お聞かせ願いたく。 「お願いしたく存じます」の正しい使い方は?ビジネス例文で説明

【お聞かせ願い】の例文集・使い方辞典

お聞かせ願いたく

「お願いしたく存じます」の使い方 意味は「お願いしたいと思います」 「お願いしたく存じます」は、「お願いします」とストレートに頼みにくい相手に対して使う依頼の言葉です。 「お願いします」と一方的に押し付けるのではなく、「お願いしたいのですが」とこちらの気持ちを婉曲に伝えて相手の意志を伺っています。 おもに書き言葉で多く用いられますが、話し言葉としても使える口語(現代語)のひとつです。 「存じます」は「思います」の謙譲語 「お願いしたく存じます」の特徴は、「したく存じます(ぞんじます)」という普段あまり聞き慣れない表現です。 「存じる」にはいくつかの意味がありますが、「お願いしたく存じます」の場合は「思う・考える」という意味で使われています。 ちなみに、「以前から存じあげております」というときは「知っています」の謙譲語で、「かように存じます」は「心得ています・理解しています」という意味になります。 正しい敬語は「致したく存じます」 「お願いしたく存じます」は文法的に間違いではありませんが、少しアンバランスな印象をもたれることもあります。 とくに書き言葉で「存じます」を使った文章では、「したく」の部分も「致したく(いたしたく)」のように言い換えることで、より整った丁寧な言い方になります。 「お願い致したいです」はNG 「お願いしたく存じます」を「お願いしたいと思います」と言い換えることはできますが、「思います」を省いた「お願いしたいです」という言い方は、自分の意志を伝えているだけで相手の判断を仰ぐ意図が抜けているために幼稚な印象になってしまいます。 また、「したい」だけを丁寧にして「お願い致したいです」とはいいません。 ビジネスでの注意点 「お願い申し上げます」でもOK 「お願いしたく存じます」は、相手の意向を確認しながら自分の希望を伝えるときの表現なので、相手の意志を確認する必要がない話や恐縮する必要がない場面で「お願いしたく存じます」を使うと回りくどい印象になります。 むしろ曖昧な言い方は避け、「お願いいたします」「お願い申し上げます」と簡潔に話をすすめた方がよい場合もあります。 お詫びには使わない 詫び状や欠礼のあいさつを「これに懲りず、今後とも変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします」のような依頼の表現で締めくくる場合、「お願いしたく存じます」は不適切です。 ぜひとも願いを聞き届けて欲しいという気持ちを表すときは、率直に「お願いいたします」と言い切ります。 依頼は「ご検討のほど」で補足 相手の都合に結果をゆだねる意味合いが強い場合には、「お願いしたく存じます」のあとに「ご検討のほどよろしくお願いいたします」などの明確な依頼表現をそえます。 お詫びの場合と同じように、他の誰にも頼めないような本気のお願いに「お願いしたく存じます」だけでは、相手にうまく気持ちが伝わりません。 「お願いできますでしょうか」は間違い 「お願いしたく存じます」の言い換えとしてよく使われているのが、「できるか」を丁寧にした「お願いできますでしょうか」です。 すっかり聞き慣れて不自然さを感じないという人もいるかもしれませんが、一文に「ます・です」が入った二重敬語で、現代日本語では間違いとされています。 この場合は「できますか」が適切です。 「お願いしたく存じます」の例文 「お願いしたく存じます」を使ったビジネスメール• 次週開催予定の全体会議につきまして、至急議題の確認をお願いしたく存じます。 連休中はお問い合わせに対応できませんが、なにとぞご容赦願いたく存じます。 弊社では責任を負いかねますので、各自ご注意をお願いしたく存じます。 お手数ですが、エントリーシートへのご記名をお願いしたく存じます。 たいへん恐縮ですが、ご返送のほどお願いしたく存じます。 「お願いしたく存じます」の英語表現• I would be grateful if you could~(~していただければ幸いです)• Would you please~(~していただけますでしょうか) 「thank(感謝する)」が人への感謝であるのに対し、「appreciate(感謝する)」は「I really appreciate your help. 」のように物や事柄に対する感謝を表す単語です。 「Thank you. I appreciate it. 」のように併せて使われることも多い表現です。 「be grateful」は「ありがたく思う」という意味で、「Would you~」は承諾を得られることが前提となっている依頼を丁寧に表現したものです。 まとめ 「お願いしたく存じます」は、形式として依頼が必要な場合や、相手が引き受けやすい簡単な依頼を丁寧に伝えるときに便利な表現ですが、遠回しな言い回しであるため積極性に欠けるところがあり、多用すると依頼がぼやけてしまいます。 ぜひともお願いしたいとか、都合を聞かせて欲しいなら「ご意向をお聞かせください」などの依頼を補足しましょう。 また、お詫びの言葉としてはふさわしくありません。 シーンによって使い分けてみてください。

次の

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

お聞かせ願いたく

年賀状で住所を教えたくない 断っても良いの? 年賀状のために住所を教えたくない場合、断っても良いのでしょうか? 「年賀状出したいから住所教えて?」と聞かれた時どうすべきか悩みますよね。 教えたくないけど断るのって失礼かな?関係が悪くなっちゃうかな?など気になることってあると思います。 このような場面で断るというのは一般的にどうなのでしょうか? 実際のところ、 『住所を教えたくない(もしくは年賀状交換はしない)』という人は一定数います。 むしろ時代の流れもあってか、新年の挨拶はメールやLINEでも可能なんだから、年賀状にこだわる必要はないでしょう?という考え方も珍しくありません。 そもそも住所というのは個人情報ですから、むやみに人に教えたくないと感じたとしても別におかしくはないですよね。 自分が教えたくないと思ったのであれば、お断りをして何ら問題ないと言えるでしょう。 ただ、断るとなればその先のことが気になってしまうのも事実なんですよね。 断っても大丈夫かな?という人間関係の不安を始め、そもそもなんと言って断ればいいの?という疑問も出てくると思います。 ですから住所を聞かれた時の 断り方についてもまとめていきますね。 いくつか例をあげますので、良かったらそちらも参考にして下さい。 年賀状の住所の断り方 どのように対応する? 年賀状の住所の断り方は、どのようにするのがベストなのでしょうか? 断りたいという気持ちはあっても、それをどのように伝えて良いのか悩むところではありますよね。 さっそく参考例を見ていきましょう。 ・「気を使わないで良いよ~」と謙虚な形でやんわり断る あくまでも 相手への気遣いという形で拒否します。 断り方としてはかなり弱いですが、これで相手がすんなり受け入れてくれたらラッキーかと。 波風が立ちにくいですからね。 まずはこんな感じで相手の出方を伺ってみては? ・「うちは年賀状出してないんだ」と、年賀状のやりとりはしないことを告げる こちらは比較的言いやすいですね。 ただし 他の方には出している場合、バレたときに関係が悪化する可能性は大いにあります。 年賀状のやりとりをほとんどしていないのであれば、このように言ってしまうのがいいでしょう。 ・「メール(またはLINE)でお願いして良い?」など別の手段を提供する 新年の挨拶をしない、というのはなんだかあれなので、住所不要の連絡手段での挨拶提案をします。 このとき「年賀状は出さないからメールでお願い。 」と 言い切ってしまうと相手の同意を得られやすいですよ。 判断を相手にゆだねすぎると押し切られてしまう可能性もありますから、少し強めに出るのも吉かと。 ・「住所はあんまり教えないようにしてるからごめんね」ストレートに拒否 やんわりとお断りしても空気を読んでくれない人にはストレートをかますしかありません。 ここまで言われたらいくらなんでも察するのではないかと思います。 年賀状を出すための住所を聞かれた時の断り方はこのような感じです。 出来るだけスマートに断れると良いですね。 使えそうなものがあったらぜひ試してみて下さい^^ ・今後のことも考えて教える これからも仲良くやっていかなくてはいけない関係の場合、はがき一枚で上手くいくなら安いもの、と考えて住所を教える人もいるようです。 本音はともかく仕方ないという諦めの気持ちは分からなくもないですね。 ただ、教えると言っても同じパターンばかりとは限りません。 いずれにせよこちらは これからも仲良くやっていかなくてはいけない関係の場合に多いかと。 届いてから返す場合、あえて「年賀状が遅れてすみません」などの事務的な文章だけにし、あまり年賀状のやりとりをしたくないアピールをするという人もいます。 この人は年賀状出さない人なんだ、と思わせて、 来年から年賀状が来ないようになることを狙う意味もあったりしますね。 ・徹底して教えない これは上手く回避するなり断るなりしてとにかく住所は教えないパターンですね。 昨今では住所交換せずとも年賀状が出せるサービスなどもありますが、そこまでして出したくない人が多いでしょう。 (とくに仕事付き合いの相手などは) 教えることに不安を感じるような相手なら、はっきりと断ってしまった方がいっそのこと良いのかもしれませんね。 大きく分けると教える教えないの2択ですが、実際にはいろいろ思惑があったり、本音と建て前があったりしますよね。 仲のいい人や上手く付き合っていかないといけない人には、しぶしぶでも教えて年賀状のやりとりをするという人も少なくありません。 相手との関係性なども考えた上、対応していくのが賢いのかもしれませんね。 年賀状で住所教えないまとめ 年賀状で住所を教えないのってどうなの?というのは、断る側としても頭を悩ませるポイントですよね。 人付き合いはそれなりにしなくてはいけないのかな、と感じるのも当然間違いではありません。 ただ住所は個人情報ですから、教えたくないと感じたならば拒否するのもまた当然のことだと思いますよ。

次の

年賀状の住所を教えたくない時の断り方 聞かれたらどうする?

お聞かせ願いたく

気になる項目をクリック• 1.「~いただきたく存じます」の意味 「確認してほしい」の敬語表現 まずは、「~いただきたく存じます」の意味を理解するところから始めましょう。 「~いただきたく存じます」は、 複数の単語から成り立つ敬語表現です。 ここでは「ご確認いただきたく存じます」を例に、以下の表で詳しく見ていきましょう。 イメージとしては、 「~してほしいと思っているのですが…」です。 上司や目上の人、取引先やお客に対して適切なへりくだる表現として使えます。• 「いただきたく」と「頂きたく」の使い分け 何かをしてもらいたいとき、「~いただきたく存じます」の 「いただきたく」を「頂きたく」と書いてしまうのは誤りです。 漢字で「」と書くのは、食べ物や贈り物をもらう時です。 「~をしてもらう」ときは、ひらがなで書きます。 また、ひらがなで「いただきたく」は食べ物や贈り物をもらう時でも使うことが出来るので、無難な表現だと言えるでしょう。 2.「~いただきたく存じます」は敬語として正しい? ここで何となく気になってしまうのが、「~いただきたく存じます」が本当に正しいかどうかですね。 確かに上司に対する表現としてはこれ以上ないですが、心配なのは 「二重敬語になっていないか?」でしょう。 「~いただきたく存じます」は上司に対して失礼のない表現として、本当に正しいのか、詳しく見ていきましょう。• 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではない 脱線しましたが、「~いただきたく存じます」は、「~してもらう」のと「~思う」の謙譲語を合わせたものです。 しかし、 一つの単語に二つ以上の敬語表現は用いられていません。 よって、「~いただきたく存じます」は二重敬語とは言えないのです。 とはいえ、二重敬語には気をつけよう 「~いただきたく存じます」それ自体は二重敬語ではないとはいえ、安心はできません。 「お伺いいただきたく存じます」のように使うと、二重敬語になってしまいます。 理由は「訪問する」の敬語表現である「」に、敬語表現の「お」を使ってしまっているからです。 正しくは「ご訪問いただきたく存じます」と表現します。 3.「~いただきたく存じます」の使い方 「~いただきたく存じます」を使うのは、上司など自分より目上の人に「~してほしい」と頼み込む時です。 ビジネス文書やメールやプレゼン等においては、 「いただきたく存じます」のように、最初に「ご」や「お」をつけて使います。 「ご多忙のところが」と前置きをするなどして、相手に対して姿勢を低く見せることが肝心です。 ただし、二重敬語には気をつけましょう。• 「を取りたいとき」• お時間 いただきたく存じます。 「教えてほしいとき」• ご教示 いただきたく存じます。 お教え いただきたく存じます。 「送付した資料を見てもらいたいとき」• ご確認 いただきたく存じます。 ご高閲 いただきたく存じます。 「その他」• ご いただきたく存じます。 お いただきたく存じます。 ご参加 いただきたく存じます。 お断り。 一度説明させて いただきたく存じます。 4.「~いただきたく存じます」を用いる際の注意点 確かに、「~いただきたく存じます」は目上の人を丁重にもてなす表現としては適切です。 しかし、 失礼のない対応をするなら、使い方を誤ってはなりません。 ここでは、やってしまいがちな注意点を紹介します。• 〇返信 いたします。 あまり重要でない話題を振る時や相手が初対面でない場合には、「~いただきたく存じます」よりも、むしろ「~いたします」の方が適切です。 以上の例文でも、「~いたします」を使ったほうがスマートで、好印象を与えられますね。 4-2.「~をしていただきたく」のような省略表現はNG 「~をしていただきたく」のように、「存じます」を略して伝えていないでしょうか? もし心当たりがあるなら、今すぐにやめましょう。 「存じます」を省略した表現は大変失礼にあたります。 せめて「~していただきたく思います」「~していただきたく願います」のように、省略せず完結させましょう。 5.「~いただきたく存じます」の言い換え表現 ここでは、 「目上の人に何かをしてほしいとき」に便利な「~いただきたく存じます」の言い換え表現も覚えておきましょう。 言い換え表現を使いこなせば、上司や取引先からは知的に見られ好印象です。 加えて、相手に「~してほしい」時には、敬語とはいえ相手や状況によって適切な言葉は変わってきます。 状況に合わない言葉の使い方で恥をかかないためにも、しっかり覚えましょう。 5-1.~していただければ幸いです 「~いただきたく存じます」の言い換え表現として、 「~していただければ」は代表的です。 「~いただきたく存じます」と同じように、ビジネスメールや文書で「相手に何かを依頼する」ときに用いられます。 「~をしてくれるとありがたい」という意味の表現になり、「~してください」よりも柔らかい印象を与えられます。 お手数ですが、 お送り いただけますよう申し上げます。 ただし、「申し上げます」は堅苦しく、シンプルさに欠けた表現だと言えます。 くどい表現を嫌う人もおり、人によっては悪印象を与える場合がありますので注意しましょう。 そんな時は、代わりに 「~なさってください」を使うといいでしょう。 「する」の尊敬語「なさる」を、「~してください」で活用した表現です。 「~してください」よりも丁寧に伝わります。 くれぐれも お大事に なさってください。 くれぐれも ご養生 なさってください。 「~なさってください」は、おもに体調を気遣う意味合いが強い表現です。 イメージとしては 「体に気をつけてください」といった感じでしょう。 6.上司へのビジネスメールでも使える「~いただきたく存じます」の例文 それでは、本格的に「~いただきたく存じます」の「ビジネスにおいての使い方」を例文で見ていきましょう。 「~いただきたく存じます」の使い方を、5つのシーンにおける例文で見ていきます。 今回は「~いただきたく存じます」に加え言い換え表現も交えて、「目上の人に対してものを頼む表現」をマスターしましょう! 6-1.アポイントを取りたいとき• I would like to ask for your help. 意味:お願いさせて いただきたく存じます。 We would like to ask you to let us know. 意味:我々に知らせて いただきたく存じます。 We would like you to contact us immediately regarding the status of the shipment. 意味:早急に配送についてご連絡を いただきたく存じます。 なお、「like」と「to」の間に「you」など相手を指す単語を入れることもあります。 これでも一般的に使われる表現です。 ただし、使い時はビジネスメールに限られます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:ぶしつけなお願いでまことに恐縮ではございますが、を いただきたく存じます。 (ビジネスメールでの表現) 意味:実際に製品を使用した後の感想などについて、お聞かせ いただきたく存じます。 そのため、 「I would be grateful if you could ~」「Would you be willing to ~」という表現も覚えておきましょう。 「気が乗る時でいいので」という柔らかいニュアンスの表現です。 「I would be grateful if you could ~」• I would be grateful if you could let me know when you receive the product. 意味:商品受け取り後ご一報 頂けると幸いです。 I would be grateful if you could give him some information on local conditions. 意味:彼に現地の情報を 教えてくださるよう、お願いいたします。 「Would you be willing to ~」• Would you be willing to attend the meeting? 意味:会議に出席して くださいませんか。 I am extremely interested in your research, so would you be willing to explain a little bit about it? こちらにはへりくだる意味合いは少なく、初対面でない人や同僚との会話する場合に合っているでしょう。 I apologize for the sudden changes and ask for your understanding. 意味:急な変更をおわびいたしますとともに、ご理解を いただきたく存じます。 まとめ 「~いただきたく存じます」自体は二重敬語ではないため、そのまま用いても失礼には当たりません。 しかし、 上司を相手に使うなら、何よりも一歩譲る姿勢が大切です。 丁寧な表現を心がけながらもくどい表現は避け、乱用には気をつけましょう。 「ご検討いただきたく存じます」のように用いるのが基本的な使い方です。 英語表現では「would you like~」「could you please~」のように表現します。 海外のビジネスパートナーを相手にするときは覚えておくと便利ね。

次の