ドコモ あんしん パック ホーム。 ドコモのオプションサービス、あんしんパックについて徹底解説。

【ドコモ】毎日をお得に安心して過ごそう!~いちおしパック×あんしんパック~

ドコモ あんしん パック ホーム

トップ画像引用元: ドコモのあんしんパックとは? 画像引用元: ドコモのあんしんパックは、2019年7月にリニューアルされました。 リニューアルされた「あんしんパック」では、 「あんしんパックモバイル」と「あんしんパックホーム」の2つから成り立っています。 「あんしんパックモバイル」は、スマホなどのモバイル端末向けのオプションパックになっていて、モバイル端末の補償や遠隔サポートなど全部で3つのオプションが1つになっています。 そして、「あんしんパックホーム」はドコモ光などの固定回線向けのオプションパックで、パソコンなどの補償やセキュリティなど全部で3つのオプションが利用できます。 「あんしんパック」では、これら「あんしんパックモバイル」と「あんしんパックホーム」で合計6つのオプションサービスをまとめて安く使うことができるようになっています。 また、個々に加入することも可能です。 「あんしんパックモバイル」だけに加入することも、「あんしんパックホーム」だけに加入することもできます。 ドコモのあんしんパック モバイルとは 画像引用元: 「あんしんパックモバイル」は、ドコモのスマホなどモバイル端末向けのオプションパックです。 こちらには、ドコモのオプションサービスの中でも加入率の高い「」を中心に、 安心してスマホを利用するために必要な3つのオプションが含まれています。 3つのオプションにまとめて加入することで、お得なパック料金で利用することができるようになっています。 では、「あんしんパックモバイル」に含まれるオプションの内容について見ていきましょう。 あんしんパック モバイルの内容 あんしんパックモバイルに含まれるオプションは次の3つです。 万が一、スマホが故障した場合に修理代金のサポートが受けられる「ケータイ補償サービス」を中心に、遠隔サポートやセキュリティのサービスがパックになっています。 ケータイ補償サービス• あんしん遠隔サポート• あんしんセキュリティ それでは詳しく説明していきます。 ケータイ補償サービス 画像引用元: 故障時に修理代金のサポートが受けられる ケータイ補償サービスに加入していれば、スマホが故障してしまった場合の修理代金の負担が少なくて済みます。 Androidスマホなら保証対象内の故障なら無料、対象外の故障でも上限3,300円での修理が可能となっています。 iPhoneの場合は、 購入1年以内は保証対象内の故障は無料、2年目以降の場合は上限5,000円となっています。 また、保証対象外の故障だと上限5,000円がかかります。 トラブル時に交換電話機の提供が受けられる 紛失や盗難、全損、水没などにより、スマホが全く使えない状態になってしまった場合でも、ケータイ補償サービスに加入していれば、 リニューアル品との交換ができます。 最短で当日に自宅に交換用の機械が届くようになっています。 対応の地域(東京都23区、大阪府大阪市)であれば、別途3,000円の送料がかかりますが、手続きから4時間以内に自宅に配送してもらうことも可能です。 データ復旧代金が割引される 水没や全損によって、データが取り出せなくなってしまったケータイから、電話帳や写真のデータを取り出してもらえるデータ復旧サービスの料金が割引されます。 通常8,000円のサービスですが、ケータイ補償サービスに加入している場合には1,000円で利用することができます。 ケータイお探しサービスが無料 紛失時などに、ケータイの位置情報検索をするサービス「ケータイお探しサービス」が月額料金無料で利用できます。 専用のコールセンターまたはWEBから位置情報の検索が可能です。 あんしん遠隔サポート 画像引用元: 専用のコールセンターでスマホの使い方についてサポートを受けることができます。 初歩的な設定や操作方法、LINEなどのアプリの使い方まで幅広く対応している窓口となっており、初めてスマホを使う人におすすめです。 使い方の説明だけでなく、内容によってはオペレーターによる 遠隔操作でのサポートにも対応しています。 また、電話だけでなくLINEを使った問い合わせもできるようになっています。 あんしんセキュリティ 画像引用元: あんしんセキュリティアプリをスマホにダウンロードすることで、 ウイルスや危険サイトを検知することできるサービスです。 危険を回避し、安心安全にスマホを使うことができるようになります。 他にも危険Wi-Fi対策や、迷惑電話・迷惑メール対策にも対応しており、インターネット上の脅威からスマホを守ることができます。 あんしんパック モバイルの費用 あんしんパックモバイルでは、これら3つのオプションをパックでお得に利用することができるようになっています。 通常時の個々のオプションの金額については以下の通りです。 オプション名 月額料金 ケータイ補償サービス 363〜1,100円 あんしん遠隔サポート 440円 あんしんセキュリティ 220円 そして、3つまとめて「あんしんパックモバイル」として加入した場合には、 月額料金から418円の値引きがされるようになっています。 なので、割引を適用した後の金額は次のようになります。 オプション名 月額料金 ケータイ補償サービス 363〜1,100円 あんしん遠隔サポート 440円 あんしんセキュリティ 220円 合計金額 1,023〜1,763円 あんしんパックモバイルの金額 605〜1,342円 ケータイ補償サービス以外のオプションに1つでも加入するなら、あんしんパックモバイルとして3つ入っておいた方が良いでしょう。 あんしんパック モバイルの適用条件 では、「あんしんパックモバイル」の適用条件について見ていきましょう。 あんしんパックモバイルの適用条件となるのは、先ほど紹介した 3つのオプション全てに申し込みをすることだけです。 すでに、いずれかのオプションに加入している場合には、残りのオプションに加入することで、自動的にあんしんパックモバイルの料金が適用されます。 特別に割引の申し込みなどをする必要はなく、3つ全てに加入した時点での適用となります。 ここで注意が必要なのは、ケータイ補償サービスに加入できる期間です。 ケータイ補償サービスは、 原則として新規や機種変更で端末を購入するのと同時に加入する必要があります。 後日に加入することも可能なのですが、その場合は購入から14日以内であることと、端末に故障などがないことが条件となります。 例え、14日以内であっても「故障してしまったからケータイ補償サービスに加入する」ということはできないので注意しましょう。 あんしんパック モバイルの対応機種 あんしんパックモバイルの対応機種について見ていきましょう。 種類 対応機種 スマホ iPhone、Android全機種 タブレット iPad、Android全機種 その他 らくらくスマホシリーズ このように、 現在ドコモから販売されている、全てのモバイル端末で加入することができるようになっています。 機種によって料金が異なる ただし、加入する端末によって、ケータイ補償サービスの料金が異なるため、パックの料金も変動します。 iPhoneの場合は、次の料金になります。 画面割れなど修理可能な故障の場合には修理代金を支払うことで修理ができ、水没や全損など修理不可能な故障の場合には本体交換に対応しています。 ケータイ補償サービスに加入していない場合は、修理は全て実費の支払いが必要で、交換に関しては機種変更手続きで新しい端末への買い替えとなってしまいます。 それが、ケータイ補償サービスに加入していれば、 修理は上限3,000円、本体交換は5,000〜7,500円の支払いで済むので費用の負担が少なくて済みます。 また、修理には画面割れの修理やバッテリー交換も含まれています。 スマホを落として画面割れしてしまったり、特に故障はないけれどもバッテリー持ちが気になる、という場合にも上限3,000円での修理が可能です。 あんしんパック ホームとは 画像引用元: 続いて紹介するのは、「あんしんパックホーム」です。 「あんしんパックホーム」は、 ドコモ光などの固定回線を使って利用するパソコンなどの機器向けのオプションパックとなっています。 こちらには、パソコンなどの機器の補償サービスやネットワークセキュリティといった、オプションサービスが3つ含まれています。 3つのオプションにまとめて加入することで、お得なパック料金で利用することができるようになっています。 では、「あんしんパックホーム」に含まれるオプションの内容について見ていきましょう。 あんしんパック ホームの内容 あんしんパックホームに含まれるオプションは次の3つです。 デジタル機器補償サービス• ネットトータルサポート• ネットワークセキュリティ では、これらのオプションのサービス内容ついて詳しく見ていきましょう。 デジタル機器補償サービス 画像引用元: デジタル機器補償サービスでは、 ドコモ光に接続して利用するデジタル機器の故障時に、修理や代替品の提供を受けらるサービスとなっています。 ここで保証の対象となるデジタル機器は、パソコンだけでなくテレビやゲーム機、プリンターなど、インターネットに繋いで利用する機器を幅広くサポートしているのが特徴です。 パソコンに関しては、データ復旧サービスの費用も保証の内容に含まれています。 過失による故障であれば、購入後何年経っていてもサポートを受けることができるようになっています。 対象のデジタル機器であれば事前に機器の登録をしなくても、オプションに加入していれば年間2回まで故障時に補償を受けることができます。 機器の種類ごとの補償上限額は以下の通りです。 対象機器 補償の上限金額 パソコン 50,000円 テレビ 60,000円 タブレット 30,000円 ゲーム機器、その他 20,000円 ネットトータルサポート 画像引用元: インターネットに接続するデジタル機器の利用に関して、操作や設定方法についてサポートを受けることができるサービスです。 電話でのサポートだけでなく、訪問サポートやオンラインパソコン教室も行っており、パソコンなどの機器の操作に不安がある人でも安心できる充実のサポートとなっています。 ルーターなどの接続機器の設定についてもサポートしてもらうことができるので、初期設定に不安がある人はドコモ光の契約時に加入しておくのも良いでしょう。 また、パソコンの操作に関するサポートでは、リモートサポートにも対応しており、パソコン画面を共有しながらトラブルの解消をすることもできます。 ネットワークセキュリティ 画像引用元: ネットワークセキュリティは パソコンとWi-Fiルーター向けのセキュリティソフトを利用することができます。 PCセキュリティについては、マカフィー社のセキュリティサービス「マカフィーマルチアクセス」が提供されており、ウイルス対策や危険サイト対策を行うことができます。 1契約でパソコン3台までセキュリティソフトのインストールが可能です。 そして、「ドコモ光ルーター01」を利用している場合には、光ルーターセキュリティも一緒に利用することができます。 ルーターにトレンドマイクロ社のセキュリティソフトが搭載されており、有害なサイトへのアクセスをブロックすることができるようになっています。 セキュリティソフトをインストールしていないスマホであったり、そもそもセキュリティソフトをインストールできないテレビやWEBカメラも保護することが可能になります。 1つの契約で全てのデバイスをインターネット上からの脅威から守ることができるので、セキュリティが気になる人にはおすすめです。 あんしんパック ホームの費用 あんしんパックホームでは、これら3つのオプションをパックでお得に利用することができるようになっています。 個々のオプションの金額については以下の通りです。 オプション名 月額料金 デジタル機器補償サービス 550円 ネットトータルサポート 550円 ネットワークセキュリティ 385円 そして、3つまとめて「あんしんパックホーム」として加入した場合には、 月額料金の合計から517円の値引きがされるようになっています。 割引を適用した後の金額は次のようになります。 オプション名 月額料金 デジタル機器補償サービス 550円 ネットトータルサポート 550円 ネットワークセキュリティ 385円 合計金額 1,485円 あんしんパックホームの金額 968円 あんしんパック ホームの適用条件 では、「あんしんパックホーム」の適用条件について見ていきましょう。 あんしんパックホームもモバイルと同様に、 3つのオプション全てに加入することが条件となります。 すでにいずれかのオプションに加入している場合は、残りのオプションに加入することであんしんパックホームの料金が適用されます。 こちらは、モバイルのように加入期間に制限のあるオプションはないので、いつでも追加が可能です。 ドコモ「あんしんパック」のメリット 「あんしんパック」では、これまで紹介してきた 「あんしんパックモバイル」と「あんしんパックホーム」がセットでさらにお得に利用できるものとなっています。 あんしんパックモバイルの3つのオプションと、あんしんパックホームの3つのオプションに加入することで、月額料金の合計から1,045円割引されます。 このように、 ケータイ補償サービスの料金に1,100円追加することで、他の5つのオプションも使うことができるようになります。 ケータイ補償サービスはスマホ購入時に加入する人の多いオプションですが、スマホだけでなくデジタル機器全般のサポートを受けたい場合には、パック料金がお得になっています。 ケータイ補償サービスがいらない人• 不要なオプションが多いと感じる人• dカード GOLDを持っている人 ケータイ補償サービスがいらないなら不要 あんしんパックに加入すべきかどうかについて検討する上で、 1番のポイントになるのはケータイ補償サービスに加入するかどうかです。 ケータイ補償サービスに加入するつもりなら、プラス1,100円で他のオプションも利用できるようになるので、他のオプションが自分にとって必要かどうかを検討すると良いでしょう。 ただ、あんしんパックに加入することで余計な費用がかかることになるので、ケータイ補償サービスに加入するつもりがないのであれば、まず加入する必要はありません。 その場合は、個別に必要なオプションに加入した方が賢明です。 パックの中に不要なオプションが多ければいらない あんしんパックの月額料金は1,463〜2,200円です。 個別にオプション加入することを考えれば割安ではありますが、人によっては 必要のないオプションもパックの中に含まれるので注意が必要です。 例えば、遠隔サポートやセキュリティソフトは必要なくて、スマホとパソコンの保証だけ加入できればいいという人なら、あんしんパックに加入するよりも個別に加入した方が安くなります。 リモートサポート系のオプションは月額料金がやや高いので、必要ならあんしんパックに加入した方が得ですし、不要なら個別に必要なオプションに加入した方が安くなる可能性が高いです。 判断の目安としては、ケータイ補償サービスとデジタル機器補償サービスの他に、必要なオプションが2つ以上あるかどうかという点になるでしょう。 必要なオプションが2つ以上無ければ、あんしんパックに加入することでかえって割高になってしまうので、加入する必要はあまりありません。 dカード GOLDに加入している あんしんパックに加入する人の中には、ケータイ補償サービスに加入するついでに、まとめて加入するという人が多いのではないでしょうか? ただ、すでにdカード GOLDを持っている方はあんしんパックに加入しなくてもよいかもしれません。 というのも、 dカード GOLDの特典には「dカードケータイ補償」があり、ケータイ補償サービスに加入しなくてもカードの特典で補償が受けられるからです。 「dカードケータイ補償」ならスマホの購入から3年以内であれば、故障や紛失の場合に同一機種・同一カラーの新しいスマホに買い替えると購入金額に対して補償が受けられます。 補償金額は最大100,000円となっており、dカード GOLDを使って本体代金の支払いをすると、後日補償金額が返金されるという仕組みです。 なので、一部の高額のスマホを除いては、実質無料で新品への交換をすることができます。 このように、dカード GOLDでも十分な補償サービスを受けることができます。 dカード GOLDはドコモユーザーならとてもおすすめ dカード GOLDは年会費が1万円程度かかるので、それがネックになっているという人もいるのではないでしょうか? しかし、年会費だけでdカード GOLDの申し込みをためらっているなら、非常にもったいないです。 dカード GOLDを持っていれば、ポイントの還元率が高く年会費分くらいはすぐにポイントを貯めることができます。 これだけでも、 年会費分以上のポイント還元を受けることができています。 実際にはこれ以上に料金がかかるでしょうし、家族でまとめてドコモの契約をしている場合には、もっと月額料金の支払いは高くなるので、その分還元されるdポイントも多くなります。 このように年会費以上のdポイントを貯めることができるので、ドコモユーザーでまだdカード GOLDを持っていないなら申し込みすることをおすすめします。 ドコモのあんしんパックを解約する方法 すでに加入した「あんしんパック」を解約する場合の方法について紹介していきます。 WEB:My docomo• 電話:151(一般電話から0120-800-000)• 店頭:全国のドコモショップで解約可能 あんしんパックは、これら3つの窓口で解約が可能です。 あんしんパック自体を解約する場合にはパックになっている6つのオプション全てが解約となります。 オプションを個別に解約する場合には、1つでもオプションの解約をすればあんしんパックの割引は廃止となるので注意しましょう。 あんしんパック加入時に、パックに含まれるオプションを解約するデメリットとして、割引が外れることで逆に料金が高くなってしまう可能性があるので注意しましょう。 この他の注意点としては、オプションの解約時には料金が日割り計算されません。 月初に解約をしても、月末に解約をしても日割り計算されずに、1ヶ月分のオプションの利用料金が請求されます。 また、解約すればセキュリティソフトのように、インストールしたものでも利用することはできなくなるので、事前に解約しても問題ないかどうか確認しておきましょう。 特に ケータイ補償サービスは解約してしまうと、後日の再加入はできません。 あんしんパックの解約をする場合には、くれぐれも必要なオプションも一緒に解約してしまわないように注意しましょう。 ドコモのあんしんパックでリスクに備える あんしんパックは、ドコモの提供しているオプションをまとめてお得に利用できるサービスとなっています。 スマホもパソコンもフルサポートが受けられるお得なパック• リモートサポートが必要なければパックで加入する必要性はない• スマホの保証ならdカード GOLDの「dカードケータイ補償」で十分な人も ただ、パック料金になっていることで、人によっては必要のないオプションにも加入してしまう可能性があります。 それでは、不必要に料金が高くなってしまうだけなので、個別に必要なオプションに加入した方が安くなります。 あんしんパックへの加入を検討している人は、 パックに含まれているオプションの内容を確認し、総合的に判断するようにしましょう。 またスマホの保障ならdカード GOLDの特典を利用するのもおすすめです。 お得で快適にドコモのスマホを利用するために、加入中のオプションサービスなどを1度見直してみてはいかがでしょうか?.

次の

ドコモのいちおしパックを解約するデメリットはあるか?

ドコモ あんしん パック ホーム

ドコモでは、対象のサービスを利用する場合、 セット割引が適用になって月額料金が通常よりも380円安くなる「いちおしパック」というパックサービスを提供しています。 便利でお得なサービスですが、いちおしパックが必要か必要でないかはユーザーによって違いますので、 使わないサービスなのに料金を支払っているから解約したい という人もいますよね。 逆に、 いちおしパックを使ってみたいけど、いつでも解約することはできるのか?解約するときはデメリットがあるのか? ということが気になる人もいると思います。 いちおしパックはいつでも解約が可能ですし、必要になればいつでも改めて申込むことが可能です。 ただし、 解約するときは各サービスのデータが消えてしまうということに注意しなくてはなりませんし、 各サービスの月額料金が変わってくるということにも注意しなくてはなりません。 NAVITIME 駅すぱあと 旅と路線図 フォトデコレ 超ブルーライト削減 家計簿 つみネコゲームス 三國志 妖怪ウォッチ 細木数子六星占術 AI手相鑑定 通常なら月額100円や200円がかかる有料コンテンツ・アプリも、スゴ得コンテンツなら使い放題で利用できます。 毎日抽選プレゼント・割引クーポンが貰える スゴ得コンテンツでは、 月曜から金曜まで毎日スイースやギフトコードが抽選で当たる特典もあります。 抽選の他に、 お買い物やランチ、映画鑑賞など様々なシーンで使える約2,000種類の割引クーポンもゲットすることができるので、コンテンツ・アプリを使用しない人にもスゴ得コンテンツはおすすめです。 さらに、 いちおしパック契約者なら、月曜~金曜だけでなく土日も抽選できる特典があってさらにお得に使えます。 いちおしパックを初めて契約する場合は、ローソン商品などが貰える限定特典もありますよ。 dマガジン(月額400円) dマガジン全ラインナップから毎月1冊を選んで読める 毎月第1土曜日は1日限定で全誌が読み放題になる• dアニメストア(月額400円) 人気・話題のアニメ約30作品を毎日3~5話ずつ限定配信 期間限定の見放題作品も楽しめる もしものときにポイント還元 いちおしパックとあんしんパックモバイルを両方契約している場合は、あんしんパックモバイルのケータイ補償サービス利用時に 最大5,000ポイントが還元される特典もついてきます。 スマホが壊れてしまったときや紛失してしまったとき、ケータイ補償サービスを利用した場合は、androidスマホなら7,500円、iPhoneなら11,000円の負担金がかかります。 いちおしパックに加入していれば、5,000円分のポイントが還元されるので、ケータイ補償サービスの負担を抑えることができて万が一のときも安心です。 my daiz my daizとは、グーグルホームやアレクサといった話しかけると会話の内容をAIが認識し、自動で操作を行ってくれるスマートスピーカーのようなサービスのことです。 端末にmy daizをインストールすることで、 スマホに話しかけるだけでmy daizが生活をかしこくサポートしてくれます。 my daizは、日々のスケジュールや端末の位置情報を登録することで、ユーザーの生活リズムや好みを学習し、天気や交通情報などの毎日の生活に役立つ豊富なコンテンツから、 ユーザーに合った情報をお知らせしてくれるようになりますよ。 いちおしパックで利用する場合は、 調べなくてもmy daizが先回りしてプッシュ通知でお知らせする機能も利用することができます。 例えば、朝の通期時間帯に電車の遅延情報があるときは設定したアラームの時間よりも早めにアラームを鳴らしてくれたり、天気予報を照合して帰宅時間ごろに雨の予報があるときはお知らせしてくれるので、日々の生活に役立ちます。 クラウド容量オプションプラス50GB クラウド容量オプションプラス50GBは、 スマホで保存した写真や動画などのデータをクラウド上に保存できるサービスです。 スゴ得コンテンツ・my daiz クラウド容量オプションプラス50GBの3つのサービス全てに申込むこと いちおしパックの適用条件は、 上記の3つのサービス全てを利用することです。 3つのサービスをそれぞれに申込みし、3つ全てのサービスに加入していることが確認されれば、自動でいちおしパックが適用されます。 いつでも申込みと解約が可能 いちおしパックは、 対象の3つのサービスをいつどのタイミングで申込んでも対象になります。 初めていちおしパックが適用になる場合は、 初回31日間の月額料金は無料で利用することが可能。 いちおしパックを解約する場合も、いつでも自由に好きなタイミングで解約することができ、解約後にまた必要になったら再契約することもできますよ。 ドコモいちおしパックを解約するデメリット お伝えしたように、いちおしパックはいつでも申込みができて解約するときも自由に解約ができます。 しかし、いちおしパックを解約する場合は、 気を付けなくてはならないデメリットがあります。 いちおしパックを解約するデメリットについて詳しく解説していきます。 月の途中で解約したら日割り計算で請求される いちおしパックは、 月の途中で解約した場合は月額料金が日割りで請求されます。 もしも、3つのサービスのうちどれか1つだけを解約した場合は、いちおしパックの割引も日割りになってしまいます。 いちおしパックを解約するなら、 できるだけ月を跨がずに月末に解約するほうがいいですね。 なので、 3つのサービスのうち2つのサービスを使用するならいちおしパックで使用した方がお得です。 クラウド容量オプションプラス50GBに保存していたデータは削除される クラウド容量オプションプラス50GBを利用しているのに解約してしまうと、 無料で保存可能な5GBの容量を残して全てのデータが削除されてしまいます。 削除されてしまったデータは元に戻すことはできないので、解約する前にクラウド上に保存しておいたデータは、パソコンや他のクラウドサービスなどを利用して移動させておかなくてはなりません。 ドコモいちおしパック解約デメリットのまとめ 月額880円の3つのサービスが月額500円で利用できる いちおしパックで利用すると、いちおしパック加入者しか利用できない特典がついてくる いちおしパックはいつでも解約可能 解約時は月額料金は日割りになる 3つのサービスのうち、2つのサービスを利用するならいちおしパックとして利用した方がお得 クラウド容量オプションプラス50GBを解約するときはデータが消滅する可能性がある ドコモのいちおしパックについて、解約時はデメリットがないのか解説してきました。 いちおしパック自体は 解約しても違約金などもかかりませんし、3つのサービスを申込めば、再度いちおしパックが適用されるのでデメリットはありません。 ただし、クラウド容量オプションプラス50GBは、解約してしまうと保存していたデータが消滅してしまうので、もしもデータをクラウドに保存していた場合は、解約する前にデータを移動させるようにしてくださいね。 いちおしパックを利用すれば月額料金が380円も安くなってお得に利用することができますし、初めていちおしパックが適用になる場合は、初回31日間は無料でサービスを利用することができてお得です。 いちおしパックをまだ利用したことがない人は、データの消滅さえ気を付ければいつでも解約することができるので、無料期間を利用して一度試しに使ってみてはいかがでしょうか。

次の

【ドコモ】毎日をお得に安心して過ごそう!~いちおしパック×あんしんパック~

ドコモ あんしん パック ホーム

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の 頭金0円で断然お得!• > 読了時間:約 2 分 ドコモで端末を購入すると必ず勧められるのがドコモ「あんしんパック」です。 端末価格も高くなっているし、何かあった時のために補償があったほうが安心だからと特に内容も確かめずMNP・機種変更時に加入していませんか? 今回はドコモ「あんしんパック」のサポート範囲と、もし解約する場合の注意点も合わせて検証します。 ドコモ「あんしんパック」とはどんなサービスか ドコモ「あんしんパック」とは ケータイ補償サービス、あんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティの3つのサービスを申し込むと適用される割引です。 それぞれのサービスは個別にも契約することが可能ですが、3つ全て契約すると自動的にドコモ「あんしんパック」での契約となり、お得な月額料金に割り引いてくれるというわけです。 画像引用元: ケータイ補償サービス、あんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティの3つのサービスのうちケータイ補償サービスのみ端末の購入日を含め14日以内にサービスへ申込む必要があります。 あんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティの2つはケータイ補償サービスを契約済みであれば後日ネットや電話、店頭で申し込むことが可能です。 詳しいサポート範囲を確認してみましょう。 交換電話機のお届けに加え、修理代金のサポートもしてくれます。 交換電話のお届け 水濡れや紛失、全損などあらゆるトラブル時に1年間に2回まで7,500円で自宅に交換電話機(リフレッシュ品)を届けてくれます。 修理代金のサポート 購入後4年間端末が故障しドコモで修理する場合に、補償対象の故障の場合は無料、補償対象外の故障の場合は上限5,000円で修理代金をサポートしてもらえます。 (月額料金380円の契約者は3年間上限5,000円まで無料) ケータイデータ復旧代金の割引 水濡れた破損などでデータが取り出せなくなってしまった端末から、電話帳などのデータを復旧するケータイデータ復旧サービスの復旧代金を割引してもらえます。 あんしん遠隔サポート 画像引用元: あんしん遠隔サポートはスマホに関する悩みを電話で専門オペレーターに相談できるサービスです。 年中無休(受付時間 午前9時~午後8時)の専用ダイヤルになっていて、いつでも困った時に利用可能です。 電話の受付時間外の場合や電話しづらい場所からの場合はLINEで気軽にお問い合わせすることもできます。 ただし、一部対象外となる項目があります。 専門のオペレーターが画面を確認しながら操作方法を案内する遠隔操作は、以前はAndroidTM OS搭載機種のみの対応でしたが2018年5月10日からiPhone・iPadでも「遠隔サポートアプリ」で利用することができるようになりました。 遠隔操作での操作案内は画面を共有して操作方法を案内するので、初めてスマホを利用する人や操作が苦手な人におすすめです。 あんしんネットセキュリティ 画像引用元: メール・電話・アプリ・WEBサイトを利用する際にドコモおすすめのスマホ用セキュリティサービスをまとめて申し込むことができます。 利用できるセキュリティサービス ウイルス対策 セキュリティスキャン・・・ウイルスや不審なプログラムを検知します。 データ保管BOX(ウイルススキャン)・・・データ保管BOX内にあるファイルのウイルスを検出します。 危険サイト対策 セーフブラウジング・・・危険サイトへのアクセスを防ぎます。 アプリの個人データ確認 プライバシーチェック・・・アプリによる個人情報の外部送信を検知します。 迷惑メール対策 迷惑メールおまかせブロック・・・ウイルスや不審なプログラムを検知します。 危険Wi-Fi対策 セーフWi-Fi・・・危険なWi-Fi接続時に、警告画面を表示してお知らせします。 迷惑電話対策 あんしんナンバーチェック・・・迷惑電話や詐欺などの危険電話からの着信をブロックします。 さまざまなセキュリティサービスがまとめて利用できるあんしんネットセキュリティですが、OSによっては利用できない機能もあります。 1以上、iOS10. 0以上。 一部非対応機種があります。 各機能のOS対応状況を見ると、iPhone・iPadやドコモ ケータイ(spモード)の場合は利用できない機能が多く、加入してもAndroidの場合に比べてメリットは少ないということになります。 あんしんネットセキュリティに加入する場合は自分の端末で利用したい機能が利用可能かを確認してから加入手続きを行うことをおすすめします。 ドコモ「あんしんパック」は適用後最大31日間、料金無料 あんしんパックのサービスのうち、ケータイ補償サービスは端末の購入日を含め14日以内の申込みで加入することができます。 壊れてしまった後や端末の調子が悪くなった後で「やっぱり加入しておけば良かった」と思っても、購入時期を逃すと加入することができません。 あんしんパックはケータイ補償サービス、あんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティの3つに加入し、 あんしんパック適用条件を満たした日から最大31日間は料金が無料になります。 もし端末購入時に3つのサービスが必要か判断できない場合はとりあえず3つに加入するか、ケータイ補償サービスのみ加入するようにしましょう。 後で必要かどうかを判断して追加申込みを行うか、必要ないサービスであれば個別に解約することをおすすめします。 また、端末購入時によくわからないままオプション契約をしたので加入しているのかどうかわからない場合は「My docomo」から契約内容を確認することで加入状況を調べることができます。 ドコモ回線から確認する場合はネットワーク暗証番号、パソコンやWi-Fiから確認する場合はdアカウントが必要です。 加入状況を調べてみたらあんしんパック契約中になっていてつい解約ボタンを押したくなるかもしれません。 しかし、このあんしんパック全体の解約ボタンを押してしまうと大変なことになってしまいます。 詳しくはあんしんパック解約時の注意点で説明しましょう。 ドコモ「あんしんパック」解約時の注意点 もしあんしんパックに加入後にやっぱり解約したいと思った場合は3つの解約方法があります。 インターネットから解約申込みをする方法• 電話で解約申込みをする方法• あんしんパックの加入状況とあんしんパックの構成サービスが表示されていますが、もしあんしんパックであるケータイ補償サービス、あんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティの3つのサービスに加入中の場合は4つの解約ボタンが並んでいる状況になっています。 一番上にあんしんパックの解約ボタンがあり、その下に個別サービスの解約ボタンが表示されますが、もし あんしんパックの解約ボタンを押してしまうとケータイ補償サービス、あんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティの3つのサービスを全て解約するという事になってしまうのです。 あんしん遠隔サポートは利用しないので解約したいけれど、端末が壊れた場合に必要なケータイ補償サービスは必要だと考える人は多いのではないでしょうか。 あんしんパックは解約したいけれど個別のサービスは残したいという場合は、不要なサービスのみを解約すれば「3つのサービスに加入する」というあんしんパックの適用条件から外れますので自動的にあんしんパックを解除することができるのです。 電話や店頭で解約申込みをする場合はオペレーターや店員があんしんパックを解約すると3つのサービスが全て解約になってしまう旨を確認されるので気付きやすいのですが、インターネットから解約申込みをする場合は確認表示をよく読まずに解約してしまう人も多いので注意が必要です。 ドコモ「あんしんパック」を利用するか個別サービスにするかは利用者次第 あんしんパックはそれぞれ必要な利用者にとっては便利で価値のあるものです。 ケータイ補償サービスに未加入で端末が壊れてしまった場合には全額負担での再購入が必要になりますし、あんしん遠隔サポートはスマホに慣れていない利用者や高齢者にはとても嬉しいサービスです。 あんしんネットセキュリティも全ての機能が利用できるAndroid利用者であればメリットの多いサービスでしょう。 しかしスマホの取扱いに慣れた利用者にとってはあんしん遠隔サポートは不要ですし、他に利用したいセキュリティサービスがある場合はあんしんネットセキュリティに加入する必要はありません。 個別に利用するよりまとめて利用したほうが安くなるのでお得だという事は解りますが、必要のないサービスを追加してまで割引を受けるか、個別のサービスのみを利用するかは利用者の状況次第といえます。 ひとつひとつのオプション料金は小さな額ですが、月額料金としてまとめると案外高額になりますので、ぜひ自分の利用状況を考えて必要なオプションを賢く利用していくことをおすすめします。 この記事を読んだ人におすすめの記事• スマホが突然動かなくなった、落としてしまったり、水没させてしまいスマホを故障させてしまった。 スマホが使えないと困る、でもどこに問い合わせたら良いのか分からない、修理にどのくらいの費用がかかるのか分からない、修理している間のスマホはどうなるのか。 今回はドコモのスマ […]• ドコモで通話のみの契約をしたい場合、利用料金を一番安くするにはどんなプランが最適かご存知でしょうか。 スマホ用のプランが目立ちますが、シンプルに通話のみを利用したい場合、ドコモでどんなプランを契約し、月々の利用料金を押さえるか知りたい方も多いはず。 ここではそんなド […]• ドコモでもモバイルWi-Fiルーターを取り扱っています。 しかし他社ほど大きく売りに出しているように見えず、どのようなプランなのかわかりにくい印象です。 実際ドコモのモバイルWi-Fiルーターがどのくらい使い易いのか、評判とともに料金や速度についても紹介します。 ドコ […]• 海外旅行中、お店を探したりなど現地情報収集にスマホは欠かせないアイテムです。 しかし、日本国内とは違い、そのまま現地にスマホを持っていっても必ずインターネットに繋がるとは限りません。 渡航先によって事情は変わるものです。 事前にどのような方法があるのかチェックしていきましょう […]• 今回は、ドコモ光セット割で携帯料金を最大4,257円安くする方法を解説します。 ドコモならドコモ光セット割で、携帯料金を最大4,257円安くできます。 本記事では、過去のシェアパックの情報も含めつつ、ドコモ光セット割で携帯料金を安くする方法を解説。 ドコモ光と […].

次の