花札しらぎく。 花札の遊び方や、おすすめゲーム

花札の遊び方や、おすすめゲーム

花札しらぎく

3回勝負です。 3回戦終了時に相手より点数が高ければ勝ちぬけです。 同点ならば延長戦、点数がマイナスになったらその時点で負け。 最初に親を決めます。 2枚の札のうち、小さい月を引いたほうが親になります。 自分の順番が来たら、お好みの手札を1枚出します。 場に同じ月の札がある場合は、その2枚を取ることができます。 場札に合う札には青いマークがつきます その後、山札から1枚引きます。 場に同じ月の札がある場合は、やっぱりその2枚を取ることができます。 役はリーチになると青文字で表示され、完成すると文字の色が白くなります。 役が完成すると、こいこいをするかどうかの選択肢が出ます。 こいこいをすれば試合続行、しなければそこで勝負が終了します。 場札に同種札が3枚ある場合は、残りの1枚で全部貰えます。 ランキング.

次の

六百間

花札しらぎく

対戦花札 架空のお金「花札マネー」を競う無料の対戦花札。 サウンド・背景・高速モードなどをオプションで変更できます。 3人で遊ぶ花札のゲーム「花合わせ 別名ばかっ花 」でオンライン対戦ができます。 一人用花札 「」「」「」「」の4種類の花札ゲームを遊べます。 コイコイルールの花札。 50文まで勝つとエンディングになります。 ランキング付きのこいこい花札。 3・6・12ラウンドから選べます。 使える札や役のリーチ状況がグラフィカルにわかるコンピュータ花札。 ランキングもあります。 今までの勝率をセーブでき、ランキング機能がある花札ゲーム。 ヒント機能やローカルルール設定ができます。 二人用のメニューもありますが、現状は一人用のしか出来ないようです。 2人〜3人打ち、こいこい・花合わせ・はちはちなど、様々なルールで遊べる花札ゲームです。 スコアランキング付きの3回勝負コンピューター花札。 ダウンロードして遊ぶ花札ゲーム ゲームセンター風で声も出る「」など、様々な無料ダウンロード花札が遊べます。

次の

ポーカー|無料ゲーム

花札しらぎく

花札の遊び方や、おすすめゲーム スポンサードリンク 花札は文字通り札を使って役を作る遊びです。 色々な遊び方がありますが、基本の遊び方は「 こいこい」と「 花合わせ」の2つです。 こいこいと花合わせの遊び方は半分同じですがもう半分は違います。 簡単に言うと こいこいは役を作って遊ぶゲーム、 花合わせは役を作りながら総得点を競うゲームです。 こいこいの場合格の高い札(派手な絵札です)を集めても、役がそろわないと何の意味もありませんが、花合わせの場合は格の高い札は高得点なので、ただ集めているだけでも意味があります。 またこの2つのゲームでは役(技みたいなもの)が若干違います。 猪鹿蝶や赤タン、五光のようにどちらのゲームでも共通する役が多いですが、タネや短冊のようにこいこいしかない役、表菅原のように花合わせにしかない役があります。 どちらのゲームもプレイヤーが順番をまわしながら場にある札をとって、(取れない場合は場札に自分の出した札を加えます)役を作る事を目指します。 ただこいこいの場合は、役を作ってもこいこいをすることでゲームを続行することが出来ます。 続行して新しい役が出来たらその両方の役を点数として計算することになります。 ただし相手側に役を作られてあがられたら、先に作った役も無効になります。 ちなみに こいこいは2人用、 花合わせは3人用になります。 スポンサードリンク 花札のおすすめゲーム紹介 まず最初にオススメする スマホ用ゲームは「 花札MIYABI」です。 このゲームの特徴はグラフィックが派手なところです。 手札が光ったり役が出来たときの演出が派手なので、インパクトがあります。 相手に勝つとなぜか浮世絵の画像がもらえますので、これを集めるのも楽しいです。 次にオススメするのは 3DSのダウンロードソフト 「 毎度花札」です。 ルールもこいこいと花合わせの2つがありますので、どちらかが飽きてももうひとつを楽しむことが出来ます。 また、この毎度花札では難易度が調整できるので、自分のレベルに合わせたゲームプレイが可能です。 ちなみに難易度は初級、中級、上級の3つがあります。 初心者の人は初級を、花札が上手い人は上級をやってみるとよいでしょう。 役が成立すると派手な演出が入るのも、このゲームの見所の一つです。 シンプルで面白いゲームなので、3DSが手元にあるなら買うのも良いでしょう。 スポンサードリンク 関連記事.

次の