大正 ロマン 着物。 アンティーク着物の魅力!知っておきたい大正ロマンとは?!

京都で大正ロマンな着物をレンタルするなら咲く都!レトロなスポットも紹介

大正 ロマン 着物

大正時代の女性の服装では大正ロマンを感じる矢絣袴のハイカラさんスタイルが流行しました。 いわゆる男性の書生スタイル、バンカラスタイルの女性版。 女学生スタイルです。 女性も少しずつ教育を受けるようになった大正時代、まだまだ花嫁学校のような立ち位置とはいえ従来の着物よりも動きやすい袴スタイルが流行しました。 矢絣は大正時代に女学生の間で流行し昔ながらの草履スタイルの女性もいれば袴に洋装を取り入れたブーツスタイルの女性もいました。 また袴姿と一緒に大きなリボンを髪の毛に付けるのも女学生に人気のスタイルでした。 いまでもこのかわいいハイカラファッションは人気でよく大学の卒業式で身に着ける人を見かけます。 フィンガーウェーブとはサイドの髪の毛を波型にウネウネトとウェーブさせた髪型でまさに大正ロマンを感じさせる匂い立つような女性らしさが特徴です。 特にフィンガーウェーブのトップにヘッドドレスを合わせたファッションは今見てもほれぼれするレトロな美しさです。 フィンガーウェーブは耳かくしともいわれ、フィンガーウェーブでうねりを出したあと長い髪の毛を後ろの低い位置でまとめ毛先を中に隠すスタイル。 クロッシェ帽を被ると流行の断髪へアに近くなり長い髪を保ったまま最新スタイルを楽しめるモダンで便利な髪型だったようです。 細い眉は大正時代にとても特徴的でひと筆書きしたようなアーチ状の眉が個性的です。 またリップは濃い赤で今のようにふっくらとした肉厚の唇よりも薄く小さく見せたおちょぼ口が可憐で品が良いとされていました。 服装以外の大正時代の特徴|暮らしや文化は? 好景気で貧富の格差が顕著になった時代.

次の

着物の種類 大正ロマン・昭和モダン 銘仙が好き

大正 ロマン 着物

大正ロマンコーディネートが可愛く彩れる和洋折衷な和装にも洋服に合わせられる大正浪漫小物をすぐにチェックしたい方は 最近では、成人式の振袖や卒業式の袴、また和婚の打掛においても 「大正ロマン」を取り入れたお洒落なコーディネートがたくさん増えてきました! そもそも「大正ロマン」とはどういった装いのことなのでしょうか? 大正ロマンとは、明治~大正時代に日本が西洋の文化を取り入れ、 古き良き和の中にも革新的なお洒落感をプラスした装いの総称です。 是非この機会にお得にお買い物くださいませ。 詳細などは随時更新しております 開催場所: ・和小物や和雑貨がお好きな方 ・今年こそは浴衣を着ようという方 ・大正ロマンな雰囲気が好きな方 明治~大正時代の産物 「 アンティーク着物」を日常に取り入れられるようにと考えてデザインした 大正浪漫な沢山のアクセサリーを展示&販売しておりますので、是非毎月の楽しみにしていただければと思います。 大正ロマンな着物とは? 大正正ロマンな着物というと、いまいちイメージがつかないかもしれませんが、「アンティーク着物」と言い換えれば少しイメージがつくのでは無いでしょうか? アンティーク着物とは大正から昭和初期に作られた着物で、 大正ロマンや昭和モダンと呼ばれる花柄や幾何学模様、当時物にしかない珍しく鮮やかな色合いが特徴です。 現代の着物では出すことが難しい珍しい色合いや個性的な和柄は、見る人の目を惹きつけます。 何故、現代ものにはない色柄が多いのでしょうか? 大正から昭和初期は西洋文化が様々な形で入ってきた時代です。 その為、アールヌーボーやアールデコの影響を受けた着物も作られ、独特の華やかな色柄が生まれました。 一時はそのような華やかな着物が大流行していた一方、現代物のシンプルなイメージは戦後着物離れが進む中で生まれました。 こうして、華やかなアンティーク着物は作られなくなってしまったわけです。 アンティーク着物と普通の着物の見分け方は? 簡単な見分け方は赤い裏地が使われているかどうかです。 また、第2次世界大戦を区切りにそれ以前の着物を「アンティーク」と呼んでいます。 大正ロマンなアンテイーク着物ご紹介 大正ロマン系の着物は薔薇やチューリップ、スイートピーなど西洋の花がたくさん描かれていることが特徴です。 大正末期、東京の街がアールデコのビル群に変わった時代、西洋の花々が描かれたモダンな着物はおしゃれ女子の心を鷲掴みにし大ブームをもたらしています。 他の人と同じものは着たくない!という方には大正ロマンなアンティーク着物がピッタリです! 大正ロマンな髪型とは? 髪型にも大正ロマンな髪型というのが存在します。 ここでは、具体的に大正時代に流行したヘアスタイルで 取り入れれば一気に 「大正ロマン風」に演出できる髪型をご紹介します。 大正~昭和初期にかけて外国でも日本でも流行ったスタイルです。 前髪の曲線が特徴のパーマですね。 仕上がりもピシッと美しく、上品で素敵な装いになります。 大正8年頃登場し、大正10年には当時の最先端であるパーマネントを導入した大正女性の憧れの髪型であったが、現代ではあまり結われない。 前髪を七・三に分けてサイドに流し、熱したコテを上下交互に髪に挟んで大きなウェーブをつけます。 「耳隠し」はサイドの耳さえ隠れていればバックのまとめ方に特に決まりはなく 実に多種多様なスタイルが存在します。 なかなか普段見慣れない髪型ですので、美容師さんに相談する形が良いでしょう! 大正ロマンなメイクとは? メイクもちょっとポイントを効かせるだけで一気に雰囲気のある装いに早変わりしますのでお勧めです。 大正時代をイメージしたメイクは、色をたくさん使うというより着物に対比するように艶感を大事にした儚げでヌケ感を出すアンニュイな雰囲気がマッチします。 <艶っぽさは肌で表現> 透明感のあるツヤ肌を意識して、顔の赤みや黄色みをコンシーラーなどで消します。 ハイライトにはパール入りのパウダーで、肌をふんわりと仕上げましょう。 <色気を出す為のポイント「儚げ」> アイシャドゥもアイボリー~薄ピンク系を使い、目の下にも同じ色でラインを引き、はかなげで憂い気な印象にしましょう。 チークはレッド系を使い、頬より少し高い位置でのせ、艶感ある肌に映えるように色っぽく儚げで色気が出るように雰囲気を出します。 リップは赤を使用し、全体に濃く塗るのではなく、唇の周りはぼかすようにしましょう。 そうすることで自然なアンニュイな印象と立体感が生まれます。 今風のメイクとは違った儚げな雰囲気と艶のある色気を感じる大正ロマンなメイクは、和装の着こなしを何倍にもお洒落にします。 大正ロマンな和小物・髪飾りとは? 大正ロマンな着物・髪型に加えて和小物や髪飾りにも「大正ロマン」な着こなしが存在します。 ただ、普通に花をつけたりするだけではありません! 小物も拘ることで、よりお洒落で人目を引く大正ロマンなコーディネートが仕上がります。 大正ロマンにぴったりの和小物たち 薔薇、チューリップ、小鳥などの西洋モチーフを帯どめや半襟、バッグなどに取り入れると一気に大正ロマンでガーリーな雰囲気になります。 ~着こなし術~ 大正ロマンな衣装や小道具を集めても、うまく着こなさなければ、すべてが無駄になってしまいます。 最初は難しいかもしれませんが、ポイントをおさえることで素敵な着こなしをすることができるかと思います。 今回はポイントごとに「大正ロマンの着こなし術」をご紹介いたします。 <半襟> 半襟をたっぷり見せましょう! シンプルな無地ではなく、刺繍入り、染め柄入りのものを合わせると更に可愛くなります。 <帯留> ぼってりとした大きめの帯留が、よりレトロな印象になり可愛いです。 <帯締> 幅2センチ程の太めのものがオススメです。 是非試してみてください。 マリエフルリールオリジナルの大正ロマン髪飾り 髪飾りもこだわりのデザインを選ぶだけで大正ロマンな装いに早変わりします。 ここにしかないインパクト大な大正ロマン髪飾りをご紹介します。 乙女な色合いのバランスがとても可愛いリボンシリーズです。 ドットや矢絣、王道の赤リボンなど、存在感抜群で大正ロマンではいからさんの雰囲気満載です。 椿のモチーフは付けるだけで、「大正ロマンな世界」に早変わりしてくれるマストアイテムです! 大正ロマンを代表とする作家「竹久夢二」も自身の作品で椿のイラストがよく使われていたことからも 椿は大人気の大正ロマンアイテムです。 もっと椿のアクセサリーを見たい方はこちらからどうぞ 希少価値が高いアンティーク着物を贅沢にも髪飾りにしました。 大胆な色使いや柄は見る人の目を引きつけ、個性的でお洒落な大正ロマンを演出します。 後ろ姿が何とも可愛いこちらの髪飾りは、ハーフアップにオススメ! 花冠風のデザインは洋の雰囲気をプラスしてくれ、ガーリーでキュートな装いに。 和のカチューシャで西洋の雰囲気も取り入れた髪飾りは、 古き良き大正ロマンを演出できます。 日本の伝統工芸「鞠」をモチーフに、洋風な色柄で彩った和洋ミックスのかんざしです。 普通と鞠とは違った存在感抜群のレトロモダンな髪飾りになります。 ~レトロ鞠の制作風景~ 大正ロマンコーディネートができる着物・小物レンタルを大正浪漫店で行なっています 上記で紹介した着物のコーディネートや大正浪漫な小物を身につけて、 いつもとは違う大正ロマンコーディネートで街ブラやフォトジェニックな自分を楽しんでみませんか? 当店ではアンティーク着物のレンタル、小物レンタルなど行っております。 是非、日常をかけ離れてノスタルジックな時間をお楽しみくださいませ。 オープン時間~クローズ時間を必ずご確認の上、ご来店くださいませ。 今までに浴衣撮影時におけるレンタルや、ハイカラな大正ロマンの世界観の装飾等でご利用頂いております。 ~「大正ロマン」で彩るメリット~ 「大正ロマン飾り」は、ただ「美しく綺麗にまとまった」だけの着物姿になるのではなく、 伝統的で落ち着いた雰囲気を残しつつ、女性が華やかに見える鮮やかな色彩を取り入れて 一生に一度の各種式典の際に「奥深さ」や「女性本来の美しさ」「古き良き時代を感じ、懐かしさ溢れるレトロなお洒落」を表現することができます。 昔からずっと続いている伝統的な日本の和装に、西洋の文化が入り混じった明治~大正のお洒落な大正ロマン飾りを取り入れるだけで、モダンでハイカラな新しい和装のお洒落スタイルが生まれることでしょう。

次の

大正ロマンなファッション、世界観を作りあげる方法

大正 ロマン 着物

心結では大正~昭和初期のきものをアンティーク着物としてこちらのプランに組み込んでおります。 そのため以下のようにお願いしたいことがあります。 1 晴れの日だけお楽しみください。 アンティーク着物の性質上、雨や雪の日やご利用いただけません。 2 歩幅を小さく、おしとやかに一日お過ごしください。 先にお手入れはしておりますが、生地が弱く、まれに破れたりほつれたりすることもあります。 ご理解ください。 3 昼間のおでかけ専用のきものです。 結婚式などフォーマルな席、またビアガーデンなど夜のイベントにはご利用いただけません。 当日17:30までにお帰りください。

次の