ヒゲ バリカン。 ひげバリカンの使い方

【HATTEKER】 電動バリカン / ヒゲトリマー / ヘアーカッター

ヒゲ バリカン

ヒゲを整える方法 そもそもヒゲを整えるとき、皆さんはどんな方法を活用していますか? ・市販で気軽に買えるカミソリを使う。 ・家電量販店などで購入した電気シェーバーを使う。 ・ハサミで適当にカットする。 などなど、いろんな方法があると思います。 剃る場合にはこれらの方法で問題ありませんが、 ヒゲを均一に整える時にはあまり適していませんよね? そんな時にオススメなのが ヒゲトリマーなんです! ヒゲトリマーとシェーバーの違い では、ここでヒゲトリマーとシェーバーの違いをまとめてみましょう。 項目 ヒゲトリマー 電気シェーバー 値段 比較的安い ピンキリ 使用用途 ヒゲを整える ヒゲを剃る 使い勝手 簡単 普通 メンテナンス 簡単 モノによっては面倒 という事で、ヒゲトリマーは非常に使い勝手の良いヒゲバリカンなんです。 ただ、ヒゲ全体を剃るという事には不向きなので、 ・ヒゲを剃るのか? ・ヒゲを整えるのか? ここが一番の違いであり、 目的によってどちらを使用するかが異なってくるという事です。 ヒゲトリマーの使い方 ヒゲトリマーの使い方はそこまで難しくありません。 バリカンを使用したことがある方なら、ある程度の使い方や使い勝手はわかると思います。 イメージとしては、髪の毛に使っている バリカンの小型バージョンと思っても良いでしょう。 それでは、ヒゲトリマーの使い方をもう少し詳しくまとめていきたいと思います。 【STEP1】ヒゲ全体を一旦濡らして乾かす。 あくまでも一般的な使い方を紹介していますので、人によってはもっと効率よくカットできる方もいます。 使い方に関しては、何回か使用すれば慣れてくると思いますので、失敗しても気にせずに慣れるまでは使い続けるようにしましょう! 注意点やポイント ヒゲトリマーは非常に使い勝手の良い ヒゲバリカンですが、トリマーだけでヒゲが綺麗になるわけではありません! 髪の毛のバリカンもそうですが、最後はハサミなどで微調整したりすることも多いですよね? ヒゲトリマーも同様に、 一通りカットした後に改めて見直してハサミやカミソリで微調整するとより綺麗に仕上がりますので、ぜひお試しください。 また、ヒゲに対してカットする角度がズレているとうまくカットできない事もありますので、 角度が重要だという事も覚えおこう! 男性用化粧水で今一番人気のカテゴリーが 【抑毛】です。 その中でも人気なのがヒゲが生えるスピード抑えるために、毛根の活性を弱らせる成分 フィリニーブと女性ホルモン様作用の大豆エキスを配合した です。 もし、髪の毛に使ってしまったらと思うとちょっと怖いですが、髪の毛が薄くなる原因もヒゲが濃くなる原因もどちらも 男性ホルモンが影響しており、それぞれにある男性ホルモン受容体が逆の指令を受け頭では薄くヒゲは濃くさせてしまいます。 男性用化粧水の流行は 抑毛ですよ、 抑毛。 ヒゲトリマーはこんな方におすすめ ・無精ヒゲを効率よく整えたい。 ・朝時間がない時に簡単にヒゲをセットしたい。 ・コンパクトで持ち運びしやすい髭剃りが欲しい。 ・簡単にメンテナンスができるモノが欲しい。 ・ヒゲの長さをバランスよく均一にしたい。 人気のヒゲトリマー3選 ヒゲトリマーの使い方や基本的な使用用途についてはある程度ご理解頂けたかと思います。 次に、どんなヒゲトリマーがあるのか? 人気のあるヒゲトリマーを紹介していきたいと思います! ヒゲトリマーにもいろんな種類がありますが、その中でも使い勝手が良くて電気シェーバーでも人気のメーカーである、 パナソニック・ブラウン・フィリップスの3つのメーカーからチョイスしてみました。 5mm~20mmを39段階 クリーニング 本体丸ごと水洗い可能 製品の特長 ・刃の自動研磨機能付き ・60分のコードレス使用 ・ジレットカミソリ付 バキュームヒゲトリマー フィリップス 項目 内容 メーカー フィリップス|PHILIPS 商品名 バキュームヒゲトリマー 長さ調整範囲 0. 5mm~10mm クリーニング 水洗いできるアタッチメント・スティック・ブラシ 製品の特長 ・ヒゲ吸引システム ・ダブル鋭角刃でトリミングも素早く実施 ・1時間充電で約80分の使用が可能 ・細部用トリマーで更に細かくカット リニアヒゲトリマー ER-SB60 パナソニック 項目 内容 メーカー パナソニック|Panasonic 商品名 リニアヒゲトリマー ER-SB60 長さ調整範囲 1mm~10mm クリーニング 水洗い可、専用オイル・掃除用ブラシ付き 製品の特長 ・ウォータースルー洗浄 ・刃の先端のみでカット可能 ・ナロー刃によって寝ているヒゲやくせヒゲもカット ・リニアモーター駆動で圧倒的なパワー 各ヒゲトリマーを比較してみた 上記の項目でも紹介した通り、ヒゲトリマーに限らず電気シェーバー類の代表的なメーカーは、 ・パナソニック ・ブラウン ・フィリップス です。 それぞれ特徴があり、 人によって好き嫌いや使い勝手の違いもあると思いますので、参考までにこの3つのメーカーのヒゲトリマーを比較してみましょう。 上記紹介した人気のヒゲトリマーの情報にてまとめています。 パナソニック リニアヒゲトリマー ブラウン ビアードトリマー フィリップス バキュームヒゲトリマー 1mm~10mmの間で調整 0. 5mm~20mmの間で調整 0. 5mm~10mmの間で調整 水洗い可能 水洗い可能 水洗い可能 ・刈り高さアタッチメント 1~10mm ・ディテールアタッチメント ・充電スタンド ・ポーチ ・専用オイル ・掃除用ブラシ付き ・ヒゲトリミングアタッチメント ・ヘアートリミングアタッチメント ・掃除用ブラシ ・充電プラグ ・ジレットカミソリ付き ・細部用トリマー ・細部用コーム 3mm・5mm ・クリーニングブラシ ・クリーニングスティック ・ソフトポーチ付き.

次の

ひげバリカンの使い方

ヒゲ バリカン

出典: ヒゲを整えたいけれど、カミソリやシェーバーだとうまくいかない、ということや、髪の毛を少し整えたいけれど、バリカンだと難しい…ということはありませんか? そんなときにヒゲトリマーを使えば、ちょうどよくヒゲや髪の毛を整えることができます。 ヒゲトリマーはいわばヒゲ用のバリカンともいえるでしょう。 毛を短くカットする仕組みはバリカンと同じですが、長さ調節の幅が異なります。 髪の毛専用のバリカンだと長さは3mm~15mm程で調節しますが、ヒゲトリマーは1mm~とかなり短めの長さから調節できるので、ヒゲや眉毛、髪の毛など幅広くお手入れができます。 電気シェーバーだと、ヒゲをすべて剃ってしまうのでヒゲの長さを均一に整えたり、おしゃれにデザインすることには向いていません。 ヒゲトリマーの選び方 ヒゲトリマーを選ぶ時の比較ポイントをご紹介します。 お手入れしたい部分や使う場所、価格など様々な点を考慮して、自分にぴったりのヒゲトリマーを探してみてくださいね。 乾電池式か充電式かを選ぶ ヒゲトリマーの電源方式は、主に乾電池式か充電式の2種類です。 乾電池式 乾電池を入れておくだけで、色んな場所で手軽に使えるのが魅力です。 シンプルでリーズナブルな商品が多いのが特徴です。 使用時間が短く、電池が減ってくると威力が落ちたりしますので、その都度電池を入れ替える必要があります。 充電式 充電器で充電して使うタイプなので、乾電池を買う必要もなく、突然電池切れで使えなくなる心配がありません。 充電式のものは防水性が高く、お風呂場で使える商品が多いのが特徴です。 きちんと充電器に差して保管していれば、突然のバッテリー切れが起こることも少なく、朝の忙しい時間にもサッと使うことができます。 長さ調整がどれぐらいかをチェック 出典: ヒゲトリマーは商品によって長さの調節の幅が異なります。 商品によってかなり異なりますが、0. 5mm刻みで3~30段階の調節が可能なものが多いです。 ひげやモミアゲなどを、どのくらいの長さに調節をしたいのか考えて、選んでみてください。 アタッチメントの調整方法を確認 ヒゲトリマーで長さを調節するには、アタッチメントの高さを変える必要があります。 アタッチメントの高さを変える方法は、交換式と自動調節式の2種類があります。 自分で取り外しをする交換式 交換式は、長さを変えたいときにアタッチメントを自分で取り付け・取り外しをするタイプです。 交換式のヒゲトリマーは自動調節式のものに比べ、本体価格がリーズナブルなものが多いです。 使い方がシンプルで、初めてヒゲトリマーを使う方でも簡単に操作できるのが特徴です。 自動で調整してくれる自動調整式 自動調節式は、アタッチメントの位置を自動で調節する機能がついているタイプです。 付属部品も少なく、アタッチメントを付け替える必要がないので、手間がかかりません。 ダイヤルなどを回して長さを選びます。 交換式のものと比べると本体価格が高く、操作が難しいという点があります。 防水性の高さも重要 出典: お風呂場で使ったり、水で丸洗いしたいのであれば防水性の高さにも注目しましょう。 防水機能はついていても、刃のみだったり特定の部分のみの場合があるので確認が必要です。 お手入れのしやすさをチェック 本体ごと丸い洗いできるものや刃部分のみ水洗いが可能など、商品によって異なりますのでお手入れ方法も確認しましょう。 刃の切れ味を保つ自動研磨機能がついていたり、オイル差しが不要なものもあります。 長く使うには、メンテナンスのしやすさも大事なポイントです。 ヒゲトリマーの主なメーカー ヒゲトリマーの主なメーカーであるフィリップス、パナソニック、ブラウンの特徴をご紹介します。 フィリップス オランダのメーカーで、お風呂で使える機種が多く、刃が長持ち(2年程)するのが特徴です。 自動研磨機能がついているのでシェーバーオイルが不要でメンテナンスが簡単なところが魅力です。 お肌への負担が少ないのもポイントです。 パナソニック 日本人の肌やヒゲに特化してつくられているので使いやすいです。 深剃りと肌への優しさのバランスが良いとの定評があります。 シェーバーオイルが必要で自動研磨機能などはついていないので1~2年で刃の交換が必要です。 ブラウン ドイツのメーカーで、パワフルな剃り味が特徴です。 パワフルな分、濃くて太いヒゲに対応できるので、体毛が濃いという方にはおすすめですが、肌が弱い方は少し注意が必要です。 シェーバーオイルが必要なタイプもあり、刃の交換は1年半ほどが目安と言われています。 ヒゲトリマーのおすすめ4選.

次の

髭をバリカンで整える方法!髭も剃れるおすすめ人気バリカンも紹介!

ヒゲ バリカン

ヒゲのお手入れはシェーバーで!考えている方にとってヒゲトリマーはあまり馴染みが無いものかもしれません。 そんな方にとってヒゲトリマーを選ぶのは少々難しいでしょう。 そこで、ここでは初めてヒゲトリマーを使う人でも簡単に選べるようヒゲトリマーの選び方をまとめてみました。 機能で選ぶ ヒゲトリマーはヒゲをそり切ってしまうのではなく、長さを調節するものです。 そのため、電気シェーバーのようにただ切れ味を追い求めたものではいけません。 使いやすい機能や人気の機能をご紹介しますので、ヒゲトリマーを選ぶ際の参考にしてみてください。 アタッチメントの長さ調節機能 おしゃれなヒゲを作る際はアタッチメントの長さを調節しながら刈り込んでいかなければいけないため、アタッチメントの長さ調節機能が必要不可欠です。 特にIT、デザイン関連など比較的社則が緩い傾向にある業界では皆さんヒゲをおしゃれに整えていますから、そのような業界の方であれば尚更でしょう。 例外的な使い方として、アタッチメントの長さ調節機能があればツーブロックを自宅で整えることも可能です。 防水機能 バリカンなどと同様ヒゲトリマーを使った後は細かな毛が刃に絡まるためお掃除が面倒です。 しかし、防水機能がついていればそんな問題とはおさらばできます。 防水機能のついたヒゲトリマーのお手入れは使い終わった後、アタッチメントを取り水で洗い流すだけです。 これなら使用後の手間も少なくこまめなヒゲのお手入れが出来るのではないでしょうか。 手に馴染むデザイン ヒゲトリマーを選ぶ際はグリップ部のデザインにも着目したいです。 特にグリップの形状が自分の手に馴染むものかどうかはしっかりチェックしておきたいところ。 イマイチ手に馴染まないものを買ってしまうと、ヒゲの微調整が難しくなることがあるため、購入前にはいろんなヒゲトリマーを見て自分の手に合うか確認しておきたいです。 ブランドで選ぶ ヒゲトリマーは直接肌に触れるものですから、安心して使える信頼性の高いブランド製のものを選びたいです。 オススメなのはフィリップスやパナソニック、ブラウンなど大手が手掛ける製品で、これくらいのブランド製のものになれば特殊な機能を求めない限り、買って後悔することは無いでしょう。 逆に無名ブランドのものは切れ味が悪くヒゲが絡まったり、安全性が充分でなく肌を痛めてしまったりすることがあるので注意しておきたいです。 口コミで人気の商品を選ぶ 評価の高いヒゲトリマーを選ぶなら口コミを参考にしましょう。 『ヒゲを剃っても痛くない』、『アタッチメントが頑丈で剃っている最中に長さが変わることが無い』などの口コミが多いものを選んでおくと間違いないでしょう。 ヒゲトリマーは眉毛にも使える? 新しい道具を購入するときは相場が気になりますよね。 相場を調べずに割高なものを購入するのは嫌ですし、逆に相場より明らかに安いものを買って粗悪品だった時はガックリ来てしまいます。 ヒゲトリマーの相場は概ね3000円から多機能なもので5、6000円くらいまでです。 これ以上高いものは何かしらの特殊機能や最新技術を備えており、安いものはどこかしら機能を妥協しています。 ヒゲトリマーランキングBEST3 ヒゲトリマーの選び方や使える範囲が分かったところで、次は売れている人気ヒゲトリマーランキングをご紹介していきます。 っどれも使いやすく高機能なものばかりなので、ヒゲトリマーが気になっている方は是非参考にしてみて下さい。 美容系雑誌や通販の広告業に専念するも5年で退社しビューティーライターとして活動。 様々な分野を独学で勉強し、ファッション、エステ、整形などの美容系はもちろん、演劇やゲーム、アニメなど幅広い視点でビューティーと向き合い、ユーザー目線でのライティングが得意です。 新しく発売された美容品やサプリを実際に購入し、どんな効果があり、巷の口コミは本当なのかを自分自身が納得するまで徹底調査。 時にはイチユーザとして辛口の評価も。 ビューティーライターだけでなく、美容関連のイベント企画やセミナーなども積極的に行い、頼れるビューティディレクターを目指しています。

次の