運転 免許 証。 認知機能検査について|警察庁Webサイト

福岡県警察 運転免許証の更新手続

運転 免許 証

運転免許証が中型免許になっていた 運転免許証の中央部分、有効期限の下にある注記が書かれた部分は「免許の条件等」という項目です。 免許証を持つ人が運転する際に制限がある場合に、ここにその内容が記入されることになっています。 例えば、近視のためにメガネ・コンタクトレンズが必要な場合は「眼鏡等」、AT限定で運転免許を取得した場合「普通車はAT車に限る」といった具合です。 普通自動二輪で小型限定の運転免許証には「普通二輪は小型二輪に限る」と記載されます。 ところが、条件無しの運転免許を取ったはずなのに、更新したら条件付きの中型免許や準中型免許になっていた、という人が多いはず。 これは、2007年と2017年に、普通車に関係する運転免許の区分が変わったことによる注記です。 2007年6月1日以前は、普通自動車運転免許でも車両総重量8t・最大積載量5tまでの自動車が運転できました。 しかし、2007年6月2日以降は車両総重量5t・最大積載量3. 5tに、さらに2017年3月12日以降は車両総重量3. 5t・最大積載量2tに範囲が変更されています。 運転免許証に中型車 8t に限ると記載 その代わりに新設されたのが、2007年からの中型免許、2017年からの準中型免許です。 しかし、免許区分の変更で運転できなくなるのは不便なため、最初に普通自動車運転免許を取った時点で運転できた範囲までOKという経過措置がとられているのです。 そこで、2007年6月1日以前に取得した普通自動車運転免許は、自動的に中型免許となり「中型車は中型車 8t に限る」と記載されます。 同様に、2007年6月2日から2017年3月12日に取得した普通自動車運転免許は準中型免許に切り替わり「準中型車は準中型車 5t に限る」と記されるのです。 ちなみに「免許の条件等」欄に書かれた部分を消し、限定無しにする手続きは、限定解除審査と呼ばれるもの。 レーシック手術後「眼鏡等」の限定を外す場合は視力検査だけで済みますが、AT限定や中型車の8t限定などを外すケースは技能審査が必要です。 限定解除審査は、各都道府県の運転免許試験場で受けるのが原則。 しかし、免許を取得するケースと同じく、指定教習所で教習を受けて合格すれば、技能審査が免除されます。 この場合、教習時間は一から免許を取得するより短く、料金も割安です。

次の

運転免許証の更新/静岡県警察

運転 免許 証

高齢者講習 高齢者の方が更新時に受ける一般的な講習です。 鮫洲運転免許試験場、府中運転免許試験場(江東運転免許試験場では実施していません)及び都内45カ所の教習所で受講できます。 試験ではないので、必ず終了証明書が交付されます。 (受講は都内居住者に限ります) シニア運転者講習 都内居住者以外でも受講できる講習です。 都内10カ所の教習所で受講できます。 (内容は高齢者講習と同じですので、都内居住者は高齢者講習を受けてください) 都内居住の方が他道府県でこの講習を受講したい場合は、受講先の道府県の免許センター等にお問合せください。 チャレンジ講習 教習所コース内を普通車を使って行う運転する講習(試験)で、その評価点が70点以上の場合に合格となり、簡易講習を併せて受講することにより、高齢者講習に代えることができます。 70点未満の方は、再度チャレンジするか、他の講習を受講してください。 都内6カ所の教習所で受講できます。 電話で確認してください。 メリットは、手数料が安いことです。 デメリットは、実施場所が少なく、不合格の場合は、再度受講しなければならないことです。 (再受講は、別途手数料がかかります。 ) 特定任意高齢者講習 (簡易講習) チャレンジ講習で70点以上の方が受講できます。 運転免許取得者教育 運転技術の向上等を目的にした講習で、この講習を受講すると高齢者講習が免除されます。 手数料は、各教習所独自に設定しています。 講習の名称 講習の所要時間 講習の内容 講習手数料 高齢者講習 2時間 座学・運転適性検査(60分) 実車(60分) 5,100円 高齢者講習 小型特殊免許 1時間 座学・運転適性検査(60分) 2,250円 シニア運転者講習 2時間以上 座学・運転適性検査(60分以上 実車(60分以上) 5,100円 チャレンジ講習 1人約30分 実車による試験(30分) 2,650円 簡易講習 チャレンジ講習が70点以上の人のみ受講可 1時間以上 座学(30分以上) 運転適性検査(30分以上 1,800円 運転免許取得者教育 2時間以上 座学・運転適性検査(60分以上 実車(60分以上) 教習所毎に異なります。 受講する教習所にご確認ください。

次の

運転免許証の更新/静岡県警察

運転 免許 証

警察署の運転免許課など• 運転免許センター• 運転免許試験場 近くの警察署に行って手続きするのが一番便利でしょう。 運転免許センター・運転免許試験場でも住所変更手続きをおこなうことができます。 むしろ警察署よりも 運転免許センター・運転免許試験場のほうが確実でしょう。 ただし、運転免許センター・運転免許試験場は免許取得の申請や更新・書き換えの手続きにきている人が多く、 本籍や氏名の変更手続きに時間がかかってしまうケースが多くあります。 新しい住所の近隣に運転免許センター・運転免許試験場がある人をのぞけば、 警察署で本籍や氏名の変更手続きをおこなったほうが、手続きの時間が短いでしょう。 本籍・氏名の変更手続きの受付時間って? 本籍・氏名の変更手続きの受付時間は、 県や地域、警察署によって違っています。 9時00分から16時00分の間にいけば確実でしょう。 警察署は土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始は受け付けていないケースが多いです。 平日に時間がとれない人は運転免許センター・運転免許試験場にいきましょう。 運転免許センター・運転免許試験場も 日曜日のみ受け付けているケース、お昼は受け付けていないケースなど地域によって違っています。 注意してください。 運転免許センター・運転免許試験場の受付時間については「」をご覧ください。 本籍・氏名の変更手続きに必要な持ち物(必要書類)って? 運転免許証の本籍・氏名の変更手続きに必要な持ち物、必要書類は下の物になります。 運転免許証記載事項変更届 運転免許証の住所変更手続きをするための書類です。 警察署や運転免許センター・運転免許試験場に置いてありますので、あらかじめ用意して持っていく必要はありません。 運転免許証 記載内容を変更したい、今使っている運転免許証を持って行きましょう。 運転免許証は身分証明書や本人確認書類としてよく使われます。 新しい本籍を記載するときは、町名や番地・住まいがアパート、マンションなどの人は棟や号室まで 正確に記載しましょう。 住民票 新しい本籍・氏名が記載されている住民票を用意しましょう。 コピーでは受け付けてもらえない地域もあります。 住民票の原本を持って行きましょう。 印鑑 認印(みとめいん)で大丈夫です。 シャチハタでは認められない場合もあるので、認印(みとめいん)を持って行きましょう。 手数料・費用・料金は? 免許の本籍・氏名の変更に手数料・費用・料金などはかかりません。 無料で手続きすることができます。 しかも抽選で10万円が当たるキャンペーン中です。 1時間から、長くても2時間と考えておけば大丈夫でしょう。 本籍・氏名の変更手続きにはいくらかかるの? 運転免許証の本籍・氏名の変更手続きに費用はかかりません。 無料です。 本籍や氏名は変わらないけど住所が変わったらどうするの? 本籍や氏名が変わらなくても住所が変わったら運転免許証の記載変更手続きが必要になります。 詳しくは「」をご覧ください。 各都道府県ごとの詳しい手続きについて 各都道府県ごと本籍や氏名の変更手続きが違っている場合があります。 もっと詳しく知りたい方はからお住まいの県の警察署のページをご確認ください。

次の