香典 袋 書き方。 【香典マナー】香典袋の書き方や包み方・関係別の金額

香典袋の書き方!表書きや金額、中袋なしや横書きなども解説

香典 袋 書き方

通夜や葬儀に参列できない際のマナー 訃報は突然届くものです。 大事な仕事の予定があったり、海外に出張していたりなど、やむを得ない事情で通夜や葬儀に参列できないことは珍しいことではありません。 そうした場合でも、お悔やみの気持ちはきちんとお伝えしたいものです。 葬儀に参列できないときは、連絡をして後日弔問にお伺いするのが基本です。 参列できない場合には連絡する 訃報を受け取ったけれど、どうしても都合がつかず参列できないというときは、遺族へ必ず連絡しましょう。 参列できない理由は『やむを得ない事情で』というように、簡単に伝えるだけで大丈夫です。 遺族も忙しいだろうからと気をつかって連絡しなかったり、参列できない理由をくどくど述べたりするのは、かえって失礼にあたります。 訃報を後から知った場合 自分の都合で訃報を受け取るのが遅れてしまい葬儀に間に合わなかった場合、できるだけ早めに遺族に連絡して、参列できなかったことをお詫びします。 そのときに弔問に伺いたい旨をお伝えし、遺族の都合を聞いてみましょう。 また、故人の意向で家族葬を行ったなど、あえて広く知らせなかったというケースもあります。 その場合もあまり遅くならないうちに一度連絡をして、弔問に伺ってもよいか尋ねてみてください。 いずれにしても、まずは遺族の意向が最優先です。 もし『お気持ちだけでじゅうぶんです』などと言われたら、弔問は遠慮し、香典は郵送しても大丈夫です。 葬儀後の弔問の注意点 弔問に伺うことになったら、少なくとも香典と数珠(仏教の場合)は持参しましょう。 香典は不祝儀袋に入れて袱紗(ふくさ)に包みます。 相手の宗教に合わせて供物やお花などを差し上げると、より丁寧になります。 服装は、喪服ではなく地味な平服にします。 紺やグレーのスーツ、ワンピースなどが無難です。 女性は結婚指輪以外のアクセサリーはつけないようにしましょう。 お参りが済んだらあまり長居はせず、故人の思い出話を少しする程度で失礼しましょう。 葬儀後の香典袋のマナー 葬儀後に香典をお渡しする場合も、中に入れる金額や、香典袋を袱紗に包むなどの基本的なマナーに変わりはありません。 ただし仏式では、香典袋の表書きに、葬儀でお渡しするときとは違う決まりがあります。 葬儀後の香典の金額は故人との関係による 香典の金額は、葬儀に参列する場合と同じで大丈夫です。 自分の年齢や故人との関係、おつきあいの程度によって、適切な金額を包むようにしましょう。 また、中に入れるお札はできるだけ新札を避けるようにし、手元に新札しかなければ軽く折り目をつけてから包みます。 葬儀後の香典の表書きは? 仏式の場合、葬儀後の香典は、弔問の時期によって香典袋の表書きが変わります。 四十九日の法要前なら『御霊前』や『御香典』、法要後は『御仏前』とします。 浄土真宗のみ、四十九日前でも『御仏前』を使います。 これは亡くなってから四十九日ということではなく、あくまでも四十九日の法要が済んでいるかどうかということですので、微妙な時期であれば『法要はお済みでしょうか』と事前にお尋ねしておきましょう。 他の宗教では、葬儀後も葬儀に参列する場合と同じ表書きで問題ありません。 神式では『御玉串料』や『御霊前』、キリスト教式では『御花料』や『御霊前』とします。 しかし、宗教も宗派もわからないということは珍しくありません。 その場合はどの宗教・宗派でも使える『御霊前』を使いましょう。 葬儀後の香典の渡し方 通夜や葬儀なら受付で香典をお渡しすれば済みますが、葬儀後の香典は直接遺族にお渡しするためお互いに気をつかうものです。 マナーを守り、真心をこめてお渡しするようにしましょう。 葬儀後に手渡す場合の作法 葬儀同様、弔問時に香典をお渡しする場合も、必ず香典袋を袱紗に包んで持参しましょう。 玄関先で失礼するときは、その場で袱紗から取り出して『このたびはご愁傷様です。 遅くなりましたがお供えしてください』という言葉とともに遺族に手渡します。 室内にあがってお参りする場合は『お線香をあげさせていただいてよろしいでしょうか』と断りをいれたうえで、祭壇に袱紗から取り出した香典袋を供えます。 このとき、香典袋は遺影に向けてではなく、自分の正面に向くように置いてください。 また、香典をお渡しするということは、遺族にお返しの負担をかけてしまうことになります。 香典や供物をお供えしたら『お返しは結構です』と一言伝えるようにしましょう。 葬儀後の香典を断られた場合 最近では香典返しなどの負担を減らすため、参列者から香典を受け取らない葬儀や、身内だけで済ませる家族葬が増えています。 弔問のお伺いをしたときにも、同様の理由で香典をお断りされることがあります。 その場合は無理にお渡しせず、香典の代わりにお菓子やお花、お線香などを持参しても良いでしょう。 葬儀後に香典をもらった場合 では逆に、葬儀が済んだ後に香典をいただいた場合、遺族としてどのように対応するべきなのでしょうか。 葬儀後の香典のお返しはどうする? 香典をいただいて、一番気になるのが香典返しでしょう。 葬儀でいただいた香典なら、事前に用意しておいた返礼品をお帰りの際に手渡しできますが、葬儀後の香典は個別にお返しを用意しなくてはならず、負担に感じることもあります。 しかし急いでお返しをする必要はありません。 お返しのタイミングは四十九日法要がひとつの目安ですので、それまでにいただいた香典については、まとめてお返しの手配をすれば大丈夫です。 お返しの方法も、直接持参するのが難しければ郵送で構いません。 また、香典返しを辞退した場合や、供物やお花だけいただいた場合は、お返しはせずにお礼状をお送りすれば充分です。 まとめ やむを得ず葬儀に参列できず、後日香典を郵送したり持参したりという機会は意外と多いものです。 しかし急いで準備しなくてはならない葬儀と違い、弔問までには時間があります。 せっかくお伺いするのですから、じっくりとマナーをおさらいして、故人や遺族に失礼のないように準備しておきましょう。

次の

お葬式 香典】香典袋・書き方・お金の入れ方包み方・中袋・渡し方・お通夜

香典 袋 書き方

香典袋には何を書く? 香典袋に書くのは下記の4点です。 表書き 「御霊前」「御仏前」「御香典」「御花料」など宗教宗派によって表記が変わります。 氏名 香典を出す人の名前です。 個人だけではなく連名で書く場合や、氏名ではなく会社名や団体名とする場合もあります。 住所 郵便番号含めて住所を書きます。 金額 香典袋に納めた金額を書きます。 表書きについては「御霊前」や「御仏前」など香典袋に最初から印字されているものを購入するケースが一般的であるため、実際に書くことは少ないかもしれません。 ただし、宗教宗派など持参する場にふさわしい表書きの香典袋が購入出来なかったときには、表書きも自分で書く必要があります。 表書きの書き方 香典袋の表書きは宗教宗派によって異なります。 ここでは、主な宗教ごとの表書きを紹介してまいります。 なお、葬儀で香典袋に字を書く際は、薄墨の筆記具(薄墨の筆ペンを使う方が多い)を使用しましょう。 後日の法事に持参する香典については、通常の濃さの筆記具を用いて書きます。 仏教 仏教の場合、亡くなってから四十九日法要の前までの期間については 「御霊前」、四十九日法要以降は 「御仏前」の表書きを使用します。 ただし、浄土真宗など一部の宗派では「御霊前」は使用せず、四十九日法要の前であっても「御仏前」の表書きとなる場合があります。 「御香典」という表書きであれば、宗派問わずに四十九日法要の前でも以降でも使用可能です。 神道 神道では 「御玉串料」「御榊料」「御神前」のいずれかの表書きとなります。 キリスト教 キリスト教は 「御花料」「献花料」が一般的な表書きです。 キリスト教でもカトリックでは「御ミサ料」が使われたり、プロテスタントでは「忌慰料」が使われたりすることもありますが、「御花料」または「献花料」だけ覚えておけば問題ありません。 中袋の書き方 香典袋には中袋が付いているタイプのものがあります。 中袋が付いている場合には、この中袋にお札を納めてから、香典袋で包みます。 中袋には、金額、氏名、住所を書きます。 中袋によっては、金額や氏名などを書く欄が印刷されているものもありますので、指定された箇所に書き入れましょう。 金額や氏名などを書く欄が印刷されていない中袋については、表側の中央に香典として包む金額を縦書きし、裏側の左下部分に香典を出す方の氏名と住所を書きます。 前述のように氏名については個人名ではなく、会社名や団体名となることもあります。 なお、中袋に書くときも薄墨の筆記具を用いることが基本的なマナーです。 金額の書き方 金額の書き方については、縦書きと横書きで異なります。 縦書き 金額は大字(だいじ)と呼ばれる旧字体含む漢数字で書きます。 一般的に大字は法的文書や公的文書などでよく使われ、数字の改ざんを防止する目的で使用されます。 たとえば三千円は「参仟圓」、五千円は「伍仟圓」、一万円は「壱萬圓」、二万円は「弐萬圓」、十万円は「拾萬圓」という表記になります。 横書き 横書きの場合には、算用数字を使って書きます。 数字の前に「金」または「円マーク(¥)」を付記し、金額を書いた最後に「円」または「-」を付けます。 たとえば一万円であれば「金10,000円」または「¥10,000-」となります。 千円以上の場合には3桁ごとにカンマを入れた方が丁寧です。 住所と名前の書き方 住所の書き方 住所については郵便番号も含めて書きます。 数字部分は算用数字でも漢数字でも、どちらでも構いません。 連名で香典を出すときには、全員の住所を書くのではなく代表の方の住所をひとつだけ書けば充分です。 名前の書き方 名前は 基本的にフルネームで書きます。 ただし 夫婦の連名で書く場合には、主たる人をフルネームで書いて、その左横に従たる人の名前のみを書くことが一般的です。 たとえば夫はフルネームで書いて、妻は名前のみを書きます。 夫婦では無い方で連名とするには、全ての方のフルネームを表記します。 なお、スペース的に連名でも 3名までは表書きの下に書きますが、それ以上の場合には名前のリストを香典袋の中に同封することが一般的です。 また名前について、会社の代表者名で書く場合には、会社名、肩書、代表者名を書きますが、表書きの真下に代表者名が位置するように書きます。 香典を連名にする場合の書き方については以下の記事もご参照ください。

次の

香典の書き方!中袋ありの時の書き方を徹底解説!

香典 袋 書き方

順番に説明していきますね。 STEP1 袋を開いてお札をおく お札の向きに気をつけて置きましょう。 袋をひらいた時、裏表逆の状態になります。 STEP2 左・右の順に折る まずは左から、次に右を折りたたみましょう。 STEP3 下から上の順に折る 裏返して下を先におります。 この順序が逆だと慶事用になってしまうので、注意しましょう。 STEP4 水引をつける。 最後に水引をつけたら完了です。 新札を入れない お通夜や葬儀の場合、 新札は入れません。 理由として• 突然の訃報で用意してなかった• 遺族に新たな不幸が来ないように などあります。 もし新札しかない場合は、 一回でもいいので折り目をつけても大丈夫です。 くしゃくしゃのお札を使わない ただ、あまりにもボロボロすぎるお札はやめましょう。 旧札を香典には入れますが、あまりにもボロボロすぎるのは失礼に値します。 中袋の利用 中袋は外袋と同じ向きでお札を入れて、最後に外袋へ。 中袋は香典袋にセットでついていて、現金を入れる袋。 封筒タイプと 奉書紙タイプがあります。 封筒タイプは文字通り白い無地の封筒。 奉書紙タイプは和紙でお札を包むときに使います。  香典袋に中袋がついているものが大半ですが、中袋にいれなくても問題ありません。 袋がふたつになるので不幸が重なるという考えから、中袋を使わない地域もあります。 また、香典袋にはいくつか種類があります。 金額によって香典袋の種類を変えましょう。 封筒に印字されているもの・・・1万円以下• 黒白・・・1~3万円• 双銀・・・5万以上 香典袋の書き方 もっといろいろ注意することがあるわ。 文字の濃さ について説明するわね。 外袋 名前は フルネームで書きましょう。 宗教別で書き方が変わります。 仏教・・・ご霊前・ご香典• 神道・・・御玉串料・御榊料• キリスト教・・・献花料・お花料 中袋 表面には金額で、裏面には住所と氏名を記入します。 金額は、旧漢字を使ったほうが書き直される心配がないといわれています。 文字の濃さ 通夜や葬儀の香典袋には 薄墨を用意しましょう。 薄墨には、急いで駆けつけた・悲しみに涙が落ちて墨が薄くなったなどの意味があります。 中袋や受付の際は見やすくするために薄墨は使用しません。 また、各種法要は前もって日程がわかるので墨を用意できるということで、薄墨でなくて大丈夫です。 他にも香典の書き方に関する記事はこちら その場合の説明するわね。 香典は 郵便局の現金書留で送ることができます。 通夜や葬儀に参列できなくて、香典を渡せない場合は郵送をしましょう。 現金書留にする場合、• お悔やみ状• タイミング を確認します。 現金書留用の袋を購入しますが、直接現金を入れるのではなく香典袋に入れましょう。 宛名 宛名は 喪主宛てで、喪主のご自宅におくります。 葬儀に間に合いそうだからといって、葬祭場に送るのはNG。 もし送り先が不明な場合は親しい親戚などに聞いてみましょう。 金額 香典の金額はそのままの金額を入れます。 また、人に香典を預ける場合も香典金額は同じにしましょう。 一周忌などの法要は食事代など考えて香典を包みますが、通夜・葬儀は食事代など考えて金額を差し引きません。 香典を人に預ける記事はこちら お金の入れ方には• 入れる向きをそろえる• 新札をいれない• くしゃくしゃのお札は使わない• 中袋の利用 があります。 外袋・中袋にフルネームや金額と住所を記入し、文字の濃さは薄墨を使いましょう。 香典の金額は故人との関係性や年齢で変わってきます。 渡すときは袱紗を使いましょう。 香典は現金書留で送ることができます。 香典いただいた場合、空の香典袋は燃えるごみとして処分できますが、誰からいくらもらったのか記録を残しましょう。 いかがでしたか? 香典といってもいろんなマナーがあります。 もし、書き方やマナーを間違えて恥ずかしい思いをしないためにも気をつけてみましょうね。

次の