プルーム テック ケース。 【もう迷わない】プルームテック純正ケース9種を徹底比較!

ダイソーのペンケースがぴったり!プルームテックプラスを持ち歩くのにちょうどいい!

プルーム テック ケース

プルームテックって、形状的に、 ケースがないと持ち運べなくない? ということなんですよね。 他の上記画像のような グローやアイコスといった機種であれば、• 直接本体を 口でくわえるわけではないので衛生的。 形状もたまご型なので ポケット等に入れていても落としにくい。 ということで、ケースが無くても比較的持ち運びがしやすいような形状になっています。 しかし プルームテックといえば。。 プルームテック。 形状はまるでペン。 このようにボールペンのような形状になっています。 口にくわえる部分はタバコカプセルと本体上部。 プルームテック本体は比較的軽量で、かつペンのように細いので ポケットに入れておくと落ちやすい。 私も衛生的な観点と、単純に落として無くしてしまいそうなので、プルームテックを持ち出すときは専用のケースに入れて持ち運んでいます。 ですのでまとめるとそもそも プルームテックというデバイスがケースなしでは持ち運びにくい端末なのです。 【2019年10月現在】プルームテックのアクセサリーが1000円OFFで買える これはスマ部編集長が以前新宿三丁目のプルーム専門店を訪れたときに見つけたキャンペーンなのですが、ケース購入を考えている方には非常に嬉しいキャンペーンが行われています。 具体的には 今なら、JT会員の方がご家族さんやご友人さんにJT会員の登録紹介をすることで、 プルームアクセサリーが1000円引きで購入できる! という内容のキャンペーンになります。 プルームテックの純正ケースはものによっては1000円代前半の商品も存在するので、 普段1300円の商品を300円で購入できたりしちゃうということですね!(2019年10月時点で行われていたキャンペーンですので、予告なく終了する可能性があります。 ) 純正ケースの安心感 これはどのケースでもいえる話ですが、 迷ったら純正ケースを買っておけば間違いないということですね。 特に本体を密着させるタイプのハードケースでは、純正ケース以外を買う時は注意する必要があります。 品質の低いものは、最悪ケースがきちんと装着できない可能性もあります。 (筆者も昔中国からiphoneの純正ケースのコピー品を買った時、うまく本体に装着できませんでした。。。 ) プルームテック純正ケースのデメリット 一部アクセサリーは社外アクセサリーと同時利用が出来ない Ploom TECH ハードケース・プレミアム 上記のようなケースの場合、見ての通り全てのパーツがきっちりケース内に格納できるような構造になっています。 そのため、 以下のようなプルームテックのアクセサリーを装着している状態では、ケース内にアクセサリーを格納することができません。 一応右上にマウスピース用の格納スペースがあるのですが、上記のような大きなタイプのアクセサリーとなってくると、収納できない可能性が高いです。 マウスピース• デバイスクリップ• ソフトケース• 2ウェイスタンド が付属してくるパックとなっています。 全ての商品の 単価での販売価格を合計すると3,950円ですが、現在キャンペーンを行っており 2,500円で購入できるようになっています。 プルームテックの純正ケースといえばこれ?というイメージのあるケースですね。 十分な量の交換用たばこカプセル• プルームテック本体2本• 充電キット• 交換用カートリッジ を入れても、ソフトケースのおかげで まだスペースに余裕があります。 社外製のアクセサリーを利用されている方はこのようなケースを利用したほうが便利なのではないでしょうか。 持ち運べるアイテムは• プルームテック本体• 交換用タバコカプセル• 充電器 となっています。 また開閉もハードケースは マグネット式となっているので、 ソフトケースのチャック式よりも簡単に行えますね。 しかし当然ハードケースなので、ソフトケースに合ったような余裕はないため、 規定量以外のものは収納できないのがデメリットといえるでしょう。 先ほどのハードケースはプルームテックバッテリーが一本分しか格納できなかったのですが、こちらのプレミアムモデルはサイズが大きくなったことで、 交換用バッテリーも格納できるようになっています。 プレミアムコンパクトケースです。 タバコカプセルの格納数が二個に減ってしまい、しかしプルームテックバッテリーは予備分も含めて二個まで格納できるようになったケースです。 しかし1タバコカプセルが50パフで交換なのに、タバコカプセルは2個で予備用バッテリーを二個持ち歩いてもな。。 と個人的には思ってしまいます。 ケース上部にクリップ装着用の溝があるので、クリップを付けるのも簡単で、かつマウスピースも格納できる優れものです。 プルームテック本体に直接装着するタイプのハードケースはこれが見てきた中で 一番優れている印象をうけます。 前面にプルームテックのロゴが入っていて、背面にプルームテックをクリップするための部分があり、袋の背面部分にプルームテック本体をぶら下げることができます。 これはほんと、純正品が大好きで袋タイプが欲しい!という方以外購入しなくてもいいのではないでしょうか。 単純にチャックのついているタイプの布ケースということになります。 チャックの内部にプルームテック関連用品を格納でき、背面にも別の収納スペースがあるので、スマートフォン等を入れることができます。 まとめ アイコスは本体同様、純正ケースも比較的高めの値段設定のものが多かったのですが、プルームテックは 純正ケースでもお手頃価格なケースが多いです。 特に冒頭でも述べましたが、現在プルーム店舗で行われている友達紹介キャンペーンを利用すればかなり安く純正ケースを手に入れることができますので、非常におすすめな商品となっています。

次の

プルーム・テックの持ち運びは(その1)

プルーム テック ケース

プルームテックプラスのケースをレビュー ソフトケース• たっぷり収納できる大容量のケース サイズ的には、すっぽりと本体が入る大きさになっていますね。 プルームテックプラス本体• たばこカプセル• マイクロUSBケーブル• 充電器 すベてセットで収納が可能です。 ジッパーもの口も大きく開くような設計になってるので、出し入れもラクですね。 マウスピースを付けても余裕で入るので、外す必要もありません。 素材が上品で、長持ちしそう 家具で使われる素材を使用して、品質にこだわって作られています。 生地が厚くて、乱暴に使っても、破けたりしそうにないですね。 近くで見ると、縫い目もしっかりしていて、すごく丈夫。 たばこカプセルの箱ごと入れるときついかも カプセル箱も入りますが、ジッパーを閉める時に、キツキツになります。 できれば、 カプセル箱の中身は出して入れると余裕があって収納できますね。 ハードケース 革• 本体を保護したいなら、頑丈なハードケースを ソフトケースと違って、完全に外の衝撃から守ってくれますね。 中で固定される仕様になっているので、振っても中でこすれたりしません。 本体を大切に使いたいなら、ハードケースがベスト。 肌触りがなんとも言えない気持ちよさ ハードケースと聞くと、固いイメージがありますが、まわりが柔らかい人工皮革って、素材で覆われています。 高級なイスで使われる素材っぽいイメージです。 ずっと触っていたくなるような心地よさ。 落としても、衝撃を吸収してくれそうですね。 充電器は入らないので注意 ソフトケースと比べると、入る容量は少なめ。 特に、充電器は入らないので、1つにまとめることはできません。 プルームテックプラスのケースの色の種類• ケース色はそれぞれ4種類 ソフトケースのカラー 【ライトブルー】 ソフトケースとハードケースどっちがおすすめ? ソフトケースがおすすめな人• とにかく1つにまとめたい人 「プルームテックプラスの付属品をすべて収納したい」 って人向けです。 こだわると、• マウスピース• 専用バッテリー• 数種類のカプセル など、どんどん付属品が増えていきますよね。 持ち歩くアイテムが多い人は、容量が少なめのハードケースでは、収まらないんですね。 たくさん中身に入れたいなら、ソフトケースが活躍します。 収納を重視する人は、ソフトケースがおすすめですね。 ハードケースがおすすめな人• 傷が付くのを防ぎたい人 プルームテックプラスの本体って、結構いい値がしますよね。 「壊れないように、大切に使いたい!」 ってあなたは、ハードケースが一番。 中で固定されるので、ごちゃごちゃ動く心配もないんです。 他の付属品とこすり合って、傷付くことを防いでくれるんですね。 スペースが小さいのがデメリット。 まとめると、• 収納を優先する=ソフトケース• 保護を優先する=ハードケース って感じですね。 プルームテックプラスの純正ケースのメリット 素材がしっかりしている 「やはり本物は違う」 ってことですね。 ソフトケース=家具に使われるファブリック素材• ハードケース=特殊な人工皮革 って専用の こだわった素材が使用されています。 長く使えるケースを目指して、追求して作られてるんですね。 細部までこだわって作っている プルームテックプラスに 特化して作られてるので、ムダがないってことですね。 スペースもピッタリなので、出し入れにもすストレスがありません。 ロゴがかっこいい 「Ploomtech」って、1つのブランドになっていますよね。 日本製の加熱式タバコなので、根強いファンも増えています。 ロゴがあるとないとでは、吸う時のテンションが変わってくる ってくらいになると、純正品でまわりを揃えたくなっちゃいますね。 まとめ• プルームテックプラスの純正ケースは、ソフトタイプ、ハードタイプがある• ソフトケースは、容量重視• ハードケースは、保護重視• 純正ケースは素材にこだわりがあり、長く使える 店舗に行かなくても、ネットでも発売中です。

次の

【キレイ+無くさない】プルームテックプラスの純正ケース2種をレビュー

プルーム テック ケース

プルームテックプラスのケースをレビュー ソフトケース• たっぷり収納できる大容量のケース サイズ的には、すっぽりと本体が入る大きさになっていますね。 プルームテックプラス本体• たばこカプセル• マイクロUSBケーブル• 充電器 すベてセットで収納が可能です。 ジッパーもの口も大きく開くような設計になってるので、出し入れもラクですね。 マウスピースを付けても余裕で入るので、外す必要もありません。 素材が上品で、長持ちしそう 家具で使われる素材を使用して、品質にこだわって作られています。 生地が厚くて、乱暴に使っても、破けたりしそうにないですね。 近くで見ると、縫い目もしっかりしていて、すごく丈夫。 たばこカプセルの箱ごと入れるときついかも カプセル箱も入りますが、ジッパーを閉める時に、キツキツになります。 できれば、 カプセル箱の中身は出して入れると余裕があって収納できますね。 ハードケース 革• 本体を保護したいなら、頑丈なハードケースを ソフトケースと違って、完全に外の衝撃から守ってくれますね。 中で固定される仕様になっているので、振っても中でこすれたりしません。 本体を大切に使いたいなら、ハードケースがベスト。 肌触りがなんとも言えない気持ちよさ ハードケースと聞くと、固いイメージがありますが、まわりが柔らかい人工皮革って、素材で覆われています。 高級なイスで使われる素材っぽいイメージです。 ずっと触っていたくなるような心地よさ。 落としても、衝撃を吸収してくれそうですね。 充電器は入らないので注意 ソフトケースと比べると、入る容量は少なめ。 特に、充電器は入らないので、1つにまとめることはできません。 プルームテックプラスのケースの色の種類• ケース色はそれぞれ4種類 ソフトケースのカラー 【ライトブルー】 ソフトケースとハードケースどっちがおすすめ? ソフトケースがおすすめな人• とにかく1つにまとめたい人 「プルームテックプラスの付属品をすべて収納したい」 って人向けです。 こだわると、• マウスピース• 専用バッテリー• 数種類のカプセル など、どんどん付属品が増えていきますよね。 持ち歩くアイテムが多い人は、容量が少なめのハードケースでは、収まらないんですね。 たくさん中身に入れたいなら、ソフトケースが活躍します。 収納を重視する人は、ソフトケースがおすすめですね。 ハードケースがおすすめな人• 傷が付くのを防ぎたい人 プルームテックプラスの本体って、結構いい値がしますよね。 「壊れないように、大切に使いたい!」 ってあなたは、ハードケースが一番。 中で固定されるので、ごちゃごちゃ動く心配もないんです。 他の付属品とこすり合って、傷付くことを防いでくれるんですね。 スペースが小さいのがデメリット。 まとめると、• 収納を優先する=ソフトケース• 保護を優先する=ハードケース って感じですね。 プルームテックプラスの純正ケースのメリット 素材がしっかりしている 「やはり本物は違う」 ってことですね。 ソフトケース=家具に使われるファブリック素材• ハードケース=特殊な人工皮革 って専用の こだわった素材が使用されています。 長く使えるケースを目指して、追求して作られてるんですね。 細部までこだわって作っている プルームテックプラスに 特化して作られてるので、ムダがないってことですね。 スペースもピッタリなので、出し入れにもすストレスがありません。 ロゴがかっこいい 「Ploomtech」って、1つのブランドになっていますよね。 日本製の加熱式タバコなので、根強いファンも増えています。 ロゴがあるとないとでは、吸う時のテンションが変わってくる ってくらいになると、純正品でまわりを揃えたくなっちゃいますね。 まとめ• プルームテックプラスの純正ケースは、ソフトタイプ、ハードタイプがある• ソフトケースは、容量重視• ハードケースは、保護重視• 純正ケースは素材にこだわりがあり、長く使える 店舗に行かなくても、ネットでも発売中です。

次の