確定 申告 と は。 4月17日(金)以降の申告・納付の対応について|国税庁

初めて確定申告される方へ:令和元年分 確定申告特集

確定 申告 と は

【専門家監修】アルバイト・パートで確定申告が「必要な人」と「不要な人」、「行ったほうがいい人」 確定申告とは1月から12月までの収入、経費、各種控除について自ら計算し、所得税額、納付税額を確定申告書によって住所地の税務署に自ら申告することです。 この記事では、バイト・パートで確定申告をしなくてはいけない「必要な人」と、確定申告することによって源泉徴収されていた所得税などの還付がある可能性がある「行ったほうがいい人」について、解説します。 【目次】 確定申告とは 確定申告とは、確定申告書の提出と共に、所得税を納めたり、源泉徴収された所得税の還付を受けたりする精算手続きのことです。 毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額と、その所得に対する所得税の額を納税者自ら計算し、申告期限(翌年の2月16日~3月15日)までに確定申告書を提出します。 そもそも「所得税(復興特別所得税を含む。 以下、同じ)」は、会社員や個人事業主を含む働いている人はもちろん、パートやアルバイト、年金や家賃収入で暮らしている人など、原則として所得のある人が対象になります。 確定申告が必要な人とは 1. 年末調整を行っていない バイトやパートは、年末調整は対象外という会社もあります。 年明けに会社から源泉徴収票をもらったら確定申告を行いましょう。 <確定申告と年末調整の違い> 年末調整とは、基本的に会社に雇用されている人(パート・アルバイト含む)が対象で、年末の給与支払い時に所得税の過不足の調整を行うことをいいます。 確定申告は所得のあるすべての人が対象ですが、パートやアルバイト先で年末調整を行っていれば確定申告は基本的に必要ありません。 ただし年末調整を済ませていても、副収入がある人や医療費控除を受けるには確定申告が必要です。 また、2000万円を超える収入がある人も確定申告が必要となります。 途中で無職となった人 年度途中(1月から12月の間)に仕事を辞めて無職のまま年を越した人は、勤めていた会社で年末調整をおこなっていないと思われます ただし、年末調整をしていれば確定申告は不要。 そのため、確定申告が必要です。 確定申告による所得税の還付金は、雇用保険の基本手当 失業保険 には影響しません。 また、ハローワークに申告する必要もありません。 副業による所得が20万円以上。 副業が給料 アルバイトなど の人 本業と副業を併せて確定申告が必要です。 転職して、退職した会社の源泉徴収票を転職先に提出していない人 退職した会社の源泉徴収票と、転職先の会社の源泉徴収票をそれぞれ用意して確定申告をします。 そのため、退職した会社の源泉徴収票を「もらっていない」「紛失した」という方は、退職した会社に連絡をして、源泉徴収票を発行してもらいましょう。 2つ以上の会社を掛け持ち。 まとめて年末調整をおこなってもらえない人 年末調整ができるのは1社のみのため、他の掛け持ちをしている会社は確定申告が必要です。 確定申告が不要な人とは 1. 転職して、退職した会社の源泉徴収票を転職先に提出した人 辞めた会社の収入も併せて、転職先でまとめて年末調整をします。 副業による所得が20万円以下。 副業が給料ではなく、本業で年末調整を行っている人 3. 2つ以上の会社を掛け持ち。 そのうち1社でまとめて年末調整を行っている人 年末調整をしてくれる会社に、他の会社の源泉徴収票を提出します。 年収103万円以下 =月収85,500円 で、源泉徴収票の源泉徴収税額が0円ではない人 前提として、年収103万円以下の場合、毎月の給料から所得税を差し引かなくても良いことになっています。 給料から所得税の差し引きが無いため、還ってくる税金もありません。 また、毎月の給料から税金を差し引かれていたとしても、会社で年末調整をしていれば確定申告を行う必要はありません。 確定申告を検討した方がいい人とは 1. 年収103万円以下 =月額85,500円 だが、所得税が差し引かれていて源泉徴収票の源泉徴収税額が0円の人 年収103万円以下の方は、課税所得がゼロ 給与所得控除55万円+基礎控除48万円で103万円となるので)のため、所得税は非課税です。 しかし、毎月の給料から所得税が差し引かれている場合には、確定申告で税金を戻してもらうことができます。 医療費を多く払った人 「1年間で10万円以上の医療費 治療費や薬代 」を払った人が医療費控除の対象になります。 しかし、実は医療費控除を受ける所得の要件には、もう一つあります。 それは「所得が200万円以下で、所得の5%以上の医療費を払った人」というものです。 仮に、年収125万円の人の場合、給与所得控除額65万円を引いた所得が60万円です。 この所得60万円の5%、つまり、年間3万円を超える医療費が医療費控除の対象になるのです。 なお、医療費控除の医療費には電車やバス、タクシーなどの交通費も含まれます 自家用車のガソリン代や駐車場代は対象外です。 一方で、個室料などの差額ベッド代や入院中の食事代は医療費控除の対象外です。 セルフメディケーション税制による控除 「スイッチOTC」の対象になっている薬 例えば、風邪薬や鼻炎用の薬、肩こりの湿布薬など を、年間1万2千円以上、買った人が対象になります(ただし、年間の上限は8万8千円です)。 「スイッチOTC」の対象になっている薬は、薬局やドラッグストアなどでその旨のPOPが貼られているでしょう。 なお、「セルフメディケーション税制 医療費控除の特例 」は、今年 平成30年 の確定申告から始まりました。 また、「医療費控除」と併せて確定申告することはできず、どちらかを選択して確定申告することになります。 確定申告をしなかったらどうなる? 対象なのに確定申告をしなかった、あるいは期限を過ぎてから確定申告をした、そんな時は「期限後申告」として取り扱われます。 期限後申告の場合、確定申告による所得税に加えて、「無申告加算税」や「延滞税」が加算される場合があります。 <無申告加算税> 税務 を受ける前に自主的に期限後申告を行った場合の無申告加算税は所得税額の5%です。 また税務調査による期限後申告の無申告加算税は、所得税額が50万円までなら所得税の10%、同じく50万円を超える部分は同15%です。 <延滞税> 平成30年の延滞税は、納期限の翌日から2ヵ月以内であれば、所得税の年2. 6%、2ヵ月を超えると所得税の年14,6%が納期限から納付日まで日割りで課されます。 いづれにしても確定申告をしなかった場合、ペナルティが与えられる場合があります。 面倒に思うこともあるかもしれませんが、忘れずにしっかり申告しましょう。

次の

労働保険関係各種様式|厚生労働省

確定 申告 と は

サラリーマンは、 もっとも税金で損をしている人たちであり、税金に対して もっとも努力をしていない人たちでもあるのです。 日本のサラリーマンは税金の支払いや控除の申告を自分ではできません。 だから税金に関して考える機会がありません(欧米では自分でやります)。 初めから税金が引かれているので給料から払っている感覚がありません。 税金への感覚を麻痺させるのが国の目的です。 自営業者が減って国民のほとんどがサラリーマンになった今、サラリーマンを洗脳してしまえば、誰も税金のことで騒ぎ出したりしなくなります。 国の財政赤字と年金制度の崩壊を何とかするために、これらかの日本では増税は必ず行われます。 極端な増税は日本の金持ちの海外移住を促進するだけです。 このため、国が狙っているのはお得意様(サラリーマン)の財布です。 自分自身を守るためにも 税金の知識が必須の時代になってきました。 会社に頼らない生き方 政府は2017年度内に、副業・兼業の事実上の解禁に踏み切る予定です。 これにより、来春には次の内容が公開される見込みです。 就業規則の副業禁止規定• 長時間労働を招かないよう労働時間や健康管理の指針を盛り込んだガイドライン 起業したりフリーランスになることはもちろん、そこまで行かなくても、なんとか複数の収入源を持ちたい、と思う人に対してはチャンスは広がります。 おそらく企業側も社員の副業を認めるケースが増えてくるでしょう。 これは結局のところ、会社員の自立を国も会社も求めているということです。 いうなれば自己責任ということ。 乱暴にいえば「給料以上は払わないので勝手に稼げ!」ということです。 残念ながら、巷にあふれる自己啓発セミナーでは、稼ぐこと、すなわちブランディングやマーケティングの重要性は教えてくれても、後処理である税金のことまではフォローしてくれません。 まずは稼ぐこと、節税は稼いだ後で 最近「確定申告で副業を装えば税金が還付される」などと説明して虚偽の副業を申告させ、逮捕されるコンサルタントが増えています。 このサイトでは、虚偽の副業による脱税方法は紹介していません。 個人事業主になったら、継続的に成長させていくべきです。 所得が低いうちは節税よりも、まずは稼ぐこと。 儲けることです。 そして稼げるようになったら「どうやって必要経費を増やそうか(=どうやって節税しようか)」と考えればよいでしょう。 このサイトではサラリーマン・主婦のための税金・節税・節約・賢い確定申告の方法についてまとめています。

次の

確定申告と住民税の申告は同じ?それぞれの違いを理解しよう!

確定 申告 と は

ふるさと納税の確定申告とは? ふるさと納税は、任意の自治体に寄附を行った際、寄附金額の2,000円を超える部分について所得税と住民税から原則として全額が控除・還付される制度(控除額には一定の上限があります)です。 ふるさと納税の税控除を受けるには、「ワンストップ特例制度」を適用させる、もしくは確定申告をする必要があります。 せっかく、ふるさと納税制度を利用して寄附をしても確定申告を怠ってしまっては、ふるさと納税の魅力の一つでもある「所得税と住民税の控除・還付」を受けることができなくなってしまいます。 そうならないためにも、ふるさと納税をした場合の確定申告について知っておく必要があります。 ここでは、ふるさと納税の確定申告について説明いたします。 確定申告とは 確定申告は、1年間(1月1日~12月31日)の所得金額から納める必要のある税金を税務署に申告と納税をする手続きのことです。 所得の計算期間(1月1日~12月31日)の翌年2月16日~3月15日が申告期間となります(休日の関係でずれる年もあります)。 前述しておりますが、ふるさと納税をして所得税と住民税の税金控除・還付を受けるには「ふるさと納税 ワンストップ特例制度」を利用できる場合を除いて確定申告が必要となります。 ふるさと納税の確定申告が必要な寄附者 下記に該当する方は、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の利用ができないため、確定申告が必要となりますのでご確認ください。 個人事業主• 不動産収入がある• 給与が2,000万円を超える• 一定額(年末調整されなかった給与収入金額と給与所得と退職所得を除く各種所得金額との合計額が20万円以上)の給与所得が2つ以上の会社からある• 給与所得は1つの会社からだが給与以外の副収入が20万円以上ある• 医療費控除や住宅ローン控除などで税金の控除・還付を受ける• 「ふるさと納税 ワンストップ特例制度」の申請期日に間に合わなかった• 1年間で6自治体以上にふるさと納税をした 上記に該当する方は、確定申告をすることで、所得税と住民税の税金控除・還付を受けられます。 ふるさと納税ワンストップ特例制度とは 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」は、条件を満たせば、ふるさと納税の確定申告が不要になる制度です。 これを適用することにより、もともと確定申告が必要ではない給与所得者などは確定申告を行うことなくふるさと納税を簡単に利用することができるようになりました。 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用するための条件は下記をご確認ください。 ふるさと納税以外の確定申告が不要な給与所得者(会社員など)である• 1年間(1月~12月)でふるさと納税の寄附先が5自治体以内である 詳しくはをご確認ください。 確定申告と「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の併用はできません 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用するつもりでいても、確定申告をしてしまうと「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の利用対象外となってしまいますのでご注意ください。 ふるさと納税の確定申告の流れ• 1ふるさと納税の寄附を申し込む まずは、返礼品・寄附金の使い道などから寄附先の自治体を選び申し込みをします。 どの自治体に寄附して良いか分からなかったり決められない場合は、自治体ランキングやカテゴリ別ランキングから寄附先の自治体を選んでみてはいかがでしょうか。 2自治体に寄附をして寄附金受領証明書や返礼品を受け取る ふるさと納税の寄附を申し込むと、寄附金を受領したことを証明した「寄附金受領証明書」や返礼品(希望した場合)などが自治体から届きます。 届くタイミングは、自治体により異なり各書類と返礼品が同じタイミングで届くとは限りませんのでご注意ください。 「寄附金受領証明書」はふるさと納税の確定申告をする際に必ず必要となる大切な書類なので、なくさないように保管を忘れずにしてください。 3確定申告を行う ふるさと納税の税控除・還付を受けるために確定申告の手続きをします(「ふるさと納税ワンストップ特例制度」をご利用の方は確定申告の手続きをする必要ありません)。 確定申告は、毎年2月16日〜3月15日が申告期間となります(休日の関係でずれる年もあります)ので期間を過ぎてしまわないように気をつけましょう。 確定申告の書類作成について詳しくは「」をご覧ください。 4税金の控除・還付がされる 確定申告を行ったことにより、寄附した金額から自己負担分の2,000円を差し引いた金額が控除・還付されます。 控除・還付の方法は、すでに納めている所得税からの還付と翌年に納める住民税の減額になります。 ふるさと納税で受けられる控除額の計算については、「」をご覧ください。 ふるさと納税の確定申告で必要なもの ふるさと納税の確定申告をするために必要な書類等は下記のものとなります。 事前に不足しているものがないか確認をしてから確定申告を行ってください。 必要物1寄附金受領証明書 ふるさと納税をすると、寄附先の自治体から「寄附金受領証明書」が届くので大切に保管してください。 万が一、紛失等してしまった場合は寄附先の自治体へ再発行のご連絡をしてください。 必要物2源泉徴収票 勤務先から発行される「源泉徴収票」も確定申告を行う際に必要となりますので保管してください。 必要物3還付金の受取口座 還付金が発生する際に振り込んでもらいたい銀行や郵便局の口座などを用意する必要があります。 必要物4マイナンバーカード等、個人番号のわかるもの 確定申告の書類には個人番号を記入する欄があり、インターネット経由で申告をする「e-Tax」以外の場合は、申請をする方の本人確認書類の提示または写しの添付が必要となります。 マイナンバーカードをお持ちの方は、そちらが本人確認書類にもなります。 必要物5印鑑 申告書に押印するための印鑑は、シャチハタのようなゴム印以外のものをご用意ください。 インターネット経由で申告をする「e-Tax」の場合は、押印の印鑑は不要となります。 確定申告の方法と書類作成について ここでは、実際に確定申告を行う方法と書類作成についてご説明します。 確定申告には3つの申告方法があり、それによって書類作成の方法が変わりますので下記をご覧ください。 1書類を手書きして郵送もしくは持参にて提出 確定申告の申告書は全国の税務署や国税庁のホームページで入手することができます。 必要項目をご記入のうえ、管轄の税務署に郵送もしくは直接窓口まで持参してください。 2書類をサイト上で作成して郵送もしくは持参にて提出 確定申告の申告書は国税庁のサイト上でも作成することができます。 作成した申告書を印刷して、管轄の税務署に郵送もしくは直接窓口まで持参してください。 3確定申告の申告書をサイト上で作成し、インターネット経由で提出(e-TAX・電子申告) 上記の「2」と同じように書類をサイト上で作成して、そのままインターネット経由で申告書を提出するには「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作成する際に「e-Tax」を選択することでご利用いただくことができます。 サイト上での確定申告の申告書作成例 国税庁のサイトにある確定申告書等作成コーナーのページから、サイト上で申告書を作成する流れをご説明いたします。 こちらでは、所得が給与・年金の方で、申告書をサイト上で作成して郵送もしくは持参にて提出する場合を例としております。 株取引やFXなどの収益がある場合の確定申告について 株取引やFXなどで収益があった場合、その所得にかかる税金がふるさと納税の控除・還付対象になり、寄附上限額が増えるので、返礼品の選択範囲が多くなったりします。 投資での収益のみの方だけではなく、給与所得があり副収入として投資での収益を得ている方も対象となります。 また、株取引・FX以外でも不動産投資、先物・オプション取引、投資信託などで得た所得もふるさと納税の控除・還付対象となります。 1株取引で源泉徴収あり口座の場合 株取引で源泉徴収あり口座を選んでいる場合は、取引の都度で税金分が計算されているため確定申告が原則不要となります。 そのため、こちらの口座をお持ちの方は対象であればワンストップ特例制度をご利用いただけます。 2株取引で源泉徴収なし口座の場合 株取引で源泉徴収なし口座を選んでいる場合は、申告分離課税となるため確定申告が原則必要となります。 本来、給与所得者で株取引での所得が20万円以下の場合などは確定申告が不要となりますが、ふるさと納税での住民税控除を受ける場合は、確定申告が必要となります。 3FXで給与所得者かつ取引での所得が20万円以下の場合 本来、確定申告は不要となりますが、株取引で源泉徴収なし口座の場合と同様でふるさと納税での住民税控除を受ける場合は、確定申告が必要となります。

次の