捨て られ た 皇 妃 韓国 版。 皇妃が捨てられたその後に

【最終回超絶ネタバレ】捨てられた皇妃の結末とは?原作ではアリスティアは誰と結ばれるのか

捨て られ た 皇 妃 韓国 版

先日ピッコマ独占配信漫画のオススメ記事を書いたのですが、 この中で筆頭にあげている「捨てられた皇妃」の この先が気になるんですよ! ちょっと調べてみたらありがたいことに原作小説がある上に、 そちらは完結済みというじゃありませんか。 しかもですね、なんと 簡単に自動翻訳が使えてしまうのです。 そんなわけで捨て妃こと「捨てられた皇妃」の 原作小説を読む方法を書いてみようと思います。 もし読みたい外国の本がGoogle Play ブックスで配信されてるなら、 同様に自動翻訳で読めるはずですので、知っておくだけでも便利です! 捨てられた皇妃がどんなお話かは こちらの記事でチラッと書いてるので、 ここでは単純に「どうしたら読めるか」の方法だけ書きますね。 それと今回ご紹介する方法とは別の方法も記事にしたので、 今回の方法でわかりづらい翻訳が続いたときは参考にしてください。 スマホあるいはタブレットにインストールした Google Play ブックスアプリを開きます。 購入した「捨て妃」を選んでタップしたら、 本文を長押し&ドラッグして翻訳したい箇所を選択。 するとウィンドウというかパネルが表示されるので 翻訳アイコン(「文」)をタップします。 すると、翻訳結果が表示されます。 Android の方が翻訳結果の表示が広いので見やすいですね。 誤訳の多い単語の一例や 違和感のある翻訳への対処法もちょこっと書いたので、 別の翻訳アプリを使うのは面倒くさいって方も 一度読んでみてくださいね^^.

次の

D&Cメディア、大ヒット作「皇帝の一人娘」に続き「捨てられた皇妃」を4か国同時配信

捨て られ た 皇 妃 韓国 版

捨てられた皇妃|103話ネタバレ!英語版から日本語訳! 「お久しぶりでございます。 モニーク侯爵令嬢」 店に入ると、ティアに挨拶するロサ夫人。 ティアはケイルアンを最近人気だという紳士服専門のショップに連れて来たのだ。 「父の礼服と普段斬る物をいくつか注文したいのですが…」 そういうと、戸惑うケイルアン。 ティアのために来たと思っていたからだ。 「パパはいつも制服ばかり着てるじゃない。 たまには違う洋服を着たパパが見たいわ。 」 そういうと、一度は遠慮しようとするが、言い負かされたような表情で 「はぁ。 わかった、わかった」 と言うケイルアン。 その周りでは、女性たちがケイルアンを見て、頬を赤らめていた。 それを見たティアは、自分の父親が若くてハンサムだということを改めて実感する。 (まだ再婚するつもりはないのかな?) そう思うのだった。 すると、 「ロサ夫人」 と声を掛けるケイルアン。 ティアにも礼服を注文したいと言い出します。 そして… 「襟には必ず家の紋章を刺繍してください。 」 と言う。 それを聞いて、 口を大きく開けて驚くティア。 「それって…!」 (それは公式の継承者であることを象徴する) 突然のことに信じられないティア。 「今日の訓練での姿を見て任せられると判断した。 」「ティア、必要であれば、これからは私の代わりに一族の主の権限を行使しなさい。 」 ケイルアンの言葉を聞いて、 「まさかここまで認めてもらえるとは思わなかった!」 と驚くティアだった。 お店を出ると…外は相当の熱さだった。 失礼します。 ごゆっくりお休みください。 」 皇帝の部屋から出るルブ。 するとすぐに臣下たちがやってくる。 皇帝が倒れたと聞いてやってきたのだ。 皇帝の状況を話すルブ。 皇宮医によると、日差しが原因だという。 しばらくの間健康的な食事を食べれば大丈夫と言う。 「心配する必要はありません。 」 そういうと、安心する臣下。 「最近本当に暑いですね」 臣下を帰らせるルブ。 そして、ベリータ公爵に話しかける。 しかし、内密に。 」 「…承知しました。 」 そういうと、ベリータ公爵は下がる。 ハレンは何か言おうとするが… 「何も言うな」 そう言ってルブは自分の手を強く握るのでした。 戻りましょう。 」 ティアとケイルアンは、 荒涼とした路地にいた。 ティアが戻る様に行っても、 それを無視し歩くケイルアン。 「・・・?」 ケイルアンはただまっすぐ前を見つめ続けていた…ケイルアンの魂がここにまったくいないように感じるティア。 ぎゅっ パパ…? 心配そうな目で見ると 「何でもない。 戻ろう。 」 優しく微笑み そう言うだけだった。 そろそろ誰かを迎えてもいいのでは?と言う。 命日のことを思い出すティア。 (…母の命日に見たパパがどれほど孤独に見えたかって言ったらどう思うだろう) すると、 「私は彼女と生涯を共にする代償としてこの身に流れる血をかけ、皇家に忠誠を誓った。 それが何を意味するか分かるか?」 そして、初めて母親のことを話すケイルアン。 「先ほどの路地。 お前のお母さんと私が最初に会った場所だった。 暗く、人里離れた路地。 人の往来が少ないであろうあの場所で。 その女性は男たちに囲まれていた。 そして、私をまっすぐに見て叫んだ。 「黙って見てないでお助けください!」 髪の毛は赤く 瞳はティアと同じ色の女性… 彼女がジェレミアだった。

次の

D&Cメディア、大ヒット作「皇帝の一人娘」に続き「捨てられた皇妃」を4か国同時配信

捨て られ た 皇 妃 韓国 版

iPhoneでも読めますよ! 私もiPhoneで読みました。 Googleアカウントがあれば以下のplayブックスから購入できます。 購入したらGoogleのplayブックスのアプリがあるのでそれで読めますよ。 Googleのアプリなので翻訳しながら読めます。 最後、ティアはルブリスと結ばれます。 ルブリスがアリスティアに惹かれはじめて家を継ぐため騎士になったアリスティアに猛アタックして所構わずちゅーしたり抱きしめたりしますが、結局はアリスティアに婚約破棄してくれと言われ悩みに悩んで泣く泣く婚約破棄の手続きを宰相に依頼した頃にアリスティアが襲撃されルブリスが駆け付けるも致命傷を負い、ルブリスの腕の中で死にそうになった時にルブリスのことを愛していたことに気づきます。 結局は美優に命を助けられ目を覚ましたあと、ルブリスの所へ行きアリスティアは気持ちを伝えます。 ただ、婚約破棄の手続きを依頼していたことにルブリスは慌てて気づき宰相のところへ行こうとしますがタイミングよく部屋に入ってきたベリータ宰相にまだ手続きを進めてないと言われ、最終的には2人は結婚し、アリスティアは皇后となります。 ちなみに、結婚式までにアリスティアはルブリスのために刺繍を施したお手製のハンカチや手袋、スカーフをプレゼントしています。 ルブリスは最愛の妻が作ってくれたものだからと結婚式に全て身につけています。

次の