ジアゼパム 商品 名。 セルシン錠(ジアゼパム)の効果【医師が教える抗不安薬のすべて】

KEGG DRUG: ジアゼパム

ジアゼパム 商品 名

中枢神経抑制剤 フェノチアジン誘導体、バルビツール酸誘導体 等 モノアミン酸化酵素阻害剤 眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が増強することがある。 相互に中枢神経抑制作用を増強することが考えられている。 アルコール (飲酒) 眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が増強することがある。 相互に中枢神経抑制作用を増強することが考えられている。 シメチジン、 オメプラゾール 眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が増強することがある。 本剤のクリアランスがシメチジンとの併用により27〜51%、オメプラゾールとの併用により27〜55%減少することが報告されている。 シプロフロキサシン 眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が増強することがある。 本剤のクリアランスが37%減少することが報告されている。 フルボキサミンマレイン酸塩 眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が増強することがある。 本剤のクリアランスが65%減少することが報告されている。 マプロチリン塩酸塩 1)眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が増強することがある。 2)併用中の本剤を急速に減量又は中止すると痙攣発作がおこる可能性がある。 1)相互に中枢神経抑制作用を増強することが考えられている。 2)本剤の抗痙攣作用により抑制されていたマプロチリン塩酸塩の痙攣誘発作用が本剤の減量・中止によりあらわれることが考えられている。 ダントロレンナトリウム水和物 筋弛緩作用が増強する可能性がある。 相互に筋弛緩作用を増強することが考えられている。 副作用 連用により薬物依存(頻度不明)を生じることがあるので、観察を十分に行い、用量及び使用期間に注意し慎重に投与すること。 また、連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により、痙攣発作、せん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状(頻度不明)があらわれることがあるので、投与を中止する場合には徐々に減量するなど慎重に行うこと。 刺激興奮、錯乱(頻度不明)等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 慢性気管支炎等の呼吸器疾患に用いた場合、呼吸抑制(頻度不明)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 その他の副作用 妊婦(3ヵ月以内)又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与すること。 [妊娠中に本剤の投与を受けた患者の中に奇形を有する児等の障害児を出産した例が対照群と比較して有意に多いとの疫学的調査報告がある。 ] 妊娠後期の婦人には治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与すること。 [ベンゾジアゼピン系化合物で新生児に哺乳困難、嘔吐、活動低下、筋緊張低下、過緊張、嗜眠、傾眠、呼吸抑制・無呼吸、チアノーゼ、易刺激性、神経過敏、振戦、低体温、頻脈等を起こすことが報告されている。 なお、これらの症状は、離脱症状あるいは新生児仮死として報告される場合もある。 また、ベンゾジアゼピン系化合物で新生児に黄疸の増強を起こすことが報告されている。 ] 分娩前に連用した場合、出産後新生児に離脱症状があらわれることが、ベンゾジアゼピン系化合物で報告されている。 授乳婦への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせること。 [ヒト母乳中へ移行し、新生児に嗜眠、体重減少等を起こすことがあり、また、黄疸を増強する可能性がある。 ] 過量投与 改訂履歴 2017年3月 改訂 2019年8月 改訂 第15版 文献請求先 主要文献欄に記載の文献は下記にご請求下さい。 武田テバ薬品株式会社 453-0801 名古屋市中村区太閤一丁目24番11号 0120-923-093 受付時間 9:00〜17:30(土日祝日・弊社休業日を除く) お問い合わせ先 主要文献欄に記載の文献は下記にご請求下さい。

次の

セルシン錠(ジアゼパム)の効果【医師が教える抗不安薬のすべて】

ジアゼパム 商品 名

1.セルシンの特徴 まずは全体的に見た、セルシンの特徴を挙げてみます。 セルシンは「ベンゾジアゼピン系」に分類されるお薬になります。 ベンゾジアゼピン系には、不安を取る作用以外にも、筋弛緩作用(筋肉の緊張をほぐす)、催眠作用(眠くする)、抗けいれん作用(けいれんを抑える)の4つの作用がある事が知られています。 セルシンもベンゾジアゼピン系になるため、この4つの作用があります。 そして、それぞれの効果の強さを表すと次のようになります(個人差も大きいため、あくまで目安です)。 【セルシンの作用】• 中等度の抗不安作用• 中等度の筋弛緩作用• 中等度の催眠作用• 中等度の抗けいれん作用 セルシンはベンゾジアゼピン系の4つの作用をまんべんなく持っている点が特徴で、これがメリットでもありデメリットでもあります。 ベンゾジアゼピン系の中でも、抗不安作用に特化しているもの、催眠作用が特に強いものなど、それぞれお薬によって作用の強さにはかたよりがあります。 しかしセルシンは、この4つの作用をどれもそれなりの強さで持っているのです。 不安も取りたいし、筋肉の緊張も取りたいし、けいれんも抑えたいといった場合であれば、セルシン1剤で複数の症状に対応できる可能性があります。 これはセルシンの大きなメリットになります。 しかし、1つだけの症状を抑えたいという時でも、余計な作用が出てしまうため、時に副作用として困ってしまう事もあります。 幅広い効果があるというのは、良い事でもあり、悪いことでもあるのです。 また、セルシンは非常に古いお薬で歴史も長いため、剤型がたくさんあるのもメリットです。 錠剤を始め散剤(粉薬)、シロップ、注射など多数の剤型がそろっています。 また、坐薬もあります。 「ダイアップ坐薬」という別の商品名になりますが、これはセルシンと同じ成分であるジアゼパム製剤です。 お薬は飲み心地も大事ですので、たくさんの剤型から選べるというのはありがたいことです。 セルシンは作用時間が長いことも特徴です。 セルシンは服薬後、約1時間で血中濃度が最大となり、半減期は約50時間ほどと報告されています。 半減期とはお薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、お薬の作用時間の1つの目安となる値です。 セルシンの半減期も長いのですが、セルシンの活性代謝物であるデメチルジアゼパムの半減期も50~180時間と非常に長いことが報告されており、ここから考えるとセルシンの作用時間はかなり長いことが分かります。 代謝物とは、ある物質が体内で代謝・分解されてできる物質です。 代謝物がその物質と同様の作用を持っている場合、「活性代謝物」と呼ばれます。 セルシンの活性代謝物であるデメチルジアゼパムは、セルシンと同じく作用を有している事が報告されており、活性代謝物ということになります。 【セルシンの良い特徴】• 抗不安作用、筋弛緩作用、催眠作用、抗けいれん作用の4つの作用がまんべんなくある• 剤型が豊富• 作用時間が長く、1回の服薬で長く効く 【セルシンの悪い特徴】• 4つの作用がまんべんなくあるため、副作用も出現しやすい• 作用時間が長く、お薬が残りやすい 4つの作用をバランスよく有しているセルシンは、抗不安薬と「標準薬」ともいえます。 実際、セルシンは抗不安薬の中でも「スタンダードなお薬」という位置づけであり、お薬の比較をする実験などでも対象薬としてよく用いられています。 2.セルシンの抗不安作用の強さ 抗不安薬には、たくさんの種類があります。 それぞれ強さや作用時間が異なるため、患者さんの状態によってどの抗不安薬を処方するかが異なってきます。 セルシンは、不安を改善する作用(抗不安作用)は中等度です。 主な抗不安薬の「抗不安作用」の強さを比較すると下図のようになります。 しかし、不安を抑えるために十分頼れるお薬です。 3.セルシンを使う疾患は? 添付文書を見るとセルシン(ジアゼパム)は、• 神経症における不安・緊張・抑うつ• うつ病における不安・緊張• 心身症(消化器疾患、循環器疾患、自律神経失調症、更年期障害、腰痛症、頚肩腕症候群)における身体症候ならびに 不安・緊張・抑うつ• 下記疾患における筋緊張の軽減 脳脊髄疾患に伴う筋痙攣・疼痛• 麻酔前投薬 に適応があると書かれています。 たくさんの適応疾患が書かれているので、とても分かりにくいのですが、要するに「様々な疾患の不安・緊張を軽減したり、筋肉の緊張を取ったり、けいれんを抑えたりすることに使われる」という認識で良いと思います。 心身症とは、身体の異常の主な原因が「こころ」にある病気の群です。 例えば食生活が悪くて胃潰瘍になるのは心身症ではありませんが、ストレスで胃潰瘍になるのは心身症になります。 同じようにタバコで血圧が上がるのは心身症ではありませんが、ストレスで血圧が上がってしまうのは心身症になります。 ちなみに正常な人にも不安はありますが、そういった「正常範囲内の不安」には用いません。 正常範囲内の不安にも効果は示しますが、健常者に使っても副作用などのデメリットの方が大きいからです。 不安感があり、医師が「抗不安薬による治療が必要なレベルである」と判断された場合にセルシンなどの抗不安薬が使われます。 疾患で言えば、パニック障害や社交不安障害などの不安障害圏、強迫性障害などの疾患には良く使います。 うつ病や統合失調症などで不安が強い場合も補助的に使用されることがあります。 4.セルシンが向いている人は? セルシンは、ベンゾジアゼピン系が持つ4つの作用を幅広く持ちますので、複数の症状がある方には良いお薬だと考えられます。 不安、緊張もあって、筋肉も凝っていて・・・などという方は、セルシン1剤で十分な効果が得られる可能性があります。 しかし反対に特定の症状しかない場合でも、セルシンは幅広く効いてしまうため、余計な作用(副作用)が出てしまうリスクがあります。 セルシンは、服薬してから血中濃度が最大になるまで約1時間程度と報告されています。 臨床的な体感としては内服後20-30分ほどで効果を感じられますので、即効性もあります。 しかし作用時間が長いため、すぐに効きはしますがその後にしばらく効果が残りやすい点は注意をしなくてはいけません。 セルシン自体の半減期が約50時間と長いうえに、セルシンの活性代謝物であるデメチルジアゼパムの半減期は50~180時間と報告されており、作用時間はかなり長いお薬であると言えます。 そのため、頓服的な使い方をする場合は、お薬の効果が長時間残りやすい点に注意をしなければいけません。 5.セルシンの作用機序 セルシンは「ベンゾジアゼピン系」という種類のお薬です。 セルシンに限らず、ほとんどの抗不安薬はベンゾジアゼピン系に属します。 ベンゾジアゼピン系は、GABA受容体という部位に作用することで、先ほど説明した抗不安作用、催眠作用、筋弛緩作用、抗けいれん作用を発揮します。 ベンゾジアゼピン系のうち、抗不安作用が特に強いものが「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」になり、セルシンもそのひとつです。 ちなみに睡眠薬にもベンゾジアゼピン系がありますが、これはベンゾジアゼピン系のうち、催眠作用が特に強いもののことです。 ベンゾジアゼピン系は、基本的には先に書いた4つの効果が全てあります。 ただ、それぞれの強さはお薬によって違いがあり、抗不安作用は強いけど、抗けいれん作用は弱いベンゾジアゼピン系もあれば、抗不安作用は弱いけど、催眠作用が強いベンゾジアゼピン系もあります。 セルシンは、先ほども書いた通り、• 中等度の抗不安作用• 中等度の筋弛緩作用• 中等度の催眠作用• 中等度の抗けいれん作用 を持っています。 (注:ページ上部の画像はイメージ画像であり、実際のセルシン錠とは異なることをご了承下さい) 【メンタルヘルス向上のヒント】 【こころの病気】 - - - - -恐怖症 -- -- -- -- -- - - - - - - 【こころと身体の病気】 【お薬()】 - - -- -- -- - --超短時間型 --- --短時間型 --- --- --- --- --中時間型 --- --- --- --- --- --- --長時間型 --- --- -メラトニン受容体作動薬 -- -オレキシン受容体拮抗薬 -- -三環系抗うつ剤 -- -- -- -- -- -四環系抗うつ剤 -- -- - -- -- -- -- -- - -- -- -- - -- -- -その他 -- -- -- () - - - - - - - - - - - - - - 抗精神病薬 - -- -- -第2世代抗精神病薬 -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - - - - ADHD治療薬 - 抗酒薬 - 漢方薬 - - - - 向精神薬の副作用 - - - 【精神科への受診】 【こころの検査】 【治療法】 【精神疾患と取り巻く制度】.

次の

フルジアゼパム<商品名:エリスパン>の効果と副作用について

ジアゼパム 商品 名

ダイアップ(ジアゼパム)の作用機序:熱性けいれん治療薬 乳児が発熱を起こすと、けいれんを生じることがあります。 これを、熱性けいれんと呼びます。 男女差はなく、熱性けいれんは6か月から6歳に多いです。 そこで、熱性けいれんを治療するために用いられる薬として ジアゼパム(商品名:ダイアップ)があります。 ジアゼパムは ベンゾジアゼピン系薬と呼ばれる種類の薬になります。 けいれんを引き起こす病気として「てんかん」が有名ですが、熱性けいれんはてんかんとは別物です。 ジアゼパム(商品名:ダイアップ)の作用機序 熱性けいれんの治療では、「予防」が基本です。 これはてんかんの治療でも同じです。 てんかん発作が起こらないように薬で予防し、後は自然治癒力に任せるのです。 けいれんは脳の電気信号に異常が起こることによって生じます。 発熱時にはそのような異常放電が起こりやすいです。 また、 乳児・小児は脳が発達していないためにけいれんを抑える力が弱く、発熱によってけいれんが誘発されやすいのです。 そこで、薬によって熱性けいれんを予防します。 前述の通り、けいれん時には異常放電が起こっています。 そこで、薬の作用を理解するためには、「電気信号が発生するメカニズム」を学ぶ必要があります。 神経細胞の興奮には、電気の動きが関わっています。 電気的なシグナルが発生することで、情報が伝わっていくのです。 これには、プラスやマイナスの電荷を帯びているイオンの動きが重要になります。 イオンには、プラスの電荷を帯びているNa +やCa 2+、マイナスの電荷を帯びているCl -などが知られています。 前者が興奮性のシグナルであり、後者が抑制性のシグナルです。 通常、私たちの細胞内はマイナスの電荷に傾いています。 ここでNa +などのイオンが細胞内へ入ってくると、徐々にプラスへと近づいていきます。 そして、ある時点でマイナスからプラスへと転化します。 この現象を専門用語で 脱分極と呼びます。 脱分極が合図となり、神経細胞の興奮が発生することで情報が伝わっていきます。 けいれん時では突発的な電気的放電が起きているため、 脳の電気興奮が起こらないように抑えてしまえば、熱性けいれんを抑制できます。 これを実現するため、先ほどとは逆にマイナスの電荷をもつCl -の流入を考えます。 Cl -が細胞内へ入ってくると、細胞内はさらにマイナスへと傾きます。 この状態では、多少の興奮性のシグナル(プラスの電荷をもつイオン)が入ってきたとしても、神経の興奮は起こりません。 つまり、Cl -の流入を促進させれば、神経興奮を抑えることで熱性けいれんを予防できます。 脳には「Cl -の流入に関わる受容体」が存在します。 この受容体を ベンゾジアゼピン受容体と呼びます。 ベンゾジアゼピン受容体を刺激すれば、Cl -が入ってくるので脳機能が抑えられ、結果として熱性けいれんの治療に繋がります。 このような考えにより、異常な電気興奮による神経伝達を抑えることによって熱性けいれんを予防する薬がジアゼパム(商品名:ダイアップ)です。 ジアゼパム(商品名:ダイアップ)の特徴 熱性けいれんは、 単純熱性けいれんと 複雑熱性けいれんの2つに分けられます。 単純熱性けいれんは年齢の低さが原因となるために問題はありません。 一方、複雑熱性けいれんは脳奇形、神経代謝疾患などが原因になると考えられています。 熱性けいれんが懸念されるとき、発熱時(37. ジアゼパム(商品名:ダイアップ)は坐剤として使用されるため、吸収性に優れ、投与後15~30分で薬の成分が血液中に移行します。 作用が速いため、けいれんの救急治療薬として有効です。 なお、 熱性けいれんを発症したとしても、予後(その後の症状)は良好であることがほとんどです。 数回程度の熱性けいれんによる発作が知能やてんかん症状などに影響を与えることはないと考えられています。 複雑熱性けいれんであっても同様であり、その予後は良好です。 ただし、けいれんを引き起こす原因疾患がある場合、その疾患の治療は継続しなければなりません。 このような特徴により、脳の神経興奮を抑えることによって熱性けいれんを予防する薬がジアゼパム(商品名:ダイアップ)です。

次の