リモート デスクトップ vpn。 VPN経由でリモートデスクトップ頻繁に切れる問題を解決する

Desktop VPN で会社の PC に自宅から安全にリモートアクセス

リモート デスクトップ vpn

リモートアクセスとリモートデスクトップの違い 近年では、在宅勤務やサテライトオフィスで業務を行うワークスタイルが広まっています。 このような働き方の幅が広がった要因の1つは、遠隔地でも仕事ができる「リモートアクセス」があります。 このリモートアクセスは会社以外の場所でも、専用のツールを使って社内ネットワークやコンピュータに接続し、社内と同じように業務を行うことが可能です。 今までは、USBメモリを使って社内の情報を持ち出し、自宅などで作業を行うことが多かったですが、USBメモリを紛失することで情報漏えいを起こす危険性があります。 そこで、安全なリモートアクセス環境を構築することで社内のセキュリティレベルを上げ、情報漏えい対策を行えます。 リモートアクセスと同様の言葉に「リモートデスクトップ」があります。 リモートデスクトップもリモートアクセスと同様に、遠隔地から社内環境に接続を行う目的を達成しますが、その接続方法や仕組みが異なります。 ここからはリモートアクセスとリモートデスクトップの詳細や違いを説明をしていきます。 人気の製品や気になる製品には当サイトから直接資料請求することが可能です。 具体的な導入時期や費用など簡単に問い合わせられるので、「至急導入したい!」「すぐに資料を集めたい!」とお急ぎの方はぜひ無料の資料請求をご利用ください。 リモートアクセス=遠隔地のPCやネットワークに接続すること リモートアクセスは遠隔地のPCやネットワークに接続を行うことです。 リモートアクセスを実現するためには、リモートアクセスツールを使い社内ネットワークに接続できる環境を作ります。 しかし、社外から社内に接続する場合は通常のインターネット回線を使うため、データの送受信を行う通信から情報が流出する危険性があります。 リモートデスクトップ=リモートアクセスできるツールの1種 リモートデスクトップはリモートアクセスを行うツールの種類であり、コンピュータのデスクトップ画面を遠隔から操作することができます。 大きな違いはリモートアクセスは社内ネットワークに接続し、リモートデスクトップはデスクトップ画面を転送することです。 このリモートデスクトップは一般的なリモートアクセスと異なり、VPN環境を接続しなくても社外から社内にアクセスすることが可能です。 しかし、セキュリティを確保するために個別で対策を行う必要があります。 一般的なリモートデスクトップは「PC遠隔操作型」といわれ、画面・マウス・キーボードの情報を社外の端末に転送し、遠隔操作を可能にします。 リモートアクセスツールの種類には他にも「社内LAN延長型」「Webアプリ型」の2種類あります。 VPNで接続する「社内LAN延長型」 リモートアクセスツールの「社内LAN延長型」は、VPNを使用し安全に接続する方法です。 この方法は社内ネットワーク・サーバと社外の端末の間にVPN(Virtual Private Network)を構築し、暗号化したトンネル状の仮想空間を利用することで、外部からのアクセスをシャットアウトできます。 社外から社内の環境にアクセスできるため、社内と同様の業務を行うことが可能ですが、高速な通信が必要になるなど設備を整えるためにコストがかかります。 モバイルで接続できる「Webアプリ型」 「Webアプリ型」のリモートアクセスツールは、専用のアプリケーションをインストールするだけでスマートデバイスから社内のWebシステムに接続できます。 リモートデスクトップツールの中にもモバイル対応しているものもあり、スマートフォンやタブレットを使ってPCのデスクトップ画面を共有できます。 リモートアクセス導入前の注意点 リモートアクセスを導入することで従業員の働き方の幅が広がり、業務を改善することが可能ですが、注意点も存在します。 ここからはリモートアクセスを導入する前の注意点を説明していきます。 在宅勤務の社員・勤怠時間の管理 リモートアクセスを導入することで自宅やカフェなど場所だけでなく、時間の制限もなくなります。 しかし、多くの企業では勤務時間をもとに勤怠管理・給与計算を行っていますが、リモートアクセスを導入することで実際の勤務時間が不透明になりやすくなります。 そのため、リモートアクセスを導入する前には、自社の勤怠管理の方法を見直す必要があります。 また、リモートアクセスツールの中には、アクセスできる時間を制限するものなどがあり、ツールの選定の参考にすることがおすすめです。 セキュリティの管理 リモートアクセスを利用し、社外で業務を行う場合は情報漏えいのリスクがあります。 セキュリティ対策を行っているリモートアクセスツールを導入することが大切ですが、社員のセキュリティ意識も重要です。 例えば、社内のネットワークに接続し、業務で使用するデータが入っている端末に保存することができると、そこから外部に情報が漏れてしまう可能性があります。 また、社内システムやリモートアクセスツールが万全なセキュリティ対策を行っていたとしても安心できません。 操作を行う端末のセキュリティが不十分であればウイルスの被害に遭い、情報が流出する危険性もあります。 このような場合では、デスクトップ画面だけを共有しているリモートデスクトップの方がセキュリティ強度は高いといえます。 また、リモートアクセスツールの中には端末に情報をダウンロードできないものもあるため、注意して選定することが求められます。 リモートアクセスツールの基本機能 リモートアクセスツールを導入するときにはどのような機能があるか正しく理解することが重要です。 リモートアクセスツールの基本機能を活用することで自社の業務を改善したり、メリットを感じることが可能になります。 ここからはリモートアクセスツールの基本機能を紹介していきます。 データの転送機能 リモートアクセスツールを活用することで、業務に必要なデータを社外の端末に転送することが可能です。 従来のデータをやり取りする方法は、USBメモリを使ってデータを移動させていました。 この方法だと実際に使わないデータも持ち出す可能性が高くなるため、情報漏えいの危険性も高くなります。 また、リモートアクセスツールを使えば、データを転送する機能を従業員ごとに制限することも可能であり、重大な情報を社外に流出させるリスクも低くなります。 データの閲覧機能 リモートアクセスツールを利用すれば、社内でないと見られないメールやファイルにアクセスすることが可能です。 そのため、ノートPCやタブレットで活用することで、外出先で資料が必要になったときにも、スムーズに対応できます。 セキュリティ対策機能 社外で業務を行う最大の懸念は不正アクセスや情報漏えいなどのセキュリティリスクです。 リモートアクセスツールは、ID・パスワード以外にも指紋認証や電子証明書など複数の要素による認証を行っています。 このような対策を行うことで不正アクセスを防ぐことが可能です。 また、通信を暗号化しているため、ネットワーク上で通信を盗聴されたとしても、内容が流出する心配もありません。 リモートアクセスツールを理解して効果的に導入しましょう! 今回はリモートアクセスツールについて紹介してきました。 リモートアクセスを最大限活用することによって、社員の働き方は大きく変わります。 育児や体調不良でやむを得ず退職をするような社員にも、新しい働き方を提案することが可能になります。 また、外出先でも業務を行うことができれば、事務所に戻って残業を行うことも少なくなるため、労働環境も改善できます。 まずは、リモートアクセスツールの特徴やメリット・デメリットをよく理解することが大切です。 自社に合ったリモートアクセスツールを導入し、業務を効率化しましょう。 自社に合ったリモートアクセスツールを導入するには、製品に関する正しい理解が不可欠です。 以下の記事や資料請求を通して適切な製品を見つけていきましょう。

次の

遠隔地から社内PCにアクセス可能な「Chromeリモートデスクトップ」、VPN環境との違いは?

リモート デスクトップ vpn

リモートアクセスとリモートデスクトップの違い 近年では、在宅勤務やサテライトオフィスで業務を行うワークスタイルが広まっています。 このような働き方の幅が広がった要因の1つは、遠隔地でも仕事ができる「リモートアクセス」があります。 このリモートアクセスは会社以外の場所でも、専用のツールを使って社内ネットワークやコンピュータに接続し、社内と同じように業務を行うことが可能です。 今までは、USBメモリを使って社内の情報を持ち出し、自宅などで作業を行うことが多かったですが、USBメモリを紛失することで情報漏えいを起こす危険性があります。 そこで、安全なリモートアクセス環境を構築することで社内のセキュリティレベルを上げ、情報漏えい対策を行えます。 リモートアクセスと同様の言葉に「リモートデスクトップ」があります。 リモートデスクトップもリモートアクセスと同様に、遠隔地から社内環境に接続を行う目的を達成しますが、その接続方法や仕組みが異なります。 ここからはリモートアクセスとリモートデスクトップの詳細や違いを説明をしていきます。 人気の製品や気になる製品には当サイトから直接資料請求することが可能です。 具体的な導入時期や費用など簡単に問い合わせられるので、「至急導入したい!」「すぐに資料を集めたい!」とお急ぎの方はぜひ無料の資料請求をご利用ください。 リモートアクセス=遠隔地のPCやネットワークに接続すること リモートアクセスは遠隔地のPCやネットワークに接続を行うことです。 リモートアクセスを実現するためには、リモートアクセスツールを使い社内ネットワークに接続できる環境を作ります。 しかし、社外から社内に接続する場合は通常のインターネット回線を使うため、データの送受信を行う通信から情報が流出する危険性があります。 リモートデスクトップ=リモートアクセスできるツールの1種 リモートデスクトップはリモートアクセスを行うツールの種類であり、コンピュータのデスクトップ画面を遠隔から操作することができます。 大きな違いはリモートアクセスは社内ネットワークに接続し、リモートデスクトップはデスクトップ画面を転送することです。 このリモートデスクトップは一般的なリモートアクセスと異なり、VPN環境を接続しなくても社外から社内にアクセスすることが可能です。 しかし、セキュリティを確保するために個別で対策を行う必要があります。 一般的なリモートデスクトップは「PC遠隔操作型」といわれ、画面・マウス・キーボードの情報を社外の端末に転送し、遠隔操作を可能にします。 リモートアクセスツールの種類には他にも「社内LAN延長型」「Webアプリ型」の2種類あります。 VPNで接続する「社内LAN延長型」 リモートアクセスツールの「社内LAN延長型」は、VPNを使用し安全に接続する方法です。 この方法は社内ネットワーク・サーバと社外の端末の間にVPN(Virtual Private Network)を構築し、暗号化したトンネル状の仮想空間を利用することで、外部からのアクセスをシャットアウトできます。 社外から社内の環境にアクセスできるため、社内と同様の業務を行うことが可能ですが、高速な通信が必要になるなど設備を整えるためにコストがかかります。 モバイルで接続できる「Webアプリ型」 「Webアプリ型」のリモートアクセスツールは、専用のアプリケーションをインストールするだけでスマートデバイスから社内のWebシステムに接続できます。 リモートデスクトップツールの中にもモバイル対応しているものもあり、スマートフォンやタブレットを使ってPCのデスクトップ画面を共有できます。 リモートアクセス導入前の注意点 リモートアクセスを導入することで従業員の働き方の幅が広がり、業務を改善することが可能ですが、注意点も存在します。 ここからはリモートアクセスを導入する前の注意点を説明していきます。 在宅勤務の社員・勤怠時間の管理 リモートアクセスを導入することで自宅やカフェなど場所だけでなく、時間の制限もなくなります。 しかし、多くの企業では勤務時間をもとに勤怠管理・給与計算を行っていますが、リモートアクセスを導入することで実際の勤務時間が不透明になりやすくなります。 そのため、リモートアクセスを導入する前には、自社の勤怠管理の方法を見直す必要があります。 また、リモートアクセスツールの中には、アクセスできる時間を制限するものなどがあり、ツールの選定の参考にすることがおすすめです。 セキュリティの管理 リモートアクセスを利用し、社外で業務を行う場合は情報漏えいのリスクがあります。 セキュリティ対策を行っているリモートアクセスツールを導入することが大切ですが、社員のセキュリティ意識も重要です。 例えば、社内のネットワークに接続し、業務で使用するデータが入っている端末に保存することができると、そこから外部に情報が漏れてしまう可能性があります。 また、社内システムやリモートアクセスツールが万全なセキュリティ対策を行っていたとしても安心できません。 操作を行う端末のセキュリティが不十分であればウイルスの被害に遭い、情報が流出する危険性もあります。 このような場合では、デスクトップ画面だけを共有しているリモートデスクトップの方がセキュリティ強度は高いといえます。 また、リモートアクセスツールの中には端末に情報をダウンロードできないものもあるため、注意して選定することが求められます。 リモートアクセスツールの基本機能 リモートアクセスツールを導入するときにはどのような機能があるか正しく理解することが重要です。 リモートアクセスツールの基本機能を活用することで自社の業務を改善したり、メリットを感じることが可能になります。 ここからはリモートアクセスツールの基本機能を紹介していきます。 データの転送機能 リモートアクセスツールを活用することで、業務に必要なデータを社外の端末に転送することが可能です。 従来のデータをやり取りする方法は、USBメモリを使ってデータを移動させていました。 この方法だと実際に使わないデータも持ち出す可能性が高くなるため、情報漏えいの危険性も高くなります。 また、リモートアクセスツールを使えば、データを転送する機能を従業員ごとに制限することも可能であり、重大な情報を社外に流出させるリスクも低くなります。 データの閲覧機能 リモートアクセスツールを利用すれば、社内でないと見られないメールやファイルにアクセスすることが可能です。 そのため、ノートPCやタブレットで活用することで、外出先で資料が必要になったときにも、スムーズに対応できます。 セキュリティ対策機能 社外で業務を行う最大の懸念は不正アクセスや情報漏えいなどのセキュリティリスクです。 リモートアクセスツールは、ID・パスワード以外にも指紋認証や電子証明書など複数の要素による認証を行っています。 このような対策を行うことで不正アクセスを防ぐことが可能です。 また、通信を暗号化しているため、ネットワーク上で通信を盗聴されたとしても、内容が流出する心配もありません。 リモートアクセスツールを理解して効果的に導入しましょう! 今回はリモートアクセスツールについて紹介してきました。 リモートアクセスを最大限活用することによって、社員の働き方は大きく変わります。 育児や体調不良でやむを得ず退職をするような社員にも、新しい働き方を提案することが可能になります。 また、外出先でも業務を行うことができれば、事務所に戻って残業を行うことも少なくなるため、労働環境も改善できます。 まずは、リモートアクセスツールの特徴やメリット・デメリットをよく理解することが大切です。 自社に合ったリモートアクセスツールを導入し、業務を効率化しましょう。 自社に合ったリモートアクセスツールを導入するには、製品に関する正しい理解が不可欠です。 以下の記事や資料請求を通して適切な製品を見つけていきましょう。

次の

リモートアクセスとは?メリットやデメリット、リモートデスクトップやVPNとの違い

リモート デスクトップ vpn

リモートアクセス=遠隔地のネットワークに接続すること リモートアクセスの定義は、遠隔地のネットワークやパソコンなどのコンピュータに接続することです。 基本的に自宅やカフェなど社外で仕事をするときに使われ、まるで会社で使っている自分のパソコンが目の前にあるかのように操作することが可能であり、業務効率を向上できます。 セキュリティリスクがあるので注意が必要 社外から社内のネットワークに接続するときにはインターネット回線を使用します。 一般的なインターネット回線は社内のユーザーではなく、不特定多数のユーザーがおり、なかには脅威になる存在もいます。 何も対策をしなければ、社内・社外における通信から重要な情報を盗み取ったり、不正アクセス・コンピュータウイルスといった被害に遭う可能性もあります。 つまり、安全にリモートアクセスを利用するためには、セキュリティ対策を万全に行うことが必要です。 VPN=リモートアクセスを安全に行う回線・仕組みのこと VPNは「Virtual Private Network」の略であり、安全な通信を実現する環境のことです。 使用する通信はインターネット回線ですが、まるで専用の回線を使っているように仮想上のプライベートネットワークを構築します。 専用回線として利用できるため、認証されたユーザー以外は使用できないため、安全性が高いです。 また、仮想空間に環境を作るため、接続する拠点がどれだけ離れていても専用空間を利用できます。 VPNによってリモートアクセスが安全になる仕組み リモートアクセスを行うときにVPNを活用することで安全性が保たれます。 では、どのような仕組みでVPNは安全な環境を構築しているのでしょうか。 ここからはVPNによってリモートアクセスが安全になる仕組みを説明していきます。 データを専用経路で送受信する「トンネリング・カプセル化」 VPNで構築される空間はデータの送受信を行うトンネルのような役割を果たしているため、「トンネリング」と呼ばれています。 このようにVPNはトンネルを構築することで、インターネット回線(公衆回線)と区別を行い通信を行えます。 また、VPN環境を構築している装置はこのトンネルにデータを送るときに「カプセル化」を行います。 カプセル化はデータをカプセルのようなもので包みデータを送受信する仕組みです。 このカプセルは郵便物の封筒のような役割を果たしており、カプセル化することで送信先まで確実にデータを送れます。 データを保護する「暗号化・認証」 このトンネリングは専用の空間ですが、セキュリティ上の脅威がトンネル内に侵入する可能性もゼロではありません。 近年では、脅威となる存在は巧妙な手段を使って攻撃してくるため、送信者を装ったりデータを盗んだりします。 このような脅威の対策には「暗号化」と「認証」が有効でしょう。 暗号化は送受信を行うデータに鍵をかけ、データを盗まれても中身を見られないようにする対策です。 認証は送信者と受信者が正しい相手だと確かめる方法です。 この2つの方法を使うことでVPNは安全性を高めます。 VPNの種類 VPNの種類には大きく分けて「接続回線別」と「接続形態別」の2種類に分かれます。 企業の状況に応じて最適な種類を選ぶことが大切です。 では、具体的にどのような種類があるのでしょうか。 ここからはVPNの種類について説明していきます。 【接続回線別】インターネットVPN・IP-VPN 接続回線別のVPNの種類には大きく分けて「インターネットVPN」「IP-VPN」の2種類があります。 「インターネットVPN」は名前の通り、インターネット回線(公衆回線)上に構築されたVPNです。 インターネット回線にVPN環境を構築するため、他の方法に比べてコスト面でメリットがあります。 インターネット回線は不特定多数の人が同時に接続するため、通信の速度が遅くなる傾向があり、外部から攻撃されるなどセキュリティリスクが高いです。 一方、VPNの中でも通信事業者が独自に構築しているネットワークとして「IP-VPN」があります。 このIP-VPNの環境は通信事業者が構築しており、通信速度は高く堅牢なセキュリティを実現します。 専用の回線を構築するためコストは高いです。 このIP-VPNには「IPsec-VPN」「SSL-VPN」があります。 IPsec-VPN 「IPsec-VPN」はVPNで使用される通信を全て暗号化することで安全性を確保し、高い回線品質を保証するVPNです。 この「IPsec-VPN」の環境を構築する方法は、通信の送受信を行うユーザーに専用のソフトをインストールすることです。 このように専用の環境を作ることにより、利用している人数が制限され高速な通信を実現できます。 SSL-VPN コストを抑え安全性を高くしたVPNに「SSL-VPN」があります。 この「SSL-VPN」は暗号化された「SSL通信」を使い、VPNで接続したネットワーク内のデータを暗号化できます。 このVPNは既に利用しているSSLを利用し安全性の高い環境を構築できるため、コストの削減にも繋がります。 【接続形態別】拠点間VPN・リモートVPN VPNの接続形態には大きく分けて「拠点間VPN」と「リモートVPN」の2種類があります。 「拠点間VPN」はVPNを実装したルータ同士を接続する方法です。 この方法では、データ通信を行う端末に専用のソフトウェアをインストールする必要がなく、専用のルータを設置するだけで環境を構築できます。 しかし、ルータの接続範囲から外れると使用できないため、外出中には接続できません。 「リモートVPN」はVPNを実装したルータと、VPNソフトウェアをインストールした端末を接続する方法です。 この方法であれば、ノートPCやスマートデバイスでもVPN環境を利用でき、業務改善に大きく貢献します。 しかし、リモートアクセスする端末全てにソフトウェアをインストールする必要があるため、コストが大きくなりやすいデメリットもあります。 VPNを用いて安全なリモートアクセスを行いましょう いかがでしたでしょうか。 今回はリモートアクセスとVPNについて紹介してきましたが、VPNの仕組みを知ることでセキュリティの必要性を感じることができます。 リモートアクセスは便利な技術ですが、セキュリティリスクを考慮する必要があります。 VPNには複数の種類があるため自社に最適なVPN環境を構築し、安全なリモートアクセスを活用しましょう。

次の