絆2 平均獲得枚数。 パチスロ『バジ絆2』新事実が発覚!? 超・狙い目……「かなりの威力」を期待!!

バジリスク絆2|天井恩恵 期待値 ハイエナ狙い目

絆2 平均獲得枚数

下記の表はシナリオと各セットの継続率で、継続率A以外は滞在ステージに対応している。 ただし、ステージ矛盾による継続示唆などがあるため、ステージと継続率は完全にリンクしているわけではない。 B…昼、 C …夕方、 D…夜、 E …駿府城 継続シナリオ&継続率一覧 1~12セット シナリオ 滞在セット 1 2 3 4 しりあがり B B B B 朝駆け D C B A 普通 C B C B 安定 C C C C 超しりあがり B B B C 波乱 A D D A 超安定 C C C C 超普通 C B C B 夢幻 E 激闘 D シナリオ 滞在セット 5 6 7 8 しりあがり C C C C 朝駆け D A D A 普通 C B C B 安定 C C C C 超しりあがり C C D D 波乱 D D A D 超安定 C C D D 超普通 D C D C 夢幻 E 激闘 D シナリオ 滞在セット 9 10 11 12 しりあがり D D D E 朝駆け D A D A 普通 C B C B 安定 C C C C 超しりあがり D E E E 波乱 D A D D 超安定 D D D D 超普通 E D E D 夢幻 E 激闘 D AT中の継続シナリオは有利区間移行ゲーム時に決定され、設定によってシナリオ振り分けに特徴がある。 奇数設定は「波乱」を選択しやすく、偶数設定は「朝駆け」「安定」を選択しやすくなっている。 また、プレミアムBC以外の「激闘」は設定3と5が選択されやすいという特徴がある。 シナリオ選択率 シナリオ 設定1 設定2 設定3 しりあがり 12. 50% 9. 80% 10. 20% 朝駆け 12. 50% 18. 87% 12. 50% 普通 18. 87% 21. 74 18. 87% 安定 20. 40% 25. 00% 20. 41% 超しりあがり 6. 25% 3. 13% 6. 25% 波乱 18. 87% 9. 35% 18. 87% 超安定 3. 13% 6. 25% 4. 69% 超普通 6. 25% 4. 69% 6. 25% 夢幻 0. 39% 0. 39% 0. 39% 激闘 1. 17% 0. 78% 1. 95% シナリオ 設定4 設定5 設定6 しりあがり 9. 01% 7. 04% 6. 25% 朝駆け 20. 41% 12. 50% 21. 74% 普通 20. 41% 18. 87% 18. 87% 安定 26. 32% 20. 41% 27. 78% 超しりあがり 3. 13% 6. 25% 4. 69% 波乱 7. 81% 18. 87% 6. 25% 超安定 6. 25% 6. 25% 6. 25% 超普通 5. 46% 6. 25% 6. 25% 夢幻 0. 39% 0. 39% 0. 39% 激闘 0. 78% 3. 52% 1. 17% AT突入画面はシナリオとATストックの有無によって選択率が異なる。 なお、弦之介以外が出現した時点で 安定or超安定or夢幻or激闘のいずれかが確定する。 シナリオ4 安定 選択時 突入画面振り分け 開始画面 ATストック なし 1個 2個 弦之介 73. テーブルの選択率は設定によって異なり、1セット目にLv3を選択するテーブル テーブル3・4・9・10 は高設定ほど選択されやすく、 テーブル5なら高設定が確定となる。 ただし、絆玉はBC当選などで内部的にストックしている場合もあるため、絆玉表示ナシで絆高確が発動したとしても絆Lv3とは限らないので注意。 テーブル5以外は5セット目までに絆高確が必ず発動するため、絆高確が一度も発動しなかった場合は、テーブル5が確定する。 以下のセリフが発生した場合はモードCスタートやモードCの割合が多いテーブル、BCスルー天井が浅いテーブルとなるため、しばらく様子を見たほうがいいだろう。 また、 絆ランプが点灯した場合は 1回目or2回目のBCでATに当選する「テーブル15or16」となるため、 即ヤメ厳禁だ! AT終了時・セリフによる次回モードテーブル示唆 サブ液晶タッチ時 テーブル示唆 朧「何かが起こる 気配がします」 テーブル8or9or11or 12or13or14or15or16 弦之介「怪しき気配じゃ」 テーブル8or9or13or 14or15or16 絆ランプ点灯 テーブル15or16.

次の

バジリスク絆 BT(AT)間BCスルー回数別ハマリ台期待値&BT(AT)平均獲得枚数

絆2 平均獲得枚数

プレミアムバジリスクチャンス当選時の恩恵振り分け フリーズが発生した場合の恩恵は以下のように振り分けられます。 中央値という考え方 平均枚数が3867枚だからといって獲得枚数を順番に並べた時の真ん中が平均枚数じゃないってコトはご存知ですか? 例えば1000枚、1001枚、10000枚でも平気枚数は4000枚になってしまいます。 この場合は真ん中の1001枚が中央値になります。 平均枚数は大量に出た分も計算に入るので実際に本当に期待できる中央値は平均枚数より低くなります。 ちょっとデータが取れなかったのですが恐らく1500枚~2000枚くらいが中央値になるんじゃないかと思います。 (画像はわたしがAT中にフリーズ引いちゃった時のヤツなので枚数が多くなってます) さらに66%継続だったとしても祝言ストック1個は保証があるため、最低でも2セット以上は継続するということになります。 そのため最低獲得枚数は300枚以上にはなるはずです! つまり最低パターンはAT1セット目にBC当選できず、祝言モードから転落。 そして2セット目にAT継続抽選に漏れBCも引けず2セット目で終了というパターンですね。 7%) 最低でも6. バジリスク絆 フリーズで獲得枚数を伸ばすには? フリーズ発生時の恩恵で高継続率が選ばれることは大して大きな恩恵ではありません。 選択率こそ低いですが通常のAT当選でも振り分けがあります。 フリーズだからこその恩恵は祝言ストックです! 祝言ストック中にいかにセット数を伸ばせるか、BCでいかにセット上乗せを出来るかが大量出玉のカギとなります。 逆に言うと祝言ストックを早々に終わらせてしまったらピンチだということですね。 絆モードが連続する祝言ストック中がレバーの叩きどころです! ここで続けなければ数セット後には終わる覚悟が必要だと私は思っています。 確かに5. 5号機以降勝ちにくくなったのは事実です。 メルマガ解除もカンタンに可能なので勝てていない人はまずは登録しちゃいましょう!•

次の

パチスロ『バジ絆2』新事実が発覚!? 超・狙い目……「かなりの威力」を期待!!

絆2 平均獲得枚数

表題の件がTwitterで話題になっていたので、個人的な意見をまとめました。 まずは結論から。 「1スルー400Gの方が期待値は高い」です。 どれぐらい差があるのかはを使ってもらえれば分かります。 さらにこの記事ではツールだけでは分からない具体的な数値・根拠も提示しつつ、解説していきます。 1スルー400G vs 3スルー150Gの各数値を徹底比較 期待値計算に使用した設定1メインの実戦値を使って、各ケースの数値を比較してみました。 8 BT平均獲得枚数:405. 7枚 推定機械割:97. ゲーム数天井到達率が18. しかし 実質的なBT出現率では、ゲーム数天井到達率が高く時間効率の良い1スルー400Gの方が優秀。 さらにBT出現率だけでなく、 BT平均獲得枚数も1スルー400Gの方が約30枚多いです。 もう一つは別noteで解説している、有利区間ハマりによる初期ストック抽選の影響だと思われます。 【上記記事の要約】 ・有利区間ハマりゲーム数に応じて初期ストック抽選が行われる ・初期ストックはBCスルーしてもリセットされない(有利区間リセットまで引き継ぐ) 重要なのはスルー回数ではなく、有利区間ハマりゲーム数です。 1スルー400Gの方が裏で初期ストックを保持している(あるいはBT初当たりまでに初期ストック獲得できる)可能性が高いため、トータルでのBT期待枚数は多くなります。 既に出ている解析だけ見れば、6スルー・7スルー到達率が高い分、3スルー150Gの方がBT期待枚数が多いのでは?と錯覚してしまうので要注意ですね。 まとめ ・BT実質出現率 ・BT期待枚数 ・時間効率 全てにおいて、1スルー400Gの方が優秀。 当然、期待値も1スルー400Gの方が高いです。 3スルー150Gはサンプル数が有利区間920回分と少ないので多少ブレがありそうですが、ここから数値が逆転する可能性はほぼありません。 感覚で判断するのが全部ダメ!とか言うつもりはないです。 むしろ現場で実践経験を積むことで培われた感覚こそが、上級者と中級者の大きな差になるはず。 しかし絆2みたいに複雑な台を、感覚だけで正確に立ち回るのは、いくら上級者であっても不可能です。 机上計算・実戦値・感覚……全部大事です。 歴が長くて上手い人ほど感覚に偏る傾向がありますが、机上計算や実戦値もバランスよく取り入れた方が、立ち回りの精度は上がると僕は思います。

次の