萩の月 かす た どん。 萩の月とかすたどん両方手に入れたから比べてみた!

☆萩の月VSかすたどん☆

萩の月 かす た どん

ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかではあることですよ ね。 「だったら、そう言って下さいよ。 」って言えませ んよね。 また、本当に15日中で提出がいいとしても終業 間際に提出してたらだめですよね。 もう一つ、ちょっと違うけど、 「15日までに相手銀行口座にお金を振り込んで ください。 」と言われたら、15日のうちなら 何時に振り込んでもいいのではないですよね。 当然相手口座に15日中に入金されていなくては ならないですよね。 質問とは関係ないですけど。 「書類」という言葉から勝手に仕事の事と考えました から。 14日に欲しいと言わないアンタが悪い、ではね。 確かに質問者は正しい。 でもネ。 人生、先手先手。 「15日と言われましたが早めにお持ちいたしました。 」 な~んてね。 ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかで... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 2です。 A 2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。 都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。 家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。 土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。 ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避けたいですね。 僕の場合は、家に2000万強、土地が3000万弱で合計5000万位でしたね。 (親名義の農地を売ったため親の1000万分の親の共有名義を入れています。 ) 大体のローンを借りる金額は目安は年収の5倍までといわれています。 家と住宅はローンの抵当にいれることがローンを借りる条件になります。 しかし、余り目一杯借りると毎月の返済額が増加しますので大変ですね。 僕の場合は本来の勤務の給料の他に副業をして稼ぎましたし、妻も子育てが一段落したら勤めにでて繰上げ返済をしました。 今の社会状況では、不況で会社都合でリストラされたり、事故・病気で毎月の返済が滞って、家が競売に掛けられ家を失うだけでなく、ローンの借金額が1000万以上抱え込む世帯がかなりでています。 今の経済不況もアメリカのサブプライムローンの焦げ付き(返済能力のない人々に住宅ローンを大量に貸し出してそれが不良債権化した)が原因ですね。 収入が安定している間に繰り上げ返済して早めに完済したいですね。 ローン返済の期間満期の25年後にリストラされずに、事故や病気にならない保障などないですから。。。 返済が破綻すれば、家と住む場所を失い、謝金だけが重くのしかかりますので、健康と事故には十分注意したいですね。 2です。 A 2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。 都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。 家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。 土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。 ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避け... Q 10年ぐらい前にコルク狩りというのがあったと聞きました。 なんでもコルク半というものをかぶっていたら狩られるらしいですね。 しかし、どれだけアウトローなヘルメットなのかと検索かけてみると、その辺のオッサンが原付に乗る時にかぶってるような半キャップが出てきました。 正直、なんでこれをかぶっていたらいきがることになるのかが全く分かりません。 それ以前に「コルク」がメーカーなのか種類なのかも分からないです。 あっはっは~あまりレースには興味がない方ですか?それでは仕方がないですが、『コルク半』と言うネーミングは、史上初めてレースの世界で使用される様になったヘルメットの形状に由来しています。 第二次大戦前まではヘルメットというモノは無く、クルマやバイクのレーサー達は布や革で出来た『ボマーキャップ』(戦闘機乗りや爆撃機の乗員が被っていた、短いツバとしっかりしたアゴヒモが付いていて耳までカバーする帽子 や、ハンティングで使うディアストーカーキャップやハンチング(これらは乗馬用ですね)などを被っていました。 戦後はさすがにコレはマズいということになり、ヘルメットが登場します。 それが後に『コルク半』と呼ばれる様になる、オワン型のハーフキャップヘルメットのシリーズです。 4輪のレースでは'50年代に一斉に普及し、フォン・M・ファンジオやスターリング・モス、マイク・ホーソーンなどレース史に名を残すトップドライバー達が、長いツバのついた半キャップ型(ミミまでカバーしない形状)のヘルメットをかぶっていました。 2輪もこの頃ヘルメットが普及しますが、4輪との違いはツバが無いという点です(レース用バイクは当時既に極端な前傾姿勢だったので、ツバがあると前が見えません。 この時代のヘルメットは、衝撃吸収材にコルク(ワインの栓に使う、あのコルク)が使われていました。 これは当時、効果的に衝撃を吸収出来る発泡高分子材が入手出来なかったからですが、故に今日のヘルメットに比べズッシリと重く、またあまり衝撃を吸収してくれないので危険でもあります。 この時代の代表的ヘルメットブランドは、まだアライもショウエイもなく『クロムウェル』と言う英国のメーカで、コルクと革で出来ていました。 ドイツのUVEXも有名で、こちらは結構最近までコルク製ヘルメットを作っていた様です。 (ツバのない半キャップを『クロムウェル』などと呼ぶ年寄りがいますが、クロムウェルというネーミングがツバなし半キャップの代名詞として長いこと使われていたからです。 ) この後、'50年代終わりごろからブッコやエバオーク、ベルなどスチロールやウレタンの発泡材でジェット型ヘルメット(ミミの部分まで帽体を伸ばしたデザイン)を作るメーカが登場し、この時帽体がミミの上までしかないヘルメットをハーフキャップ(半キャップ)と呼んで分類する様になりました。 で、コルク製の半キャップなので、日本ではこの手のヘルメットを(今やコルクなど使っていませんが)『コルク半』と呼ぶ様になったワケです。 今日では特に、長いツバ付きの『スターリング・モス・スタイル』の半キャップを『コルク半』と呼ぶ様ですね。 今のセンスでは安全性が低く決してカッコよくもなく、要するにハンパなヘルメットに過ぎませんが、実は由緒正しい?レーシングヘルメットが元ネタだった、という話です。 (フロントの旗竿、極端に絞った鬼ハン、ウインドスクリーンを前に倒すなどのスタイルは、全てプレスライダーの流行を拡大解釈して取り入れたモノです。 実際暴走族だったヒト達で、それらの由来を知っているヒトなんて今はいないでしょうが。 ) 彼らはヘルメットが義務化される'74年以前から走っていましたが、ヘルメット義務化でシブシブヘルメットをかぶる様になり、その時のヘルメットが『ツバ付き半キャップ』でした。 バイクではツバなしクロムウェル型の方が有名でしたが、恐らく豪雨の中でも全開で飛ばさなければならない彼らにとって(彼らはレッキとした職業ライダーであり、『走れ』と言われればどんな天候でもプロの意地をかけて走ります)、長いツバは顔に吹き付ける雨をよける為に有効だったんでしょう。 (前走車の巻きあげるドロをよけなければならないモトクロスのヘルメットのツバが長いのと同じ理由です。 そしてやがて、ツバ付き半キャップも暴走族のアイコンと化したワケです。 今日でもツバ付き半キャップは往年の暴走族のイメージがあり、ロクデナシ、更には安全に気が回らぬバカ者、などという印象を持つヒトがいるのは事実です。 勿論、半キャップでもSGマークが付いている限りバイク乗車用ヘルメットとして完全に合法ですが、20年前のレース専用ヘルメットを凌駕するほどの安全性を有したフルフェイスが自由に買える今日、敢えて半キャップを被るのは暴走族的、或いは単に『イキがっている』と見られても仕方のないことかもしれません。 そうなると、ツバ付き半キャップは暴走族とみなされる可能性もあり、族同士の抗争かもしれませんし、或いはもっと単純に『バカは路上から排除する』という世直し的発想かもしれませんが、何れにしろ襲撃の対象となってしまったのではないか?と思われます。 自分が生まれる以前の古いレースまで守備範囲の『レースヲタク』であるワタシから見ると、金色のツバ付き半キャップなどは『ランチア時代のファンジオだ!カッコぇぇ~』などと思ってしまいますが、ま、殆どのヒトはそれよりも『ガラが悪い』と思ってしまう様です。 あっはっは~あまりレースには興味がない方ですか?それでは仕方がないですが、『コルク半』と言うネーミングは、史上初めてレースの世界で使用される様になったヘルメットの形状に由来しています。 第二次大戦前まではヘルメットというモノは無く、クルマやバイクのレーサー達は布や革で出来た『ボマーキャップ』(戦闘機乗りや爆撃機の乗員が被っていた、短いツバとしっかりしたアゴヒモが付いていて耳までカバーする帽子 や、ハンテ... A ベストアンサー ニンニクの芯を抜くようにと言うのは、調理をする際にニンニクの他の部分と比較すると焦げやすいからです。 緑の芽が顔を覗かせるようになると、より焦げやすくなります。 油に香りを移すために熱していると、芯だけが先に焦げて苦味となって、味を損ねてしまいます。 食べても悪い影響はありません。 成分は他の部分とほぼ同じです。 細胞の中では別々の場所に隔離されていた無臭成分アリインと酵素アリシナーゼが、切ったりすったりして出会うと、ニオイ成分のアリシンができますが、他の部分に比べて芯の部分は、アリシナーゼが少なめです。 芽が出るほどニンニクとしての身体にいい成分は減っていきます。 ニンニクの芽[茎ニンニク]は替わりにビタミン類が増えニオイ抑え目です。 ) A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の

☆萩の月VSかすたどん☆

萩の月 かす た どん

ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかではあることですよ ね。 「だったら、そう言って下さいよ。 」って言えませ んよね。 また、本当に15日中で提出がいいとしても終業 間際に提出してたらだめですよね。 もう一つ、ちょっと違うけど、 「15日までに相手銀行口座にお金を振り込んで ください。 」と言われたら、15日のうちなら 何時に振り込んでもいいのではないですよね。 当然相手口座に15日中に入金されていなくては ならないですよね。 質問とは関係ないですけど。 「書類」という言葉から勝手に仕事の事と考えました から。 14日に欲しいと言わないアンタが悪い、ではね。 確かに質問者は正しい。 でもネ。 人生、先手先手。 「15日と言われましたが早めにお持ちいたしました。 」 な~んてね。 ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかで... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 2です。 A 2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。 都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。 家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。 土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。 ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避けたいですね。 僕の場合は、家に2000万強、土地が3000万弱で合計5000万位でしたね。 (親名義の農地を売ったため親の1000万分の親の共有名義を入れています。 ) 大体のローンを借りる金額は目安は年収の5倍までといわれています。 家と住宅はローンの抵当にいれることがローンを借りる条件になります。 しかし、余り目一杯借りると毎月の返済額が増加しますので大変ですね。 僕の場合は本来の勤務の給料の他に副業をして稼ぎましたし、妻も子育てが一段落したら勤めにでて繰上げ返済をしました。 今の社会状況では、不況で会社都合でリストラされたり、事故・病気で毎月の返済が滞って、家が競売に掛けられ家を失うだけでなく、ローンの借金額が1000万以上抱え込む世帯がかなりでています。 今の経済不況もアメリカのサブプライムローンの焦げ付き(返済能力のない人々に住宅ローンを大量に貸し出してそれが不良債権化した)が原因ですね。 収入が安定している間に繰り上げ返済して早めに完済したいですね。 ローン返済の期間満期の25年後にリストラされずに、事故や病気にならない保障などないですから。。。 返済が破綻すれば、家と住む場所を失い、謝金だけが重くのしかかりますので、健康と事故には十分注意したいですね。 2です。 A 2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。 都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。 家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。 土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。 ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避け... Q 10年ぐらい前にコルク狩りというのがあったと聞きました。 なんでもコルク半というものをかぶっていたら狩られるらしいですね。 しかし、どれだけアウトローなヘルメットなのかと検索かけてみると、その辺のオッサンが原付に乗る時にかぶってるような半キャップが出てきました。 正直、なんでこれをかぶっていたらいきがることになるのかが全く分かりません。 それ以前に「コルク」がメーカーなのか種類なのかも分からないです。 あっはっは~あまりレースには興味がない方ですか?それでは仕方がないですが、『コルク半』と言うネーミングは、史上初めてレースの世界で使用される様になったヘルメットの形状に由来しています。 第二次大戦前まではヘルメットというモノは無く、クルマやバイクのレーサー達は布や革で出来た『ボマーキャップ』(戦闘機乗りや爆撃機の乗員が被っていた、短いツバとしっかりしたアゴヒモが付いていて耳までカバーする帽子 や、ハンティングで使うディアストーカーキャップやハンチング(これらは乗馬用ですね)などを被っていました。 戦後はさすがにコレはマズいということになり、ヘルメットが登場します。 それが後に『コルク半』と呼ばれる様になる、オワン型のハーフキャップヘルメットのシリーズです。 4輪のレースでは'50年代に一斉に普及し、フォン・M・ファンジオやスターリング・モス、マイク・ホーソーンなどレース史に名を残すトップドライバー達が、長いツバのついた半キャップ型(ミミまでカバーしない形状)のヘルメットをかぶっていました。 2輪もこの頃ヘルメットが普及しますが、4輪との違いはツバが無いという点です(レース用バイクは当時既に極端な前傾姿勢だったので、ツバがあると前が見えません。 この時代のヘルメットは、衝撃吸収材にコルク(ワインの栓に使う、あのコルク)が使われていました。 これは当時、効果的に衝撃を吸収出来る発泡高分子材が入手出来なかったからですが、故に今日のヘルメットに比べズッシリと重く、またあまり衝撃を吸収してくれないので危険でもあります。 この時代の代表的ヘルメットブランドは、まだアライもショウエイもなく『クロムウェル』と言う英国のメーカで、コルクと革で出来ていました。 ドイツのUVEXも有名で、こちらは結構最近までコルク製ヘルメットを作っていた様です。 (ツバのない半キャップを『クロムウェル』などと呼ぶ年寄りがいますが、クロムウェルというネーミングがツバなし半キャップの代名詞として長いこと使われていたからです。 ) この後、'50年代終わりごろからブッコやエバオーク、ベルなどスチロールやウレタンの発泡材でジェット型ヘルメット(ミミの部分まで帽体を伸ばしたデザイン)を作るメーカが登場し、この時帽体がミミの上までしかないヘルメットをハーフキャップ(半キャップ)と呼んで分類する様になりました。 で、コルク製の半キャップなので、日本ではこの手のヘルメットを(今やコルクなど使っていませんが)『コルク半』と呼ぶ様になったワケです。 今日では特に、長いツバ付きの『スターリング・モス・スタイル』の半キャップを『コルク半』と呼ぶ様ですね。 今のセンスでは安全性が低く決してカッコよくもなく、要するにハンパなヘルメットに過ぎませんが、実は由緒正しい?レーシングヘルメットが元ネタだった、という話です。 (フロントの旗竿、極端に絞った鬼ハン、ウインドスクリーンを前に倒すなどのスタイルは、全てプレスライダーの流行を拡大解釈して取り入れたモノです。 実際暴走族だったヒト達で、それらの由来を知っているヒトなんて今はいないでしょうが。 ) 彼らはヘルメットが義務化される'74年以前から走っていましたが、ヘルメット義務化でシブシブヘルメットをかぶる様になり、その時のヘルメットが『ツバ付き半キャップ』でした。 バイクではツバなしクロムウェル型の方が有名でしたが、恐らく豪雨の中でも全開で飛ばさなければならない彼らにとって(彼らはレッキとした職業ライダーであり、『走れ』と言われればどんな天候でもプロの意地をかけて走ります)、長いツバは顔に吹き付ける雨をよける為に有効だったんでしょう。 (前走車の巻きあげるドロをよけなければならないモトクロスのヘルメットのツバが長いのと同じ理由です。 そしてやがて、ツバ付き半キャップも暴走族のアイコンと化したワケです。 今日でもツバ付き半キャップは往年の暴走族のイメージがあり、ロクデナシ、更には安全に気が回らぬバカ者、などという印象を持つヒトがいるのは事実です。 勿論、半キャップでもSGマークが付いている限りバイク乗車用ヘルメットとして完全に合法ですが、20年前のレース専用ヘルメットを凌駕するほどの安全性を有したフルフェイスが自由に買える今日、敢えて半キャップを被るのは暴走族的、或いは単に『イキがっている』と見られても仕方のないことかもしれません。 そうなると、ツバ付き半キャップは暴走族とみなされる可能性もあり、族同士の抗争かもしれませんし、或いはもっと単純に『バカは路上から排除する』という世直し的発想かもしれませんが、何れにしろ襲撃の対象となってしまったのではないか?と思われます。 自分が生まれる以前の古いレースまで守備範囲の『レースヲタク』であるワタシから見ると、金色のツバ付き半キャップなどは『ランチア時代のファンジオだ!カッコぇぇ~』などと思ってしまいますが、ま、殆どのヒトはそれよりも『ガラが悪い』と思ってしまう様です。 あっはっは~あまりレースには興味がない方ですか?それでは仕方がないですが、『コルク半』と言うネーミングは、史上初めてレースの世界で使用される様になったヘルメットの形状に由来しています。 第二次大戦前まではヘルメットというモノは無く、クルマやバイクのレーサー達は布や革で出来た『ボマーキャップ』(戦闘機乗りや爆撃機の乗員が被っていた、短いツバとしっかりしたアゴヒモが付いていて耳までカバーする帽子 や、ハンテ... A ベストアンサー ニンニクの芯を抜くようにと言うのは、調理をする際にニンニクの他の部分と比較すると焦げやすいからです。 緑の芽が顔を覗かせるようになると、より焦げやすくなります。 油に香りを移すために熱していると、芯だけが先に焦げて苦味となって、味を損ねてしまいます。 食べても悪い影響はありません。 成分は他の部分とほぼ同じです。 細胞の中では別々の場所に隔離されていた無臭成分アリインと酵素アリシナーゼが、切ったりすったりして出会うと、ニオイ成分のアリシンができますが、他の部分に比べて芯の部分は、アリシナーゼが少なめです。 芽が出るほどニンニクとしての身体にいい成分は減っていきます。 ニンニクの芽[茎ニンニク]は替わりにビタミン類が増えニオイ抑え目です。 ) A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の

銘菓対決~「萩の月」と「かすたどん」 : おいしい暮らしと楽しい記憶

萩の月 かす た どん

ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかではあることですよ ね。 「だったら、そう言って下さいよ。 」って言えませ んよね。 また、本当に15日中で提出がいいとしても終業 間際に提出してたらだめですよね。 もう一つ、ちょっと違うけど、 「15日までに相手銀行口座にお金を振り込んで ください。 」と言われたら、15日のうちなら 何時に振り込んでもいいのではないですよね。 当然相手口座に15日中に入金されていなくては ならないですよね。 質問とは関係ないですけど。 「書類」という言葉から勝手に仕事の事と考えました から。 14日に欲しいと言わないアンタが悪い、ではね。 確かに質問者は正しい。 でもネ。 人生、先手先手。 「15日と言われましたが早めにお持ちいたしました。 」 な~んてね。 ここから先は独り言 だだし、これが仕事上のこととなると話は別かも。 仮に会社で上司が「15日までに書類を提出してく れ」と言ったとします。 言外には「16日の出張で 商談に使うからな」ということもありますよね。 もし、そうなら15日の早いうちに書類をチェック したいかもしれないですね。 できれば >14日中に書類を提出してほしかったと 言われることも会社組織のなかで... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 2です。 A 2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。 都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。 家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。 土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。 ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避けたいですね。 僕の場合は、家に2000万強、土地が3000万弱で合計5000万位でしたね。 (親名義の農地を売ったため親の1000万分の親の共有名義を入れています。 ) 大体のローンを借りる金額は目安は年収の5倍までといわれています。 家と住宅はローンの抵当にいれることがローンを借りる条件になります。 しかし、余り目一杯借りると毎月の返済額が増加しますので大変ですね。 僕の場合は本来の勤務の給料の他に副業をして稼ぎましたし、妻も子育てが一段落したら勤めにでて繰上げ返済をしました。 今の社会状況では、不況で会社都合でリストラされたり、事故・病気で毎月の返済が滞って、家が競売に掛けられ家を失うだけでなく、ローンの借金額が1000万以上抱え込む世帯がかなりでています。 今の経済不況もアメリカのサブプライムローンの焦げ付き(返済能力のない人々に住宅ローンを大量に貸し出してそれが不良債権化した)が原因ですね。 収入が安定している間に繰り上げ返済して早めに完済したいですね。 ローン返済の期間満期の25年後にリストラされずに、事故や病気にならない保障などないですから。。。 返済が破綻すれば、家と住む場所を失い、謝金だけが重くのしかかりますので、健康と事故には十分注意したいですね。 2です。 A 2で書いた普通の木造住宅で平均的な価格で2000万位(これ以上だと一般の人は手が出ない)ですが、これに敷地の土地を入れると倍の4000万~5000万位ですね。 都会のマンションでも家族で住む広さだと最低4000万~5000万はするでしょうね。 家を建てる土地をすでに所有しているばあいは3000万位以上の家を建てる方が多いかと思います。 土地も場所により価格が相当異なりますのでなんともいえません。 ただ災害にあいやすい低地や傾斜地、がけ崩れの恐れのある土地、産廃物埋立地、工場跡地などは避け... Q 10年ぐらい前にコルク狩りというのがあったと聞きました。 なんでもコルク半というものをかぶっていたら狩られるらしいですね。 しかし、どれだけアウトローなヘルメットなのかと検索かけてみると、その辺のオッサンが原付に乗る時にかぶってるような半キャップが出てきました。 正直、なんでこれをかぶっていたらいきがることになるのかが全く分かりません。 それ以前に「コルク」がメーカーなのか種類なのかも分からないです。 あっはっは~あまりレースには興味がない方ですか?それでは仕方がないですが、『コルク半』と言うネーミングは、史上初めてレースの世界で使用される様になったヘルメットの形状に由来しています。 第二次大戦前まではヘルメットというモノは無く、クルマやバイクのレーサー達は布や革で出来た『ボマーキャップ』(戦闘機乗りや爆撃機の乗員が被っていた、短いツバとしっかりしたアゴヒモが付いていて耳までカバーする帽子 や、ハンティングで使うディアストーカーキャップやハンチング(これらは乗馬用ですね)などを被っていました。 戦後はさすがにコレはマズいということになり、ヘルメットが登場します。 それが後に『コルク半』と呼ばれる様になる、オワン型のハーフキャップヘルメットのシリーズです。 4輪のレースでは'50年代に一斉に普及し、フォン・M・ファンジオやスターリング・モス、マイク・ホーソーンなどレース史に名を残すトップドライバー達が、長いツバのついた半キャップ型(ミミまでカバーしない形状)のヘルメットをかぶっていました。 2輪もこの頃ヘルメットが普及しますが、4輪との違いはツバが無いという点です(レース用バイクは当時既に極端な前傾姿勢だったので、ツバがあると前が見えません。 この時代のヘルメットは、衝撃吸収材にコルク(ワインの栓に使う、あのコルク)が使われていました。 これは当時、効果的に衝撃を吸収出来る発泡高分子材が入手出来なかったからですが、故に今日のヘルメットに比べズッシリと重く、またあまり衝撃を吸収してくれないので危険でもあります。 この時代の代表的ヘルメットブランドは、まだアライもショウエイもなく『クロムウェル』と言う英国のメーカで、コルクと革で出来ていました。 ドイツのUVEXも有名で、こちらは結構最近までコルク製ヘルメットを作っていた様です。 (ツバのない半キャップを『クロムウェル』などと呼ぶ年寄りがいますが、クロムウェルというネーミングがツバなし半キャップの代名詞として長いこと使われていたからです。 ) この後、'50年代終わりごろからブッコやエバオーク、ベルなどスチロールやウレタンの発泡材でジェット型ヘルメット(ミミの部分まで帽体を伸ばしたデザイン)を作るメーカが登場し、この時帽体がミミの上までしかないヘルメットをハーフキャップ(半キャップ)と呼んで分類する様になりました。 で、コルク製の半キャップなので、日本ではこの手のヘルメットを(今やコルクなど使っていませんが)『コルク半』と呼ぶ様になったワケです。 今日では特に、長いツバ付きの『スターリング・モス・スタイル』の半キャップを『コルク半』と呼ぶ様ですね。 今のセンスでは安全性が低く決してカッコよくもなく、要するにハンパなヘルメットに過ぎませんが、実は由緒正しい?レーシングヘルメットが元ネタだった、という話です。 (フロントの旗竿、極端に絞った鬼ハン、ウインドスクリーンを前に倒すなどのスタイルは、全てプレスライダーの流行を拡大解釈して取り入れたモノです。 実際暴走族だったヒト達で、それらの由来を知っているヒトなんて今はいないでしょうが。 ) 彼らはヘルメットが義務化される'74年以前から走っていましたが、ヘルメット義務化でシブシブヘルメットをかぶる様になり、その時のヘルメットが『ツバ付き半キャップ』でした。 バイクではツバなしクロムウェル型の方が有名でしたが、恐らく豪雨の中でも全開で飛ばさなければならない彼らにとって(彼らはレッキとした職業ライダーであり、『走れ』と言われればどんな天候でもプロの意地をかけて走ります)、長いツバは顔に吹き付ける雨をよける為に有効だったんでしょう。 (前走車の巻きあげるドロをよけなければならないモトクロスのヘルメットのツバが長いのと同じ理由です。 そしてやがて、ツバ付き半キャップも暴走族のアイコンと化したワケです。 今日でもツバ付き半キャップは往年の暴走族のイメージがあり、ロクデナシ、更には安全に気が回らぬバカ者、などという印象を持つヒトがいるのは事実です。 勿論、半キャップでもSGマークが付いている限りバイク乗車用ヘルメットとして完全に合法ですが、20年前のレース専用ヘルメットを凌駕するほどの安全性を有したフルフェイスが自由に買える今日、敢えて半キャップを被るのは暴走族的、或いは単に『イキがっている』と見られても仕方のないことかもしれません。 そうなると、ツバ付き半キャップは暴走族とみなされる可能性もあり、族同士の抗争かもしれませんし、或いはもっと単純に『バカは路上から排除する』という世直し的発想かもしれませんが、何れにしろ襲撃の対象となってしまったのではないか?と思われます。 自分が生まれる以前の古いレースまで守備範囲の『レースヲタク』であるワタシから見ると、金色のツバ付き半キャップなどは『ランチア時代のファンジオだ!カッコぇぇ~』などと思ってしまいますが、ま、殆どのヒトはそれよりも『ガラが悪い』と思ってしまう様です。 あっはっは~あまりレースには興味がない方ですか?それでは仕方がないですが、『コルク半』と言うネーミングは、史上初めてレースの世界で使用される様になったヘルメットの形状に由来しています。 第二次大戦前まではヘルメットというモノは無く、クルマやバイクのレーサー達は布や革で出来た『ボマーキャップ』(戦闘機乗りや爆撃機の乗員が被っていた、短いツバとしっかりしたアゴヒモが付いていて耳までカバーする帽子 や、ハンテ... A ベストアンサー ニンニクの芯を抜くようにと言うのは、調理をする際にニンニクの他の部分と比較すると焦げやすいからです。 緑の芽が顔を覗かせるようになると、より焦げやすくなります。 油に香りを移すために熱していると、芯だけが先に焦げて苦味となって、味を損ねてしまいます。 食べても悪い影響はありません。 成分は他の部分とほぼ同じです。 細胞の中では別々の場所に隔離されていた無臭成分アリインと酵素アリシナーゼが、切ったりすったりして出会うと、ニオイ成分のアリシンができますが、他の部分に比べて芯の部分は、アリシナーゼが少なめです。 芽が出るほどニンニクとしての身体にいい成分は減っていきます。 ニンニクの芽[茎ニンニク]は替わりにビタミン類が増えニオイ抑え目です。 ) A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の