石原 さとみ サンデー スポーツ。 石原さとみ「アンサング・シンデレラ」ポスター公開

キンタロー。 石原さとみのモノマネ写真投稿「再現度高い」「微妙に似てて悔しい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

石原 さとみ サンデー スポーツ

「石原は7月28日の夜、NHKの『サンデースポーツ』にゲスト出演しました。 2020年東京五輪において、聖火リレーの公式アンバサダーを務めているためです。 海から吹く強い風のため、着ていた薄手のシャツの生地が胸元周辺に何度もピッタリ密着してしまったのだ。 そんなおっぱいに強い海風が直撃し続け、ぶるんぶるんと揺れたあと、シャツにくっついたのです。 その瞬間です。 何度か、胸の先端部分に乳首なものが見えてしまったのです。 「なぜかブラジャーのラインが全く見えなかった。 7月上旬、複数のメディアで2人は半同棲をすでに解消し、別れたなどと報じられた。 最近、半同棲状態を解消し、前田社長が別のマンションに引っ越したことは間違いない。 「そんな彼女が今回、ヤケクソモードに突入。 今後も五輪特番に何度も出るとみられますから、そのたびに過激な露出で楽しませてくれるかもしれませんよ」 スポーツ紙記者 石原は『Heaven?』放送中の9月6日から同26日まで、舞台『アジアの女』でも主演することが決まるなど、当面は大忙しだ。 「まだまだ石原に稼いでもらいたい所属事務所サイドとしては、このまま仕事が多忙な状態が続き、前田社長との結婚話も消滅してほしい…というのが本音でしょう。 しかし石原は、破局報道を一蹴したいため、舞台を完走した直後の10月にも電撃婚約発表をし、12月24日のクリスマスイブの大逆転婚に持っていきたい…と親友らに語っているそうです」 同 そういえば、石原の誕生日も12月24日、どんなクリスマスイブになることやら。

次の

石原さとみ(イシハラサトミ)

石原 さとみ サンデー スポーツ

女優石原さとみ(33)主演のフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(4月9日スタート、木曜午後10時)のポスターが22日、公開された。 日本の連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公の新・医療ドラマ。 今作で石原と共演するのは、西野七瀬、清原翔、桜井ユキ、井之脇海、真矢ミキ、田中圭といった俳優陣。 このたび、メインキャスト7人が集合したポスターが完成。 コンセプトカラーのアイスグリーンを基調にしたデザインに仕上がった。 ビジュアルを手がけたのはアートディレクターの高尾裕司氏(環七グラフィック)。 「アイスグリーンは再現の難しい色調なので苦労しましたが、爽やかで清潔感のあるポスターに仕上がったと思います」と話している。 キャッチコピーは「患者の未来と、向き合っている。 見えないところで、支えている。 」 医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、スポットライトの当たらない場所で日々奮闘している薬剤師に対し、石原は「とても尊くて、かっこいい」と話している。

次の

【放送事故】石原さとみのノーブラ乳首が赤外線カメラでバッチリ!

石原 さとみ サンデー スポーツ

石原さとみ 「すでにお台場の湾岸スタジオでは7月の放送に向けて『アンサング・シンデレラ』の収録が再開されています。 入り口のゲートでは入場者全員の検温を徹底し、各所に消毒液が配備されています。 現場では『医療ドラマからコロナ感染者を出したらシャレにならない』ということで常に厳戒態勢。 主演のさんも、収録前にスタジオ内を移動する際はフェイスシールドを着用していました。 フェイスシールドには慣れた様子でしたが、コロナ禍のルールで差し入れが禁止になったので、どこか浮かない顔をしていましたね」(フジテレビ関係者) 新型コロナウイルスによる休業要請が全面解除されてもなお、徹底したコロナ対策を取るテレビ業界。 その舞台裏では、コロナ前には決して見ることのなかった場面が展開されているという。 「視聴者のなかには《ソーシャルディスタンスを徹底しているのはカメラが回っている間だけ》だと思っている人も少なくありませんが、実際には休憩中にもコロナ対策は徹底されています。 出演者が休憩中にはフェイスシールドを付けるという番組も珍しくありません。 マスクだとメイクが崩れてしまうため、顔面に触れないフェイスシールドが重宝されているのです」(業界関係者) その休憩中には通常、ディレクターや演出家といったスタッフが出演者と打ち合わせをするもの。 それが最近ではテレビ局のスタジオ内であっても顔を合わせることなく、リモートで打ち合わせするというのだ。 「とにかく出演者とスタッフが接触しないように徹底。 収録前のヘアメイクだけは避けようがないので消毒や手袋装着で対処していますが、いざスタジオに入ったらピンマイクの装着も出演者自身にやってもらうほど。 フェイスシールドも普段なら本番直前でADなどのスタッフが受け取るものですが、いまは出演者が自分で所定の場所に置くところまでやってもらっています。 そんな手間も慣れてしまえば『変に気を遣わなくて済む』とのことで、けっこうな大御所タレントであっても自分でスタスタとフェイスシールドを置きに行ってますよ」(前出・業界関係者) あの大御所タレントが休憩中にはフェイスシールドを付けている…想像しただけでも愉快で不思議な光景かもしれない。 (北野大知).

次の