ライン ブロック どうなる。 LINEでメッセージ受信拒否をするとどうなる?受信拒否の方法は?

LINEで友だちを削除すると、相手にはどう見えるの? ブロックとの違いは?

ライン ブロック どうなる

LINEのブロック。 「普通のトーク」だとどうなる? まず、1対1の関係で普通にブロックをした場合です。 AからBに新しいメッセージは送れない• BからAに新しいメッセージは送れるが、Aには届かない(Bにはそれが分からないが、既読が付かない)。 だいたいこんな感じになります。 「グループ」にいるメンバーをブロックした場合(メンバーからブロックされた場合)どうなる? 「普通のトーク」の場合、ブロックをするとどうなるかは上の項の通りです。 ちゃんと「ブロック」が機能していますよね。 では次にこれを1対1の関係ではなく「グループのメンバー」という関係で行ったらどうなるでしょうか?実際に検証をしてみました。 こちらのグループで検証をしてみます。 グループ名の下にある、真ん中アイコンがブロック対象のアカウントです。 ブロック対象のアカウントをブロックします。 これで、1対1のトークには制限がかかります。 1対1のトークを見てみると(ブロックをした方から)、トークの入力窓に「ブロック中」と表示されて、トークを送信出来ない様になっています。 では、この状態でグループトークを見てみましょう。 グループトークに、ブロックしたアイコンがまだいる事が分かります(左のアイコンを矢印してしまいましたが、ブロック対象は真ん中のアイコンでした)。 グループトークを開いてみると、特に「〇〇が退出しました」などのメッセージはなく、一見何の変わりもない様に見えます。 メッセージを送ってみると、なんと相手に表示されました! そもそもブロック対象にはメッセージが送れないのが「1対1のトーク」なのですが、グループトークではブロックは関係なしにトークを送れるし、受信できる様です。 ブロックをした相手、された相手からのメッセージの通知も、グループトークが対象ならガッツリ入ります。 既読も普通に付いちゃいます。 グループトークにブロックは通用しない ということで、グループトークの中ではブロックは全く通用しない事が分かりました。 これは仕事などのグループで、ブロックによる問題が発生しない様にする配慮なのかも知れませんね。 グループに支障はないが個別ならブロックできる、とポジティブに捉えましょう。

次の

LINEブロックされたか確認する方法とブロックされたらどうなるか

ライン ブロック どうなる

SNSアプリの必需品!ラインでブロックされたか確認する方法 最新版まとめ コミュニケーションツールとしての普及率が高く、仕事やプライベートなどの連絡等でも使われもはや手放すことのできないSNSアプリとなったLINE。 相手がメッセージを読んだかどうかがわかる「既読」機能や、どうしても距離を置きたい相手に対して連絡を絶つことが出来る「ブロック」機能はとても便利ですよね。 ブロックされた場合、 自分に通知が来ることはないため、自分の送ったメッセージに何日も既読が付かないままだと「相手からブロックされてしまったのかな...... ?」と不安になるでしょう。 ブロックされた時の確認方法はこれまでもいくつも発見されてきましたが、LINEのアップデートの度に使用できなくなった確認方法も多いです。 2019年現在利用できる、相手からブロックされたかどうかを確認できる最新の方法をご紹介します! LINEでブロックされたらどうなるのか? LINEでブロックがされている間は、相手の人とやり取りを続けようとしても、通常とは違う反応が起きるケースが何種類かあります。 それが元で「もしや... ブロックされているのでは?」と考え始める方も多いのではないでしょうか? LINEでブロックされるとどんな反応がおきるのかご紹介していきます。 相手があまりラインを使用しない性格だったり、ラインを使えない状況にある場合に当てはまる反応もありますが、以下に紹介するものに複数当てはまる場合は、ブロックをされている可能性が非常に高いです。 トークがいつまでも「既読」にならない 恐らく、これが一番メジャーだと思うのですが、自分が送ったLINEのメッセージがいつまでたっても既読にならない場合、ブロックされてしまった可能性があります。 単に相手に事情があって見れていないだけならいいのですが、相手も参加しているグループラインでは既読がついているのに、 個別のチャットだけ既読がつかない場合は、ブロックされてしまっている可能性が非常に高いです。 相手はLINEを見る暇があり実際にLINEを利用しているにも関わらず、あなたの送ったメッセージだけ見ていないからです。 何度かけても相手が電話に出てくれない 伝えたいことがあるのに既読がつかず、なかなか返信をもらえない場合、相手に直接電話をかけることも多いかと思います。 しかし、何度かけても相手が電話に出てくれず、連絡もない場合は、ブロックされている可能性がさらに高くなります。 ブロックされている間もこちらからは通常通り電話をかけることができ、発信音もなりますが、相手には一切通知がいっていません。 突然相手のホーム画面やタイムラインが表示されなくなる それまでは見ることが出来ていた相手のホーム画面やタイムラインが突然表示されなくなった場合もブロックされてしまった可能性があります。 相手がタイムラインの公開範囲の設定を変えた可能性もありますが、友達に対して非公開にするには、非公開にする相手を一人ずつ選ぶ必要があり、非常に手間のかかる行為です。 特に、上記の「既読がつかない」、「電話に出てくれない」と同時に起こっている場合はブロックされている可能性が非常に高いです。 プロフィールが更新される プロフィール画像や、ホーム画面、ステータスメッセージを変更した場合はタイムラインにその旨が送信されます。 ブロックされている相手のタイムラインを見ることはできませんが、 プロフィールが変更されたことは友達リストから知ることができます。 「最近更新されたプロフィール」の友達としてもピックアップされ、プロフィールに変更があったことを示すマークも表示されます。 相手がラインを使っているかどうかがわかります。 【2019年最新版】LINEで相手からブロックされているか知る方法 LINEでブロックされているかどうか知るための最新の方法をご紹介いたします。 「スタンプ」や「着せ替え」をプレゼントする 以前はブロックされている相手にスタンプをプレゼントした場合のみ、「この友達にはスタンプをプレゼントする事ができません」という特有のメッセージが表示されていました。 しかし、現在は、 ブロックされた相手に送ると「すでにこのアイテムを持っているためプレゼントできません」というメッセージが表示されます。 これは本当にスタンプを持っている場合に表示されるメッセージと同じなので、この方法でブロックされているかどうかを確実に判断することはできません。 しかし複数プレゼントした際に、全て「すでにこのアイテムを持っているためプレゼント出来ません」と表示された場合は ブロックされている可能性が非常に高いと言えます。 無料スタンプは相手も持っている可能性が高いため、有料スタンプでの確認がおすすめです。 また、プレゼントの購入画面に進める場合は、 ブロックされていないことも確認できます。 ちなみに、現在iPhone版ラインアプリ内では有料スタンプのプレゼントができません。 iPhoneでLINEを使っている方は、 「LINE STORE」に登録する必要があります。 LINE STOREに登録すれば相手にスタンプをプレゼントすることができます。 Androidと同様にスタンプをプレゼントできなかった場合はブロックされていることがあります。 この場合も「相手がスタンプを本当に持っていた場合」等に対応できないので、スタンプを複数選択してプレゼントするようにしてください。 ブロック時の状況になっているか調べる グループラインやプロフィールの更新から、相手がラインを使っていることが確認できるにも関わらず、以下の状況にすべて当てはまる場合、ブロックされている可能性が非常に高いです。 もう一度確認してみましょう。 個別ラインの既読がつかない• 通話しても呼び出し音はなるが出てくれないし、返信もない• 突然タイムラインが見れなくなった 「ブロック」と「友達から削除」の違いとは? 相手からの連絡を絶つ場合、「ブロック」した後に「友達から削除」する方法もあります。 ブロックと友達から削除の2つの違いを解説していきます。 相手に削除された時に起こることはブロックされた時と同じ 「友達から削除」は、ブロックしてから行うことが出来ます。 削除した相手のLINE上から自分のアカウントが完全に削除されます。 相手に削除された際であってもこちらが感じる印象はブロックされた際と同様で、既読がいつまでもつかなかったり、電話をかけることはできても通じなかったり、タイムラインを見ることなどができなくなります。 削除はブロックと違って解除することが出来ない。 ブロックされても相手のブロックリストにはあなたの情報が残っており解除すること自体は可能です。 友達から削除の場合は相手のLINE上からあなたの情報が完全に消されてしまうため、解除することはできません。 LINE上でもう一度相手とやり取りをするためには、改めてIDやQRコードを使って友達登録をする必要があります。 その点が削除とブロックの最大の違いです。 相手がブロックを解除したらどうなるのか? 相手がブロックを解除した場合にブロックされていたかどうかがわかるかを解説します。 ブロックされている間に送ったメッセージ 相手がブロックを解除した際、以前はブロックを解除した際に、それまで送ったメッセージにも既読がつき、ブロックされていたかどうかはわからない仕様でした。 しかし、 現在はブロック解除後もブロック中送ったメッセージには既読がつきません。 相手はブロック中に送られたメッセージの内容を知ることもできません。 ブロック中にメッセージ内容を相手に伝えるためには、後述する 「ノート機能」を使うことができます。 ブロックされている間に相手が更新したタイムライン 以前はブロック中に相手が投稿したタイムラインは、ブロック解除後も見ることはできませんでした。 しかし、現在は、ブロックの解除と共にブロック中に投稿した相手のタイムラインも見ることができます。 急にブロックされたであろう相手のタイムラインが表示されるようになったのなら、ブロックが解除されたのでしょう。 以前の裏技は現在使えなくなっている 以前、ブロックされたと推測される際に使われていた以下の裏技は、LINEのバージョンアップにより、2019年現在使用できなくなっています。 相手を含めた複数人を招待したトークが作れるかどうか 以前は、ブロックされている相手を招待した複数人トークを作ること自体が不可能でしたが、現在はブロックされていても複数人トークに招待することができてしまうので、この方法でブロックの有無を探ることはできません。 さらに、相手には招待したことも残念ながら伝わりません。 グループに招待し、グループ名で謝罪を伝える方法 以前はグループ名を「ごめん。 ライン解除して」などとして招待することで、ブロック中の相手にも短いメッセージを伝えることができました。 しかし、現在はグループを作成することはできますが、相手に招待していることの通知が届かないため、使えません。 ブロックされた相手に連絡を取る方法 ブロックされてしまった場合、LINE上で相手に連絡を取る方法はあるのかどうか解説します。 アルバムやノートで連絡を取る方法 アルバムやノートを投稿した場合、相手もトーク画面から投稿があったことがわかるようになっています。 しかし、相手に通知が届いたりトークリストに未読マークがつくわけではないので、相手が自分とのトーク画面を開いてくれた場合にのみわかります。 また、ブロック中はノートを確認することも不可能ですが、ブロックを解除すれば、 ブロック中に送られたアルバムやノートの投稿を確認することもできます。 相手が見る確率は低いですが、ブロックした相手がトーク画面を開いた場合に、一時的にでもブロックの解除を促すことができます。 ブロック中に送ったメッセージでは相手には届かないため、低い確率にかけてでも、どうしても相手に伝えたいことがある場合は利用してみてください。 既に作成されてあるグループに文章を送る もし、ブロックされている人と自分が「既に同じグループに所属している」場合は、そのグループに入ることはできますよね。 そのグループに伝えたい文章を何か送ってみてください。 そのグループで文章やギフトを送った場合ならブロックされた相手にも見てもらえます。 例えば、 仲のいい友達と喧嘩してしまってブロックされたけど、他の友達を含めた仲良しグループに所属しているような場合に活用することができます。 知り合いに直接伝えてもらう もし顔見知り相手にブロックされたのでしたら、 他の顔見知りに伝えたい内容を伝えるのもひとつの手です。 例えば、友達と喧嘩してブロックされてしまった場合、他の友達に「謝りたい気持ち」があることを伝えるといいでしょう。 このような「LINEの仕様以外」でも解決する方法もあります。 他のSNSで連絡を取る LINE以外にもTwitterやインスタ等のSNSがありますよね。 相手のアカウントを知っているのだとしたら、 自分もTwitterやインスタなど相手がやっているSNSのアカウントを作って、そこで伝えたいことを伝えてください。 直接伝える方法になるのでもしかしたら取り合ってもらえないかもしれないので、不安なら友達に頼んでSNS上で「〇〇(あなた)が伝えたいことがある」ことを伝えてもらいましょう。 編集後記 LINEで何日も既読がつかなかった場合、「もしかしてブロックされているのでは?」と不安になる方も多いでしょう。 ブロックされたかどうか疑問に思いながら、相手からの連絡を待つのは苦痛ですし、精神的な辛さにも影響してきます。 今回ご紹介した方法で、ブロックされているのかどうか確認することで、たとえブロックされていたとしても、あきらめがついたり、少しでも前向きに考えられるようになれば幸いです。

次の

LINE(ライン)でブロックされたら?確認したい内容と対策

ライン ブロック どうなる

LINEのブロック。 「普通のトーク」だとどうなる? まず、1対1の関係で普通にブロックをした場合です。 AからBに新しいメッセージは送れない• BからAに新しいメッセージは送れるが、Aには届かない(Bにはそれが分からないが、既読が付かない)。 だいたいこんな感じになります。 「グループ」にいるメンバーをブロックした場合(メンバーからブロックされた場合)どうなる? 「普通のトーク」の場合、ブロックをするとどうなるかは上の項の通りです。 ちゃんと「ブロック」が機能していますよね。 では次にこれを1対1の関係ではなく「グループのメンバー」という関係で行ったらどうなるでしょうか?実際に検証をしてみました。 こちらのグループで検証をしてみます。 グループ名の下にある、真ん中アイコンがブロック対象のアカウントです。 ブロック対象のアカウントをブロックします。 これで、1対1のトークには制限がかかります。 1対1のトークを見てみると(ブロックをした方から)、トークの入力窓に「ブロック中」と表示されて、トークを送信出来ない様になっています。 では、この状態でグループトークを見てみましょう。 グループトークに、ブロックしたアイコンがまだいる事が分かります(左のアイコンを矢印してしまいましたが、ブロック対象は真ん中のアイコンでした)。 グループトークを開いてみると、特に「〇〇が退出しました」などのメッセージはなく、一見何の変わりもない様に見えます。 メッセージを送ってみると、なんと相手に表示されました! そもそもブロック対象にはメッセージが送れないのが「1対1のトーク」なのですが、グループトークではブロックは関係なしにトークを送れるし、受信できる様です。 ブロックをした相手、された相手からのメッセージの通知も、グループトークが対象ならガッツリ入ります。 既読も普通に付いちゃいます。 グループトークにブロックは通用しない ということで、グループトークの中ではブロックは全く通用しない事が分かりました。 これは仕事などのグループで、ブロックによる問題が発生しない様にする配慮なのかも知れませんね。 グループに支障はないが個別ならブロックできる、とポジティブに捉えましょう。

次の