ゾルピデム 通販。 デパスの代わりになる薬を通販で購入

デパスの代わりになる薬を通販で購入

ゾルピデム 通販

1.ゾルピデムはどんな睡眠薬なの? ゾルピデムは、「マイスリー」という睡眠薬のジェネリック医薬品です。 最近はジェネリックが増えてきたため、 ジェネリック薬は「一般名+会社名」という名称に統一する流れがあります。 名称を統一して分かりやすくすることで、 患者さんが混乱することを減らし、投薬ミスなども減らせるためです。 そのため、現在では多くのマイスリーのジェネリックが 「ゾルピデム」という名称になっています。 ちなみに「一般名」というのは、国際的に決められた、全世界で共通のお薬の名称のことです。 具体的には、• ゾルピデム「AA」• ゾルピデム「アメル」• ゾルピデム「サワイ」 などのジェネリック薬があります。 どれも先発品「マイスリー」のジェネリックであり、効果や副作用などの薬効もマイスリーと同等です。 現在、睡眠薬の中で最も使われているものは、 「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」の2種類です。 このうち、ゾルピデムは非ベンゾジアゼピン系に属します。 かんたんに言ってしまうとベンゾジアゼピン系の改良型が非ベンゾジアゼピン系です。 催眠作用(=眠くする)• 抗不安作用(=不安を和らげる)• 抗けいれん作用(=けいれん発作に効果がある)• 筋弛緩作用(=筋肉の緊張を和らげる) などの効果を発揮します。 ベンゾジアゼピン系は多くの作用があるため、色々な効果が期待できる一方で、 副作用の可能性もありえます。 例えば、筋弛緩作用で足元がふらついて転んでしまったり、などです。 その点、非ベンゾジアゼピン系は「催眠作用」のみに選択的に作用するように作られ、 「筋弛緩作用」「抗不安作用」「抗けいれん作用」などの副作用の原因になりうる作用を弱めたものです。 また選択性が高い分、ベンゾジアゼピン系よりも耐性や依存性も軽いのではという報告もあります。 「より眠ることだけに特化した睡眠薬」というと分かりやすいかもしれませんね。 2.ゾルピデムの強さ・作用時間 睡眠薬は作用時間の違いによって4種類に分類されています。 超短時間型・・・半減期が2-4時間• 短時間型 ・・・半減期が6-10時間• 中時間型 ・・・半減期が12-24時間• 長時間型 ・・・半減期が24時間以上 半減期というのは、作用時間の目安として用いられます。 ゾルピデムは「超短時間型」に分類されます。 先発品のマイスリーと同じく 、内服後15-30分で効果が出始め、1時間以内に血中濃度がピークになり、 約2時間ほどで半減期を迎えて効果が消失します。 睡眠薬の中でも即効性があり、朝まで効果が持ち越すことが少ないため、 「寝付けない」というタイプの不眠によく処方されます。 薬効の「強さ」はというと、普通くらいです。 睡眠薬を処方する際に、「これって強い薬なんですか?」と強さを気にする患者さんは少なくありません。 しかし、「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」睡眠薬は、教科書的にはどれも強さは大差ないと 言われています。 睡眠薬の強さは、どれも大きな差はなく、 どれも量を多くすれば強くなるし、量を減らせば弱くなります。 3.ゾルピデムの副作用 どんなお薬でも、副作用はたくさんあります。 副作用を全て紹介はしきれませんので、、 ここでは臨床でよく見られる副作用を中心にお話します。 当然ですが、マイスリーと成分が全く同じおくすりですので、 多い副作用もマイスリーと全く一緒です。 これは時として副作用にもなりえます。 睡眠薬を飲んで、夜に眠くなるのは「効果」なので問題ありません。 しかし、「朝起きてもまだ眠い」「日中も眠くて仕方ない」となると、問題です。 日中まで睡眠薬の眠気が残ってしまう事を「持ち越し効果(hang over)」と言います。 眠気だけでなく、だるさや倦怠感、ふらつき、集中力低下などもあります。 ゾルピデムは半減期が2時間ほどですので、普通に睡眠時間が取れている方であれば 持ち越しはまず起こりません。 しかし、睡眠時間が極端に短い方であったり、 薬の代謝(分解)が遅い体質の人だったりすると、持ち越してしまう事があります。 この場合の対処法は、まずは睡眠時間を増やすことになります。 薬効が切れるまで眠っていれば、持ち越し効果が起こることはありません。 睡眠時間を多く取ることがどうしても難しいのであれば、 半減期のより短い睡眠薬に変えることが次の対策になりますが、 実は、ゾルピデムより半減期が短いものはほとんどありません。 そのため、ゾルピデムの服薬量を減らしてみるのが次の手になります。 例えば10mgを内服しているのであれば、7. 5mgにしたり5mgにしたりします。 効果も弱くなってしまいますが、一般的に量を減らすと半減期は多少短くなります。 耐性というのは、身体がおくすりに慣れてきて、効きづらくなってくる事です。 耐性が形成されると、今までは1錠飲めばぐっすり眠れていたのに、 2錠、3錠と飲まないと十分な眠りを得られなくなります。 依存性というのは、次第にその物質なしではいられなくなる状態をいいます。 依存性が形成されると、おくすりをやめられなくなってしまいます。 耐性と依存性を持つ物質として有名なものにアルコールがあります。 どちらもアルコールでイメージしてみると分かりやすいでしょう。 アルコールを常用していると、最初に満足できていた量では次第に酔えなくなってきて よりたくさん飲まないと酔えなくなります。 これは耐性が形成されているという事です。 また、大量の飲酒を続けていると次第に昼夜問わず飲酒せずにはいられなくなります。 この「お酒なしではいられない」状態は、依存性が形成されているという事になります。 ほとんどの睡眠薬には耐性と依存性があります。 ただし、通常量(医師が指示している範囲内の量)であれば、 アルコールよりも耐性・依存性形成は軽いため、そこまで心配する必要はありません。 アルコールだって、適量に摂取していて依存症になる人はいませんよね。 依存症になるのは、明らかに多い量を飲み続けている人です。 また、「睡眠薬は依存が怖いから」といって寝酒をして眠ろうとしている方がいますが、 これは全くおかしな話だという事が分かります。 だって睡眠薬よりアルコールの方が依存性は強いのですから。 睡眠薬で耐性・依存性を形成しないためには、必ず「医師の指示通りに服用する」ことが大切です。 アルコールも睡眠薬も、量が多ければ多いほど耐性・依存性が早く形成される事が分かっています。 医師は、耐性・依存性を起こさないように量を考えながら処方しています。 それを勝手に倍の量飲んだりしてしまうと、急速に耐性・依存性が形成されてしまいますし、 本人の勝手な判断だと、医師もそれに気づくのが遅れてしまいます。 また、アルコールとの併用も危険です。 アルコールと睡眠薬を一緒に使うと、これも耐性・依存性の急速形成の原因になると言われています。 「漫然と飲み続けない」ことも大切です。 睡眠薬はずっと飲み続けるものではなく、不眠の原因が解消されるまでの「一時的な」ものです。 時には「量を減らせないか」を検討すべきであり、漫然と長期間内服を続けてはいけません。 服薬期間が長期化すればするほど、耐性・依存形成のリスクが上がりますので。 このようなことをしっかりと守って、内服を続ければ 睡眠薬で耐性や依存性が形成されることはほとんどありません。 睡眠薬の効果が消えている翌朝以降はしっかり記憶できるため「一過性」と付きます。 一過性前向性健忘とは、睡眠薬の服薬後に 自分では覚えてないんだけど、歩いたり人と話したりしてしまうことです。 翌朝、家族などに「昨夜こんな話をしてたよね」と言われますが、自分には全く記憶にないため、 とても不気味に感じるようです。 もうろう状態は、かんたんに言うと「意識がもうろうとしている」状態のことです。 どちらも超短時間型のベンゾジアゼピン系(ハルシオンなど)で多く見られます。 即効性のある超短時間型を、多量服薬しているケースで起こりやすいようです。 ゾルピデムは超短時間型ではありますが、非ベンゾジアゼピン系であり、 この副作用を起こす頻度は多くはありません。 ただ可能性は0ではないため、注意は必要です。 睡眠薬を使うと中途半端な覚醒状態にしてしまう事があります。 特に睡眠薬を急激に効かせた場合で起こりやすく、この中途半端な覚醒状態が 「もうろう状態」「一過性前向性健忘」を起こします。 万が一、これらの症状が起こってしまったら、量を減らすか、 作用時間の長い、ゆっくりと効き始める睡眠薬へ切り替える事が対応策となります。 睡眠薬 最高濃度到達時間 作用時間(半減期) ハルシオン 1. 2時間 2. 9時間 マイスリー 0. 7-0. 9時間 1. 78-2. 30時間 アモバン 0. 75-1. 17時間 3. 66-3. 94時間 ルネスタ 0. 8-1. 5時間 4. 83-5. 16時間 レンドルミン 約1. 5時間 約7時間 リスミー 3時間 7. 9-13. 0-1. 2時間 27. 1時間 ドラール 3. 63時間 36. 5-42. 0時間 5.ゾルピデムの薬価 マイスリー錠(先発品) 5mg 49. 6円 マイスリー錠(先発品) 10mg 78. 7円 ゾルピデム(ジェネリック) 5mg 26. 9円 ゾルピデム(ジェネリック) 10mg 42. 8円 2014年現在 マイスリーは睡眠薬の中では薬価の高いおくすりです。 ジェネリックでもそれなりの価格ですが、先発品と比べると大分安くなってますね。 ジェネリックはたくさんの会社から発売されていますが、いまのところ どの製薬会社のゾルピデムも薬価は同じです。 もちろん薬効もどれも同じです。 6.一般名:ゾルピデムとは? ジェネリック薬は「一般名+会社名」という名称にするという流れになってから、 一般名を目にする機会が増えてきました。 ちなみに 一般名というのは、その薬物の国際的な名称のことです。 優れたお薬は、日本だけでなく全世界で使われています。 となると全世界で共通の薬物の名称が必要になります。 それが一般名なのです。 つまり、ゾルピデム(Zolpidem)と言えば海外の医師にも通じますし、 論文や専門誌など多くの国の医師が見る可能性のあるものにはすべて「Zolpidem」と書かれています。 対して「マイスリー」というのは商品名で、ゾルピデムを発売しているアステラス社が 販売する際に独自につけたゾルピデムの名称です。 ちなみに「マイスリー」という名前は、「My Sleep」というところからきているそうです。 自分の自然な眠りを取り戻す、ということでしょうかね。

次の

マイスリーの致死量とは?過量服薬するとどうなるの?

ゾルピデム 通販

1.マイスリーのジェネリックの名称 マイスリーは非常に人気のある睡眠薬ですので、 多くの製薬会社がジェネリックを発売しています。 正確には把握してませんが、20社以上がマイスリーのジェネリックを発売しているのではないでしょうか。 最近では、ジェネリック医薬品がどんどん増えてきたので、現場が混乱しないように、 ジェネリックの名称を「一般名+会社名」に統一する流れがあります。 今のジェネリックはほぼこのルールに基づいた名称になってきています。 マイスリーの一般名は「ゾルピデム」であるため、• ゾルピデム「ファイザー」• ゾルピデム「サワイ」• ゾルピデム「NP」 などといった名称になっています。 ちなみに「ゾルピデム」というのがマイスリーの一般名ですが、 一般名とは「国際的に決められた薬物の名称」のことです。 1.マイスリーのジェネリックの薬価 ジェネリックの最大のメリットは、その薬価にあります。 ジェネリックの薬価は、先発品の半額程度になっています。 マイスリーはもともと薬価が高めに設定されているため、 少しでも安くなるのはありがたいですね。 マイスリー錠(先発品) 5mg 49. 6円 マイスリー錠(先発品) 10mg 78. 7円 ゾルピデム(ジェネリック) 5mg 26. 9円 ゾルピデム(ジェネリック) 10mg 42. 8円 3.先発品とジェネリックの効果は同じなのか? 患者さんから、「先発品とジェネリックの効果に差はありませんか?」と よく質問されます。 基本的には全く同じ効果だと考えていいでしょう。 ジェネリックは安いので、「成分が少ないのでは?」「質が悪いのでは?」と 考えてしまう方がいますが、全くそんなことはありません。 先発品は「最初に作られたおくすり」であるため、その薬の研究や開発に多額のお金がかかります。 先発品を作った製薬会社は、その金額を回収しないといけませんので 必然的に薬価は高くせざるを得ません。 しかしジェネリックは研究費や開発費はほぼかかりません。 先発品ですでにやってもらってますから同じことをやる必要はないのです。 ジェネリックに必要なのは、「生物学的同等性試験」というもので、 「これは先発品と同じ働きをしますよ」ということを証明する試験のみをすればよく、 先発品と比べると比較にならないほど安価で済みます。 その分、ジェネリックは薬価を安くできるのです。 つまり質が悪いから安いのではなく、研究費や開発費の分が引かれているということです。 しかし、中には多少の効果の違いがあるジェネリックもありますので注意が必要です。 ジェネリックは薬の主成分は先発品と全く同じです。 前述したようにジェネリックは発売する際に必ず「生物学的同等性試験」を行います。 これはジェネリックの血中濃度の推移が正規品と同じ程度である、ということを確認する試験で、 これに合格しないとジェネリックとして発売できません。 ですので、成分的には同程度と考えて大丈夫なのですが、成分以外の添加物などが微妙に違う場合があり、 それがお薬の分解や吸収に多少の影響を与えることがあるのです。 ジェネリックの効果は基本的には先発品と同じであるが、中には微妙に異なるものもあります。 そのため、もしジェネリックにして違和感を感じるのであれば先発品に戻すのも手です。 【メンタルヘルス向上のヒント】 【こころの病気】 - - - - -恐怖症 -- -- -- -- -- - - - - - - 【こころと身体の病気】 【お薬()】 - - -- -- -- - --超短時間型 --- --短時間型 --- --- --- --- --中時間型 --- --- --- --- --- --- --長時間型 --- --- -メラトニン受容体作動薬 -- -オレキシン受容体拮抗薬 -- -三環系抗うつ剤 -- -- -- -- -- -四環系抗うつ剤 -- -- - -- -- -- -- -- - -- -- -- - -- -- -その他 -- -- -- () - - - - - - - - - - - - - - 抗精神病薬 - -- -- -第2世代抗精神病薬 -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - - - - ADHD治療薬 - 抗酒薬 - 漢方薬 - - - - 向精神薬の副作用 - - - 【精神科への受診】 【こころの検査】 【治療法】 【精神疾患と取り巻く制度】.

次の

ゾルピデム酒石酸塩OD錠10mg「サワイ」(マイスリー錠10mgのジェネリック医薬品)|沢井製薬

ゾルピデム 通販

デパス(エチゾラム)の作用• 強い抗不安作用• 筋弛緩作用 この作用によって 神経の興奮・不安を鎮める効果が生まれるので、不眠症にも効く事で知られています。 デパスは本来、睡眠薬ではありませんが、 ほど良く自然な睡眠を促す効果・精神を安定させる効果が期待され、人気がありました。 さらに、ジェネリック医薬品としてエチラームがあり、 通販でも需要の高い商品でした。 デパスの輸入規制 かつて、デパスは比較的安全に使用できる精神安定剤として広く処方されていました。 しかし、依存性が指摘されるようになり、乱用による医療事故も起こりました。 国内ではこれらの事を受けて、 2016年に「麻薬及び向精神薬取締法における第3種向精神薬」に指定されました。 それ以降、デパスや同じ有効成分を含むジェネリック医薬品の個人輸入が一切できなくなりました。 デパスは通販で購入できなくなりましたが、 デパスの代わりになる薬を購入する事は可能です。 次の項目ではデパスの代替品を購入するのにオススメなサイトを紹介します。 オススメ通販サイト デパスの代替品を購入するには個人輸入代行サイトを利用する必要がありますが、代行サイトにもいろいろあります。 代表的なサイトとして 「オオサカ堂」「ベストケンコー」などを耳にする事が多いと思いますが、管理人独自の基準で4つのサイトをそれぞれ比較してみました。 キャンペーンやクーポン発行が頻繁で、毎日何かしらキャンペーンを行っています。 金額に関わらず全国どこでも送料無料なのですが、単品で購入すると他のサイトよりも高くついてしまう場合があります。 なので、 まとめ買いに向いているサイトですね。 残念ながら睡眠薬の取り扱いが少ないサイトですが、管理人はサプリなどをまとめ買いする時に利用しています。 デパスの特徴から見る代替薬 現在、様々な代替薬の案が出されていますが、デパスの代わりを選ぶには、 デパスの特徴を抑える必要があります。 デパスの特徴• 即効性が期待できる• 強い抗不安作用が期待できる• 強い催眠作用が期待できる• 筋弛緩作用が期待できる デパスは脳の神経細胞を興奮しにくくさせ、鎮める作用があります。 そして 睡眠作用、抗不安作用、どちらにも効果があるため両方の目的で使われる薬です。 このうち、 デパスを睡眠薬として使っていた方は、「強い睡眠作用が期待できる」特徴、 デパスを抗不安薬として使っていた方は「強い抗不安作用が期待できる」特徴を持った代替品を必要としているのではないでしょうか。 次の項目では安心して利用できると管理人が判断した通販サイト「お薬なび」で購入できるそれぞれの代替品の紹介をします。 睡眠薬としてのデパス デパスには「強い睡眠作用が期待できる」ため、睡眠薬として飲んでいた方も多いと思います。 代替品としては依存性の少ない非ベンゾジアゼピン系の物がオススメです。 デパスはベンゾジアゼピン系に分類される薬で、睡眠作用や不安や緊張を緩和してくれる抗不安作用以外に、体の筋肉の緊張を緩める筋弛緩作用があります。 非ベンゾジアゼピン系は筋肉の緊張を緩める作用は少ないため、肩こりや体の緊張が原因で眠れない方にはむいていませんが、その代わり睡眠薬を飲んだ際のふらつきなどが現れにくいので安全性の高い薬です。 ルネスタ 系統:アザピロン系 有効成分:ブスピロン 効果:不安や緊張の軽減 副作用:眠気、頭痛 バスパーはアザピロン系に分類される抗不安薬で、デパスに比べると依存性の少ない安心して使える薬です。 デパスは脳の中にある「GABA」というリラックス成分を増やす事で不安や緊張を緩和してくれますが、 バスパーは幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」を増やす事で不安や緊張を緩和してくれます。 薬の効果もゆっくりと現れるタイプのため、即効性は感じにくいですがその分依存性の心配もあまりありません。 バスパーは残念ながら国内では手に入りませんが、全く同じ有効成分が使われている バスピンやバスポンなら通販で購入する事ができます。 デパスの代替薬を通販で購入 デパスを睡眠薬として飲んでいたか、抗不安薬として飲んでいたかでタイプ別に代替品を紹介しましたが、病院では処方されているものの通販では購入できないものや、そもそも国内では認可されていなものなどがあります。 しかし、どちらもジェネリック医薬品なら、通販で購入する事が可能です。 ここではデパスの代替品について詳しく説明します。 代替薬ルネスタのジェネリック デパスを睡眠薬として飲んでいた方にルネスタをオススメしましたが、残念ながら通販で購入する事ができません。 しかしルネスタと同じ有効成分が使われているジェネリック医薬品なら通販で購入する事が可能です。 ここではルネスタのジェネリック「ソクナイト」について詳しく説明します。 ソクナイト 系統:非ベンゾジアゼピン系 有効成分:エスゾピクロン 効果:すぐに寝付く 副作用:苦み、頭痛 先発薬:ルネスタ ルネスタのジェネリックとしてオススメなのが「ソクナイト」です。 ルネスタは有効成分量が1㎎、2㎎、3㎎と3種類ありますが、ソクナイトは2㎎のみです。 通常2㎎が適量とされているので、お年寄りや少量から使いたい方、もう少し強い3㎎を使いたい方以外はソクナイトで十分だと思います。 またソクナイトは現地の日本人が監修として入っているため、 日本人の体質に合った副作用の少ない睡眠薬として仕上がっています。 初めて睡眠薬を使うという方でも安心してつかえる睡眠薬です。 ここでは管理人厳選サイトで購入できるソクナイトを紹介します。 バスパーのジェネリックであるバスピンは、インスタファーマ社が開発、販売している抗不安薬です。 デパスを不安や緊張を緩和させる目的で飲んでいた方の代替品としてオススメです。 バスピンは有効成分の含有量が5㎎と10㎎の2種類あるので自分に合った用量を選ぶ事ができます。 デパスはとても即効性のある薬ですが、有効成分がブスピロンである「バスピン」はとてもゆっくりと効果の現れる薬です。 飲み始めてから1~2週間ほどで効果があらわれてきます。 デパスに慣れてしまっている方には効き目が無いように感じるかもしれませんが、しばらく我慢して飲み続けていれば次第に効果が現れてきます。 効果がゆっくり現れる代わりに、 依存性がとても低いので安心して使える薬です。 バスポン ハイプロンはConsern Pharma社が開発、販売を手掛けている睡眠薬です。 先発薬は「ソナタ」という睡眠薬ですが、こちらは海外ではメジャーですが、国内では流通していません。 ソナタは国内でも処方されている「ルネスタ」と同じ非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬で、 すぐに寝付く事ができて睡眠の質もアップする薬です。 ルネスタと少し違うのは、ソナタには睡眠薬としての効果だけではなく、緊張や不安を軽減してくれる「抗不安薬」としての効果も持ち合わせている事です。 ソナタのジェネリックであるハイプロンにも同じ効果が期待できます。 デパスを睡眠薬として飲んでいた方も、抗不安薬として飲んでいた方も、どちらにも適しているタイプの薬です。 依存性も低いので、睡眠薬や抗不安薬と作用がはっきり分かれているよりは、どちらにも効いてくれる薬が欲しい方にオススメです。 再開次第、こちらのページでアナウンス致します。 国内でも認可されており、病院でも処方されています。 バスパーやバスパージェネリックと同じアザピロン系に分類される薬ですが、有効成分が違います。 バスパーやバスパージェネリックも1~2週間かけてゆっくりと効く薬ですが、セディールはそれよりもさらにゆるやかで、 薬を飲み始めてから2~4週間かけて効果が現れます。 効果が現れるまでにイライラしてしまいそうですが、効果がゆっくり現れるという事はその分依存性も低く、薬をやめる際の離脱症状も出にくいという事なので安心して使う事ができる薬です。 通販では国内で処方されているものと同じ薬が、パッケージだけ海外版となっているタイプを購入する事ができます。 通販で薬を購入するのは不安だけど、 病院で処方されている薬が買えるなら安心して購入できるという方にオススメです。

次の