エール こ が らし。 エール (テレビドラマ)

チョコ味も春らしさも!エール・エルの2月のワッフル

エール こ が らし

発酵タンクの中を覗き込む参加者の方々。 普段見ることのできない醸造所内の見学ツアーは大盛況でした。 入社3~4年となる同社若手スタッフの方々が「自分たちが感じている醸造所の魅力を多くの人に伝えたい」という思いで企画・運営したという本イベント。 地域の方々も招き、ちょっとしたお祭りのような雰囲気となっていた会場(=醸造所)は、同社WEBサイトや各種メディア掲載からも伝わってくる、ヤッホーブルーイング独特の、あの「賑やかしさ」が充満していました。 会場ではレアな限定品を含む同社クラフトビールの数々を試飲・購入できたのはもちろん、 醸造所見学や テイスティング講座、さらには 麦芽粉砕や パッケージングの体験等々、醸造所でしか体験できない企画も盛りだくさん。 「飲む」「知る」「学ぶ」等々、参加者は思い思いにクラフトビールを楽しみつつ、同社スタッフと一体になってイベントをおおいに盛り上げていました。 本記事ではいくつかの体験企画等をピックアップしてお伝えします。 麦芽粉砕、テイスティング、醸造所見学、etc… 会場にはヤッホーブルーイングのビール缶をつかった多肉植物の寄せ植えワークショップも登場。 キッズコーナーやフード販売も充実していて、ご家族連れや運転係等でアルコールフリーの方でも存分に楽しめた1日だったのでは? 本イベントを通して改めて感じたのは、ヤッホーブルーイングとファンとの「近さ」。 今回が初開催のオープンブルワリー。 今後の予定はまだ分かりませんが、また開催されるようであればぜひ1度は佐久を訪れてみていただきたいと思います。

次の

バーで人気のビール「ペールエール」の特徴と魅力

エール こ が らし

29日はドラマの山場となるプロポーズのシーンが放映された。 主役の裕一と音、福島から裕一を追って上京した父・三郎、そして音の母・光子の4人がテーブルを囲んで話すシーン。 薬師丸ひろ子さん演じる光子が「裕一さんのお父さんが福島の名物の薄皮饅頭を持ってきてくれました」と饅頭を盛った皿を出すと、裕一がいきなり「音さんと結婚したい」と話を切り出し場が騒然となり、薬師丸ひろ子さんが唐沢寿明さんの口に饅頭を突っ込むなど、シリアスなはずなのに大爆笑の連続だった。 意外すぎる展開にTwitterでも大反響、「薄皮饅頭」がトレンドの第一位に。 「今日は神回ですね!! 唐沢さん面白すぎ!! 嬉し泣き」「朝からこんなに笑い、気持ちが温かくなることはありませんでした」「唐沢さんと薬師丸さんに、最高に笑わせていただきました!!」など番組のTwitterにはたくさんのコメントが寄せられている。 この場面で重要な役割を担ったのが福島の銘菓「薄皮饅頭」。 上記のドタバタのやりとりから、二人だけのプロポーズシーン、最後は音の亡き父の遺影に向かって二人が結婚の誓いをするところまで、ずっとテーブル上に出っぱなしだったのである。 ひとつのお菓子が小道具として最高の使われ方をしたと言っても過言ではない。 福島に住む者としてはこのシーンは別の意味で感慨深かった。 この薄皮饅頭を製造販売する柏屋は嘉永五年(1852年)創業の老舗。 皮が薄くてあんこがたくさん入った薄皮饅頭は子供の頃から慣れ親しんだ味だ。 地元の銘菓の代表格であり、福島土産の定番として愛され続けている。 製造元はどんな思いでこの回を見ていたのだろうか。 放送後、株式会社柏屋の社長 本名善兵衛氏(五代目)に電話取材をした。 本名氏:それが全く知らなかったんです。 NHKさんからのお知らせはありませんでした。 エールは毎日楽しみに見ているんですが、今日いきなり薄皮饅頭が出てきて本当にびっくりしました。 しかも、こんな大事な場面で使っていただいて・・・。 途中から涙が止まらなくなりました。 ー 知らなかったとは意外でした。 ドラマは昭和初期のお話ですが、当時は薄皮饅頭はどこで買えたのですか。 本名氏:昭和初期ですと柏屋の店舗は郡山駅前にある本店のみでした。 それと郡山駅のホームでも売っていました。 当時は「駅売り」が中心だったんです。 昭和30年代の駅売りの様子(本名氏提供) ー ということは、三郎は福島市の呉服屋店主ですから、福島駅から東北線に乗って郡山駅のホームで買ったんでしょうか。 本名氏:そうだと思います。 当時は駅での停車時間も長く、お弁当やお土産、酒などもよく売れていたようです。 ー 当時の薄皮饅頭はどんな包装だったのですか。 本名氏:現在の薄皮饅頭はビニールで個包装されてますが、当時はそれがなくて、箱の中で饅頭同士がくっついてしまうことがよくあったのだそうです。 10個入りでもひとつの大きなお饅頭のようになってしまうことがあり、お客様は包丁で切り離して食べていたそうです。 昭和時代の薄皮饅頭(本名氏提供) ー では、三郎が豊橋に持っていった薄皮饅頭もそんな状態だった可能性がありますね。 本名氏:そうですね、まして長旅ですから、たぶんくっついていたと思います」 そんなことを想像すると、あの「饅頭を口に突っ込むシーン」もさらに可笑しくなってくる。 1 km。 とても気軽に行ける距離ではなく、しかも今のように新幹線はなく鈍行列車。 裕一も三郎も丸一日以上の時間がかかったはずだ。 長旅のはじまりの郡山駅のホーム。 東北本線の列車の車窓を開けて、三郎がどんな思いで薄皮饅頭を買ったのか。 ドラマではそのシーンはないが、そんなことを想像するとさらにぐっと胸にくるものがある。 最後に本名氏に今回の「薄皮饅頭ハプニング出演」の感想をいただいた。 「私は常々、お菓子の役割は人と人をつなぐこと、コミュニケーションを生み出すものだと思って仕事をさせていただいています。 今回のエールでは、私どもの薄皮饅頭を、まさにそういう役割で、しかもこんな大事な場面で使っていただいて感動しています。 本当にうれしいです」.

次の

マツコ・デラックスが新社会人にエール!”らしさ”満点の直筆メッセージとは?!(2020年3月26日)|ウーマンエキサイト(1/2)

エール こ が らし

『ワークスペールエール(ほうじ茶ペールエール)』 アルコール5. 5% IBU20 原料 麦芽 エールモルト ホップ アメリカ産カスケード アメリカ産シトラ 副原料 真庭産ほうじ茶(富原茶) 酵母 エールイースト conept 定番4種類には地元の副原料を使用したいと考えていて、このペールエールには地元真庭産のほうじ茶を使用しています。 コンセプトとしてはペールエールらしさとほうじ茶の相性、またバランスを探りながらレシピを詰めていこうと考えています。 仕込・発酵 モルトは単一、ホップもビタリングでは使用せず、煮沸終了時ワールプールのタイミングでのみ使用しています。 仕込み時から数日の麦汁はほうじ茶の香りが感じられ、発酵とともにだんだん変化し隠し味程度になっていきます。 使用酵母はエールらしさを期待してリキッドのロンドンエールを使用しています。 製品の印象 ほうじ茶感はその後の発酵・熟成を経てだいぶ落ち着き、レシピのイメージのホップの香りが感じられ、麦芽やお茶ありつつの軽めのボディ感でエールらしい味わいになってきました。 ほうじ茶が口の中のフレーバーや飲んだあとフッと香りが感じられたりします。 香りの乗りもよく軽めの苦味・ボディに落ち着いたかと思います。 シトラスな香り+甘い果物系のアロマ・フレーバーに、お茶のコクや香りが軽く感じられ、ビタリング・ドライホップ無しで全体に優しい仕上がりです。 茶葉ポリフェノールの影響か濁りが取れません。 またお茶(サポニン)効果で泡持ち良いです。 アメリカンホップの香りに麦芽ほうじ茶の香ばしさコクという感じです。 『ワークスブロンドエール(柚子ブロンド)』 アルコール5% IBU20 原料 麦芽 ピルスモルト ミュンヘンモルト ホップ ドイツ産ポラリス(ビタリング)ドイツ産ハラタウブラン(アロマ) 副原料 地元産柚子果皮・果汁 酵母 エールイースト conept 定番商品として最淡色で一番軽い位置づけで、ピルスナーとの共通感も出しながらホップの香りと柚子の香りを乗せて女性でも飲み易い、皆飲み易いというイメージです。 使用ホップはアメリカホップでも良いのですが、ペールエールと香りが被ってくるのも面白くないので、また気に入っていて軽い味わいとも相性の良いハラタウブランをアロマに使用しました。 仕込・発酵 モルト・ホップレシピはそれぞれ2種類と割とシンプルで、柚子ピールは冬場に地元産のものを確保し冷凍しておい使用しました。 印象としては発酵度も割と高くスッキリクリアです。 製品の印象 冷えた状態だとアロマはブロンドらしい蜂蜜っぽい感じにブランの白ブドウやシードルの様な香り、口に含むと軽めで飲み易い印象です。 柚子の感じでベルジャンっぽさも少しあります。 ポラリスの後半に長く続く苦味があるのですが、軽めの苦味です。 温度があがるとブランの香りが強く感じられ、また上がると柚子の香りも感じられます。 香りが心地良くスイスイビールというコンセプトですが、ブランの白ブドウやシードル感、柚子の香り軽いボディ、適度な苦み、コンセプトよりシャープになった印象ですがバランスは悪く無いと思っています。 ブルワープロフィール 岡山県真庭市(旧落合町)出身。 大学で微生物を専攻し、卒業後にクラフトビールを知りその美味しさ面白さに魅了された。 その後地ビール専門の飲食店、地ビール製造責任者を経験した後18年春故郷の真庭市で自分の工場を開業。 ブルワリープロフィール 岡山県の県北で面積において県下最大の真庭市内にあります。 その真庭市の旧勝山町に位置し、かつて勝山町内の学校給食を製造していた調理場跡地を工場として改修し現在使用しています。 美作(みまさか)とは真庭市も含まれる昔のこのあたり一帯の呼び名、令制国の美作国(みまさかのくに)からです。 『美しく作る』と書くので、ものつくりの目指すべきテーマとしても良いし県北を代表する地ビールとなれるようにとの思いもあってです。 ブルワリーとしては個人(三浦)が自己資金を基に開業を考えたため、これまでクラフトビールの経験を活かしつつ初期投資をなるべく抑えた『自らが設計した設備、設計図は頭の中、なので施工ももっぱら自分』というブルワリーです。 逆に言うとお金をかければ簡単に設備は買えますが、ブルワーとして今の自分の力量で設備設計・製造計画の設計・商品設計がどこまでどのくらいできるのか試している最中です。 ブルワリー(会社)コンセプトとしては『故郷に帰って来たので、地元で長く事業を続けること。 』です。 冷凍送料別商品とご一緒にご購入いただいた場合、別途が発生します。 5% 内容量 330ml ワークスブロンドエール 詳細 原材料名 麦芽、ホップ、柚子果皮、柚子果汁 アルコール分 5% 内容量 330ml 【要冷蔵】品質保持のため冷蔵保管ください。 非加熱無濾過処理・容器内二次発酵のため、濁り沈殿物がある場合がございますが、酵母・原料成分であり品質に問題はありません。

次の