ゲームプランナー になるには。 ゲームプランナーになるには 【社会人・学生のための仕事辞典】

ゲームプランナーになるには?就職に役立つ8つのスキル!

ゲームプランナー になるには

ゲームプランナーってどの年齢までならなれるのか? 気になるところですよね。 ゲームプランナーになるのに年齢は関係ありません。 私は30代でゲームプランナーになりました。 ゲーム業界へ入ると分かるんですが、 30代からゲームプランナーになった人はめちゃくちゃ多いです。 私が入社した会社でも、6人中3人が30代でゲームプランナーになった人でした。 とはいえ、さすがに 50代・60代から目指すのはムリです。 体力的な面もありますからね。 40代がギリギリでしょうか。 では なぜゲームプランナーに年齢がそれほど関係ないのか。 その理由と、ゲームプランナーになる方法についてお伝えしていきます。 ゲームプランナーになる方法をより詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。 ゲームプランナーになるのに年齢は関係ない!その理由は? いざゲーム業界へはいると、ゲームプランナーになるのに年齢は関係ないことに驚きますよ。 それではその理由を説明していきます。 企画力よりコミュニケーション力が大事 ゲームプランナーにとって 一番大切なのは、コミュニケーション力です。 そのため、ゲームの企画や仕様書の作成スキルは、それほど高くなくても問題ありません。 実務で経験していけば、そういったスキルは自然と身につくからです。 反対に、 コミュニケーション力は鍛えようとしても、なかなか身につけられません。 忙しい業務の中で人と接するとき、円滑なコミュニケーションを意識するのは難しいですよね。 では なぜ、コミュニケーション力が一番大切なのか。 それは、 ゲームを作るのに多くに人が関わっているからです。 ゲームプランナー• プログラマー• デザイナー• シナリオライター• サウンド• 声優 会議で決まったゲーム内容を、各分野の人に伝えるのはゲームプランナーの役目です。 非常に多くの人と接し、相手が理解できるように正確に、ゲームの内容を伝える必要があります。 そのときにコミュニケーション力が大切なんです。 なので30代・40代から専門スキルを習得して、 ゲームプランナーになれるのか? と疑問、不安になられた方は安心してください。 そんな あなたでも十分ゲームプランナーになることができます。 採用するゲーム会社側も、ゲームプランナーに限ってはコミュニケーション力を重視する会社もあります。 そしてもう一つ。 本当に専門スキルが必要ないのか?という疑問。 ゲームプランナーというと、ゲームの企画や仕様、レベルデザインなど「ゲームの核」を作るイメージがあると思います。 そしてそれには専門のスキルが必要ではないかと。 もちろんあるに越したことはありません。 しかし、これは実際に経験してみないと分からないことがたくさんあります。 例えば、あなたがゲーム会社に就職して、どのジャンルのどんなゲームを担当するのか分かりません。 もちろん ゲームを作るうえでの基本的な考え方はあります。 ありますが、 ジャンルによってもゲームの作り方は違いますし、同じジャンルでもゲームシステムが違うと、作るときの考え方(ノウハウ)も違ってきます。 就職(転職)前から、全てのゲーム作りのノウハウを習得するのは不可能です。 なので、 ゲームプランナーになるのに専門スキルがあるかどうかは、それほど重要ではありません。 それがゲームプランナーに年齢は関係ない要因の1つです。 ゲーム業界に人手が足りない 今は スマホゲームが台頭していますよね。 スマホゲームは、プレイステーションなどの家庭用ゲームと違い、 リリースした後もアップデートを繰り返します。 新イベントや新機能などを追加して、運営していくことになるんですね。 リリースしたら終わりではありません。 つまり、そこに人手がかかります。 今では無数にあるスマホゲーム。 その数の分だけ 関わっている人が大勢いるんです。 人手が足りなくて、複数のゲームタイトルを担当しているゲームプランナーもいます。 私がゲーム会社に入社したての頃は、2タイトル担当していました。 2タイトル担当すると、地獄のような忙しさ。 早くもう一人プランナー入社してくれ!と思っていました。 会社側もその辺は理解してくれていたようで、3か月後には新しい人が入社し、ゲームタイトルの掛け持ちはなくなりました。 ゲーム業界、特に ゲームプランナーで30代の転職が多く、成功できるのはこうした人手不足による要因があります。 ゲームプランナーになる方法は専門学校へ行くこと では、ゲームプランナーになるにはどうすればいいか? それは ゲーム専門学校へ行くことです。 ゲームプランナーになるのに、専門スキルはそれほど必要ないとお話しました。 ですが、 専門知識や用語、ゲーム制作の流れを知らないと仕事にはなりません。 また、ゲーム専門学校では ゲームを作るうえでの基本的な考え方も教えてくれます。 私もゲームプランナーになるために、ゲーム専門学校へ行きました。 ゲーム専門学校へ行くことのメリットは、なにもゲーム制作のスキルを学べるだけではありません。 ゲーム専門学校は、 ゲーム業界と強いパイプで繋がっているため、就職(転職)にとても有利です。 就活の際に必要となる ポートフォリオ(企画書)の書き方も教えてくれますし、就職支援も充実しています。 雇う企業側も、最低限の知識とスキルを持っている証明ができる人材の方が、安心して採用することができます。 ゲームプランナーを目指すなら、まずはゲーム専門学校の資料を取りよせるところから始めてみてください。 おすすめは以下の専門学校です。 資料を見ていいな。 と思ったら、すぐに入学の申し込みをしましょう。 専門学校へ入校するのは難しくありませんが、定員数が決まっています。 その定員数が埋まらないうちに、手続きを済ましておくのがおすすめです。 【まとめ】ゲームプランナーになるのに年齢は関係ない!その理由となる方法 最終的な結論は、ゲームプランナーになるのに年齢は関係ありません。 しかし、さすがに50代以上となると転職はほぼ不可能です。 40代がギリギリ。 さらにいえば、40代でもゲームプランナーになることは不可能ではありませんが、かなり厳しいことだけはお伝えしておきます。 これは他職種からの転職であれば、どこでも同じですね。 30代より40代の方が厳しくなるのは当然です。 30代なら転職に多少の苦労はするかもしれませんが、ゲームプランナーになることはできます。 ゲーム業界自体が、30代からの転職が多いので、その辺はわりと寛大です。 20代なら間違いなく転職できます。 なのでゲームプランナーになるのに、年齢は気にしなくても大丈夫ですよ。 年代別にゲームプランナーになる方法を、下記の記事で紹介しています。 どうぞ参考にしてください。 やはりゲーム業界へ入るためには、専門学校へ行くことが確実だからです。 おすすめの専門学校を知りたい方は、下記にリンクをご用意しました。 リンク先は公式サイトです。 まずは資料を取りよせるところから始めてみてください。 まずは第一歩、踏み出しましょう。

次の

未経験でゲームプランナーに転職する方法とは【元ゲームプランナーが語る】

ゲームプランナー になるには

はじめまして、私は大学三年生で就職活動を始めようとしている者です。 私はゲームが好きです。 特に恋愛シュミレーションゲームがものすごく好きです。 安易ととらえる方がいても仕方ないと思いますが、 私はどうしてもゲーム業界に就職したいと考えています。 ですが、ここでは視野を広げるためにも恋愛シュミレーションに限らず、 ゲームプランナーを目指すものとして質問させていただきます。 (もちろん恋愛シュミレーションに限って答えてくださる方がいれば大歓迎です) 就職活動の準備をするうえで、わからないことがあるので以下の3つのことを質問したいです。 1,ゲームプランナーになるために習得したほうがよいゲーム制作ソフト 2,ゲームプランナーになるために発想力をきたえるおすすめの方法 3,ゲームプランナーに必要な中心的な能力とは 重複になりますが私は文系で、ゲーム業界に就職したいと思っています。 将来的には、ゲームを企画できる職種に就きたいです。 1について そこで、ゲームプランナーになるうえで、 習得しておいたほうがよいゲーム制作ソフト(というのが正しいかはわかりませんが) を教えていただきたいです。 一つでも複数でも良いので教えてください。 私が調べたところ、やはりプランナーになるには ゲーム制作の流れを一通り理解する必要があると感じました。 すでに3年生で就活も目前ですが、できる限りのことはしたいです。 勉強を始めるのが遅くなってしまったのは希望業界を絞れなかった私の落ち度ではありますが、 全力で勉強して何とか就活までに間に合わせますので、 ゲーム制作の流れを理解できるようなソフトがありましたらお教えください。 もし効率の良い習得法や、おすすめの方法があればそれも教えていただけるとありがたいです。 2について また、私が調べた中でプランナーに必要とされる能力というのは、 このほかに発想力や、社会常識、コミュニケーション能力などが多かったです。 発想力以外は今通っている大学のプログラムでどうにかできそうですが、 ゲーム業界などに就職が多い学部ではないので発想力を鍛える方法は模索中です。 もし、発想力を鍛えるおすすめの方法がありましたら、そちらも教えてください。 3について 最後に上記の能力(ゲーム制作の流れをわかっている、発想力、社会常識、 コミュニケーション能力)以外でこれは必要!と思われる能力と その理由も教えていただきたいです。 個人的に感じていることでも構いません。 どれか一つに対する答えでも構いませんのでお答えください ほかにもゲームプランナーの方や、 アドバイスなどいただける方がいましたら何でも教えてください。 全てにお答えできるかはわかりませんが、 私に対する意見でも、ゲーム業界の内情でもなんでもかまいません ぜひお気軽にお答えください、よろしくお願いします 実際にゲーム会社の試験を受けて2次3次の選考を受けた人の話を聴くと、 貴方が調べた通り 1. の試験をしています。 具体的には、貴方が調べた2. の順で試験していきます。 SPIやテストセンター等の試験で、大学生としての最低限の素養や社会常識を計ります。 次にグループワーク等で、発想力やコミュニケーション能力を見ていきます。 実数は知りませんが、 何百人を50人ぐらいに絞っていくのだと思います。 絞った人を「ゲーム制作の流れを一通り理解」をどのような試験をするのか。 答えは、「作品を持ってこい」と言うことです。 作品を出せれば、ゲーム制作の流れを一通り理解しているかどうかを計れます。 新卒採用枠は、大手でも数人だと思います。 情報処理システム監査技術者というものです。 近々国際資格であるCISAを取得しようとしているものです。 技術的なものは数年でガラッと変わります。 ここら辺のことにピンと来なければ村井先生の本をお読みください。 そのくらいならスタンダールの「恋愛論」を読むとか、「源氏物語」を男性目線で読み下すとか。 すぐれたストーリーテラーになることを目標にしてはいかがですか? 大ヒットする恋愛小説をものすことができれば、技術がいかに変わろうともすぐれたコンセプトメーカーになれるのでは? 1. そんなものないです。 三年で使い物にならなくなるので気にしなくていいです。 発想力ですね。 特に恋愛物は。 人間とはかくも複雑なものかを知ることでしょう。 大ヒットした恋愛映画を丁寧にみるとか? 3. ひとつ教えていただきたいのですがコンピュータシステムはPDCAサイクルをまわす物で、プランナーと ゲームプランナーでは違いがありますが、後者になりたいのですか? Q こんにちは。 小さい頃からゲームを作ることを夢見てきて、 具体的にはプランナーになりたいと思っています。 そのため、文章の勉強をして素人ながら小説を書き HPをタグ打ちから作り、書いた小説を公開したり 映画などを多く見て映像研究や音響研究も自分なりにしています。 そして今年受験の年を迎えるのですが、ゲーム専門学校よりは 大学に行きたいなと思っています。 ですが、私の場合どの学部に行けばいいのか見当がつきません。 プログラミングは大学に入ってから独学で勉強しようと思ってます。 私立もしくは国公立(前期後期問いません) 3教科(国語・英語・政経(現社)) 京都方面、中部、関東地域の大学で何処かありませんでしょうか。 偏差値はベネッセ、河合共に59か60ぐらいです。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー ゲームプランナに向いた学部は特に無いように思います。 ただし、大学ではということで、専門学校は論外です。 あえて説明する必要は無いと思いますが、ゲームプランナは管理職に近く、職人さんとは遠い職種です。 言わば、建築関係なら大工ではなく設計士、軍隊なら兵隊ではなく前線指揮官や作戦参謀です。 つまり、そのような役職になるべき人としてゲーム会社に就職しなければなりません。 専門学校はいわば大工や兵士の養成所ですから、ルートが違うということになります。 それで、ゲーム会社が採用しやすい大学とか学部があるかというと、あなたが大学に入るのに歯ごたえを感じるような大学であれば大きく違いは無いというのが現実です。 ただ、いわゆる理系学部の多くは専門の科目の勉強に大変な時間をとられますからそれよりは文化的な学部のほうが良いかもしれません。 また、心理学やメディア論、マーケティングや経営、あるいは語学力特に英語力といった分野は役に立つかもしれません。 でもそれらは知っていたほうが役に立つかもといったレベルの話で、それを知っていれば有利とか知らないと無理という類の話ではありません。 日本のゲーム会社にとって新卒の学生が即戦力とならないのは自明ですからスキルや知識を中途半端に持っているよりも、とりあえず有能であるということのほうがとりやすいのです。 有能とはどういうことかということですが、ゲーム会社も会社である以上結局は他の会社と同様に、的確にアピールできる、コミュニケーション能力がある、大学生として十分な学力を備えている... といったことの総合力としての有能さを求めているということでしょう。 どこに行ってもゲーム会社に将来のプランナとして入るのは大変です。 また、ご存知かもしれませんが、ゲーム業界は胸をはって推薦できる仕事環境ではない業界の1つです。 何より体力が必要で、体育会系的なノリの会社も多いです。 プランナも自由にゲームを作るというより、多方面との調整が仕事みたいなところがあります。 それでもプランナになりたいのであれば、とりあえずはあわてずに、大学入学をがんばってください。 ゲームプランナに向いた学部は特に無いように思います。 ただし、大学ではということで、専門学校は論外です。 あえて説明する必要は無いと思いますが、ゲームプランナは管理職に近く、職人さんとは遠い職種です。 言わば、建築関係なら大工ではなく設計士、軍隊なら兵隊ではなく前線指揮官や作戦参謀です。 つまり、そのような役職になるべき人としてゲーム会社に就職しなければなりません。 専門学校はいわば大工や兵士の養成所ですから、ルートが違うということになります。 それで、ゲーム会社が... A ベストアンサー 就職活動中の大学4年です。 特にゲーム業界を志望していた訳ではありませんが、ゲーム会社の 筆記・面接を1社だけ受けたことがあります。 結構有名なゲーム 作っているところでした。 以下御参考までに。 <筆記> *円卓に6人みっちりと座らされる。 ん?この状態で試験? *配られた試験用紙の表紙には「わからなくても泣かない」 「簡単すぎても笑わない」「でも本当にわからないときは笑ってよし」........ と書いてある(汗)。 *担当者がひとこと「..... 難しいですよ(にやり)」 と言って去っていく。 *開いてみると問題はたった1問「日本にオタクは何人いるか」........ 論文試験。 A4/1枚。 一同色々な意味で脱力。 「いや、嘘。 今の冗談」....... 心臓に悪いです。 *あとは意外と普通でした。 志望動機、何故当社なのか、学校で 学んだことについて、希望の職種など。 *しかし周りの学生はレベル高いです。 何って、オタクレベルが(笑)。 相当ゲームに対する情熱をもっていないと厳しいなあと思いました。 グラフィックデザイナーならデッサン力も..... (PCスキルじゃ ありません。 アナログのデッサン力です) ちなみにこの会社、社長室前に看板があり「ストリップ劇場」と 書かれていました。 この筆記と1次面接は通過しましたが、2次で落ちました。 ゲーム会社って色々な意味で敷き居高い....。 と思った経験でした。 就職活動中の大学4年です。 特にゲーム業界を志望していた訳ではありませんが、ゲーム会社の 筆記・面接を1社だけ受けたことがあります。 結構有名なゲーム 作っているところでした。 以下御参考までに。 <筆記> *円卓に6人みっちりと座らされる。 ん?この状態で試験? *配られた試験用紙の表紙には「わからなくても泣かない」 「簡単すぎても笑わない」「でも本当にわからないときは笑ってよし」........ と書いてある(汗)。 *担当者がひとこと「..... 難しいですよ(にやり)」... Q こんにちは。 私はプランナーとしてゲーム業界を検討している文系学部の学生です。 ゲーム業界について論じられている本をいくつか読んでいますが、殆どの筆者はゲーム業界で働くことがつらいと仰っています。 しかしながら、大学も、学生と社会人が交流するイベントをいくつか設けていますが、私が会ってきたどんな業界の方でも、仕事がつらいと語ります。 会社にもよると思いますが、業界としてのゲーム業界はその他の業界よりつらいでしょうか。 それはどうしてでしょうか。 ところで、ゲームつくりが好きでこの業界を目指そうと思ったわけです。 ただ、他業界の仕事に就いたとしても趣味としてゲームつくりができると思っています。 そういうわけで、ゲーム業界とそうでない業界の仕事のつらさのレベルの違いを知りたいです。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー どの業種でも、「辛い」と声を上げるのは、その業種職種に残 れ て い る 人の内の「タフさ耐性が相対的に劣位な人」だ。 逆の例を言えば、緩い事務屋のようなヘタレでも残れる業界、そこでの「タフさ耐性が相対的に劣位な人」なんて相当ヘタレで、そんな奴の「辛い」なんて鼻息で笑えばいいレベル。 じゃあ、ゲームやクリエイター等の超供給過剰業界は? そもそも、かなりタフでなきゃ残れない、仕事以外の人生捨てなきゃ残れない、心身へのダメージが重くても辞めない人がよく居る、それでも残れた人達となると、たとえ「タフさが相対的に劣位な人」でも、相当タフで仕事以外の人生捨てて病気や入院もザラ、ってレベル。 超残業で仕事が趣味でなきゃ無理。 Q 以下の2名の大学4年生がゲーム会社の面接を受けた場合、どちらの学生が内定をもらえると思いますか? ちなみに大学、学部学科、大学での成績、所属ゼミおよびゼミの活動内容、容姿、面接態度は全く同じという設定でお願いします。 1 大学時代毎日ゲームを3時間していてゲームジャンルは多岐にわたる。 オールラウンドサークルに入っているが月に1回くらいしか活動がない。 アルバイトは派遣会社でのバイトを月に1回程度。 しかし、1、2年の夏休みは海の家で2週間 バイトした。 車の免許あり。 TOEIC550点。 2 大学時代ゲームは1年につき2か月(その間毎日1時間半)していた。 ジャンルは毎年別。 テニスサークル、フリーペーパーサークルに所属していてそれぞれ週1日活動があり毎回行っていた。 アルバイトは1年の時はコンビニ、2年は居酒屋、3年はスーパーのレジを4時間~8時間を週3で働いた。 4年になってからは派遣を週1程度。 2年の夏休み、1か月間アメリカにホームステイした。 車の免許あり。 TOEIC850点。 A ベストアンサー 今の時代のゲーム会社は「頭がいい」か「ゲーム開発経験者・技術保持者」のどちらかです。 グリー、サイバーエージェントなんかは東大卒、慶応・早稲田卒をメインに採用しています。 なぜかというとバカ(=ユーザー)をカモにする知恵が必要だからです。 ソーシャル系ではその頭脳が欲しいんです。 次に欲しいのは学生時代にゲームを自作したりしてきた技術オタクです。 プログラミング、3Dモデリングやアニメーション制作をやって作品をアピールできる人です。 今の時代、若い人が技術を持てる時代です。 大学卒・専門卒でありながらすでに技術を持っている人は採用しやすいです。 残念ながら学生時代のサークルとかアルバイトの活動なんかゲーム会社は見ていません。 ゲームやっているだけの学生もダメです。 頭いい奴か技術ある奴。 これがゲーム会社に採用されやすい基準です。

次の

プランナー(ゲーム)の求人 未経験者歓迎 職種|クリエイターの求人・転職エージェントならクリエイティブジョブ

ゲームプランナー になるには

はじめまして、私は大学三年生で就職活動を始めようとしている者です。 私はゲームが好きです。 特に恋愛シュミレーションゲームがものすごく好きです。 安易ととらえる方がいても仕方ないと思いますが、 私はどうしてもゲーム業界に就職したいと考えています。 ですが、ここでは視野を広げるためにも恋愛シュミレーションに限らず、 ゲームプランナーを目指すものとして質問させていただきます。 (もちろん恋愛シュミレーションに限って答えてくださる方がいれば大歓迎です) 就職活動の準備をするうえで、わからないことがあるので以下の3つのことを質問したいです。 1,ゲームプランナーになるために習得したほうがよいゲーム制作ソフト 2,ゲームプランナーになるために発想力をきたえるおすすめの方法 3,ゲームプランナーに必要な中心的な能力とは 重複になりますが私は文系で、ゲーム業界に就職したいと思っています。 将来的には、ゲームを企画できる職種に就きたいです。 1について そこで、ゲームプランナーになるうえで、 習得しておいたほうがよいゲーム制作ソフト(というのが正しいかはわかりませんが) を教えていただきたいです。 一つでも複数でも良いので教えてください。 私が調べたところ、やはりプランナーになるには ゲーム制作の流れを一通り理解する必要があると感じました。 すでに3年生で就活も目前ですが、できる限りのことはしたいです。 勉強を始めるのが遅くなってしまったのは希望業界を絞れなかった私の落ち度ではありますが、 全力で勉強して何とか就活までに間に合わせますので、 ゲーム制作の流れを理解できるようなソフトがありましたらお教えください。 もし効率の良い習得法や、おすすめの方法があればそれも教えていただけるとありがたいです。 2について また、私が調べた中でプランナーに必要とされる能力というのは、 このほかに発想力や、社会常識、コミュニケーション能力などが多かったです。 発想力以外は今通っている大学のプログラムでどうにかできそうですが、 ゲーム業界などに就職が多い学部ではないので発想力を鍛える方法は模索中です。 もし、発想力を鍛えるおすすめの方法がありましたら、そちらも教えてください。 3について 最後に上記の能力(ゲーム制作の流れをわかっている、発想力、社会常識、 コミュニケーション能力)以外でこれは必要!と思われる能力と その理由も教えていただきたいです。 個人的に感じていることでも構いません。 どれか一つに対する答えでも構いませんのでお答えください ほかにもゲームプランナーの方や、 アドバイスなどいただける方がいましたら何でも教えてください。 全てにお答えできるかはわかりませんが、 私に対する意見でも、ゲーム業界の内情でもなんでもかまいません ぜひお気軽にお答えください、よろしくお願いします 実際にゲーム会社の試験を受けて2次3次の選考を受けた人の話を聴くと、 貴方が調べた通り 1. の試験をしています。 具体的には、貴方が調べた2. の順で試験していきます。 SPIやテストセンター等の試験で、大学生としての最低限の素養や社会常識を計ります。 次にグループワーク等で、発想力やコミュニケーション能力を見ていきます。 実数は知りませんが、 何百人を50人ぐらいに絞っていくのだと思います。 絞った人を「ゲーム制作の流れを一通り理解」をどのような試験をするのか。 答えは、「作品を持ってこい」と言うことです。 作品を出せれば、ゲーム制作の流れを一通り理解しているかどうかを計れます。 新卒採用枠は、大手でも数人だと思います。 情報処理システム監査技術者というものです。 近々国際資格であるCISAを取得しようとしているものです。 技術的なものは数年でガラッと変わります。 ここら辺のことにピンと来なければ村井先生の本をお読みください。 そのくらいならスタンダールの「恋愛論」を読むとか、「源氏物語」を男性目線で読み下すとか。 すぐれたストーリーテラーになることを目標にしてはいかがですか? 大ヒットする恋愛小説をものすことができれば、技術がいかに変わろうともすぐれたコンセプトメーカーになれるのでは? 1. そんなものないです。 三年で使い物にならなくなるので気にしなくていいです。 発想力ですね。 特に恋愛物は。 人間とはかくも複雑なものかを知ることでしょう。 大ヒットした恋愛映画を丁寧にみるとか? 3. ひとつ教えていただきたいのですがコンピュータシステムはPDCAサイクルをまわす物で、プランナーと ゲームプランナーでは違いがありますが、後者になりたいのですか? Q こんにちは。 小さい頃からゲームを作ることを夢見てきて、 具体的にはプランナーになりたいと思っています。 そのため、文章の勉強をして素人ながら小説を書き HPをタグ打ちから作り、書いた小説を公開したり 映画などを多く見て映像研究や音響研究も自分なりにしています。 そして今年受験の年を迎えるのですが、ゲーム専門学校よりは 大学に行きたいなと思っています。 ですが、私の場合どの学部に行けばいいのか見当がつきません。 プログラミングは大学に入ってから独学で勉強しようと思ってます。 私立もしくは国公立(前期後期問いません) 3教科(国語・英語・政経(現社)) 京都方面、中部、関東地域の大学で何処かありませんでしょうか。 偏差値はベネッセ、河合共に59か60ぐらいです。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー ゲームプランナに向いた学部は特に無いように思います。 ただし、大学ではということで、専門学校は論外です。 あえて説明する必要は無いと思いますが、ゲームプランナは管理職に近く、職人さんとは遠い職種です。 言わば、建築関係なら大工ではなく設計士、軍隊なら兵隊ではなく前線指揮官や作戦参謀です。 つまり、そのような役職になるべき人としてゲーム会社に就職しなければなりません。 専門学校はいわば大工や兵士の養成所ですから、ルートが違うということになります。 それで、ゲーム会社が採用しやすい大学とか学部があるかというと、あなたが大学に入るのに歯ごたえを感じるような大学であれば大きく違いは無いというのが現実です。 ただ、いわゆる理系学部の多くは専門の科目の勉強に大変な時間をとられますからそれよりは文化的な学部のほうが良いかもしれません。 また、心理学やメディア論、マーケティングや経営、あるいは語学力特に英語力といった分野は役に立つかもしれません。 でもそれらは知っていたほうが役に立つかもといったレベルの話で、それを知っていれば有利とか知らないと無理という類の話ではありません。 日本のゲーム会社にとって新卒の学生が即戦力とならないのは自明ですからスキルや知識を中途半端に持っているよりも、とりあえず有能であるということのほうがとりやすいのです。 有能とはどういうことかということですが、ゲーム会社も会社である以上結局は他の会社と同様に、的確にアピールできる、コミュニケーション能力がある、大学生として十分な学力を備えている... といったことの総合力としての有能さを求めているということでしょう。 どこに行ってもゲーム会社に将来のプランナとして入るのは大変です。 また、ご存知かもしれませんが、ゲーム業界は胸をはって推薦できる仕事環境ではない業界の1つです。 何より体力が必要で、体育会系的なノリの会社も多いです。 プランナも自由にゲームを作るというより、多方面との調整が仕事みたいなところがあります。 それでもプランナになりたいのであれば、とりあえずはあわてずに、大学入学をがんばってください。 ゲームプランナに向いた学部は特に無いように思います。 ただし、大学ではということで、専門学校は論外です。 あえて説明する必要は無いと思いますが、ゲームプランナは管理職に近く、職人さんとは遠い職種です。 言わば、建築関係なら大工ではなく設計士、軍隊なら兵隊ではなく前線指揮官や作戦参謀です。 つまり、そのような役職になるべき人としてゲーム会社に就職しなければなりません。 専門学校はいわば大工や兵士の養成所ですから、ルートが違うということになります。 それで、ゲーム会社が... A ベストアンサー 就職活動中の大学4年です。 特にゲーム業界を志望していた訳ではありませんが、ゲーム会社の 筆記・面接を1社だけ受けたことがあります。 結構有名なゲーム 作っているところでした。 以下御参考までに。 <筆記> *円卓に6人みっちりと座らされる。 ん?この状態で試験? *配られた試験用紙の表紙には「わからなくても泣かない」 「簡単すぎても笑わない」「でも本当にわからないときは笑ってよし」........ と書いてある(汗)。 *担当者がひとこと「..... 難しいですよ(にやり)」 と言って去っていく。 *開いてみると問題はたった1問「日本にオタクは何人いるか」........ 論文試験。 A4/1枚。 一同色々な意味で脱力。 「いや、嘘。 今の冗談」....... 心臓に悪いです。 *あとは意外と普通でした。 志望動機、何故当社なのか、学校で 学んだことについて、希望の職種など。 *しかし周りの学生はレベル高いです。 何って、オタクレベルが(笑)。 相当ゲームに対する情熱をもっていないと厳しいなあと思いました。 グラフィックデザイナーならデッサン力も..... (PCスキルじゃ ありません。 アナログのデッサン力です) ちなみにこの会社、社長室前に看板があり「ストリップ劇場」と 書かれていました。 この筆記と1次面接は通過しましたが、2次で落ちました。 ゲーム会社って色々な意味で敷き居高い....。 と思った経験でした。 就職活動中の大学4年です。 特にゲーム業界を志望していた訳ではありませんが、ゲーム会社の 筆記・面接を1社だけ受けたことがあります。 結構有名なゲーム 作っているところでした。 以下御参考までに。 <筆記> *円卓に6人みっちりと座らされる。 ん?この状態で試験? *配られた試験用紙の表紙には「わからなくても泣かない」 「簡単すぎても笑わない」「でも本当にわからないときは笑ってよし」........ と書いてある(汗)。 *担当者がひとこと「..... 難しいですよ(にやり)」... Q こんにちは。 私はプランナーとしてゲーム業界を検討している文系学部の学生です。 ゲーム業界について論じられている本をいくつか読んでいますが、殆どの筆者はゲーム業界で働くことがつらいと仰っています。 しかしながら、大学も、学生と社会人が交流するイベントをいくつか設けていますが、私が会ってきたどんな業界の方でも、仕事がつらいと語ります。 会社にもよると思いますが、業界としてのゲーム業界はその他の業界よりつらいでしょうか。 それはどうしてでしょうか。 ところで、ゲームつくりが好きでこの業界を目指そうと思ったわけです。 ただ、他業界の仕事に就いたとしても趣味としてゲームつくりができると思っています。 そういうわけで、ゲーム業界とそうでない業界の仕事のつらさのレベルの違いを知りたいです。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー どの業種でも、「辛い」と声を上げるのは、その業種職種に残 れ て い る 人の内の「タフさ耐性が相対的に劣位な人」だ。 逆の例を言えば、緩い事務屋のようなヘタレでも残れる業界、そこでの「タフさ耐性が相対的に劣位な人」なんて相当ヘタレで、そんな奴の「辛い」なんて鼻息で笑えばいいレベル。 じゃあ、ゲームやクリエイター等の超供給過剰業界は? そもそも、かなりタフでなきゃ残れない、仕事以外の人生捨てなきゃ残れない、心身へのダメージが重くても辞めない人がよく居る、それでも残れた人達となると、たとえ「タフさが相対的に劣位な人」でも、相当タフで仕事以外の人生捨てて病気や入院もザラ、ってレベル。 超残業で仕事が趣味でなきゃ無理。 Q 以下の2名の大学4年生がゲーム会社の面接を受けた場合、どちらの学生が内定をもらえると思いますか? ちなみに大学、学部学科、大学での成績、所属ゼミおよびゼミの活動内容、容姿、面接態度は全く同じという設定でお願いします。 1 大学時代毎日ゲームを3時間していてゲームジャンルは多岐にわたる。 オールラウンドサークルに入っているが月に1回くらいしか活動がない。 アルバイトは派遣会社でのバイトを月に1回程度。 しかし、1、2年の夏休みは海の家で2週間 バイトした。 車の免許あり。 TOEIC550点。 2 大学時代ゲームは1年につき2か月(その間毎日1時間半)していた。 ジャンルは毎年別。 テニスサークル、フリーペーパーサークルに所属していてそれぞれ週1日活動があり毎回行っていた。 アルバイトは1年の時はコンビニ、2年は居酒屋、3年はスーパーのレジを4時間~8時間を週3で働いた。 4年になってからは派遣を週1程度。 2年の夏休み、1か月間アメリカにホームステイした。 車の免許あり。 TOEIC850点。 A ベストアンサー 今の時代のゲーム会社は「頭がいい」か「ゲーム開発経験者・技術保持者」のどちらかです。 グリー、サイバーエージェントなんかは東大卒、慶応・早稲田卒をメインに採用しています。 なぜかというとバカ(=ユーザー)をカモにする知恵が必要だからです。 ソーシャル系ではその頭脳が欲しいんです。 次に欲しいのは学生時代にゲームを自作したりしてきた技術オタクです。 プログラミング、3Dモデリングやアニメーション制作をやって作品をアピールできる人です。 今の時代、若い人が技術を持てる時代です。 大学卒・専門卒でありながらすでに技術を持っている人は採用しやすいです。 残念ながら学生時代のサークルとかアルバイトの活動なんかゲーム会社は見ていません。 ゲームやっているだけの学生もダメです。 頭いい奴か技術ある奴。 これがゲーム会社に採用されやすい基準です。

次の