの特徴となっています。 標準装備で本革巻きステアリング、レザーシートが装備されており、プレミアム感が味わえる仕上がりも人気の理由のひとつです。 【プジョーのオープンカー】308CCグリフの概要&スペック 各メーカーが有力車種を投入するCセグメントで、プジョーが自信を持って提供しているのが308シリーズです。 308シリーズのラインナップにはハッチバックやワゴンが加えられていますが、そのなかにCC、つまりオープンカーも含まれています。 308CCグリフは、その308CCの上位モデルです。 概要 308CCグリフは2ドアで、乗員定員は4名となっています。 308CCは、カブリオレモードを自動検知するインテリジェントオートエアコン、ネックウォーマーやシートヒータが標準装備されています。 308CCグリフは、それらに加えて17インチアルミホイールを装着し、内装にインテグラルレザー仕様を採用していることも特長です。 スポーツクーペとカブリオレという2つの顔を楽しめる車となっています。 詳細スペック プジョー308CCグリフ(2009年販売モデル)に搭載されているエンジンは、直列4気筒DOHCターボ、総排気量は1. 6Lです。 駆動方式はFFで、トランスミッションは4速オートマチックとなっています。 燃費は10・15モードで9. 2010年に308CCグリフは新開発の6速オートマチックトランスミッションを搭載するようになり、スムーズなシフトチェンジと高い静粛性の維持、燃費性能の向上に成功しました。 ボディカラー プジョー308CCグリフ(2009年販売モデル)は8色のボディカラーがあります。 ペルラネラブラック、モカ、シャークグレー、アルミナムグレー、バビロンレッド、アビサルブルー、イパネマブルー、パールホワイトです。 カラーバリエーションの豊富さに加えて、プジョー308CCグリフの魅力となっているのは 大人2人がきちんと座れる後部シートの広さでしょう。 後部シートにもセンターアームレストが備わっており、快適に過ごせるよう設計されています。 まとめ プジョーのおすすめのオープンカーとして、5つのモデルを紹介しました。 どのオープンカーにも共通している特徴として、プジョーの「猫足」と呼ばれる、路面に吸い付くようななめらかな走りを楽しめるという点が挙げられます。 しかし、残念ながら今回紹介した車すべてが新車販売を終了しているため、購入したいと思ったら中古車を探すしかありません。 自分の好みや予算にあったプジョーのオープンカーをお探しならば、中古車販売で確かな信頼と実績を誇るネクステージにぜひご相談ください。 専門のスタッフがお客様の要望を聞きながら、気に入っていただける最高の1台を探すのをお手伝いいたします。

次の

一度は、憧れます。オープンカー。プジョーのラインナップは?|

プジョー オープン カー

・プジョーのオープンカーは現時点で新車の購入ができず、中古車から探すことになる ・プジョーの魅力がぎっしり詰まっているオープンカー4モデルそれぞれの概要とスペック、ボディカラーを紹介 ・どのオープンカーでも「猫足」と呼ばれる路面に吸い付くなめらかな走りが楽しめる プジョーのオープンカーの購入方法は? 車の購入方法は基本的に新車か中古車かの二択です。 しかし、プジョーのオープンカーは2019年12月時点では、残念ながら新車での購入はできません。 プジョーの現行の新車販売のラインナップにはオープンカーがないためです。 プジョーのオープンカーを購入するには中古車を探すしかありません。 新車販売はされていない 現在プジョーでは新車でのオープンカーの取り扱いはありません。 以前にプジョーが販売していたオープンカーには、大きさで分けると2つのタイプがあります。 コンパクトカーに分類されるBセグメントと、それより少し大きいCセグメントです。 Bセグメントのプジョーのオープンカーは、後ほど紹介する206CCと207CCがあります。 コンパクトカーに分類されるボディサイズなので、軽自動車よりは大きいものの、小回りのきく運転のしやすさが特徴です。 Cセグメントに属するプジョーのオープンカーは、306カブリオレ・307CC・308CCがあります。 Cセグメントは、ヨーロッパでは最も競争の激しいセグメントです。 プジョーを含め各メーカーが、自社の魅力を詰め込んだ多彩な車を展開しています。 購入するには中古車を探そう! プジョーのオープンカーは、現時点では新車での販売はされていません。 そのため欲しい車があれば、中古車市場を探しましょう。 たとえば2001年に販売された206CCは、新車販売価格275万円とそれほど高くない価格だったので、日本でも人気がでました。 そのため、生産販売が終了した現在でも中古車市場に多く出回っています。 306カブリオレは、1994年から2002年まで販売されていました。 フェラーリなどの多数の名車のデザインを手がけたイタリアのピニンファリーナ社がデザインし、自社工場で加工した車として有名です。 販売終了から20年近く経過していますが、その優れたデザイン性から人気が高く、中古車市場を丁寧に探さなければ見つからないでしょう。 製造販売されていた当時も売れ筋の車種でしたが、販売終了後の今も手頃な価格で入手できるオープンカーとして人気です。 そのプジョーのオープンカー206CCのスペック・展開されているボディカラーを紹介しましょう。 サイズから分かるように、コンパクトで扱いやすいのが魅力といえます。 この車の最大の特徴は、電動開閉メタルトップでしょう。 たった20秒でルーフをオープンにでき、操作も簡単です。 車を降りる必要がなく、ルーフ最前部の左右についているキャッチロックを外し、ハンドブレーキ横のスイッチを押すだけで格納が開始されます。 詳細スペック 4速オートマチックの206CCに搭載されているエンジンは、直列4気筒DOHC で総排気量が1. 6Lです。 ちなみに206CCには、2. 0Lエンジンを搭載した5速ミッションのS16スポーツモデルもあります。 装備も充実しており、電動開閉メタルトップに加え、本革巻きステアリングやレザーシート、ABS、盗難防止システムも標準装備です。 必要十分なスペックも人気の理由のひとつとなっています。 ボディカラー 206CC(2001年販売モデル)で展開されているボディカラーは4種類ありました。 ブラック、プラチナグレー、ルシファーレッド、エーゲブルーです。 スポーツモデルのS16では5色のボディカラーが提供されていました。 ブラック、アルミナムグレー、マオリグルーン、エーゲブルー、ルシファーレッドです。 ブラックとアルミナムグレーの車には、赤と黒のコンビネーションでデザインされたレザーシートが装備され、残りの3色にはブラックレザーのシートが装備されていました。 【プジョーのオープンカー】207CCの概要&スペック 2007年に販売された207CCには、いくつかのグレードがあります。 レザーシートではなくファブリックシートを採用した標準仕様モデル、シートやダッシュボードの上面がレザー使用の「CCプレミアム」、1. 6Lターボエンジン搭載の「CC GT」です。 207CCの標準モデルの詳細スペック、ボディカラーを紹介します。 概要 207CCは2ドア、乗員定員は4名となっています。 全長は4mを超え、206CCよりもやや大きくなりました。 206の後継モデルが207なので、206CCの特徴でもあり人気の理由となった電動開閉メタルトップはきちんとこのモデルにも受け継がれています。 206CCよりも新しいオープンカーを探しているという方にはおすすめのモデルのひとつです。 詳細スペック プジョー207CC(2007年販売モデル)の詳細スペックや装備を紹介します。 搭載されているエンジンは直列4気筒DOHCで、総排気量は1. 6Lです。 右ハンドル仕様で4速オートマチックですが、1. 6Lターボエンジンが搭載されたモデルのみ5速マニュアル仕様となっています。 燃費は10・15モードで10. ABSやブレーキアシスト、突然の危険にとっさに反応し自動で緊急ブレーキをかけるESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)などの安全装備が標準で搭載されています。 もちろん電動開閉メタルルーフも標準装備です。 ボディカラー プジョー207CCのボディカラーには、オブシディアンブラック、モンテベロブルー、アルミナムグレー、トリウムグレー、ラセルタイエロー、アスマラレッド、ネイシャブルーの計7色がありました。 ボディカラーの豊富さに加えて、206CCよりも207CCが優れているのは、オープンカーの特徴でもある電動開閉メタルトップが進化した点です。 206CCではルーフを開けるためにロックを手動で外す必要がありましたが、207CCでは、スイッチひとつで開閉できるフルオートとなりました。 【プジョーのオープンカー】306カブリオレの概要&スペック プジョー306カブリオレは、1994年から2002年まで製造されていました。 イタリアのカロッツェリアであるピニンファリーナがデザインし、自社の工場で製造していたオープンカーです。 プジョーのほかのオープンカーのモデルとの決定的な違いは、メタルトップではなく布製のソフトトップを採用している点です。 概要 プジョー306カブリオレ(1994年販売モデル)は2ドアで乗員定員は4名となっています。 デザインだけでなく、加工もピニンファリーナの工場で行われていた306カブリオレのドア後部にはピニンファリーナのエンブレムが輝いています。 ルーフを開けた場合、専用パネルに格納できるようにデザインされているので、ルーフを開けていても閉じていても美しさが保たれているのは見事です。 詳細スペック プジョー306カブリオレ(1994年販売モデル)は4速オートマチックです。 搭載されているエンジンは水冷直列4気筒SOHC、総排気量は2. 0Lとなっています。 プジョーの特徴は「猫足」と形容される地面に吸い付くような、なめらかな走りでしょう。 それを実現させているのが、プジョー独特のサスペンションです。 フロントはストラット式、リアはトレーリングアーム式のサスペンションというプジョーの伝統のサスペンションが、このカブリオレにも継承されています。 ボディカラー プジョー306カブリオレ(1994年販売モデル)のボディカラーには、メーカー標準としてブラック、プルーン、ルシファーレッドの3色がありました。 スカーレットレッド、サンダンスイエロー、ブレイズゴールドの3色はオプションで選べるカラーとなっています。 1998年にはボディカラーの設定が見直されました。 レフレックスグリーン、コスモスグレー、ニューポートオレンジ、ルシファーレッド、チャイナブルーがメーカー標準です。 スカーレットレッド、サンダンスイエロー、ブレイズゴールドの3色はオプションで選べるカラーとして残されました。 【プジョーのオープンカー】307CCの概要&スペック クーペとカブリオレの両方の持つよさを見事に調和させたのが、プジョー307CCです。 電動開閉メタルトップの操作がスイッチひとつで行えるだけでなく、車に搭載されているさまざまな機能の統合制御ができる、マルチプレックス電子制御システムが装備されています。 オープンカーで気になるのは、ルーフを閉じた状態での静粛性です。 プジョー307CC は、こうした弱点もしっかり克服しています。 ルーフを閉じた状態で走った場合の静粛性は、普通のクーペタイプの車と同じレベルといえるでしょう。 概要 プジョー307CC(2003年販売モデル)は2ドアで乗員定員は4名となっています。 プジョーの特徴である「猫足」を実現させる独自のサスペンションは、このモデルにも搭載されており、独特のなめらかな走りを体感できます。 さらに、ルーフを閉じた状態のクーペスタイルでは、荷物を十分積むことができるラゲッジスペースが確保されているのも魅力です。 日常的に使えるオープンカーをお探しならば、選択肢に加えられるでしょう。 詳細スペック プジョー307CC(2003年販売モデル)に搭載されているエンジンは、水冷直列4気筒DOHC、総排気量は2. 0Lです。 駆動方式はFFで、トランスミッションは4速オートマチックとなっています。 燃費は10・15モードで10. ABSやブレーキアシスト、ESPなどの安全装備が標準で搭載されています。 電動開閉メタルトップは25秒で開閉し、時速10km以内ならば操作可能なため、車をわざわざ停止させなくても急な雨などに対応できるのが魅力です。 ボディカラー プジョー307CC(2003年販売モデル)のボディカラーは6色で展開されています。 オブシディアンブラック、チャイナブルー、パープル系のモンテクリスト、アルミナムグレー、アデンレッド、エーゲブルーです。 カラーバリエーションの豊富さに加えて、インテリアの豪華さもプジョー307CCの特徴となっています。 標準装備で本革巻きステアリング、レザーシートが装備されており、プレミアム感が味わえる仕上がりも人気の理由のひとつです。 【プジョーのオープンカー】308CCグリフの概要&スペック 各メーカーが有力車種を投入するCセグメントで、プジョーが自信を持って提供しているのが308シリーズです。 308シリーズのラインナップにはハッチバックやワゴンが加えられていますが、そのなかにCC、つまりオープンカーも含まれています。 308CCグリフは、その308CCの上位モデルです。 概要 308CCグリフは2ドアで、乗員定員は4名となっています。 308CCは、カブリオレモードを自動検知するインテリジェントオートエアコン、ネックウォーマーやシートヒータが標準装備されています。 308CCグリフは、それらに加えて17インチアルミホイールを装着し、内装にインテグラルレザー仕様を採用していることも特長です。 スポーツクーペとカブリオレという2つの顔を楽しめる車となっています。 詳細スペック プジョー308CCグリフ(2009年販売モデル)に搭載されているエンジンは、直列4気筒DOHCターボ、総排気量は1. 6Lです。 駆動方式はFFで、トランスミッションは4速オートマチックとなっています。 燃費は10・15モードで9. 2010年に308CCグリフは新開発の6速オートマチックトランスミッションを搭載するようになり、スムーズなシフトチェンジと高い静粛性の維持、燃費性能の向上に成功しました。 ボディカラー プジョー308CCグリフ(2009年販売モデル)は8色のボディカラーがあります。 ペルラネラブラック、モカ、シャークグレー、アルミナムグレー、バビロンレッド、アビサルブルー、イパネマブルー、パールホワイトです。 カラーバリエーションの豊富さに加えて、プジョー308CCグリフの魅力となっているのは 大人2人がきちんと座れる後部シートの広さでしょう。 後部シートにもセンターアームレストが備わっており、快適に過ごせるよう設計されています。 まとめ プジョーのおすすめのオープンカーとして、5つのモデルを紹介しました。 どのオープンカーにも共通している特徴として、プジョーの「猫足」と呼ばれる、路面に吸い付くようななめらかな走りを楽しめるという点が挙げられます。 しかし、残念ながら今回紹介した車すべてが新車販売を終了しているため、購入したいと思ったら中古車を探すしかありません。 自分の好みや予算にあったプジョーのオープンカーをお探しならば、中古車販売で確かな信頼と実績を誇るネクステージにぜひご相談ください。 専門のスタッフがお客様の要望を聞きながら、気に入っていただける最高の1台を探すのをお手伝いいたします。

次の