俺の事好きでしょ。 俺のこと好きでしょOST主題歌は?挿入歌一覧と歌詞を動画付きで紹介!

俺のこと好きでしょOST主題歌は?挿入歌一覧と歌詞を動画付きで紹介!

俺の事好きでしょ

相手の方の性格にもよると思いますが、 やんちゃ系、もしくは面白系の方でしたら、 『冗談っぽく』とのことなので多分あなたをからかってみたいんだと思います。 その人なりの、女性へのアプローチですから、気にしないようにね。 それにしてもひどいな〜。 「あなたが私の事が気になるんでしょ!」と言いたいところですが、 それこそ相手の思うつぼですから、興味がないのなら、 受け流すだけで良いんじゃないですか。 無視することが一番雄弁です。 むかつくんだったら、「気持ちが悪いのですが〜。 」とかどうですか? 男は気持ち悪いって言われると、かなり傷つきます。 でも、現に今あなたは彼の事を気にしているのは確かですから、 それなりに効果があるんですね。 同じ職場内の事なので、気まずくならないように、賢く振る舞わないと駄目ですね。 女性もたいへんですね。 馬鹿な男は相手しないで、頑張って下さいね。

次の

俺の事好きでしょ1話あらすじ、俺の事好きでしょ1話予告

俺の事好きでしょ

来客を告げるチャイムが鳴り、家を留守にしている弟に代わって応対に出ると、そこには珍しい客の姿があった。 南イタリアことロマーノ、人名をロヴィーノ・ヴァルガス。 弟をじゃがいも野郎と毛嫌いする彼がこの家に自ら来るなど初めてで、俺はその姿を見た瞬間微かな違和感を覚えた。 その正体が何か突き止める前に、俺の姿を認識したロヴィーノが、ぱあっと花が咲くような笑顔を浮かべた。 「チャオ、ギルベルト!」 「!?」 俺の名を叫びながら、ロヴィーノは満面の笑みのまま玄関先にやって来た俺の胸にタックルするかのように全身で飛び込んで来た。 俺はあまりの不可思議な出来事に目の前の光景を瞬時に理解出来ず、その一瞬の思考の隙間による対応の遅れで、飛び込んで来た男の体を支えることが出来ず尻餅を付く。 目を白黒させる俺をお構いなしにロヴィーノは乗り上げる様に身を寄せ、ぎゅうと俺の背に腕を回して抱き締めた。 「ギルベルト元気? 会いたかったよー!」 「ロ、ロヴィーノ……?」 俺も背中に回すべきか否か手を彷徨わせながら、戸惑いがそのまま音となったような声で名を呼ぶ。 すると、ロヴィーノは俺の肩口に寄せていた頭をゆっくりと上げて、きょとんとした表情のまま信じられない言葉を口にした。 「ロヴィーノって誰? 俺はフェリシアーノだよ?」 「…………は?」 意味が分からなかった。 間抜けな声を出し信じられないとロヴィーノの顔をじっと見上げる俺に、彼は頬をぷくりと膨らませ不満げな態度を露わにした。 小さい頃ならいざ知らず、現代のロヴィーノらしからぬその行動に違和感は強くなるばかりだった。 「もー、他の誰かと間違えるなんてひどいよ? 俺のこと憧れだーって、好きだーって言ってくれたじゃん!」 ロヴィーノの言葉に胸が嫌な感じにざわつく。 確かに俺はロヴィーノに憧れている部分がある。 だが、それを俺はロヴィーノ本人に言ったことはなかった。 言おうものなら一刀両断されるのは分かっていたし、何しろ憧れと言っても、自身の弟にコンプレックスを抱いている彼がそれを素直に受け取ってくれるとは思わなかったからだ。 態度で伝わっていたかもしれないが、それをこんな風に口に出してくる男ではなかったはずだ。 他人からの好意を素直に受け取り、それを口に出すなど普段のロヴィーノからは考えられない。 これではまるでフェリシアーノのようではないか。 そうだ、確かに俺の目の前にいるのはロヴィーノなのに、まるでフェリシアーノを相手にしているように感じる。 その考えに思い至った時、俺はザアッと血の気が引く感覚に襲われた。 彼の背中で彷徨わせていた手が震える。 触れていないのに、俺の状態に気付いたのか、ロヴィーノは純粋で、しかしどこか焦点の合わない瞳を俺に向け、心配そうに青くなっているだろう俺の顔を覗き込んで来る。 「どうしたのギルベルト? 大丈夫?」 「あ……」 言葉が出て来なかった。 震えは全身に行きわたり、歯の根が合わない。 どうしてこうなったのか分からないが、ロヴィーノが己をフェリシアーノだと思い込んでいるのは伝わった。 あの瞳は、どこか、外れてしまったものの瞳だった。 「うん? 寒いの? 俺が温めてあげるね!」 「ちが、」 「ぎゅってしてあげるね。 あったかい? 嬉しい? ねえギルベルト」 「ろ、」 「お前俺の事大好きだーって言ってたもんね、嬉しいかな? ふふ、俺もお前が大好きだよー!」 ぎゅう、とロヴィーノは俺の頭を抱え込むように抱きしめて来る。 確かに体温は温かいのだが、俺の震えは止まることはない。 どうして、どうしてとそればかりが頭を巡る。 ただ原因は分からずとも、このままのロヴィーノを放っておく訳にはいかないのは理解できた。 彼は自分をフェリシアーノだと思っている。 だが実際はフェリシアーノではなくロヴィーノで、フェリシアーノは別にいるのだ。 もしこの状態のロヴィーノとフェリシアーノが鉢合わせしたらどうなるのか。 考えるだけでぞっとした。 少なくともいい結果にはなりそうになかった。 「ギルベルト顔が青いね。 大丈夫だよ、俺がいるから大丈夫だよ」 「……ああ、そうだな」 優しく囁きながら俺の背を宥めるように撫でるロヴィーノに、俺は肯定の返事をする。 そしてひどく遠くなってしまった彼の背に震える腕を回し、覚悟を持って抱き締めた。

次の

えっと・・・君は俺の事を好きでしょ??バレバレの好き避け女性の特徴8選

俺の事好きでしょ

来客を告げるチャイムが鳴り、家を留守にしている弟に代わって応対に出ると、そこには珍しい客の姿があった。 南イタリアことロマーノ、人名をロヴィーノ・ヴァルガス。 弟をじゃがいも野郎と毛嫌いする彼がこの家に自ら来るなど初めてで、俺はその姿を見た瞬間微かな違和感を覚えた。 その正体が何か突き止める前に、俺の姿を認識したロヴィーノが、ぱあっと花が咲くような笑顔を浮かべた。 「チャオ、ギルベルト!」 「!?」 俺の名を叫びながら、ロヴィーノは満面の笑みのまま玄関先にやって来た俺の胸にタックルするかのように全身で飛び込んで来た。 俺はあまりの不可思議な出来事に目の前の光景を瞬時に理解出来ず、その一瞬の思考の隙間による対応の遅れで、飛び込んで来た男の体を支えることが出来ず尻餅を付く。 目を白黒させる俺をお構いなしにロヴィーノは乗り上げる様に身を寄せ、ぎゅうと俺の背に腕を回して抱き締めた。 「ギルベルト元気? 会いたかったよー!」 「ロ、ロヴィーノ……?」 俺も背中に回すべきか否か手を彷徨わせながら、戸惑いがそのまま音となったような声で名を呼ぶ。 すると、ロヴィーノは俺の肩口に寄せていた頭をゆっくりと上げて、きょとんとした表情のまま信じられない言葉を口にした。 「ロヴィーノって誰? 俺はフェリシアーノだよ?」 「…………は?」 意味が分からなかった。 間抜けな声を出し信じられないとロヴィーノの顔をじっと見上げる俺に、彼は頬をぷくりと膨らませ不満げな態度を露わにした。 小さい頃ならいざ知らず、現代のロヴィーノらしからぬその行動に違和感は強くなるばかりだった。 「もー、他の誰かと間違えるなんてひどいよ? 俺のこと憧れだーって、好きだーって言ってくれたじゃん!」 ロヴィーノの言葉に胸が嫌な感じにざわつく。 確かに俺はロヴィーノに憧れている部分がある。 だが、それを俺はロヴィーノ本人に言ったことはなかった。 言おうものなら一刀両断されるのは分かっていたし、何しろ憧れと言っても、自身の弟にコンプレックスを抱いている彼がそれを素直に受け取ってくれるとは思わなかったからだ。 態度で伝わっていたかもしれないが、それをこんな風に口に出してくる男ではなかったはずだ。 他人からの好意を素直に受け取り、それを口に出すなど普段のロヴィーノからは考えられない。 これではまるでフェリシアーノのようではないか。 そうだ、確かに俺の目の前にいるのはロヴィーノなのに、まるでフェリシアーノを相手にしているように感じる。 その考えに思い至った時、俺はザアッと血の気が引く感覚に襲われた。 彼の背中で彷徨わせていた手が震える。 触れていないのに、俺の状態に気付いたのか、ロヴィーノは純粋で、しかしどこか焦点の合わない瞳を俺に向け、心配そうに青くなっているだろう俺の顔を覗き込んで来る。 「どうしたのギルベルト? 大丈夫?」 「あ……」 言葉が出て来なかった。 震えは全身に行きわたり、歯の根が合わない。 どうしてこうなったのか分からないが、ロヴィーノが己をフェリシアーノだと思い込んでいるのは伝わった。 あの瞳は、どこか、外れてしまったものの瞳だった。 「うん? 寒いの? 俺が温めてあげるね!」 「ちが、」 「ぎゅってしてあげるね。 あったかい? 嬉しい? ねえギルベルト」 「ろ、」 「お前俺の事大好きだーって言ってたもんね、嬉しいかな? ふふ、俺もお前が大好きだよー!」 ぎゅう、とロヴィーノは俺の頭を抱え込むように抱きしめて来る。 確かに体温は温かいのだが、俺の震えは止まることはない。 どうして、どうしてとそればかりが頭を巡る。 ただ原因は分からずとも、このままのロヴィーノを放っておく訳にはいかないのは理解できた。 彼は自分をフェリシアーノだと思っている。 だが実際はフェリシアーノではなくロヴィーノで、フェリシアーノは別にいるのだ。 もしこの状態のロヴィーノとフェリシアーノが鉢合わせしたらどうなるのか。 考えるだけでぞっとした。 少なくともいい結果にはなりそうになかった。 「ギルベルト顔が青いね。 大丈夫だよ、俺がいるから大丈夫だよ」 「……ああ、そうだな」 優しく囁きながら俺の背を宥めるように撫でるロヴィーノに、俺は肯定の返事をする。 そしてひどく遠くなってしまった彼の背に震える腕を回し、覚悟を持って抱き締めた。

次の