いじめられる子の親。 「いじめられる側にも原因がある」について思うこと。

小学生の「いじめ」はなぜ起こる?いじめの原因や種類、親の対応と対策について

いじめられる子の親

夏休みが終わり新学期を迎える初日に、「子どもがいじめで自殺」という悲しいニュース。 いじめ問題は主に小学生、中学生で起こりますが、実は、幼稚園、保育園でもあります。 いじめに遭わないためには幼児期からどんな育て方をすればよいのでしょうか。 今日はの著者の立石美津子がお話します。 40年あまりも続いている、魔の「9月1日」 内閣府が発表している自殺対策白書では、以下のように発表されています。 18歳以下の自殺者において、過去約40年間の日別自殺者数をみると、夏休み明けの9月1日に最も自殺者数が多くなっているほか、春休みやゴールデンウィーク等の連休等、学校の長期休業明け直後に自殺者が増える傾向があることがわかる 統計データを見てみると、18歳以下の自殺者数推移について1日あたり40人〜60人前後となっているところ、9月1日のみが明らかに突出しており、2倍以上の約130人にも登っています。 これについて同資料では、 「学校の長期休業の休み明けの直後は、児童生徒にとって生活環境等が大きくかわる契機になりやすく、大きなプレッシャーや精神的動揺が生じやすいと考えられる。 このような時期に着目し、彼らの変化を把握し、学校や地域、あるいは家庭において、児童生徒への見守りの強化や、児童生徒向けの相談や講演等の対応を 集中的に行うことは効果的であろう。 」 と述べられています。 小中高校生だけではない!? 早めに気付きたい、幼稚園・保育園でのいじめ 幼児期はまだ人間関係を構築する上での練習期間ですので、玩具を取った取られた、お友達を叩くなどの光景はよく見られます。 また仲が良い証でよくぶつかり合うこともしばしば起こります。 これはいじめとは言えませんね。 けれども次の場合はいじめの芽生えだと言えるでしょう。 では、幼稚園・保育園で「いじめられてしまう子」とはどのような子なのでしょうか。

次の

親から大事にされない子は虐められやすい

いじめられる子の親

30代半ばの私が書いたものより遙かにわかりやすく知的な文章っ…!と一瞬ガラスの仮面の主人公みたいな目になりましたが、このいじめ問題、子どもを抱える母としても思うところがあるので、私もメモを残しておこうと思います。 無視・悪口は定番ですが、誰もやりたがらないクラス委員長を押し付けられたり(当時の決め方はいいと思う人を推薦して投票するという流れで、本人の意志は無視でした。 先生の手伝いやら学級会の議長やら、面倒な役割が多かったので不人気でした)、掃除の時雑巾がけをしていたらバケツの水を蹴り飛ばされたりしたことは、今でも記憶が残っているので結構辛かったんだと思います(よく自宅のお風呂場で泣いていました)。 あっ、書いてて思い出したけど、そのA子ちゃんのお姉ちゃんとそのお友達に、 体育館裏に呼び出されて囲まれた記憶があります(なんちゅうベタな)!「A子の視界に入らないで、クラスの子と話さないで」みたいなことを言われたかなぁ。 口達者で、口ゲンカなんかしかけられようもんなら100倍に返して完膚なきまでに叩きのめすし、それで相手が泣き出すと「泣いたら勝ちなの?泣けば偉いの?泣けば先生が来てくれると思ってるんでしょ」とか言っちゃうし、一緒にトイレ行こうと言われたら「えっ、何で?1人で行けば良くない?」とか言っちゃうし。 うん、 我ながらなんて思いやりのない、空気が読めない子だったのでしょうか(今も読めないけど当時よりはマシだと…。 小5になった私は、なぜか「いじめられたのは委員長なんてやってたせいだ、もうやらねー」と思い込み(そこじゃない)、目立たないお花係に転職しました。 ちょうどクラス替えもあり、A子ちゃんとクラスが離れたこともあって、いじめもぱったり止みました。 ここからは語るのも嫌になりますが、私はB子ちゃんをいじめるようになります。 B子ちゃんは私と似たタイプで、口達者で相手の痛いところを突いてくるタイプでした。 同族嫌悪でしょうか、私はB子ちゃんを無視し始め、移動教室などの連絡をわざと伝えなかったり、昼休みなどのドッジボールで集中的にB子ちゃんだけを狙ってボールを投げるようになりました。 B子ちゃんに落ち度はあったのでしょうか。 当時の私の空気の読めなさもそうですが、まだ10歳そこそこの子どもなので、B子ちゃんや私に限らず回りの子たちだって、いじめの原因となりうるような要素はいくらでも持っていたのです。 相手はB子ちゃんでなくとも良かったと思います。 なぜなら(書くのもおぞましいですが)当時の私にどうしてB子ちゃんをいじめているのかと聞けば、 「だっていじめると気分がすっとする」と答えたと思うからです。 「今自分は確実に相手より上の立場にいる」という 優越感をいじめで得ていたことを、正直に告白します。 自分がいじめられて泣いていたことも忘れて、 相手をいじめている時に得られる高揚感にとりつかれていました。 そのハイな気分を求めて、 理由など何でもよくて、いじめを繰り返してしまったと思います。 群れるのが嫌いだったので、クラスの他の子をひきいていじめてやりたいという発想にはなりませんでしたが、もし私が「集団でやったらもっと高揚感を得られるかも」という思考になっていたらと思うとゾッとします。 小6になったころ、私は別のグループの子がいじめにあっている現場にたまたま居合わせます。 「あいつ(いじめられている子)がいない間に一緒にあいつの机に悪口彫ってやろうよー」と言われ、ハタと「いじめ格好悪いな」と思ったのです。 「自分も最低だ、もうやめよう」と思い、それからは「いじめたい衝動」(この揺り返しは結構強い)に駆られても、できるだけB子ちゃんと距離をとることで気持ちを落ち着けました(なので外から見ていると、また無視しているというように見えたかもしれません)。 小学校の卒業が近くなって、ようやくB子ちゃんに「あの時は本当にごめんなさい」と謝ることができました。 B子ちゃんとしては、その場に数人いれば私の味方をして一緒にいじわるをする人が出てくるけれども、基本的に私は1人でもB子ちゃんにかみついていたので、集団いじめにあっているという意識はなく、ケンカをふっかけられている、あるいは単純に嫌われていると思っていた、とのことでした。 B子ちゃんの本心は正直わかりませんし、「許すよ、これからは仲良くしよう」と言ってもらえた時はほっとしましたが、今でも私の中では暗い記憶として残っています。 いじめられる側の「原因」は改善すべき? いじめられる側に原因があるのか、という問いに対しては、「ある」としか答えようがありません。 完璧な人間はいませんし、因縁をつけようと思えばいくらでも原因を作れます。 「いじめられる人間といじめられない人間がいるんだから、いじめられる人間はいじめられないように努力しなければいけない」という論調を見かけますが、何がいじめのトリガーになるかは正直わからないのです。 絶対にいじめられないようになるには 空気になるしかないので、いじめの原因となりそうな性格を改善しよう、というのはあまり健全で効果的なアプローチとは思えません。 仮にいじめられる理由が、暴力をふるうなどの問題行為にあるとしても、それが「いじめていい」理由にはならないはずです。 その問題行為については、いじめではなく 双方が平等に発言できる開かれた話し合いなどで解決を試みるべきで、いじめの原因として議論すべき内容でも、いじめで抑圧・攻撃し返すべき内容でもありません。 いじめられたら別のコミュニティに行こう。 いじめていたら別のことをしよう。 今いじめられていると感じている方へ。 何がトリガーになっていようと、あなたがいじめを甘んじて受ける必要はありません。 辛くなったら、いじめが起きているコミュニティからさっさと抜けましょう。 学校だろうとご近所付き合いだろうと、 あなたの命以上に大事にすべきことなどこの世にありません。 あなたをいじめているのは、 70億人いるうちの人間のせいぜいが数10人です。 あなたにあうコミュニティが他にちゃんとあります。 いじめが起きたコミュニティにお別れして、自分が心から笑えるコミュニティにお引越ししましょう。 今いじめをしていると自覚がある方へ。 それはあなたが本当にやりたいことなのか、今一度自分を振り返ってみてください。 いじめをすることで得られる優越感、高揚感、興奮、いじめ仲間との一体感、そういった衝動と快楽に取りつかれているだけではありませんか。 端的に言って、他人をいじめている時間なんて 限りある人生の無駄遣いにしかならないので、すぐやめましょう。 むかつくし、嫌いだし、いじめられている側が悪いと思うかもしれません。 でも本当に相手のことが嫌いだったら無視するはずなんです。 関わりたくないはずなんです。 それなのにいじめという形で積極的に関わろうとしているのは、 相手より上位に立っていたいというあなたの意識が強いからです。 いじめは、相手ではなく、あなたが変わればなくなります。 他人をいじめてる暇があったら、 闇金ウシジマ君を読んでた方がよっぽど自分のためになります。 どうか自分の中の攻撃衝動に負けないで、今現在の快楽ではなく、未来の楽しさを選び取れる人になってください。

次の

小学生小学校4年5年6年いじめられる子供の性格特徴は?親の対応や解決策は? | 子育て19(子育て塾)

いじめられる子の親

もし、我が子がいじめにあったら…。 そんなことは考えたくないでしょうが、親ならば「いじめ」について知っておいてほしいことがあります。 この記事では、なぜいじめが起こってしまうのか。 その原因やいじめの種類、事例をご紹介します。 また、我が子が小学校でいじめを受けた場合の対応もお教えします。 いじめから我が子を守ってあげてください。 小学生のいじめ、なぜ起こってしまうの? 小学生のいじめは、なぜ起きるのでしょうか。 いじめる側、いじめられやすい子の理由をそれぞれ解説します。 いじめる側の子供の理由、その原因は? 子供が他の子供にいじめをする理由には、相手の行為にいらだったり、憤りや脅えを感じることが挙げられます。 それに対する反発、報復として、攻撃を加えるのです。 いじめる側の子どもは、「相手が悪いからやっている」という相手の非を主張する傾向にあります。 場合によっては、集団の中で共通の感情となることもあるのです。 いじめられやすい子供の理由、その原因は? いじめられやすい子供には特徴があります。 対人関係が不得意だったり、欲求不満に対する耐性が欠けていたり、思いやりがないなどです。 また、成績がよかったり、容姿がかわいいなども、嫉妬の原因となり、いじめにつながるケースもあります。 さらに、おとなしい子や内向的な子も、攻撃の対象になりやすくなります。 いじめの原因は学校側にもあります。 たとえば、先生のいじめに対する認識不足や、先生と児童の交流が不十分であること、生活指導や管理的な締め付けが強いと、集団として異質なものを排除しようとする傾向が生じやすくなる、などが挙げられます。 小学生に見られるいじめの種類 小学生のいじめには、いくつか種類が見られます。 低学年、中学年、高学年に分けてその種類をご紹介します。 小学校低学年に多い、いじめの内容 低学年の時期のいじめには、ちょっかいを出すというようなものが多い傾向にあります。 たとえば、叩いたり、蹴ったり、人の嫌なことをしたり、悪口を言ったりなどです。 これは、低学年では言語表現が未熟なことが原因と考えられています。 仲間が欲しくてもどのようにして接したらいいのかわからなかったり、日常的な不満やストレスの解消について適切な方法を見出せなかったりするなど、自分の感情を上手に表現できないことから、いじめが発生しているように思われます。 小学校中学年に多い、いじめの内容 中学年の時期になると、叩いたり、蹴ったりということのほかに、仲間はずれや無視するなどが加わわります。 この時期は、同性の気の合うもの同士のグループが形成される時期だからです。 集団にうまくなじめなかったり、集団と異なる雰囲気をもつものを排斥するいじめが発生しやすくなります。 ・女子に見られる特徴 男子にくらべ、女子のほうがグループをつくる傾向にあります。 そのことにより、仲間はずれや無視などの心理的ないじめが多くなります。 ・男子に見られる特徴 男子では、中学年になっても低学年と同様のいじめが多いです。 たとえば、暴力などの身体的ないじめです。 小学校高い学年に多い、いじめの内容 高学年になると、仲間はずれや無視するなどに加えて、しつこく悪口を言うなどの心理的ないじめが目立つようになります。 ・女子に見られる特徴 高学年という時期は、女子にいじめが多く発生する時期です。 その場合には特に心理的ないじめが多く見られます。 具体的には、グループ内での親密さを競う争いが起きたり、グループ間での対抗が激しく行われたりすることがあり、それがいじめにつながるケースがあります。 ・男子に見られる特徴 高学年の男子においては、リーダー格の児童が出現することが多々あります。 それにより、小集団における支配欲を伴ういじめに発展することがあります。 実際にあった、小学生のいじめの事例 ここでは、実際にあった小学生のいじめの事例を掲載します。 人との関わりが未熟なことがいじめに… A君は、いつもトラブルを起こしていました。 教室でも落ち着きがなく、イライラした印象で、クラスメイトを突き飛ばしたりしていました。 また、クラスメイトが砂場で遊んでいるときに、砂山を突然崩したり、砂を投げつけたりも。 そのようなトラブルから、多くの子供たちがA君を怖がりはじめ、関わろうとしなくなります。 A君自体はというと「友達がいない、遊んでくれない」と悲しんでいます。 このケースは、人との関わりや自己表現の仕方がわからず、自分の欲求の実現に性急なことなどがいじめにつながっています。 グループ内のいじめ 同じクラスの女子5人は仲が良く、いつもグループ行動をしていました。 しかし、リーダー格で人気者のBさんが、ほかの4人から急に「自分勝手」、「気にくわない」、「生意気」などの理由から仲間はずれに…。 同グループのCさんは、周囲にBさんの陰口を言いふらすようになります。 その後、Bさんは不登校になってしまいました。 ある時期までは対等な仲間として付き合っていたのが、仲間うちで学習面や運動能力が優れていたり、人気があったりしたことを羨んでいじめるケースです。 特徴をなじるいじめ D君は、肥満傾向で、動作が緩慢。 学習が遅れがちという特徴があります。 その特徴について「デブ」、「バカ」などと言われたり、暴力を振るわれたりなどして、いじめを受けました。 いじめる側はD君を自分たちとは異質なところがあるとして、相手への嫌悪感や拒否感を、悪口や暴力で示します。 いじめる側が大人数になると、罪悪感やいじめている意識が薄くなります。 我が子がいじめられているかも?と思ったら お子さんがいじめられていると感じたときの対応をお教えします。 まずは話を聞いてあげてください。 話したがらないようであれば、紙に書き出してみるように言ってみましょう。 たとえば、心配事、辛いこと、自分の好きなところ、嫌なところ、こうなればいいなと思うことを書き出してもらいます。 それを見て、確認し、対処法をいっしょに考えてあげてください。 いじめが発覚、親の対処法は? 我が子がいじめを受けていると認識したときの親の対処法をお教えします。 もしものときの参考になさってください。 ・子供を守る 子供の安全を確保することが最優先事項です。 いじめの原因から子供を引き離すようにしてください。 そして、子供に、味方であること、守ってあげるということを伝えます。 そうすることで、子供も少しは心が休まるはずです。 また、学校を休ませる、学校を変えるなども1つの選択肢だと頭に入れておきましょう。 ・学校・警察に動いてもらう 学校に相談することも重要です。 早めに相談することで、いじめの長期化させずにすみます。 また、おおげさかもしれませんが、警察に動いてもらうのもひとつの手段です。 我が子の命に関わることです。 命を守るほうが大切だと考えるようにしてください。 ・悩み事を相談できるサービスを利用する どうしたらいいのか悩んでしまうのは、子供も親も同じです。 そんなときは、悩み事を相談できるサービスを利用しましょう。 「文部科学省 24時間子供SOSダイヤル」では、いじめ問題やその他の子供のSOS全般に悩む子どもや保護者などが、電話で相談できるサービスです。 都道府県及び指定都市教育委員会が夜間・休日を含めて24時間対応可能な相談体制を整備しています。 電話番号:0120-0-78310 我が子が誰かをいじめているかも?と思ったら 子供と正面から向き合う時間をつくってください。 悪さをした時や、他人に迷惑をかけた時は、何が悪いのか、どうしていけないのか、その理由もしっかり説明した上で叱りましょう。 また、ほかの子供と比べず、手伝いをしてくれた時、誰かの役に立つことをした時には、笑顔で「ありがとう!」とほめてあげてください。 そうすることで、「世界にたった一人」しか存在しないお子さんの「個性」を伸ばすことにつながります。 お子さんのいじめで悩んだとき助けになってくれる本 『笑おうね 生きようね いじめられ体験乗り越えて(小学館)』 『笑おうね 生きようね いじめられ体験乗り越えて』 著者は、よしもとNSC(お笑いタレント養成所)の名物講師。 これまで1万人以上の芸人志望の若者たちを指導し、見続けてきました。 現在活躍している芸人や、芸人になる人の中にも、過去にいじめを受けたという人は少なくありません。 また、著者自身も喘息の持病で留年したことをきっかけに、小学生時代、いじめで辛い思いを経験しています。 でも、生きているからこそ、今があるのです。 著者の教え子でもある一流芸人や、著者自身のいじめられ体験と、それに負けずに生き抜いたことを、今、いじめに直面し辛い思いを抱えている人たちに伝えてくれます。 いじめから子供を守るのは親しかいない いじめから子供を守れるのは親しかいません。 子供からのいじめのサインを見逃さないようにしてください。 そして、子供にやさしく対処してあげるようにしてくださいね。 関連サイト 文・構成/HugKum編集部.

次の