ストレージ その他。 容量不足?iPhone ストレージから「その他」を削除する方法まとめ

iPhoneストレージの「その他」とは|確認・削除方法を解説

ストレージ その他

お手元のパソコンに 「iTunesアプリケーション」をダウンロード・インストール• パソコンとiPadをケーブルで接続• 「バックアップ」の項目内にある 「このコンピュータ」「ローカルのバックアップを暗号化」の2か所にチェックをする• 「今すぐバックアップ」をクリック• iPadの復元を実施する前に、 「iPadを探す」をOFF にしておく• 「iPadを探す」は 「iCloud」をタップ• iCloudの設定画面下にある 「iPadを探す」をタップしてOFFにする• iTunesの画面に戻って 「iPadを復元」をクリック• これで正常にiPadが初期化され、復元が始まる• 初期化が完了すると、復元オプションが表示される• 「バックアップ復元」をクリック で、データが元に戻れば完了• 「その他」データの容量が減っていることを確認で完了! iPadストレージ容量「その他」にある不要データを減らす方法(まとめ) 減らす方法が理解できると、iPadストレージ容量にある不要データを確実に少なくできますので、データ圧迫による動きが悪くなったり、急な強制終了などが大幅に改善が見込めます。 もちろん各項目で「その他」を減らすことができる手順をすすめて、改善がない場合は最終自己判断で次の段階であるiPadデータ初期化を実施して確実に不要データを減らす方法があります。 参考いただけるようであれば実施してみてください。 くれぐれもデータに関する諸注意をよく理解してから実施してください。 上記でも数回アラームさせていただいています。

次の

iPhoneストレージその他が半分に…減らす方法をappleに相談した結果

ストレージ その他

その他:Siri の音声、フォント、辞書などの削除できないモバイルアセット、削除できないログやキャッシュ、Spotlight のインデックス、キーチェーンや CloudKit データベースなどのシステムデータ。 キャッシュ済みのファイルがシステムによって削除されることはありません。 特に、音楽やビデオ、写真などを再生したり、表示したりする場合に、キャッシュデータが作成されます。 そこで、アイフォンを長く使うと、ストレージ内にある「その他」データがだんだん溜まってストレージの容量を圧迫します。 Part 2: iPhoneの「その他」を確認するには それでは、アイフォンストレージの「その他」のデータ容量を確認したい場合に、どうすればよいのでしょうか?iPhone本体とパソコンの両方から確認することができます。 iPhone本体での確認手順 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップして、グレイ色の項目は「その他」です。 iOSデバイスを再起動してその他を削除することは確かに手軽に操作できますが、削除できないや削除してから急に増加することもありますから、その場合に、次の方法2を試してください。 方法2: 不要ファイルが溜まっているiPhoneアプリを整理してその他を削除する 「その他」にはインストールされているアプリ内のキャッシュデータや不要ファイルもたくさんありますから、その他を削除したいなら、iPhoneアプリの使用容量を確認して整理する必要があります。 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順でタップします。 アプリの使用状況をクリックして確認します。 使っていないアプリなら、状況によって「Appを取り除く」や「Appを削除」をタップしてiPhoneから削除します。 不自然に容量の多いアプリなら、削除して再インストールしてみてください。 「Appを取り除く」をタップしたらアプリ本体だけを削除します。 「Appを削除」をタップしたらアプリ本体以外、書類とデータなどすべてのデータを削除します。 すると、iPhone内のアプリデータを整理していらないデータやゴミファイルを削除できます。 しかし、もしお使いのiPhoneでアプリがいっぱいで、1つずつで確認するのは面倒ですから、「その他」を一括に消したいなら、次の方法3を参考にしてください。 具体的な操作方法は、次の部分でご紹介します。 iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。 iTunesを起動してデバイスアイコンをクリックします。 「iPhoneのバックアップを暗号化」をクリックしてパスワードを設定します。 「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneを完全にバックアップします。 iTunesでもう一度確認 そうすると、iPhoneストレージの「その他」の大部分を削除することができます。 しかし、iTunesでデータを完全復元する場合に、「その他」の一部も復元しますので、ここで、バックアップからデータを選択して復元すできる方法をご紹介します。 iTunesバックアップからデータを選択して復元する方法 バックアップからデータを選択して復元したいなら、iOSデバイス向け専用のデータ管理ソフト — を利用する必要がありますから、まず、このソフトを一緒に見てみましょう! AnyTrans for iOSは万能なワンストップコンテンツマネージャーで、。 それでは、早速、iPhoneを初期化してから、データを選択復元して「その他」を徹底的に削除しましょう!.

次の

iPhoneストレージその他が半分に…減らす方法をappleに相談した結果

ストレージ その他

不要なアプリケーション・ソフトウェアを削除する Macのストレージ容量を確保するためにはとにかく要らないものを捨てることが基本。 過去に一度の作業だけのためにダウンロードしたアプリももう二度と使わないのであれば消しましょう。 アプリケーション一覧をチェックし、この先使う予定がないアプリはガツガツ削除しましょう。 アプリを削除したとしても、Mac App Storeでダウンロードしたものであればいつでもワンクリックで再度ダウンロードすることができる。 ネット上からダウンロードしたものであれば今後必要となった時のために「メモ」アプリにダウンロード用URLをメモしておいても良いかもしれない。 なお、アプリを削除する場合は関連ファイルも含めて削除してくれるアプリ「」がオススメ。 容量の大きいファイルを検索、不要なものを削除する ここまでの操作は普段から意識するだけでも空き容量を確保することはできるはず。 いわば基本中の基本だ。 ただ、この記事を検索しているということは ストレージ容量余裕が全くないのではないだろうか。 そう、まさに今の僕のように。 そこでここからはより大きいファイルをガツガツ削除する方法を紹介する! 4-1. Macのデータ容量を喰っている大きいファイルを検索する ストレージ容量を手っ取り早く確保するためには容量を食っているファイルを片っ端から削除するのが懸命だ。 そこで、Mac内部からデータ容量の大きいファイルを片っ端から検索し、不要なものをゴミ箱にホイホイ捨てましょう! まずはFinderの新規ウィンドウを開き、「新規スマートフォルダ」を開く。 下記画面が表示されるため、右の方にある「+」ボタンをクリック。 補足: 検索対象について 注意事項として検索対象を「 この Mac」にしておくと 外部ストレージが接続されている場合はそれらも検索対象になってしまうということ。 外部ストレージに接続した状態でMac内部のドライブのみを検索対象にしたい場合は、Finderで「Macintosh HD(もしくは自分で設定した内部ドライブの名前」を選択した上で「新規スマートフォルダ」を開くことによって検索対象を内部ストレージに限定することができる。 今回の場合、僕は「Macintosh HD」を選択した状態で「新規スマートフォルダ」を作成していることがスクリーンショットからお分かり頂けるのではないだろうか。 以下のように検索内容を設定する内容が表示される。 ここで「種類」と書かれたプルダウンメニューを押し、「 その他」を選択。 実はここで様々な検索対象を絞り込み検索することができるのだ。 僕の場合はとりあえずファイルサイズが1GB以上のものを探し出してみた。 「写真」アプリのiCloud設定を最適化 iCloudを通じて「写真」アプリを同期している場合は一部の設定を変更することによってMac本体のストレージ容量を増やすことができる。 iCloudフォトライブラリを通じて同期された写真のオリジナルをMacにダウンロードせずに「 Mac ストレージを最適化」という項目にチェックが入っている場合、 容量が十分ある場合にのみオリジナルが保存される仕組みとなっている。 iCloudフォトライブラリを切ってしまえばその分の写真データが同期されずに容量が節約できるが、それでは本末転倒かと思うのストレージ容量が不足している場合は取り急ぎ「Mac ストレージを最適化」にチェックを入れておきましょう。 「マイフォトストリーム」を無効化するのもストレージ容量節約には有効だ。 自分の写真を一時的に(最大30日間または最大1,000枚)をサーバーにアップロードし、同一のアカウントを持つデバイス間で閲覧できるという仕組みなのだが、これは「iCloudフォトライブラリ」とは独立した存在。 つまり、保存期間中は 本体内にも同じ写真がマイフォトストリーム用として重複して保存されている。 不要であれば 「マイフォトストリームにアップロード」を無効化しましょう。 写真や動画のデータを外付けドライブに移動 Mac内に発見された不要なファイルはガツガツ削除すればいいが、削除はしたくないがMac内部に常にある必要のないデータは少なからずある。 例えばiTunesや「写真」のデータは出先で必要はなく、自宅にいる時にアクセスできれば十分、という人も多いだろう。 そこで、iTunesや「写真」アプリのデータを外付けドライブに逃し、Mac本体のディスク容量を圧迫しない方法を紹介する。 6-1. iTunesのデータを外付けドライブに移動する方法 iTunesのデータはバカにならない。 僕はiCloudミュージックライブラリに移行し、基本的にはほとんどの曲がクラウド上にあり、聴きたい時にダウンロードするような使い方をしているため32GBしか取っていなかったが、それでもそのデータを外部HDDに移動することができれば相当スッキリすることは間違いない。 詳しいやり方はで解説しているが、全体の流れは下記に書いておく。 【関連】 まずはFinderを開き、「Macintosh HD > ユーザ > (ユーザー名) > ミュージック > iTunes」にアクセス。 難しく書いたが、要は「ミュージック」フォルダの中にある「iTunes」というフォルダを探しましょう。 この「iTunes」というフォルダを外付けHDD内の任意の場所にドラッグ&ドロップ。 これで 外付けHDDに同じフォルダがコピーされる。 移動の際に 「Command」ボタンを押しながらドラッグ&ドロップを行うとフォルダを コピーではなく移動することができるが、万が一移動が失敗してファイルが破損するなどのリスクを考慮し、一旦外付けHDDに「iTunes」がコピーでき、次の手順で無事iTunesが起動できることを確認してから元の「iTunes」フォルダを削除する、という手順を踏むのがオススメ。 これによって下記のように「iTunes ライブラリを選択」するメニューが表示されるので、「 ライブラリを選択」し、外付けHDDに移動した「iTunes」フォルダを指定すれば完了! これで作業は完了!すべてのデータが無事読み込まれているのか、音楽の再生やiPhoneの同期などを確認した上で、問題が無いようであればMac内にあった「iTunes「フォルダを削除しましょう! 6-2. 「写真」アプリのデータを外付けドライブに移動する方法 「写真」アプリのデータを外付けHDDに移行する方法はiTunesとほとんど同じ。 ただ、その前に大前提として、この先見返すことは確実にないと断言できるその場のノリで撮った写真や動画 はガツガツ削除しましょう。 外付けHDDのストレージ容量も無限ではないので、不要はものは積極的に消しましょう。 まずはFinderを開き、「Macintosh HD > ユーザ > (ユーザー名) > ピクチャ > Photo Library. photoslibrary」にアクセス。 要は「ピクチャ」フォルダの中にある。 この「Photo Library. photoslibrary」というファイルを外付けHDDの任意の場所にドラッグ&ドロップ。 photoslibrary」を選択。 起動後、「写真」アプリの環境設定の「一般」の中にある「 システムフォトライブラリとして使用」をクリック。 これによってiCloud上にある写真の閲覧や共有が可能になる。 新しく外付けHDDから起動した「写真」アプリに問題が無いことが確認できたのであれば、Mac内にあった「Photo Library. photoslibrary」を削除しておきましょう! なお、僕はこのようなデータ用のドライブをポータブルHDDに、Mac全体のバックアップを取るために据え置き型のHDDを別途用意している。 これによってデータ用として使っているポータブルHDDもバックアップ用の据え置き型HDDにバックアップされ、二重でデータを保持できるという安心感がある。 ストレージの「その他」を削除する方法について 自分のMacがストレージ不足に陥っていることに気付くきっかけはiPhoneをバックアップしようとした際に「 このコンピュータで十分な空き領域が使用できないため、iPhoneをバックアップできませんでした」というエラーメッセージが表示される時。 そんなバカな、と思い「このMacについて > ストレージ」を確認したところ、「 その他」という項目が大量にあることに気が付く。 「その他」は あまりにもざっくりすぎるが、どのようなデータが含まれるのかを解説するAppleの公式ヘルプページがあるので重要箇所を引用しておく。 「この Mac について」ウインドウの「その他」のカテゴリーが大きいと思える場合があります。 「この Mac について」のこのカテゴリーには、リストにあるほかのファイルタイプ オーディオ、ムービー、写真、アプリ、バックアップ に当てはまらないファイルがすべて含まれます。 「その他」として計算されるファイルは、たとえば次のようなものです。 ・「システム」フォルダやキャッシュなど、OS X のフォルダに入っている項目 ・書類、連絡先、カレンダーデータなどの個人情報 ・App のプラグインまたは機能拡張 ・パッケージの内部にあるために、Spotlight でメディアファイルに分類できないメディアファイル ・Spotlight で認識されないファイルタイプ 正直、上記の解説を読んだところで具体的にどこにあるデータを確認すれば正体不明の「その他」を減らすことができるのか非常に分かりづらいが、僕の経験上、この「その他」を専有しているデータは大きく分けて2つだ。 1つは iOSデバイスのバックアップファイル。 過去に使用したiPhoneやらiPadを含むデータがすべて保存されている場合、相当なデータ容量を喰っているはず。 もう1つは キャッシュファイル。 Macを使っているうちに溜まってしまうもので、本来はMacを快適に使用するためにあるものだが、どういう訳なのか放置し過ぎると溜まりに溜まって逆にMac本体のデータを圧迫してしまうようだ。 上記2点についてそれぞれ解説する! 7-1. iOSデバイスのバックアップファイルを削除する iPhoneやiPadのバックアップファイルは下記ディレクトリの中に保存されているが、ディレクトリの中を見てもどのフォルダがどのデバイスのバックアップなのかがよく分からない。 こちらがバックアップファイルを削除する前のデータ容量。 113GBとか頭おかしい。 それではもう使っていないデバイスのバックアップファイルを削除しよう。 iTunesを起動し、「環境設定」を開く。 「デバイス」というタブをクリックすると「 デバイスのバックアップ」が表示され、自分が普段使用している端末よりも遥かに多いバックアップ数が表示されていることに驚く。 あとは至ってシンプルだ。 不要なバックアップを選択し、「 バックアップを削除」するだけだ。 ちなみにデバイス名の上にマウスカーソルを合わせると「 電話番号」「 IMEI」「 MEID」「 シリアル番号」が表示される。 削除した結果、超スッキリに!この作業を通じて のバックアップを取っていないことに気が付いた。 バックアップをガツガツ削除した結果、先ほど113GBもあった「Backup」フォルダがなんと31GBに! 82GBものストレージ容量を取り戻すことに成功した! なお、バックアップデータを削除しても容量が足りないという場合は、バックアップデータを外部ドライブに退避することもできる。 詳しくは下記記事を参考にどうぞ。 7-2. セーフブートで余計なキャッシュをクリアして容量を取り返す バックアップデータほど劇的なデータ容量の削減はできないかもしれないが、場合によっては数十GBのデータ容量確保にも繋がる システムキャッシュのクリア。 Macの動作が重い時に行うべきメンテナンス方法の定番ではあるが、容量確保にも有効な手段である。 セーフモードで起動、通称「 セーフブート」するには以下の手順で行う。 手元のMacのシステムが終了していて電源オフの状態であることを確認する。 電源ボタンを押してMacを起動。 起動音が聞こえたら直後に「Shift」キーを押し、押し続ける。 Appleアイコンと進捗状況を示すギアマークが表示されたら「Shift」キーを離す。 不要なファイルは削除 or 外付けHDDに出して容量確保 今回、僕はiTunesと「写真」アプリのデータはMac内部に残したまま、それ以外の項目を自ら実行することに。 掃除前のデータ容量は以下の通り。 RAWファイルを取り扱っていた関係で「写真」が202GB以上もあり、「その他」が125GB近くもあった。 空き容量は46GBのみ。 ハッキリ言って大ピンチだ。 今回紹介した数々のMacストレージ容量不足テクニックを駆使した結果、なんと 空き容量が228GBに!実に180GB以上ものストレージ容量を確保し直すことができた! 今回、特に大きかったのは 写真データの整理と デバイスバックアップファイルの削除。 普段必要のないデータを積極的に外付けHDDに逃がしたことによって大量の空き容量を確保することができた。 Macのストレージ容量不足で困っている人がいたら、上記方法をそれぞれ試すべし! あわせて読みたいMacの使い方やTips.

次の