埼玉 補欠 選挙。 「翔んで埼玉」再び起用 参院補選、投票率アップへ

参院埼玉補選 前埼玉県知事の上田清司氏が当選

埼玉 補欠 選挙

参院埼玉選挙区補欠選挙(27日投開票)が10日、告示される。 出馬を表明しているのは無所属の上田清司・前埼玉県知事(71)だけだったが、NHKから国民を守る党(N国党)の立花孝志党首(52)が8日、参院議員を辞職し、補選に出馬する意向を表明した。 選挙戦は上田、立花両氏による一騎打ちとなる公算が大きい。 補選は8月の埼玉県知事選で初当選した大野元裕氏(55)の参院議員辞職に伴うもので、消費税率10%への引き上げ直後の国政選挙となる。 7月の参院選の比例代表で初当選した立花氏が辞職すれば、医師の浜田聡氏(42)が繰り上げ当選する。 立花氏は8日の記者会見で、補選に立候補する理由について「比例は議席が減らない。 自民党や公明党などは候補者を立てず、十分に勝てる選挙だと分析した」と述べた。 参院議員を辞して再び参院議員を目指すことに関しては「議席をほうり出し、国会の論争にも入らずに議員辞職をすることに対し、国民からの批判がある」と語った。 一方、上田氏は9月20日の出馬会見で「地方重視の政治をやっていかなければならない」と強調。 憲法改正に関しては「9条は自衛隊の存在が重きをなす条文になっているべきだ」と述べ、改憲論議の活発化に意欲を示した。 自民は上田氏が改憲論議に前向きだとして対抗馬擁立を見送り、自主投票とする。 立憲民主と国民民主の両党県連は支援する。

次の

「翔んで埼玉」再び起用 参院補選、投票率アップへ

埼玉 補欠 選挙

選挙の公示の直前に体調不良で埼玉県知事選挙への出馬を断念された行田邦子さんの動静が相変わらず不明なので、どうすれば参議院補欠選挙を活性化できるか、という観点から書いておく。 埼玉県知事選挙の結果が判明していないのに、先走り過ぎるな、というご批判を頂戴するだろうが、2か月後には補欠選挙が行われることが確定しているので、今の内に問題提起しておく。 自民党が候補者を擁立するとしたら、県会議員の中から適当に候補者を見繕うしかないだろうが、3年後の参議院選挙に自民党から候補者を擁立することは事実上難しいだろうから、なかなか引き受け手は現れないはずである。 行田さんが元気でしかも自民党筋の評判が良ければ、行田さんを担ぎ出す手もないではないが、今のところ目ぼしい動きは見られない。 埼玉県知事の上田氏の出馬も噂されているようだが、全国知事会長まで務めた上田氏を担ぎ出すことには立憲民主党も国民民主党も躊躇するはずだ。 まあ、何があってもおかしくないのが政治の世界だから、何があっても驚かないが、有権者が投票したくなるのはやはりそれにふさわしい出来事が起きた時。 埼玉県民にとってどれだけのインパクトがあるか分からないが、現時点で有権者の関心を集めやすい候補者の筆頭は、れいわ新選組の山本太郎氏だろうと思っている。 何もなければ大方の有権者から無視されそうな参議院の補欠選挙だが、れいわの山本太郎氏が立候補するということになると、全国の注目が埼玉に集中することになる。 れいわの支持率が4. 3パーセントだという世論調査が先日発表されたばかりだが、れいわの勢いを保つためには国政選挙に出ることが一番のはずだ。 れいわの参議院議員のお二人はいずれも介護者の付き添いを要する重度の障害者。 国会の場で口八丁、手八丁の山本太郎氏の獅子奮迅ぶりを見たい方はそれなりに多いはずである。 うん、ここは山本太郎氏の出番だな。 あえて、そう書いておく。 ご参考までに。

次の

「翔んで埼玉」再び起用 参院補選、投票率アップへ

埼玉 補欠 選挙

「海はない、空港もない、だが補欠選挙はある!!」。 狙いは投票率アップ。 過去の参院補選の投票率で平成3年の参院埼玉補選は17・80%という全国最低の投票率を記録。 翔んで埼玉効果にあやかって汚名を返上をもくろむ。 翔んで埼玉の再登板を決めた県選管は、4月の統一選、7月の参院選、8月の知事選…と「大型選挙3連発」に選挙疲れを感じる有権者を強く意識した。 キャラクターが「『また選挙か…』だと? 大切な1票を無駄にするな-!!」などと絶叫する内容のポスターとチラシを計約12万部作成した。 今回初の試みとして投票を呼びかけるハーブティーのティーバッグ1万5千個を街頭などで配布する。 翔んで埼玉の「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」というセリフをいじり、ティーバッグのパッケージは「そこらへんの草じゃない、ハーブティーだ!!」と絶叫調で訴え、その心を「リラックスして、投票へ行こう!!」と呼びかけている。 県選管は「ただの草に効果がないが、ハーブにはリラックス効果があるといわれている」と話す。 啓発動画も2種類作成した。 電車内やテレビなどで流す「マイルド版」と、動画サイト「ユーチューブ」限定公開の「ハード版」を用意した。 マイルド版は9日から、自虐要素が過激なハード版は18日から公開予定という。 SNS「ツイッター」で、投票の呼びかけや選挙の思い出に関するツイートも21日まで募集している。 PR 県選管の大山澄男書記長は「前回の知事選で翔んで埼玉の効果に手応えを感じた。 1人でも多くの方にまずは補選があることを知ってもらい、その上で投票機会を行使してほしい」とコメントした。 知事選で翔んで埼玉を啓発事業に起用した影響か、投票率はややアップし「一定の効果があった」(県選管)とみている。 ただ、今回の補選は、上田清司・前埼玉県知事が出馬表明し、NHKから国民を守る党が候補者の擁立準備を進めているが、関心の低さが懸念されている。 県選管は「選挙の構図が投票率の推移に影響するが、県選管としてはインパクトのある啓発事業を続けるしかない…」と、埼玉をこき下ろした「翔んで埼玉」頼みなのが実情のようだ。 迫る政治決戦「埼玉・秋の陣」。 2匹目のドジョウとなるか-。 (竹之内秀介).

次の