ドコモ 光 10 ギガ。 ドコモ光10ギガプランの評判を徹底調査!!失敗しないプロバイダ選び|WiMAXの最安値を比較!

フレッツ光・ドコモ光が10ギガ(Gbps)解禁!5Gと光回線の今後を予測|WiMAXの最安値を比較!

ドコモ 光 10 ギガ

記載の通信速度は技術規格上の最大値であり、インターネットご利用時の速度は、お客様のご利用環境(パソコンの処理能力、ハブやルーターなどのご利用機器の機能・処理能力、 LANケーブルの企画、電波の影響など)、回線の混雑状況、ご利用時間帯によって大幅に低下します。 メール 最大提供メールアドレス数 5 メールBOX容量 2GB セキュリティ サービス メールウィルスチェック ・ウィルスチェックサービス 迷惑メールフィルタ ・迷惑メールフィルタサービス 総合セキュリティソフト ・おまかせ安心セキュリティ(12か月無料) ・先読み防御セキュリティ(12か月無料) サポート サービス リモートサポート (初回無料) 訪問サポート (初回無料) IPv6 IPoE IPv4 over IPv6通信 その他独自サービス ご契約期間中は以下の内、1つを無償レンタル ・ポータブルHDD ・スマートフォン対応プリンタ ・スマートフォン対応防水スピーカー ・スマートフォン対応TVミラーリングレシーバー 接続イメージ• 「ドコモ光 1ギガ」からの料金プラン変更でプロバイダを継続してご利用される場合、無料で利用可能な期間、ご利用条件は引き継がれます。 詳細は andline for ドコモ光 カスタマーサポート デスクにご確認ください。 なお、本プランは、戸建て向けのみの提供となります。 規格上の通信速度は最大で 10Gbps となります。 なお、ベストエフォート方式による提供となり、実使用速度はご利用環境や回線の混雑状況によって低下します。 定期契約プランは、2年間同一の「ドコモ光」契約を継続して利用することが条件となり、解約(定期契約のない料金プランへの変更含む)のお申出がない場合は、自動更新となります。 更新後を含む契約期間内で解約時(定期契約のない料金プランへの変更含む)には、13,000 円の解約金がかかります。 工事の内容によって料金が異なります。 お客さまのご利用になる環境設備により、7,600 円となる場合があります。 「ドコモ光」のペア回線(「ドコモ光」と対となる携帯電話回線)ご契約者はペア回線にポイント進呈となります。 ペア回線を設定しない場合は「ドコモ光の d アカウント登録」をすることでポイント進呈の対象となります。 ポイント進呈時点で「ドコモ光」またはペア回線のご契約者が d ポイントクラブ会員またはドコモビジネスプレミアクラブ会員でない場合はポイント進呈されません。 進呈する d ポイント(期間・用途限定)の有効期限は進呈月の1 日から起算して 6 か月です。 「ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、 JAL マイル・ Ponta ポイントへの交換含む)」「ケータイ料金の支払い」「データ量の追加」にはご利用になれません。 詳細は「 」でご確認ください。 ドコモビジネスプレミアクラブ会員の場合はドコモポイントの進呈となります。 ドコモポイントは「ケータイ料金の支払い」にはご利用になれません。 2 年定期契約は利用開始日から 2 年間同一回線での継続利用が条件(自動更新・解約金あり)です。 永年無料オプション プロバイダandlineでご利用のお客様は 『永年無料の選べるオプションレンタルサービス』がついてくる 永年無料 オプション品 ・ポータブルHDD ・スマートフォン対応プリンタ ・スマートフォン対応防水スピーカー ・スマートフォン対応TVミラーリングレシーバー その他オプション セキュリティソフト おまかせ安心セキュリティ 500円 12か月無料 先読み防御セキュリティ 500円 12か月無料 サポートサービス リモートサポート 500円 初回無料 訪問サポート 8,000円~ 初回無料 その他 おまかせ安心バックアップ 500円 光セット割でお得 980円 機器保障サービス 600円 詳細につきましては下記へご連絡いただきますようお願い申し上げます。 ・andline for ドコモ光 カスタマーサポート デスク ・窓口:03-6809-3392 (年末年始除く 10:00~19:00)• お電話をいただく際には、電話番号をお確かめのうえ、お間違えの無いようにお掛けくださいますようお願い申し上げます。

次の

フレッツ光が毎秒10ギガに ドコモなど卸売先も :日本経済新聞

ドコモ 光 10 ギガ

Contents• ドコモ光10Gタイプとは ドコモ光は 光コラボのネット回線です。 光コラボはフレッツ光の回線設備を借り受けて独自にネットサービスを提供する事業者のことを指します。 少し前にフレッツ光でも最大10Gbpsの フレッツ光クロスがリリースされていました。 フレッツ光が最大10Gbpsに対応するようになったことで、光コラボでも最大10Gbpsのプランが続々と出てくるのではないかといわれていましたが、それが実現しました。 ドコモ光ではこれまで最大1Gbpsまでのプランしかありませんでした、今回新登場した最大10Gbpsプランは 従来の10倍という通信速度を実現しています。 月額料金や提供エリア、対応するプロバイダなどどのような内容になっているのか詳しくみていきましょう。 1-1. 料金比較とサービス特徴は 5Gの商用化がスタートすることもあり、これからの通信サービスが大容量化していく中で、ネット回線にもより高いスペックが求められるようになっています。 優れた通信速度で大容量のデータを送受信し、同じ回線に複数のデバイスで接続しても速度が低下しないなどあらゆる面での進化が必要です。 今回ドコモ光で登場した最大10Gbpsプランは次世代の通信サービスに見合ったサービスといえるでしょう。 ドコモ光10Gの 月額料金は以下のようになっています。 プラン 契約期間 月額料金 10ギガ タイプA 2年 6,300円 10ギガ タイプB 2年 6,500円 10ギガ 単独タイプ 2年 5,900円 ドコモ光10Gは 「戸建てタイプ」のみの提供となっています。 タイプAとタイプBに関しては選ぶプロバイダによって決まります。 単独タイプはプロバイダとの契約が別個になっており、追加料金が必要になるので月額料金が安いからといってお得というわけではありません。 では、ドコモ光でこれまで提供されていた最大1Gbpsのプランと料金を比較してみましょう。 プラン 契約期間 月額料金 10ギガ タイプA(戸建て) 2年 6,300円 1ギガ タイプA(戸建て) 2年 5,200円 1ギガ タイプA(マンション) 2年 4,000円 通信速度が飛躍的に上がるのと同様に月額料金も1,000円近く上がります。 毎月1,000円多く払うだけでこれほどの通信速度を実現できるのであれば安いかもしれません。 1-2. 対応エリアと今後の拡大について 現時点でのドコモ光10Gの対応エリアは一部地域に限られています。 NTT東日本エリア 東京都 (大田区、世田谷区、杉並区、練馬区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区の一部) NTT西日本エリア 大阪府大阪市 愛知県名古屋市 各エリアの受付開始日と提供開始日は以下のとおりです。 エリア 受付開始日 提供開始日 東京都 2020年3月23日 2020年4月1日 大阪市 2020年4月1日 2020年4月13日 名古屋市 2020年5月11日 2020年6月1日 東京以外での提供開始に関しては5月以降となっているため全国的に提供されるにはまだまだ時間がかかると予想されます。 1-3. ドコモ光10Gの気になる速度は ドコモ光10Gは従来の最大1Gbpsプランの10倍の 10Gbpsを発揮します。 ただしこれはベストエフォート値といって、あくまで技術上可能な最大速度を表しているに過ぎません。 もちろん従来サービスよりも通信速度が上がることが期待されますが、利用環境・利用機器・混雑状況の影響を受けます。 特に、利用機器に関しては注意が必要です。 ドコモ光10Gプランで最大速度10Gbpsを楽しむには 10Gbpsに対応したルーターが必要になります。 ドコモ光では10Gbps対応のルーターを月額500円でレンタルすることができるので、このプランのポテンシャルを最大限発揮しようと思ったら月額料金以外の費用もかけなければいけません。 対応プロバイダ ドコモ光の1Gプランでは24社ものプロバイダから好きなものを選ぶことができました。 10Gプランの方では 選べるプロバイダも少なくなっているので注意してください。 プラン プロバイダ 10ギガ タイプA• ドコモnet• plala• GMOとくとくBB• andline• hi-ho 10ギガ タイプB• excite• AsahiNet 上記の7社となります。 今後プロバイダによってキャンペーンや割引などで差が出てくるので注目が必要です。 1-5. ドコモ光10Gの評判はどう? ドコモ光10Gプランの登場に対してどのような評判がみられるのか確認していきましょう。 こちらも期待の表れと捉えていいかもしれません。 また、フレッツ光クロスでもあったのですが、ドコモ光10Gプランだと光電話が使えなくなってしまいます。 現在、ドコモ光とドコモ光電話に同時加入している人にとっては切り替えるのは面倒かもしれません。 ドコモ光10Gタイプのメリットデメリット 月額料金や対応プロバイダ、提供エリアや評判などドコモ光10Gプランの内容についてまとめていきました。 ここでは、これらの内容を加味した上でドコモ光10Gプランのメリットとデメリットを紹介していきます。 2-1. メリット ドコモ光10Gプランのメリットは以下の3点です。 国内最速級の通信速度を実現• ドコモスマホとのセット割が適用される• キャンペーンでdポイントがもらえる 最大のメリットはやはり 最大10Gbpsという通信速度です。 国内のネットサービスの中でも最速級の速さを誇るスペックを有していますし、これから4Kの映像コンテンツやVRコンテンツといった大容量通信サービスが幅広く展開されていく中でそれらを快適に楽しみたい人におすすめです。 さらに、ドコモの光回線ということもあり、ドコモスマホとの セット割も適用されます。 スマホとネットのセット加入で毎月のスマホ代が500〜1,000円割引となるので、ドコモスマホを利用されている方にもメリットがあります。 さらに、今ならドコモ光10Gプランの 新規加入でdポイントがもらえるキャンペーンも実施中です。 ポイント還元分だけでかなり大きなメリットになるので、加入を検討されている方は見逃さないようにしてください。 参考: 2-2. デメリット ドコモ光10Gプランのデメリットは以下の3点です。 月額料金が高い• 提供エリアが狭い• 光電話に対応していない 月額料金を見てみるとやはり従来のプランよりも 1,000円ほど高くなっているため、今のネット回線で十分という人にとっては余計な出費になってしまうかもしれません。 また、提供エリアが東京、大阪、愛知の一部エリアのみとなっているため、 ほとんどの方は利用することができません。 そして、ドコモ光10Gプランは 光電話に対応していません。 1Gプランで固定電話もセットで利用していた人にとっては、別の固定電話サービスに加入し直す必要が出てくるので注意が必要です。 2-3. ドコモ光10Gタイプをおすすめな人 ドコモ光がおすすめなのは以下のような人です。 最大10Gbpsの通信速度で最新コンテンツを思う存分楽しみたい人• ドコモのスマホを利用している人• ドコモ光ユーザーで光電話を利用していない人 やはり最大速度10Gbpsの魅力はこれから幅広く展開される大容量コンテンツを快適に楽しめるという点にあります。 最新のサービスや高精細な映像コンテンツなど、新しい物好きでそれらを思う存分楽しみたい人におすすめです。 また、ドコモのスマホを利用している人はネットとのセット割が適用されるので月額料金が高くなっても多少はカバーできます。 従来のドコモ光1Gプランを利用している方でも光電話を利用していないのであれば、新しい10Gプランに加入する価値はあるでしょう。 ドコモ光10Gへの変更手順 ドコモ光10Gへの加入方法について見ていきましょう。 他社回線を利用している方でドコモ光10Gに変更するパターンや、従来のドコモ光ユーザーの方が10Gプランに変更するパターン、それぞれ詳しく紹介します。 3-1. 現在ドコモユーザーの場合 現在ドコモ光1Gプランを利用している方は10Gへのプラン変更手続きを行います。 「 ドコモショップ」「 ドコモインフォメーションセンター」の2つの窓口から申し込みができます。 申し込むとドコモ光サービスセンターから工事日などに関する連絡がきます。 次に必要書類を受け取り、切り替え工事を行い、機器などの設定を終えれば利用開始となります。 参考: 3-2. 他社回線ユーザーの場合 他社回線を利用しているユーザーの方はドコモ光への申し込み手続きを行います。 申し込み方法は以下の3種類があります。 1ギガプランと10ギガプランで対応プロバイダが異なる• プラン変更でも工事費が必要• ドコモ光電話が使えない まず注意しておきたいのがプランごとに対応するプロバイダが異なるということです。 ドコモ光10Gプランでは利用できるプロバイダが限られています。 また、プラン変更であっても回線設備に切り替えなどの工事が必要となるので、工事費用がかかってしまいます。 ドコモ光1Gプランで ドコモ光電話を利用中の人は10Gへの切り替えで光電話が使えなくなってしまうので、そのままのプランで利用し続けることをおすすめします。 まとめ ついに光コラボでも 最大10Gbpsに対応したプランが登場しました。 通信サービスが新しい時代を迎える中で、それに見合ったスペックを有する光回線に期待がかかります。 ドコモ光10Gプランでは、 スマホとのセット割引や 新規加入キャンペーンなど魅力的なサービスを打ち出しているので提供エリア内で新しいプランに興味のある方はぜひ申し込んでみてください。

次の

2020年4月1日フレッツ光クロス10ギガ(Gbps)スタート!光コラボはどうなる!?

ドコモ 光 10 ギガ

ドコモ光10ギガはどこで使えるの? まずは、この超高速光回線がどのエリアで使えるのかが気になるところ。 チェックしてみましょう。 東日本エリア 大田区・世田谷区・杉並区・練馬区・板橋区・足立区・葛飾区・江戸川区の一部 西日本エリア 大阪府大阪市 愛知県名古屋市 やはり、最初は使えるエリアはかなり限られてしまいます。 新しい通信サービスは人口の多い東名阪で始まって、少しずつエリアを拡大していくパターンのように思います。 提供開始はそれぞれ違う ドコモ光10ギガは、エリアによって申し込み受付と提供開始日が違いますので注意しましょう。 受付開始日 提供開始日 東京23区内 2020年3月23日(月曜) 2020年4月1日(水曜) 大阪市 2020年4月1日(水曜) 2020年4月13日(月曜) 名古屋市 2020年5月11日(月曜) 2020年6月1日(月曜) 月額料金はどのくらいかかるの? ドコモ光は選ぶプロバイダーによって月額料金が違います。 また、ドコモ10ギガは通常のドコモ光とは対応プロバイダーが違ってきます。 下の表に対応プロバイダーごとの月額料金と諸費用もまとめてみます 税抜。 ちなみに、戸建てプランのみの提供になります。 タイプA タイプB 事務手数料 3,000 円 3,000 円 月額料金 6,300 円 6,500 円 対応プロバイダー ドコモnet plala GMOとくとくBB andline hi-ho BB. excite AsahiNet 開通工事費 18,000 円 18,000 円 タイプAの方が、タイプBよりも月額 200 円安く使うことができますね。 この月額料金は 2 年の定期契約となるので、契約更新月以外で解約をした場合は、13,000 円 税抜 の解約金がかかります。 開通工事費については、後述するキャンペーンで同額分のdポイントをもらうことができますよ。 ドコモ光10ギガを使う上での注意点 10ギガサービスを使う上での注意点を3つお伝えします。 専用ルーターが必要 10ギガサービスを使うには、最大通信速度 10 Gbps に対応した専用ルーターが必要なります。 市販の製品を自分で用意するか、ドコモ光から月額 500 円 税抜 でレンタルするかになります。 とりあえず、初めのうちはレンタルで様子を見るのも良いと思います。 参照:ドコモ光10ギガ 公式サイト ドコモ光電話は未対応 10ギガサービスはドコモ光電話は対応していないので、固定電話がどうしても必要であれば、月額料金はもったいないですがアナログ回線のままにしておくか、通常のドコモ光 下り最大 1 Gbps でドコモ光電話を使うようにしましょう。 LAN側も高速通信に対応している必要がある ネット回線がルーターまで10ギガサービスであっても、そこからLAN側 ユーザー側 も10ギガに対応していないと恩恵が受けられません。 例えば、LANケーブルは 10 Gbps に対応した「Cat6a」以上の製品を選ぶ。 パソコンのLANポートも 10GBase-T や 2. 5GBase-T に対応している必要があります。 Wi-Fi も使うのであれば、無線LANルーターは Wi-Fi6 に対応し、WAN側は 10GBase-T、LAN側は 2. 5GBase-T に対応している製品を選ぶこと。 Wi-Fi接続するスマホやタブレット側も WiFi6 対応が望ましいと言えます。 ただし、パソコンやスマホなどのデバイスは、これから対応機器が出てくるので、買い替えのタイミングで対応デバイスになっていくと考えれば良いでしょう。 ドコモ光10ギガのキャンペーン• 新規工事費用相当のdポイント:18,000 pt 開通の翌々月• 貰えるタイミングですが、全て利用開始の翌々月です。 3 については、そこから最大24カ月間、毎月貰えるようになります。 このキャンペーンの条件ですが、ドコモ光10ギガを 2 年の定期契約で申し込み、申し込んだ月を含めて 7 ヶ月以内に利用開始すること。 また、開通した時点で定期契約を続けていて、契約者がdポイントクラブ会員またはドコモビジネスプレミアクラブ会員となっていることが必要です。 月額料金も10ギガと比べると安価で、マンションタイプ導入物件なら、さらに安く使うことができます 下表は税抜。 プロバイダーは、「GMOとくとくBB」がオススメです。 ネットワークが混んでる時間帯でも速度が低下しにくい、次世代通信技術「v6プラス」が使える上に専用ルーターが無料でレンタルできますよ。 また、GMOとくとくBBは、2019年のオリコン顧客満足度調査で、プロバイダ広域企業で No. 1 を獲得しているため、ユーザー側から見た信頼性も高いプロバイダーと言えます。 他にも、追加でキャッシュバックが貰えるなど特典の多さも魅力です。 これから将来に向けてインターネット上のコンテンツも通信量が増えてきますので、5年後・10年後には 5G や Wi-Fi6 と合わせて、光回線は下り最大 10 Gbps が当たり前になっている時代が来るでしょう。

次の