キンカン ジャム。 キンカンの効能や食べ方、甘露煮やジャムの作り方レシピなど

金柑の甘露煮の作り方と種の取り方。ジャムの簡単レシピで長期保存

キンカン ジャム

金柑ジャムの作り方 材 料 金柑 300g 砂糖 150g レモン汁 大匙1 作り方 1 金柑はきれいに洗ってヘタを取ります。 2 縦半分に切り種を楊枝などで取り除き、細かく刻み ます。 3 鍋に金柑と砂糖を入れ30分ほどおいてから火にかけます。 4 焦がさないように混ぜながらあくを取り煮詰めて いきます。 5 ほどよいとろみになったらレモン汁を入れ火をめま す。 6 粗熱が取れたら煮沸消毒した瓶に詰めて冷蔵庫保存 します。 ややまだ柔らかいかなと思うくらいで火を止めましょう。 スポンサードリンク 金柑の主な有効成分と効果・効能 金 柑 キンカン)は、中国を原産とするミカン科キンカン属 の常緑低木になる果実です。 果実はそのままでは酸味が強くジャムや甘露煮などに利用さ れています。 金柑にはレモンに匹敵する豊富なビタミンCが含まれ古くか ら疲労回復やのどに効く民間薬として重宝されてきました。 また抗酸化作用のあるビタミンBやビタミンPも豊富に含ま 老化防止効果や美肌効果が期待されます。 保存期間や保存の仕方に注意し瓶は必ず煮沸消毒したものを 使用しましょう。 煮沸消毒 用意するもの ・保存瓶 ・瓶が余裕で入る大きさの鍋 ・トングや菜箸など ・耐熱用手袋 ・キッチンペーパー 1 保存瓶とふたはきれいに洗っておきます。 2 鍋に瓶を入れすっぽり浸かるくらいの水を入れて沸かします。 3 沸騰したら沸騰を続ける程度にやや火を弱めて5分くらいぐら ぐらと沸かします。 中味の詰め方 本体に詰める場合は90%を目安にししばらく逆さにしておき ます。 長期保存する場合はさらに空気抜きや殺菌が必要になります のでできれば冷蔵庫で2~3か月を目安に使い切りましょう。 スプーンなどから雑菌が付かないよう気を付けましょう。

次の

金柑の栄養と効能効果!皮ごとの食べ方や旬はいつ?副作用や1日何個までなら大丈夫?

キンカン ジャム

金柑は、よく熟したものを使います。 金柑を良く洗い縦に割り、中の種を取り出します。 (竹楊枝などを使うと取り出しやすいです) 種を取らずに作ると、苦味が残ります。 種を取ったものを一昼夜、水に漬けてアク抜きします。 これを鍋で茹でて、柔らかくなったらお湯を捨て、もう一度ひたひたの水で沸騰させます。 徐々に、砂糖を加えます。 煮詰まれば、ジャムの出来上がりです。 金柑を細切りにして、あまり煮込み過ぎないようにすると、マーマレードっぽくなります。 私は出来上がる寸前に、レモン汁を少し加えています。 (多すぎるとすっぱくなります) はちみつを加えても、美味しいと思います。 小さい時、よく祖母と作りました。 砂糖の量は、金柑の量の半分以上にしておくと、傷みにくいです。 たくさんあるのでしたら、きんかん酒もお勧めです。 *きんかん酒.

次の

きんかんジャムを作る|レシピ&グルメノート

キンカン ジャム

Contents• キンカンとは? キンカンは別名「金橘(きんきつ)」や「ヒメタチバナ」ともいい、夏から秋にかけて白い花を咲かせ、秋になると丸い実がなります。 果実は強い酸味があり、 皮には甘みがあるため皮ごと食べることができます! 実よりも皮の方に栄養があるため、甘露煮やジャムにして丸ごと食べるのをおすすめします。 キンカンには「温室」、「ハウス」、「露地」と3つの栽培方法があります。 一番キンカンが美味しい時期は1月中旬から3月上旬ごろです。 主な名産地は鹿児島県と宮崎県で、特に宮崎県はキンカン栽培の70%を占めており、「たまたま」、「たまたまエクセレント」、鹿児島県の「春姫」と「いりき」などがあります。 naver. キンカンは江戸時代以降に中国から薬用として伝わりました。 キンカンは特に皮の部分に栄養があり、ビタミンCやカルシウムが豊富に含まれています。 キンカンの効果についてご紹介します! 1.風邪症状の緩和やインフルエンザの予防 キンカンには のどや鼻の痛みを緩和し、 粘膜を強くするビタミンAが豊富に含まれています。 継続してキンカンを食べると寒さや細菌への免疫力を高める効果が期待されるため、 昔から風邪に効く民間薬として親しまれてきました。 免疫力を高める効果があるため、インフルエンザの予防にも効果的です! 2.美肌効果 肌の組織を作る 「コラーゲン」にはたくさんのビタミンCが必要です。 そのため、キンカンを食べるとキンカンに含まれるビタミンCが皮膚の形成に役立ちます! その他、キンカンには 「抗酸化作用」があるため、細胞の老化を防ぐことができます。 3.リラックス効果 キンカンの芳香成分には、ストレスを軽減させて気持ちを落ち着かせる 「リラックス効果」が期待できます! また、疲労物質の原因になる乳酸分解の手助けをしてくれる 「クエン酸」を含んでいるため、 「疲労回復」の効果が期待できます! 4.血流の改善 キンカンの皮には 「ヘスペリジン」という成分が含まれているため、以下の効果が期待できます! ・血流改善効果(毛細血管の血行を促進する) ・血管強化 ・血中コレストロール改善(悪玉コレストロールを減らし善玉コレステロールを増やす) ・冷え症改善 5.腸内環境の改善 キンカンの皮やスジには食物繊維が豊富に含まれています! 食物繊維には以下のデトックス効果があります。 ・食後の血糖値の上昇を抑える ・腸内の善玉菌を増やして免疫力を高める スポンサードリンク キンカンの食べ方は? おすすめレシピ! キンカンは皮に栄養が含まれており、生で丸かじりするのが一般的な食べ方です。 ジャムや甘露煮にしても皮ごと美味しく食べることができます! また、スライスしてサラダに入れると味と彩りのアクセントになるのでおすすめです。 しかし、皮には少し苦みがあるので苦手な方は調理して食べられることをおすすめします! 私がおすすめするキンカンのレシピをご紹介します! 1. キンカンの甘露煮 少ない材料で簡単に作ることができるキンカンの甘露煮の作り方をご紹介します! <材料> ・キンカン 500~600g ・水 キンカンを入れた鍋がひたひたになる量 ・砂糖 250~300g <作り方> (1)キンカンは水洗いをしてヘタを取り、上下を残して包丁で切込みを入れます。 つまようじなどで中の種を取り出すと食べやすいのでおすすめです! (2)キンカンの水分を取ります。 砂糖はキンカンの重量の50%ぐらいを用意すると美味しく保存ができるのでおすすめです! (3)キンカンが浸かるたっぷりのお湯でキンカンを3分ぐらい茹でます。 (4)渋みを抜くために水を入れたボウルにキンカンを1時間ぐらい漬けます。 (5)鍋にキンカンとキンカンがつかるぐらいの水、砂糖を入れて弱火で煮ます。 皮が柔らかくなり、汁にとろみがついたらできあがりです! 私も実際に作ってみました! 弱火で4時間ぐらいコトコト煮るととてもやわらかい甘露煮ができました! とても甘く、家族みんなで風邪予防に食べています! 簡単に作ることができるのでおすすめです! 2. キンカンのジャム 朝食にもピッタリなキンカンのジャムの作り方をご紹介します! setosa. html 瓶に詰めたら出来上がりです! 私も実際に作ってみました! 種を取る作業は時間がかかりましたが、切って砂糖を入れて煮込むだけなので簡単にできました! フードプロセッサーで細かくしてジャムにしましたが、キンカンの食感が残っていてパンに塗ると美味しかったです! ぜひ簡単に作れるキンカンのジャムを手作りしてみてくださいね! キンカンについてのまとめ キンカンは免疫力を高めて風邪やインフルエンザの予防の効果などがあるため、今の時期にぜひ取り入れたいですね! また、血流や腸内環境の改善にも効果が期待できるため、健康に気をつけたい方にもおすすめです! キンカンの甘露煮やジャムは比較的簡単に作ることができるので、ぜひ作ってみてくださいね。 ビタミンCなどが豊富で美肌効果やリラックス効果が期待できるキンカンをぜひ食べてみて下さいね!

次の