あと よろ メルカリ。 メルカリの配送代行サービス「あとよろメルカリ便」がスタート!

メルカリの配送代行サービス「あとよろメルカリ便」がスタート!

あと よろ メルカリ

あとよろメルカリ便とは?メリットや費用とは 自宅にある不要な物を手軽に出品して、欲しい人に販売することが出来るサービスとして多くの人から人気になっている「メルカリ」ですが、 基本的にメルカリを利用するためには、出品者が商品の梱包や発送といった面倒な作業を行う必要がありました。 これは出品の数が多くなるほど手間がかかる作業となるので、忙しい人などは一度に複数の商品を出品出来ないと言ったデメリットになっていました。 そこでメルカリが提供しているのが「 あとよろメルカリ便」です。 あとよろメルカリ便とは あとよとメルカリ便とは出品完了した商品を物流Eコマースを手掛けている、オープンロジの提携倉庫に発送するだけで、 商品が売れるまで保管や売れた後の梱包、発送作業まで全て代行してくれる内容となっています。 従来は商品が売れるまで自宅で不用品を管理しておくスペースを確保しておく必要がありましたし、売れた後は梱包と発送の手続きを一つずつ行う必要がありましたが、 あとよろメルカリ便を利用するだけで、一切の面倒がなくなるメリットや活用法として注目されています。 このサービスは一部の出品者向けに2020年2月からサービスを試験的に提供することになっているので、本格的な提供に向けた運用テストを行った上で利用方法や料金などが今後正式にアナウンスされます。 そのため現時点であとよろメルカリ便を利用する際に発生する費用や、注意点などはわかっていませんが、今まで出品後の梱包や配送といった面倒な作業に追われていた人にとってかなり役に立つサービスだと注目されています。 『あとよろメルカリ便』のメリットとデメリットとは? 実際にあとよろメルカリ便を利用する上で大きな強みとなるのが、今までメルカリに出品する際に自宅で保管する必要があった商品を、 いつまでも自宅で保管をする必要が一切なくなることです。 特に細かな種類を分別して保管しておく必要がある商品や、自宅のスペースを大きくとってしまう大きい商品などは、 フリマアプリにとって売れるまでは全て自分で商品の管理を行う手間がありました。 しかしあとよろメルカリ便を活用すれば、商品をまとめて専用倉庫に発送してしまうので、 家の中で管理を行う必要もなく売れるまで全て倉庫で管理を代行してもらえるメリットがあります。 そのため今まで商品管理が面倒だった方や、細かな商品が多く自分で全て管理するのは非常に手間だったという方にとっても大きな強みになります。 ただサービス開始は全国でも保管する倉庫数も少ないと考えられるため、住んでいる地域によってはすぐにサービスが利用できない可能性が出てきます。 そのためあとよろメルカリ便をいち早く利用したいと考えているなら、まずどのエリアで利用が開始されるのか、費用はどれくらいかかるのかなどを定期的にチェックしておきましょう。 またどんなサービスも利用時には注意点があるので、メリットやデメリットなどをきちんと理解した上で、自分必要なサービスなのか正しく判断をすることが大切です。 特に不用品と行っても自分の商品を倉庫に預けることになるので、サービスがきちんと運用されているのか費用や注意点を確認した上で利用することも安全に利用する上でも重要になります。 またこういった非常に便利なサービスで起こりやすいトラブルの一つが、販売をしようとしている商品の価格に対して、 あとよろメルカリ便を利用する際に発生する料金が高くなってしまう可能性があることです。 提携倉庫での商品管理から、売れた後の商品梱包や発送まで全て代行して行ってくれるため、忙しい人ほどかなり重宝する内容となっていますが、 販売する商品の数が少なかったり、商品の価格が元々安い物に対してこのサービスを利用すると余計に費用がかかってしまう可能性があるので注意しましょう 関連記事•

次の

【メルカリ】発送も梱包もおまかせ「あとよろメルカリ便」が開始へ! 無人投函ボックス「メルカリポスト」も

あと よろ メルカリ

メルカリで配送代行サービス「あとよろメルカリ便」が発表されました。 出品した商品をメルカリの提携倉庫に商品を送り、商品が売れたら提携倉庫から梱包・発送を行ってくれます。 提携倉庫にはまとめて配送ができるため、大量に配送すれば1個ごとの送料をかなり抑えることができます。 提携倉庫に配送を行えば、その商品はメルカリ側が全て自動で梱包・配送を行ってくれるので、物販で一番面倒な配送業務を全て外注化できます。 ネット物販では売れれば売れるほど配送の手間が増えるので、配送の自動化の恩恵は非常に大きいです。 あとよろメルカリ便のデメリット 「あとよろメルカリ便」を利用する場合、一番のデメリットは配送手数料と在庫保管料です。 梱包・発送を代行会社に依頼する場合、おおよそ以下がかかります。 梱包費用• 出荷代行手数料• 配送料• 倉庫保管料 特に気にするべきは、出荷代行手数料です。 出荷代行手数料は商品を配送するたびにかかる費用なので、利益の低い商品だと赤字になる場合もあります。 倉庫保管料は基本的に、商品の保管スペースによって決まります。 商品が少ない内はいいですが、商品の量が増えるほどお金がかかるようになります。 あまり売れない商品を大量に倉庫に預けてしまうと余計な費用が掛かってしまうので、余計な費用がかからないように注意した方がいいです。 まとめ• 「あとよろメルカリ便」 は配送をすぐに外注化できる• 提携倉庫にまとめて配送すれば送料を抑えられる• 配送手数料や在庫保管料には要注意 「あとよろメルカリ便」は、うまく活用する事で配送の手間を自動化できます。 メルカリで効率的に稼ぎたいなら、必ず活用したほうがいいです!.

次の

あとよろメルカリ便とはどんなサービス?使ったほうがいいかどうか考察してみた

あと よろ メルカリ

あとよろメルカリ便とは? どんなサービスなのか? 出品する物を倉庫にまとめて送って、売れたらメルカリが梱包作業と発送作業をしてくれるというサービスです。 わかりやすく言うとAmazonのFBAみたいなサービスですね。 いつからスタートするのか? 一部の出品者のみ2月からサービスが試験的に行われています。 みんなが利用できるようになる時期はまだ未定です。 料金はいくらか? まだ何も決まっていません。 これから発表されます。 予想される手数料としては、「保管手数料」や「発送手数料」があります。 あとは手数料ではありませんが、倉庫に発送する送料がかかります。 メリットとデメリット どんなメリットがある? メリットとしては以下のことがあります。 在庫を置く場所が要らない• 売れるたびに発送しなくていい• 梱包がひどいと言われない 在庫を置く場所が要らない・・・メルカリに出品しても通常は売れるまでは、家に置いておかなければいけません。 あとよろメルカリ便を使えば売れなくても倉庫に送ってしまえるので、じゃまになりません。 売れるたびに発送しなくていい・・・これが一番のメリットですね。 発送作業って面倒な物です。 忙しい時に売れると、梱包して発送するためにコンビニに行くって面倒です。 それにうっかり発送作業を忘れたりする可能性もあります。 倉庫までは発送しないといけませんが、自分の都合でできます。 梱包がひどいと言われない・・・メルカリで受け取ったら梱包がひどかった。 よく聞く話です。 専門の人が梱包して発送してくれるので、梱包がひどいと言われなくて済みます。 どんなデメリットがある? メリットだけでなくデメリットもあります。 デメリットとしては以下のことが考えられます。 料金がかかる• 倉庫に送る送料がかかる• 質問されても状態がわからない• どう保管されるかわからない• 倉庫に送る手間がかかる 料金がかかる・・・いくらになるかわかりませんが、手数料がかかります。 発送の手数料は売れる前にわかりますが、保管手数料は売れるのに時間がかかると、余計に手数料がかかります。 倉庫に送る送料がかかる・・・倉庫に送るのに送料がかかります。 ある程度の数をまとめて送らないと、1つあたりの送料が高くなります。 質問されても状態がわからない・・・商品が手元にない状態になります。 何か質問されても答えられないこともでてきます。 どう保管されるかわからない・・・壊れやすい物だと倉庫で傷がつけられる可能性があります。 補償とかもはっきりしていません。 倉庫に送る手間がかかる・・・梱包して倉庫に発送するだけで済むとは思えません。 倉庫では何らかの方法で商品ごとに保管されると思われます。 そのため一つ一つにバーコードを張り付けたりしないと、いけないことになると思わえれます。 だからただまとめて箱に入れて発送と言うわけではなく、何かしないといけないのかもしれません。 AmazonのFBAでは商品ごとにバーコードを張り付けるのですが、メルカリは基本的に携帯のアプリなので、どうするのか疑問ですね。 スポンサーリンク いろいろな疑問 その他のいろんな疑問について考えてみました。 評価はどうなる?• 倉庫はどこにどれくらいできるの?• 発送は匿名になるの?• あとよろメルカリ便は売れやすいのか?• 送料は込みになるのか?• カタログにない物でも送れるの? 評価はどうなる?・・・梱包が悪いとか発送が遅いとかいう評価があった場合はどうなるのでしょうか?自分の責任でないことで悪い評価をもらったら困りますよね。 倉庫はどこにどれくらいできるの?・・・全国に倉庫がないと、北海道とか九州とかの人は倉庫に送る送料がかなりかかってしまいます。 発送は匿名になるの?・・・あくまでも予想ですが、多分全部匿名発送になると思われます。 あとよろメルカリ便は売れやすいのか?・・・AmazonのFBAだと自己発送より高く売れることがよくあります。 あとよろメルカリ便の場合はどうなるのでしょうか?おそらくそこまでの違いはないと思いますね。 メルカリの場合はすべて個人の取引なので、購入するほうはそこまで意識しないと思います。 ただまだサービスがスタートしていないので実際はどうなるのかはわかりません。 送料は込みになるのか?・・・おそらく送料はすべて込みになると思います。 カタログにない物でも送れるの?・・・AmazonのFBAではすべてカタログにある物のみが対象になっています。 メルカリは不用品の販売なので、カタログとかはありません。 となるとどんな物でも倉庫に送れるようになるのでしょうか?どうやって送った商品を見分けるのか疑問が残ります。 成功するかどうか? あとよろメルカリ便は成功するのでしょうか?正直ちょっと微妙かなって思っています。 AmazonのFBAは利用する人が多くいて成功していますが、メルカリの場合はちょっと事情が違います。 メルカリは基本的に個人の取引です。 不用品を販売する人がほとんどです。 となると不用品の販売で、わざわざ倉庫まで送って売ろうという人は少ないと思います。 ある程度の数がないと一つ当たりの手数料が高くなるからです。 それに送る物が箱に入っているとか形の定まっている物でないと、倉庫には送りづらかったりします。 基本的にメルカリは個人のみですが、実際は業者で利用している人もいると思います。 あとよろメルカリ便は個人向けと言うより業者向けのサービスのような気がするんですよね。 となると業者が増えることになって、不用品販売の個人より価格が高くなる可能性もありメルカリとしては歓迎しない事態になるかもしれません。 使うべきかどうか? あとよろメルカリ便のサービスがスタートしたら使ったほうがいいかどうかですが、料金によりけりですね。 ただどうしても必要と言うわけではないと思います。 使った人の意見を見て評判がいいなら使ってみる。 そんな感じでいいと思います。 AmazonのFBAみたいなシステムですが、カタログのないメルカリでどうやって商品を区別するのかその辺が疑問ですね。 納品するために発送する時もパソコンを使わないでスマホのみで完結できるシステムなのかいろいろスタートしてみなければわかりません。 まとめ 今回のまとめ.

次の