トイレ つまり 相場。 トイレ修理・トラブルの相場~悪質業者に騙されないために~

トイレの便器脱着修理の費用と料金相場

トイレ つまり 相場

業者と料金でもめることが多い トイレのつまりが発生した時、水道工事業者に修理を依頼しますが、神戸にもたくさんの業者が存在するため、どの業者に依頼すべきか迷うものです。 最近では、業者との間でトラブルが発生することが増えました。 特に、料金トラブルです。 例えば、トイレのつまり具合が軽症なのにも関わらず、大規模な修理作業が必要だと伝え、高額な料金を請求するなどが挙げられます。 トイレのつまりに関する知識がない人が多く、業者が専門知識を悪用するといったトラブルが多発しているのです。 そのため、神戸の水道工事業者を選ぶ際も、しっかりと見極めなければなりません。 業者を見極めるポイントの一つに、相場があります。 トイレがつまった時は、どの業者も同じだとは考えずに相場を基準にして神戸の水道工事業者に依頼することが大切です。 修理料金の相場 修理作業の内容によって料金は異なりますが、薬剤を使用した場合の相場は5000円前後、ローポンプを使用した場合は15000円前後、高圧洗浄は2万〜4万円前後、便器の交換のみであれば3万円前後が相場とされています。 これはあくまで目安の料金です。 できるだけお金をかけたくないものですが、安すぎる価格を設定している業者は、注意してください。 ホームページなどで安い価格を提示している業者も少なくありませんが、最低料金であるため、作業後の請求額が大きく異なることがあります。 安い料金でお客様を注目させて自宅に伺うことを目的としている可能性があるのです。 自宅に業者が来ると、後から断りにくくなるでしょう。 作業後に高額な料金を請求されても、支払うしかありません。 このようなトラブルを回避するために、お問い合わせ時にどのようにトイレがつまっているのかなど状況を伝えてください。 状況を伝えた時におおよその金額を教えてくれる業者が好ましいです。 相場と比較して、高すぎないか、安すぎないかを見極めてから業者に依頼するとトラブルを回避することができます。 他にも発生しやすいトラブルがあるため、悪質な業者を選ばないように注意することが大切です。

次の

マンションのトイレつまりは周囲にも迷惑!自己解決4つのステップとマンションだから必要なこと|生活110番ニュース

トイレ つまり 相場

トイレのリフォームの価格帯は、「洋式トイレから洋式トイレへの交換」の場合、大きく「15万円未満」「15万円以上20万円未満」「20万円以上」の3つに分けることができます。 販売件数などの実績を基に、BXゆとりフォームが独自に集計したデータによると、それぞれの割合は 右 上記のグラフのようになります。 トイレのリフォーム価格は、便座のタイプとグレード、オート開閉や温水洗浄などのオプションをどこまでつけるかによって決まります。 6割の人が選んでいる15万円以上20万円未満の価格帯は、温水洗浄機能と暖房便座機能を搭載したタンク付きタイプが中心です。 一方、タンクレスタイプやオート開閉、自動洗浄などの機能がついた20万円以上のクラスも、4件に1件ほどの割合で選ばれていることがわかります。 トイレは毎日何度も使う場所だけに、快適な空間であってほしいものです。 リフォームを決めた理由には、「きれいにしたいから」というシンプルな思いであることが多くなっています。 ここでは、代表的なリフォームのきっかけをご紹介します。 きれいにしたい トイレは、家族が毎日使うことに加え、来客時にも必ず使われる場所だけに 「きれいにしたい」という需要は多いです。 また、件数としては少なくなりますが、古い戸建て住宅では、「和式から洋式に変更して、使い勝手を良くしたい」との考えも、リフォームを決める大きな理由となっています。 便座が壊れた トイレは、「便器」と「タンク」、それに温水洗浄機能などを搭載した「便座」の3パーツから成り立っています。 このうち、便器とタンクは陶器製なので、割れない限り使えますが、さまざまな機能が組み込まれた便座の平均寿命は10~15年ほどが一般的です。 このころになると、排水部分にパッキンの不具合や水漏れが発生することも多いので、 便座が壊れたタイミングで、便座の交換と水漏れなどを直すだけの小リフォームを実施し、再び便座が寿命を迎えたときに、便器やタンクごと取り替えるというケースが多く見られます。 なお、便座の交換だけなら、価格は安い物で40,000円、一般的な物で50,000円以上が一般的な相場です。 価格帯の違いは何の違い? 洋式トイレから洋式トイレへのリフォームの価格は、まずトイレがタンク付きタイプかタンクレスタイプかで、大きく変わります。 タンク付きタイプ同士の交換は、「温水洗浄」と冬場も便座を暖かく保ってくれる「暖房便座」の機能を備えた標準的な商品が15万円前後。 便座が持つ機能が少なければこれより安くなり、逆にオート開閉やリモコン洗浄、オート洗浄などの機能が追加された商品だと高くなります。 タンクレスタイプの場合は、最初から「温水洗浄」「暖房便座」「壁リモコン」の3つがセットになっており、価格は25万円前後が最低ライン。 オート開閉や自動洗浄など、さまざまな機能を備えた商品であるほど価格が上がるのは、タンク付きタイプと同じです。 それぞれの価格帯別のできること・できないことは、およそ次のとおりです。 15万円未満のリフォーム 「温水洗浄」「暖房便座」機能の両方、もしくはその一方が不要なら、10万円前後の費用でタンク付きタイプへの交換が可能です。 見た目や機能は、ほぼ「昔ながらの陶器の洋式トイレ」と同じですが、昔ながらの物とは、使用水量において大きな差があります。 ここ数十年間で、トイレの節水技術は非常に進歩しました。 現在、洗浄に必要な水の量は、ほぼ、どのメーカーでも1990年代初頭の製品の半分ほどになっていますので、節水という点だけでも十分リフォームの効果を感じることができます。 大きな節水効果が得られるのは、もちろん15万円以上の商品についても同じです。 15万円以上20万円未満のリフォーム タンク付きで、「温水洗浄」と「暖房便座」を備えた一般的なタイプのリフォームが、15万円以上20万円未満の価格となります。 同じ価格帯でも、操作パネルの位置(便座の横についているか、壁についているか)や温水洗浄の機能面において、メーカーによる違いがあります。 どのメーカーの製品も便器にフチがない形状で手入れがしやすいものが多く、脱臭機能や洗浄ノズルオートクリーニング機能なども備えていますので、日々の手入れが楽なのも特徴です。 20万円以上 20万円以上のリフォームになると、タンク付きタイプなら「温水洗浄」と「暖房便座」に加え、「壁リモコン」や「温風乾燥」、センサーが反応してフタを自動で開け閉めしてくれる「オート開閉」、自動で流してくれる「オート洗浄」などの機能を備えた便座が選べます。 また、タンクがない分だけ、スペースが広く使えるタンクレスタイプを選ぶことも可能です。 タンクレスタイプでは、タンク付きタイプにあった手洗いはありません。 費用にプラス約10万円~で、手洗いをトイレ内に新設することもできますが、隣接する洗面所で洗えばいいということで、トイレ内には手洗いを作らない場合もあります。 この場合、トイレ内に水がはねるのを防げること、トイレを広く使えること、スタイリッシュな空間を演出できることなどがメリットです。 なお、タンクレストイレは、水圧が低いと使用できないため、マンションの上層階などでは設置できないこともあります。 場所によっては、設置前に無料の水圧調査が行われるのはそのためです。 ここまで紹介した例は、すべて洋式トイレから洋式トイレへ変更する場合についてのものです。 和式トイレから洋式トイレへの改装の場合は、工事費が余計に発生し、壁・天井・床も必ずセットでのリフォームとなるため、予算は約30万円前後からとなることが多いです。 トイレのリフォームにかかる費用は、「トイレ本体の商品価格」と「工事費」の2つの部分からなり、その合計額となります。 見積書の内訳についてチェックしてみましょう。 トイレ本体価格 トイレ本体の価格は、タンク付きかタンクなしのどちらのタイプを選ぶか、どこまで機能がそろった便座を選ぶかによって変わってきます。 工事費 交換工事全般にかかる費用で、組立・解体工事や配管工事、廃棄処分費などからなります。 おもな項目としては次のとおりです。 工事前養生費:搬入・搬出や工事によって、床や壁が傷付かないように、シートなどで保護するための費用です。 既存のトイレ・便器解体費、便器撤去、廃材処分費:既存のトイレの解体、搬出、処分にかかる費用です。 新規トイレ・便器取付費:新しい便器と便座を取り付けるためにかかる費用です。 給排水接続費:トイレを使用する上で欠かせない、給水・排水を接続するための費用です。 電気工事費:コンセントがないトイレに暖房便座を設置する場合、電源を引いてコンセントをつける工事が必要となります。 洋式トイレから洋式トイレへの変更の場合、工事費が大きく変わることは少ないですが、床の老朽化が激しく、床下地の骨組み修復などの工事が必要な場合は、その分の材料と職人が必要なので、工事費が通常より50,000円程度高くなることがあります。 また、トイレのリフォームでは、便器・便座・タンクのみを取り替えることもできますが、ペーパーホルダーやタオル掛けなど、トイレ内の小物もいっしょに交換するのが一般的です。 数千円からと、安い価格でトイレの雰囲気を変えることができます。 また、 設置するトイレの形が変わった結果、以前は見えなかった床部分の汚れが見えてくることがあるため、多くの場合、床もセットでリフォームが行われています。 加えて、湿気で壁紙がはがれてしまっていたり、壁紙の貼ってある下地のボードがかびていたりするような場合は、壁と天井もいっしょにリフォームするのがおすすめです。 実際のトイレのリフォーム施工例 「ゲスト用と家庭用で2つあるトイレを1つにしたい」「洗面化粧室とトイレにはつながりをもたせ、豪華で開放的な雰囲気にしたい」という施主の要望で、トイレ・洗面室の全面リフォームを行った事例です。 全体の雰囲気を調和させるために、トイレ本体はすっきりとしたタンクレスタイプで、利用する際に音楽が流れるなどリラクゼーション効果も考慮して選びました。 手洗器には自動吐水・止水機能がつき、手洗い時に優しく手元を照らすライトがある物を選ぶなど、細かい部分の美しさや便利さにも気を配っています。 景観を確保しつつ、収納スペースを設けるために棚の造作も行い、飾り棚スペースも誕生しました。 トイレ・洗面室とともに、床には大理石、壁には高い湿度調節機能・脱臭機能を備えた材質(多孔質セラミックス)を使うことで、一体感のある空間となりました。

次の

トイレリフォームの費用|騙されない相場目安はコレだ!

トイレ つまり 相場

トイレが詰まって流せない! トイレの水が止まらないで流れっぱなし! どうしよう! 我が家はトイレが一ヶ所しかありません。 一戸建住宅の様に一階にも二階にもと、二ヶ所のトイレがあればこんなに慌てないに・・・! 早く直したいけど、トイレのトラブルなんて初めてだからどうしたらいいのか? 水道業者を呼んだらどの位の料金がかかるの?相場はどのくらいなの? 大変な工事になってしまうの? 自分では直せないの? 水道業者を呼ぶにしても、ネットを見るといっぱいあって何処を選んだらいいのか迷ってしまう。 ぼったくり被害のトラブルなんて聞いた事があるけど、悪徳業者が来たらどうしよう・・・! 早く連絡して修理を頼みたいけど、とても心配! 初めてのトイレのトラブル。 ただでさえ、トイレの異常で驚きパニックして不安になっているのに修理の事を考えるともっと不安になってしまいますね。 そこで 一番大切な事は、まず落ち着いて、冷静に考える事です。 それでは、そんな不安で心配な皆さんの「?」にお答えしましょう。 トイレはどんなトラブルが起こるの? トイレのトラブルで多いのは、便器や下水で詰まりを起こしてしまい流れなくなってしまう症状と、もう一つは、タンクの中の部品の破損、不具合、劣化によってタンクの中や便器に水が流れっぱなしになってしまう症状です。 その他、トイレの床に水が漏れ出したり、温水便座が故障したりと色々なトラブルはありますが、最も多いのは、便器の詰まりとタンクから便器への水漏れでしょう。 トラブルが起きたらまず、どうすれば良いの? 皆様は、トラブルが起こった際、まずは落ち着いて被害が大きくならない様に、水漏れの時は止水栓を閉めたり、詰まりの時は水回りの使用をストップするなどの対応をします。 冷静に状況をわかる範囲内で把握しておく事が大切です。 この時、どうしたらいいかわからない場合、依頼する水道業者に電話をした時に、来てもらうまでの初期対応の方法を聞きましょう。 トイレの修理にはどのくらいの料金がかかるの? 修理費用については、水道工事の費用にもある程度の相場と適正価格があります。 近年、緊急対応水道工事店が多くなり、毎週の様にポストに広告マグネットやチラシが投げ込まれます。 また、このネット時代、水道修理や水道工事で検索すると数々の水道業者の広告を見ることができます。 そんな文字だけを信用しても、実際に頼んでみたら、あれも必要、これも直さないと、などと言われ結局の所高い金額を払ってしまった。 なんて事もある様です。 一般的に緊急水道業者のトイレ修理の平均的な料金は、0. 5万円~3. 0万円位と言われています。 ただし料金は作業内容によって変わってきます。 例えば、詰まり除去修理だと作業費が0. 8万円~2. 5万円位。 除去に必要な作業道具によって料金が変わってきます。 タンクから便器への水漏れの場合は、タンク内部の部品交換が必要になると、作業費用が平均0. 8万円と、これに部材費がプラスされます。 部材費は 給水弁が0. 4万円~1. 0万円位、排水弁が0. 1万円~0. 3万円位、レバーが0. 1万円~0. 4万円位と考えておくと良いでしょう。 部材費は対応する物によってもまちまちですので、見積時に詳しく説明を受けて下さい。 この様な時でも皆さんは、見積時になぜその様な作業になるのか、その様な作業が必要なのか、を、しっかりと聞いておく必要があります。 あまり安く、安くと言ってもそれが手抜き工事になっては元も子もありません。 なので、見積が大事になってくるのです。 そして、何社かの見積を取る事によって、本当の相場が見えてきます。 自分では直せないの? ご自分での修理を考えられる場合、決して無理は禁物です。 状況を見て、考えて、行って下さい。 無理をする事によって被害を大きくしてしまったり、状況を悪化させてしまえば費用も予想以上になってしまう場合もあります。 くれぐれもご注意下さい。 トイレが詰まって流れない場合 詰まった原因があきらかに排泄物かトイレットペーパーの場合、ご自宅にラバーカップが用意されていれば、無理なくゆっくりと使用してみましょう。 排泄物やトイレットペーパー以外の物の場合は、無理にラバーカップを使用して押し込んでしまうと、取れる物も取れなくなってしまうのでご注意下さい。 動画で解説!トイレ詰まりをラバーカップ(スッポン)で解消 タンクから便器への水漏れの場合 タンク内でチョロチョロと水の音がして、便器内の水溜まりがよく見ると動いている場合、排水弁 フロートバルブ の劣化による水漏れの可能性があります。 トイレがTOTO製で排水弁 フロートバルブ が黒いゴム製の場合は部品さえ合えば、ご自分で交換しても良いでしょう。 ただし、交換時に必ず止水栓を閉める事、排水弁交換後にボールチェーンの調整を確実に行う事、この二点を必ず忘れずに行って下さい。 INAX製のトイレに関しては、フロートバルブ交換時に他の部品を破損して今より症状を悪化させてしまう場合がありますので、交換はおすすめしません。 出来れば専門の水道業者にお願いしたほうが良いでしょう。 水道業者はいっぱいあるけど、どうやって選んだら良いの? 広告だけで見分ける事は非常に難しいでしょう。 まずは、水道工事法に定められ各都市町村の水道局から指定された水道局指定工事店に依頼する事によってトラブルの元を防ぐ事になります。 現在は水道局指定工事店も多くなっていますので複数の指定工事店に見積を出してもらい比べてみると良いでしょう。 緊急時にそんな事してられない!でしょうが、とても大切な事だと思います。 また、電話での対応のチェックはとても重要です。 電話での親切丁寧な対応でも、その会社がきちんと誠実に対応してくれるかの判断基準にもなる事でしょう。 そして、日頃から水回りのチェックを行い、軽い症状のうちに対応してもらい、ここならと思う水道工事店を見つけておくのも良いでしょう。 いざ、大きなトラブルが起きた時にも安心してリピート対応してもらえるはずです。 また、万が一の場合にも返金など誠実に対応してくれる会社が理想的ですね。 お客様に喜んで頂きたい。 修理後のお客様の笑顔の為に。 と、努力している水道業者には、これほど悔しく、迷惑な話しはありません。 こんなぼったくり業者を無くす為にも、ご依頼される皆様にも緊急対応修理業者を呼ぶにあたって、緊急事態にも慌てず、落ち着いて冷静に判断し、対応してください。 「ぼったくり」に合わない為に大切な事 A. まずお客様自身、水回りのトラブルに対する最低限の知識を知っておきましょう。 ものすごく緊急を要する水漏れ、詰まりの場合は、なかなか余裕を持って考えることも出来ないでしょうが、そんな時でもお客様の多少の予備知識と冷静な対応で「ぼったくり業者」を寄せつけなければ良いのです。 作業前に必ず見積をしてもらいましょう。 最近は「見積まで無料です」と言う業者が多くなっています。 見積は無料だが、出張料はかかる。 これは、業者によってまちまちなのでよく確認をしてからご依頼されると良いでしょう。 そして、きちんとした作業内容の説明を受け、何故この様な見積金額になるのか、何故この部品が必要なのかを確認しましょう。 しかし、金額、作業内容に納得いかなければ、他の業者にも何件か見てもらうと良いでしょう。 いわゆる相見積りです。 他業者の説明を受け誰からも同じ様な話しが出てくればご納得することでしょう。 また、金額は各業者によって若干の違いはあるでしょうから、あとはどこを見て、どの業者に決めるかは、お客様ご自身です。 業者に言われるがままでは無く、業者にGo! を出すのはお客様です。 見積を出しても、お客様のGo! が出なければ、業者は作業に入れません。 また、お一人で決めるのが不安な場合は、必ずご家族と相談しましょう。 作業中、作業内容に変更があった場合は必ず再度見積を出してもらいましょう。 出来れば、最初の見積の段階で作業内容の変更が出た場合の話もしておきましょう。 とかく、ぼったくり業者に多いのは作業が始まってからあれこれと理由をつけて金額を変更させていきます。 実際にはぼったくり業者でなくても作業を行なっている中で作業内容が予定と違う状況になる場合もあります。 ぼったくり業者でなければ、変更のある場合、誠実に対応、説明をしてくれるでしょう。 点検無料の飛び込み業者、又はチラシにて期間 期日 限定料金の営業業者に注意 真面目に飛び込み営業をしている業者もいるのですが、中には、チラシの内容とは違う作業まで行わなければ直らないなどと言って、結局高額な料金を請求してくる悪徳業者が多くなっているのも、事実です。

次の