フォトストレージ。 フォトビューアーの魅力とは?フォトストレージとの違いとおすすめ

Androidの内部ストレージの空き容量を増やすには?|AQUOS使いこなし技10選|AQUOS:シャープ

フォトストレージ

2015年05月24日 21時00分 写真の保存に最適なオンラインフォトストレージ8選・2015年版 By スマートフォンやカメラで撮影した写真はどんどん増えていくため、全てのデータを管理するのは大変な作業です。 クラウド上に写真を保管すればあらゆる端末から全ての写真にアクセスできるようになりますが、オンラインフォトストレージはサービスによって使い心地が異なるもの。 そこでThe Vergeの記者が写真の管理に使える8つのオンラインフォトストレージサービスの2015年版をまとめています。 The best way to manage your photos online in 2015 The Verge The Vergeでは2013年に「クラウドに思い出を残せる最高のフォトアプリ」として10のオンラインストレージサービスをまとめていました。 それから約2年が経過した2015年現在、当時「世界一の写真アプリの1つ」とまで言われた。 数々のスタートアップが誕生と閉鎖を繰り返してサービスの選別が進められ、新サービスの登場・発展速度は停滞気味になりつつあります。 一方でAppleやAmazonのようなIT業界の巨人はサービスの改善に努め、価格を見直しました。 世界中で年間9000億万枚の写真ファイルがウェブ上へアップロードされると見られる2015年になり、主要なオンラインストレージサービスは全て「自動アップロード機能」を採用。 スマートフォンの普及率が上昇を続けていることから、自動的にカメラロールの写真がバックアップできる機能が必須になったわけです。 The Vergeではそんな2015年現在で実際に「使える」8つのオンラインストレージサービスをピックアップしています。 2014年11月にはプライム会員向けに容量無制限の写真ストレージサービス「Prime Photos」を開始。 非プライム会員でも年額12ドル 約1400円 で利用可能です。 ウェブ・iOS・Android・Kindle Fire・Fire Phone・Windows・Macに対応していますが、日本向けのサービス提供は記事執筆現在では開始されていません。 Amazonのストレージサービスは、他のサービスに比べると操作の直感性に欠けるそうですが、保存容量無制限なのが強み。 Amazon. comのAmazonプライムは翌日配送などのネットショッピング機能以外にも、映画・TV番組などのストリーミング視聴や何百万曲の音楽を再生可能であるため、すでにプライム会員であれば充分過ぎるほどの機能であるとのことです。 なお、Prime Photosに300GB以上をアップロードして検証した人物は、「RAW画像をアップロードできる」「オリジナルファイルと同一のファイルが保存される」といった点を評価しています。 フォトライブラリは やiOS端末と連携して使用でき、保存ファイルを編集すると一度で全端末に反映できます。 iOS端末で撮影したファイルを低解像度で本体に保存して、オリジナルファイルをiCloudに保存するという設定があるなど、Appleユーザーなら使えるオンラインストレージサービスになっており、無料の5GBに加えてです。 スマートフォンで撮影した写真やムービーを自動的にDropboxへバックアップするアプリで、アップロードしたファイルはスマートフォンからタイムライン形式で確認できます。 端末の内蔵ストレージを節約できる便利なアプリですが、Androidアプリのダウンロード数は500万回以下と、まだ知名度は低めの模様。 SNSへの共有機能やアプリ間共有機能が優れているとのことなので、今後ユーザーが増加すればますます便利になりそうです。 Carousel なお、バックアップ元となるDropboxは無料で2GBの容量を持ち、月額1200円で1TBという料金設定になっています。 他のサービスと比べると最安値というわけではありませんが、同期能力については最強レベルのストレージサービスです。 写真を保存しつつ公開できるFlickrにはプロ・アマ問わずレベルの高い写真家が集まっています。 しかし、FlickrはInstagramに対抗してモバイルアプリでスクエア表示を採用したことで、もともとフルブリード表示の写真をスクエアサイズで表示すると一覧が見づらくなってしまうなど、混乱が起こってしまったとのこと。 ただし長年にわたって写真を保存しているユーザーがいるため、オンラインストレージにとって重要な「安全性」については信頼があるようです。 2048ピクセルまでの写真であれば容量無制限で保存でき、アップロードした写真は赤目処理や明るさ補正を行う「自動補正機能」によって美しい写真に補正されます。 自動補正機能はオフにしたり、個別に補正したりすることも可能。 バーストショットなどで撮影した5枚以上の写真でGIFアニメーションを作成できるほか、アップロードした写真の中からきれいに撮れている写真を集める「ハイライト」の写真選出機能にも優れているとのこと。 さらに、スマートフォンで撮影した画像の自動同期機能や、ウェブベースの写真編集ツールを豊富に備えているなど、写真を管理するにあたって他のオンラインストレージサービスに引けをとらない内容になっています。 特徴的な機能はアップロードした写真を自動的にタグ付けする機能で、写真から機械判別で「ビュッフェ」「自動車」「都市」「群衆」などのタグが付けられます。 ただし、写真にそぐわないタグが付いてしまうことがあるようです。 One Driveで勝手にタグ付けされてた。 あれかな ひろさんは人間じゃないのかな? まぁ 動物のように可愛いけど。 猫のように可愛いけど。 — ちった。 iCloudやGoogle+などのテクノロジー業界の巨人たちによるストレージサービスには、他のサービスへの共有機能やインポート機能がないものがほとんどですが、Picturelifeは何度かクリックするだけでFlickr、Foursquare、Google、Instagram、Tumblr、Twitterといった他社サービスへ写真を接続可能です。 そのため、複数のSNSにアップロードしている写真をまとめてバックアップするのに適しているとのこと。 また、Picturelifeのモバイルアプリには、ある1日の写真をハイライトする機能があり、思いがけず数年前の出来事を思い返すことができます。 オンラインストレージサービスがあれこれある中で、Picturelifeは全ての写真を1カ所にまとめるという使い方ができ、使いやすいUIで設計されていますが、2015年2月にStreamNationに売却されたため、今後サービスはどのように変化していくのかが気になるところです。 トライアル後は年額約40ドル 約4800円 のベーシックプランで、容量無制限のストレージを利用することができます。 他のサービスとは異なるアプローチですが、プロやセミプロのカメラマンに適したサービスになっているとのこと。 SmugMugに保存した写真はポートフォリオなどで使えるように特化しており、さらにどのプランにもウェブサイト作成機能があるため、SmugMugに保存した写真を使ったウェブサイトが作れるようになっています。 また、SmugMugに保存している写真を商品として販売することも可能です。 単に写真を保存するにはあまり向いていませんが、カメラに携わる職業の人向けのサービスとなっています。 なお、ピックアップに当たって考慮されたのは各機能の違いや使いやすさなど。 8つのサービスの機能や価格は1つの表にまとめられており、各項目は以下のようになっています。 「Auto-Upload 自動アップロード 」 「Share to External Social Networks SNSへ共有 」 「Share to Web Gallery ウェブギャラリーへの共有 」 「Public, Writeable API 書き込み可能なAPI 」 「Intergrated Printing Service 印刷サービス 」 「Cloud Editing クラウド編集 」 「Display RAW Files RAWファイルの表示 」 「Host and Stream Video ムービーファイルのアップロードと再生 」 「Timeline View for Photos 写真のタイムライン表示 」 「Mobile Album Creation モバイルアルバム作成機能 」 「Search by Filename ファイルネーム検索 」 「Import from Social Networks SNSからインポート 」 「View EXIF Data EXIFデータの閲覧 」 「Photo Deduplication 画像重複 」 「Platforms 対応プラットフォーム 」 「Free Strage 無料ストレージ領域 」 「Pricing Tiers 価格 」.

次の

バッファロー、デジタルフォトストレージ「おもいでばこ」専用のDVDドライブを発売 PCレスでDVDデータ取り込みが可能に

フォトストレージ

この記事の目次• 状況を確認する まずはGoogleフォトがどれぐらいのストレージを圧迫しているのか確認してみましょう。 『設定アプリ』を起動する 2. 『一般』をタップする 3. 『ストレージとiCloudの使用状況』をタップする 4. Googleフォトの容量を減らす方法 Googleフォトアプリ内の設定を見ても、容量を削減する項目は見当たりません。 どうやらGoogleフォトアプリ自体を一旦削除して再インストールするしか方法はなさそうです。 使用状況リストから『Googleフォト』を選択する 2. 『Appを削除』をタップする 3. App Storeから『Googleフォト』をインストールする 使用状況から確認すると、Googleフォトの容量が減っているのが分かります。 写真アプリの容量を減らす場合 『写真とカメラ』の容量が大きい場合は、写真アプリ(カメラロール)内の写真や動画を削除しましょう。 カメラロール内のすべての写真がGoogleフォトでバックアップできているのか心配だという方は、下記手順で削除してください。 バックアップが完了した写真や動画のみ、カメラロールから削除することができます。 『Googleフォト』を起動する 2. 左上の『メニューアイコン』をタップする 3. 『設定』をタップする 4. 『空き容量を増やす』をタップする 5. 『削除』をタップする 最後に 今回はGoogleフォトの容量がいっぱいになっている時の対処法を紹介しました。 知恵袋にも同様の質問があがっていますが、この状況をあり得ないと感じている回答がいくつかあります。 どうやらユーザーによって状況が異なるようですが原因が分かりません。 「ストレージを圧迫してきたら、一旦アンインストール」で対応するしかないようですね。

次の

スマホのストレージが写真や動画でパンク状態の人におすすめ!容量無制限で写真の管理ができる「Googleフォト」活用術|@DIME アットダイム

フォトストレージ

スマートフォンのカメラはいまや高解像度化がすすみ、ファーウェイ(Huawei)のP20 ProやMate20 Proに至っては4000万画素のカメラを搭載しています。 ここまで画素数が増えると、写真のデータサイズも大きくなり、スマートフォンのストレージ容量を圧迫することが少なくありません。 そんなときに 便利なのが、ネット上にデータを保存できるクラウドストレージサービスです。 クラウドに写真や動画をアップロードしておけば、スマートフォンの空き容量を増やせますし、万が一 スマートフォンを紛失したり壊したりしても写真は保存されています。 また、 機種変更をしても、昔の機種で撮った写真をすぐに同期できます。 そんな便利なクラウドストレージサービスは数多くあり、写真専門のクラウドストレージサービスも少なくありません。 しかし、 最初に利用する写真用のクラウドストレージサービスとしてまずおすすめできるのはGoogleフォトなのは間違いありません。 中でも Androidユーザーであれば、Googleフォトの利用は必須状態なのが実情です。 先に Googleフォトの容量は15GBと記しましたが、64GBや128GB、あるいはそれ以上の容量のスマートフォンで容量が足りなくなっている人にとってみれば、15GB程度の容量ではあっても仕方がないと思えるかもしれません。 しかも15GBの容量はGoogleフォトだけではなく、Gmailの添付ファイルやGoogleドキュメントなどでも消費されるのです。 しかし、これからお伝えするGoogleフォトの使い方を利用すれば、この 15GBを100GBにも1TBにも、それどころか無制限に実質的な空き容量を増やせるのです。 もちろん無料で利用したままで、無制限に写真や動画をGoogleフォトに保存できます。 こんな魔法のような使い方ができる理由は、 Googleフォトでは1600万画素以内の写真や画像であれば、使用容量としてカウントされないためです。 つまり、同じ10MBの画像であっても、1600万画素以内であれば無制限に保存できるのに対し、1600万1画素以上であれば途端にGoogleフォトのストレージ容量を使用してしまうのです。 すると次に気になってくるのが、 1600万画素というのはどの程度のものなのかということです。 冒頭に記したように、Androidの上位機種では4000万画素のカメラを搭載しているものも登場しており、1600万画素は少なく感じられます。 しかし2019年2月現在、最新のiPhoneである、 iPhone XS(Max)でも背面カメラは1200万画素止まりなのです。 むやみに 画素数が増えても、拡大した時に 手ブレなどの影響が大きくなるばかりであることを思えば、手ブレしやすいスマートフォンでむやみ画素数を増やすのは得策とは言い難いのが現実です。 また 1600万画素はA4に印刷すると400dpiでピッタリという画素数です。 ポスターなどに使うのでない限りは、十分な画素数と言って間違いありません。 もちろん容量を無制限に使える上で述べた使い方は、動画についても適用されます。 もちろんそれ以下の720pなどの動画も問題ありません。 ただし、高画質の4K動画は容量としてカウントされます。 したがって、4K動画をGoogleフォトに保存する場合は、15GBの残り容量がどんどん減っていくことになります。 最近のスマートフォンは、上位機種ならばまず4K動画が撮影可能なので、こうした動画を撮っている人はGoogleフォトを利用する際には残り容量に気をつけてください。 Googleフォトは、クラウドにアップロードする際に、自動で画像なら1600万画素に、動画なら1080pにコンバートする「高画質」と、コンバートしないでそのままアップロードする「元のサイズ」を選択できます。 常に高画質モードに設定しておけば、Googleフォトの容量を消費せずに無制限に写真や動画を保存できます。 しかし、中級機のデジカメでは2000万画素を超えるのが一般的ですし、Androidのハイエンド機を利用している場合は、1600万画素では物足りなく感じることもあるはずです。 そんなときには 「元のサイズ」で保存すれば、Googleフォトに勝手に画像を縮小されることはありません。 もっとも、 その代わりに無料分の15GBの割り当て容量を消費してしまいます。 Gmailの添付ファイルやGoogleドキュメントを利用している場合には、Googleフォトに割り当てられる容量はさらに減ります。 大きな画像や動画はその分容量も食いますから、 15GBなどあっという間に使い潰してしまいます。 画質にこだわりがある場合は、1600万画素では物足りなく感じるのも仕方がありません。 この場合は「元のサイズ」で保存する使い方を多用することになりますが、当然のことながら15GBのストレージ容量はすぐに足りなくなります。 こうなると 無料プランでの利用は諦めて、有料プランに移行するしかありません。 その場合は PCであってもスマートフォンであっても、まず ブラウザでGoogleフォトのサイトにアクセスします。 そして 「Google フォトの使用量を確認する方法」の章で説明したのと同じ方法で、Googleフォトの 「設定」画面を表示します。 その上で「元のサイズ」の下にある 「容量を購入」ボタンをクリックします。 クラウドフォトストレージサービスとしての Googleフォトは、なによりも1600万画素の写真と1080pの動画という充分に満足の行く画質の写真と動画を、無料で無制限に保存できることが最大のメリットです。 ここまでの説明した使い方を利用して、うまくGoogleフォトを使いこなしてください。 その一方で、 高解像度の写真と動画を大量に保存しようとすると有料プランを利用しなければなりません。 この場合はほかのデータも利用できるGoogleドライブとしては悪くないお値段ですが、 写真と動画だけを保存するのであれば、ほかのクラウドフォトストレージサービスのほうが割安の場合もありますので、いろいろとチェックしてください。

次の