コムアイ。 信仰をさまようわたしたち/コムアイ

水曜日のカンパネラ

コムアイ

世界に存在する、目に見えない不思議な神秘。 それを現代は取り戻せるのか? インドネシア映画界を牽引するガリン・ヌグロホ監督によって制作されたサイレント映画『サタンジャワ』は、そうした問いへのひとつの回答なのかもしれない。 今年の夏、国際交流基金アジアセンターによる『響きあうアジア2019』のプログラムのひとつとして、この『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサートが開催される。 そこでは、フィールドレコーディングを得意とするサウンドデザイナーの森永泰弘が音楽を作り、水曜日のカンパネラのコムアイが上映の日に出演。 その音響と音楽で本作の世界観を拡張する。 立体音響による1日限定のライブコンサートで、ふたりは一体どんな音楽を奏でようとしているのだろうか。 映画は魔術であり、儀式。 現代のテクノロジーで神秘をどう生み出す? インドネシア映画界のパイオニアであるガリン・ヌグロホ監督の『サタンジャワ』上映は一般的な映画上映とは様相を異にする。 「エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)」のコンセプトの元で作られたこの作品は、そもそもがサイレント映画で、生演奏をつけることが前提となっている。 音響と音楽ディレクションを任されることになった森永泰弘は、なにを起点にスタートしたのだろうか。 与えられたのは『サタンジャワ』というサイレント映画の映像のみ。 そこで森永は、映画史にインスピレーションを求めた。 僕自身も映画の音を制作していくうえで、無声映画の世界に広がる音、1920年代後期の映画の音は大事にしています。 映画史で「トーキー」と呼ばれる映像に声が部分的に付いた映画『ジャズシンガー』がアメリカでリリースされたのが1927年なんですけど、その頃のヨーロッパ映画では映像を付加する音が既にいくつか存在していました。 映画の中で視覚と聴覚の関係性が広がっていき、音や音楽が「映画における音」となることで、全く別の言語として扱われるようになったわけです。 そこで僕は、映像に音が加わることで、視聴覚の表現をスクリーンとスピーカーを通じて全く異なる音の聴き方にできることに感動しました。 しかも1920年代のインドネシアは、西洋人たちが蓄音機を持って未開拓の異文化とのつながりを音や映像を通じて記録していた時期でもあって。 録音している側は記録しているだけなんですけど、録音されている側からしたら自分の声が聞こえてくるわけだから、ある種の魔術のようなミスティシズムを帯びていたに違いないんです。 これを『サタンジャワ』という作品でも取り扱えないかと考えました。 神話の中で扱われる悪魔と、映画というメディアが持つ魔術性、それらをひっくるめてどういうことができるのか。 さらに、そこに現代の視点を導入することが、スタートになりました。 森永泰弘(もりなが やすひろ) 東京藝術大学大学院を経て渡仏。 帰国後は芸術・音楽人類学的な視座から世界各地をフィールドワークし、楽器や歌の初源、儀礼や祭祀のサウンドスケープ、都市や集落の環境音をフィールドレコーティングして音源や作品を発表している。 また、映画・舞台芸術・展示作品等のサウンドデザインや音楽ディレクションを中心に、企業やアーティストとコラボレーションを行うconcreteを設立し、国内外で活動している。 これまで世界三大映画祭(カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭、ベルリン国際映画祭) で自身が関わった作品等が発表されている。 また、今回のプロジェクトをスタートさせるにあたり、森永はコムアイと一緒に映画の舞台となったインドネシア・ジャワ島から海を隔てたスラウェシ島、さらに森永自身は他のインドネシアの地を訪れ、フィールドレコーディングを兼ねて、いくつかの民族の儀式に参加した。 『サタンジャワ』は、ジャワ神秘主義のひとつである「プスギハン(超常的な現象でお金持ちになること)」という呪術をテーマにしている。 お金を盗む妖怪トゥユルと契約して富を得る代わりに、死んだあとに家の柱になる約束を取り交わす。 聞くところによると、こうした神秘主義的な儀式がインドネシアでは土着性強く各地で行われているという。 インドネシアのスラウェシ島で、宗教司祭を訪問し儀式のレコーディングに臨む森永とコムアイ 森永:この旅で意識したのは、コムアイさんがどういうところに関心を抱くのかを知ることでした。 彼女の歌や声はすでに信用している。 だからこそ、いままで出会ったことのない、しかも言葉が通じない人たちにどういうアプローチをするのか。 相手の懐に飛び込めるのか、飛び込めないのか。 それを知りたいと思いました。 コムアイ:インドネシアを訪れて最初に感じたのは、自分自身の身体の変化。 日本の夏を越える蒸し暑さで、まるでサウナに入っているような感覚なんです。 その中でインドネシアの楽器が鳴らされると、自分の体がバリ舞踊のような八の字の動きに自然となって、声の出し方や心地いいリズムも変わってくる。 そうやって自分の五感が変わることがなによりも楽しかったです。 インドネシアには1万以上の島があり、文化の隔たりが保たれてきたので、そこらじゅうに違う民族、言語、慣習、儀礼、楽器、歌、踊り、装束があります。 『日立 世界ふしぎ発見!』(TBSテレビ)で、1年通してインドネシアでもいけるんじゃないかと思うくらい。 山のほうに住むトラジャ族はスラウェシ島のほかの部族からも尊敬されている気高い人々で、死を祝うそうですよ。 家族で誰かが死ぬと、その死体と家の中でしばらく暮らして、葬式も賑やかで、泣いている人よりも笑っている人が多いと聞きました。 コムアイ アーティスト。 1992年生まれ、神奈川育ち。 ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。 「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。 その土地や人々と呼応して創り上げるライブパフォーマンスは必見。 好きな音楽は民族音楽とテクノ。 好きな食べ物は南インド料理と果物味のガム。 音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活躍。 2019年4月3日、屋久島とのコラボレーションをもとに制作した新EP『YAKUSHIMA TREASURE』をリリース。 そうした神秘的な儀式が残るインドネシアの土地を巡って行き着いたのが、「デジタル技術でどうやって儀式を作るのか」というテーマだった。 それは3Dの立体音響や、ポストプロダクションによる加工技術によって集約されることになった。 「その場所の音を聞くことで、その場所のことを知れる」そう森永は音の役割について説明する。 森永:インドネシアに行くとわかるんですけど、もういろんな音がごったがえしているんですよね。 車のクラクションが鳴ったと思ったら、聞いたことのない鳥がさえずっていることもあって。 一種の作品になってしまっている気もするんです。 コムアイ:東京って、物足りないところがあって。 私は単純に、もっとうるさくてご飯が安くて、人がよくしゃべる街が好きなんですよね。 インドネシアは私の求めているものがあるというか。 森永:みんなでひとつの場所に集まって、ひとつのスクリーンを観る映画って、ある種の「儀式」だと思うんです。 最先端の技術を使うことで、その地で体験したことをベースに、もうひとつ異なる視点を導入できるんじゃないか。 それを模索することが、この制作で僕がやるべきことなのかなと思いました。 だから、いろんな音が飛び交う、ある特殊な時空間を人為的に作っていけるか。 そして、そこで得た体験や感覚を超えることができるのか。 そこに強く意識を向けました。 プロフィール コムアイ アーティスト。 1992年生まれ、神奈川育ち。 ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。 「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。 その土地や人々と呼応して創り上げるライブパフォーマンスは必見。 好きな音楽は民族音楽とテクノ。 好きな食べ物は南インド料理と果物味のガム。 音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活躍。 2019年4月3日、屋久島とのコラボレーションをもとにプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作した新EP「YAKUSHIMA TREASURE」をリリース。 森永泰弘(もりなが やすひろ) 東京藝術大学大学院を経て渡仏。 帰国後は芸術・音楽人類学的な視座から世界各地をフィールドワークし、楽器や歌の初源、儀礼や祭祀のサウンドスケープ、都市や集落の環境音をフィールドレコーティングして音源や作品を発表している。 また、映画・舞台芸術・展示作品等のサウンドデザインや音楽ディレクションを中心に、企業やアーティストとコラボレーションを行うconcreteを設立し、国内外で活動している。 これまで世界三大映画祭(カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭、ベルリン国際映画祭) で自身が関わった作品等が発表されている。

次の

何でもあり、は不自由?「あえて、制限をもつ」コムアイ流、自由の見つけ方

コムアイ

Contents• F (ディレクター エフ)に 「歌わないか」と 誘われたことをきっかけに 音楽の道に進みます。 映画のシーンみたい ちなみに、誘われる前までは 音楽活動は一切行ってなかったそうです。 それなのに、 今や立派なミュージシャンになってすごいですね。。。 センスがあったのでしょうね! 水曜日のカンパネラとは そもそもコムアイさんが主演を務める 水曜日のカンパネラについてサラッと説明いたします。 結成は2012年。 Youtubeでデビューしました。 今でこそYoutubeで歌を歌う人は たくさんいて珍しくはありませんが 2012年当時は 「え?Youtubeでデビュー!?どゆこと!?」 ってなったことでしょう。 水曜日のカンパネラは時代を少し先取りしたのですね! そして、メンバーは• 主演・歌唱 : コムアイ• 作曲・編曲 : ケンモチ ヒデフミ• マネージャ兼ディレクター : Dir. F ディレクター エフ) の3人で構成されているグループです。 グループ自体は3人ですが 表舞台にたつのはコムアイさんだけという とっても変わったミュージシャン達です。 他の2人は裏方で表には出てないそうです。 コムアイさんの名前の由来は コムアイという名前は 珍しい名前ですよね、、、 というか1人しかいないと思います。 これは一体どういうことなのでしょうか? もしかして、今までに捕まったことがあるのかと思い調べましたが そういった事実はなさそうです。 では、なぜ薬中疑惑がでてしまったのかといいますと 2019年11月30日公開したフライデーで 沢尻エリカさんの交友関係について 書かれています。 そこにコムアイさんが親しい友人として 沢尻エリカさんの写真の左横にいます。 このチャートをみて分かる通り 沢尻エリカさんの周りに 薬物で逮捕された人が多く あたかもコムアイさんも薬物を使用しているのではないかと 思わせるような見せ方になっております。 そのことが原因でコムアイさんも 実は薬物をやっているのではないかと思われてしまったのでしょう、、、 今のところそういった事実はないので コムアイ薬中説はただの噂にすぎませんね! 特技は鹿の解体!?!? プロフィールにもあるとおり コムアイさんの特技は 鹿の解体 だそうです。 、、、え。 どゆこと?本当なの?となりますが 本当なのです。 コムアイさんは ライブ中のパフォーマンスで 実際に鹿を解体しています、、、。 調べると画像等出てきますが なかなか衝撃画像ですのでここでは控えます、、、 気になる方は検索してみてください! ぶっ飛びすぎ、、、 コムアイ演じるフォロワーズのサニー役について Followers フォロワーズ)とは フォロワーズとは 2020年2月27日に配信開始した Netflixのオリジナルドラマで 蜷川実花さんが監督を務める話題の作品です! この作品は SNSを通して様々なことが起こり、 また現代女性たちの生き方を描いたドラマです。 蜷川実花さんが監督とだけあって ファッションやお部屋のインテリアデザイン等が 蜷川実花ワールド全開の作品となっております。 また、キャスト陣がとっても豪華なのです! 主演は 池田 エライザ さんと 中谷美紀 さん 主要メンバーとして 夏木 マリ さん 板谷 由夏 さん 中島 美嘉 さん 金子 ノブアキ さん 浅野 忠信 さん 上杉 柊平 さん コムアイ さん もうこの時点で驚きのメンバーですよね!! 豪華すぎます!! そして、このドラマはすごいことに 一瞬しかでない役で大物がでてくるのです。 笑 蜷川実花さんはとても顔が広いんだなと感じました! コムアイさん演じるサニーとは サニーとは 主人公 百田なつめ 池田エライザ の親友で 絵で成功を目指しているレズの女の子です。 金髪と黒髪のウルフヘアーが特徴的です。 しかし、見ていくほどに 棒読み感ではなくそういう 喋り方であることに気づき どんどんコムアイさんの演技に引き込まれていきました。 歌だけでなく演技もとっても魅力的でした! もうすでに、音楽活動で有名なコムアイさんですが これから女優業のほうも増えていきそうですね。

次の

水曜のカンパネラのコムアイが謎すぎる!本名や年齢!出身や大学も

コムアイ

ルールと言われて、イスラム教を信じる兄と妹の友人のことが頭に浮かんだ。 食事や礼拝のルールが厳しいイスラム教に従う彼ら。 大変でしょう、という同情のテンションで豚肉が食べられないことや断食があることをよく指摘されるのだそうだ。 いやわたしも、最初彼らに出逢った時はそういう態度だったと思うが、話していると、大変でしょう、と言われるのは信仰を持たないわたしの方じゃないかと思ってくる。 自身の行動規範が決まっていて、そのことが窮屈ではなく、とても幸せそうに見えたのだ。 やった方が良いことと悪いことはクルアーンに全て完璧に書いてあり、それを守るか守らないかは自分次第。 断食は実はみんなが楽しみにしている。 日が沈んでから夜明けまで、集まってご飯を振るまうので毎晩がパーティーでとても楽しいし、そもそもお酒を飲みたいとか思わないらしく、もともと彼らはテンションが高く最初から本音で話すので、必要ないのかもしれない。 もしお酒を飲みたければ飲めばいい。 今全て守れなくても歳を経るごとに少しずつ守って徳を積んでいければ良いのだ、というのが彼らのスタンスだ。 このコロナ騒ぎで、今まで水面下で育ってきた日本人の不安の連鎖が地上に現れてしまったようだ。 やるべきことをしても、必要以上の不安がどんどん膨らんで、不安と不安が呼応して大きくなって、『千と千尋の神隠し』のカオナシが育っていくみたいだ。 ムスリムの彼らに、おそれているものってある? と他の人が質問した時も、そうだよね、いったいわたしたちは何をおそれてパニックになっているのだろうと思った。 自分の死だろうか。 オリンピックができなくなることだろうか。 仕事がなくなることだろうか。 そもそもいろんな計画外のことが起こるという当たり前のことが、想定できなくなっているかもしれない。 明日事故で死ぬかもしれないし、それまでちゃんと生きれば良いだけなのに。 彼らがちょっと考えて答えてくれたのは、この世でこわいことはない。 強いて言えば死んでから最後の審判で裁かれて地獄行きになることがこわいということだった。 この世でのことは全て勉強で、死ぬまでにどれだけ自分を高め良い行いをしたかで、天国に行くか地獄に行くかが決まるらしい。 死んだ後の心配をする感覚はわからなかったが、それによってこの世での心配をしなくなっているのは興味深かった。 この世では良いことが起きればご褒美で、悪いことが起きれば教材で、神さまが指定した順番で起きる。 生まれる日と死ぬ日も決まっているそうだ。 起きることに全て意味を見出そうとする彼らから学べることはたくさんありそうだ。 決まった宗教を信仰していないわたしは、自分の信仰を自分で築いていかなければならない。 とはいえ、この世に生を受けた瞬間からある宗教の中にいたような人も、置かれた環境に疑念を抱いたり、自身の信仰について再考したりして、結局はさまざまな経験の上に自分の信じるものを成り立たせていくものかもしれない。 先の友人たちも日本で育ち、大人になってからイスラム教を選んだのだそうだ。 改宗したりするかどうかはおいておいて、社会や政治に安心させてもらえる世の中でないという状況で、長く続いてきた世界中の宗教や信仰を紐解き、人生や死の捉え方を学ぶ試みが、これから増えていくような気がする。 人は、生まれもった親だけでなく、たくさんの先生から学ぶ。 自分が生まれた文化の中から出て別の世界をいくつも持って育つことは何より面白い。 だから生まれた国や町にずっといる必要はないし、逆も然り、興味を持って日本に来た人たちを育てる土壌になる余裕と、彼らから新しいことを学ぶ貪欲さを持っていたいと思う。 PROFILE コムアイ 歌手・アーティスト。 1992年生まれ、神奈川育ち。 ホームパーティで勧誘を受け歌い始める。 「水曜日のカンパネラ」のボーカルとして、国内だけでなく世界中のフェスに出演、ツアーを廻る。 その土地や人々と呼応してライブパフォーマンスを創り上げている。 好きな音楽は世界の古典音楽とテクノとドローン。 好きな食べ物は南インド料理とグミとガム。 趣味は世界各地に受け継がれる祭祀や儀礼を見に行くこと。 音楽活動の他にも、モデルや役者など様々なジャンルで活動している。 2019年4月3日、屋久島とのコラボレーションをもとにプロデューサーにオオルタイチを迎えて制作したEP「YAKUSHIMA TREASURE」をリリース。

次の