ランボー 2 女優。 ギネス世界記録に登録された『ランボー3怒りのアフガン』を徹底解剖

ミャンマーのリアルを描いた『ランボー最後の戦場』最新作情報も紹介

ランボー 2 女優

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2019年2月)• が含まれているおそれがあります。 『』シリーズ第3作にあたる。 がかつての上司であるをまで救出に行くストーリー。 全101分の本編で108人の死を描くという過激な内容から、1990年度のに「最も暴力的な映画」として認定された。 あらすじ はこれまでの戦いで負った心の傷を癒すべく、・の寺院にいた。 そこへが、から派遣されてきたグリッグスと共に現れる。 トラウトマンはによる残虐行為が横行するのジュルム地区へと支援物資を供給するため、現地調査の任を帯びていた。 彼らはその協力を求めて訪ねてきたが、ランボーは「俺の戦争は終った」と固辞する。 しかし、調査隊を率いて現地へ赴いたトラウトマンはソ連軍に捕らえられてしまう。 ランボーはそれを知るや否やすぐさまアフガンに向かい、現地ゲリラ部隊と協力してソ連軍のに潜入する。 激しいの末、ランボーはトラウトマンを救出するが、ソ連軍のザイセン大佐は最強のを投入してランボー達のを開始する。 絶体絶命と思われたその時、のが馬に乗ってランボーたちの加勢にやってくる。 窮地から一転、ムジャーヒディーンと協力してランボーたちは攻勢に出るのであった。 キャスト 役名 俳優 日本語吹替 版 版 (追加収録) 大佐 () グリッグス ザイセン大佐 マーク・ド・ジョング マソード スピロス・フォーカス モーサ ハミド ドウデイ・ショウ 広田雅宣 ラヒム マームド・アサドラル カリド ジョセフ・シアグ ウーリ シャビー・ベン・アロヤ 格闘技の対戦相手 ハロルド・ダイアモンド 役不明又はその他 千田光男 演出 蕨南勝之 松川陸 翻訳 (字幕) 調整 近藤勝之 長井利親 効果 南部満治 大橋勝次 南部満治 制作 ニュージャパンフィルム プロデューサー 垂水保貴 奥田誠治 解説 初回放送 『』 『』• 当初、テレビ朝日版吹替がDVD・BDに収録された。 ランボー、トラウトマン大佐、モーサの台詞が一部欠落しているが、DVD発売時に大佐の吹替声優の内田稔が休業中 18年に死去 だったため、追加収録等は行われなかった。 この吹替はなどの動画配信サービスでも配信されているが、該当シーンは字幕で対応している。 その後、欠落部分を追加録音した「吹替補完版」が、2019年4月20日にプライムで放送された。 ランボー、モーサの追録はささき、千田が再登板し大佐の追録は以前に『』シリーズで内田の代役を務めた御友が代演した。 スタッフ• 監督:• 製作:バズ・フェイシャンズ• 原案:シルヴェスター・スタローン• 原作:• 撮影:• 音楽:• SFX:トーマス・フィッシャー 製作 当初はスタローンがを本作の監督に抜擢し、予定通りをしたが、ランボーが敵地に潜入する中盤のシーンの撮影中に、スタローンとの創作性での意見の衝突により途中降板をしたため、後任として前作にも第二班監督として参加していたマクドナルドに白羽の矢が立ち、監督を引き継いだ。 ロケ地 ロケ地はと、そして。 イスラエルでは14週間におよぶロケを行ったが、当局からの規制が厳しく、終盤の荒野における大規模な戦闘シーンはアリゾナで撮影された。 また、劇中のやの場面の大半はイスラエルで撮影されたが、のは海に望むの縁にセットを築いた関係で海が画面内に入らないように撮影された。 このほか、ランボーがアフガニスタンで見る山々のシーンはのほとり近郊で撮影され、遠方に見える雪山は合成された。 ランボーが居候していたタイの寺院は野外セットではなく、建築中の本物の寺院が使われた。 作品解説 前2作品の『』と『』が、「祖国のために命を懸けて戦った将兵たちに対して、その祖国の国民や政府はあまりにも冷淡すぎる」というの悲哀をテーマにしたのに対し、主人公の()とアフガン・()が協力して、ソ連部隊と戦う内容になっている。 前作と同様、の種類は豊富であり、AK系統のだけで10種類ほど登場する(、など)。 さらに、随所に登場するやは車両同様から貸し出された本物である。 しかし、はの数が足りなかったのかで代用されている(そのため、終盤のシーンでランボーがワンシーンしか使用しない)。 マクドナルド監督はリアリティを出すためテクニカルアドバイザーにマニアックな銃器を手配するよう頼むと、当時はあまり知られてなかったやなどを借りてきたらしい。 そのためかなりいい仕上がりになったとのこと。 映画のテーマであるソ連支配の打倒を正当化するものとして、ランボーを案内するアフガン人による「アフガニスタンは、昔、が、次にが征服を試み、さらに今はソ連だ。 でもアフガン人は負けない」やソ連部隊のとなったによる「をもったゲリラがいる国は征服できない。 我々はそれをで体験した」という台詞、ラストのテロップに「 この映画をすべてのアフガン戦士たちに捧げる」という文言が出る。 なお、アメリカでの公開10日前に和平協定にあたる「アフガニスタンに関係する事態の調停のための相互関係に関する協定」が締結されて、ソ連軍の撤退が始まり、後のにつながっていくことになる。 そして皮肉にも、ソ連軍撤退後はムジャーヒディーン同士の対立からとなり、の台頭を招くことになる。 演出 スタローンは、多くの危険なスタントを自らこなすなど、このランボーシリーズでかなり身体を張っている。 一例として、映画本編の中盤で、救出のためが敵地に潜入するシーンで、の衝撃で飛んで来た「木の枝」がランボーの右脇腹に突き刺さる。 その後、治療のため自ら木の枝を抜き取り、のを傷口に付け、炎を引火させる一連のシーンは、 撮影中にスタローンが実際に負った傷であり、治療シーンもスタローンが自ら行っている [ ]。 自ら傷口を治療するシーンは、1作目の『』にもある通りである。 これ以外にもイスラエルがから鹵獲した製のや、イスラエルが元々使用していた製のも登場している。 また、終盤でランボーがから強奪する戦車は、スタローンの「時速80kmで走れる戦車がいい」というリクエストに基づいて用意された改造戦車である。 旧式の戦車に大型のを内蔵させたため、リクエスト通りの速力を確保できた。 この撮影時にスタローンのが発覚し、後にマクドナルド監督は「『』に出演したのには驚いた」と語っている。 評価・反応 アメリカでの累計興行収入は5371万5611ドルであり 、前作の1億5041万5432ドルから1億ドル弱下回った。 また、1989年には最低主演男優賞に選考された。 ゴールデンラズベリー賞財団の授賞式にはスタローンは出席していない。 ラストのテロップ「この映画をすべてのアフガン戦士たちに捧げる」の「アフガン戦士」が結果的にを指していたことも低評価につながった。 での養成所で、強制的に徴用された少年達を好戦的にするために本作品が利用された。 本作と同年に全米公開された主演のコメディ映画『』に、本作の劇場用ポスターが登場し、シュワルツェネッガー演じる主人公がポスターに写るスタローンをからかうワンシーンが描かれている。 脚注 [].

次の

「ランボー/怒りの脱出」

ランボー 2 女優

主役のシルベスター・スタローンの 極限まで鍛えられた筋肉もアクションも飛ばした ヘリコプターも、使用された 重火器さえ前作に続いて 本物という徹底した本物志向(当時は現在ほどVFXが一般的ではなかったこともあり)の作品でした。 劇中に「自分はエクスペンダブルである」という台詞があることから、世界的な大ヒットを記録した一方で ラジー賞4部門を受賞したものの、還暦を過ぎたスタローンが再びアクションスターとして返り咲いた『 エクスペンダブルズ』にも影響を与えたと思われる本作は、 アクション映画を語る上で欠かすことのできない名作です。 今の時代、舞台裏映像といえばグリーンスクリーンやブルースクリーンが一般的なので、 リアルなセットにリアルなヘリは新鮮に感じるかもしれません。 Video: アメリカのプライドを守るために捕虜救出を反対したCIAのマードックに対して怒りを爆発させたランボーが、タイの米軍基地に戻ってきたシーンからはじまります。 ストレッチして準備万端。 カメラチェックに余念がないスタローンをなめるように映すカメラ。 盛り上がる胸筋にドキドキします。 ヘリから黙々と上がる煙、今ならCGで後付けしそうな描写です。 続いて、マードックの裏切りによってベトナムに置き去りにされてしまったランボーが、ロシア兵によって拷問されるシーン。 拘束されたランボーの体に ナチュラル・レンズフレアです。 お次はベトナムからヘリで脱出するランボーたち。 ヘリを実際に飛ばしています。 この頃の映画はこれが当たり前だったんです。 そして、怒りで爆発寸前のランボーが憎きマードックの元にやってくる緊迫のシーン! マシンガンでマシンを次々と破壊からの サバイバルナイフでグサリ! 銃もナイフも本物ですから……。 すごい迫力です。 この映像ではマシンを破壊するシーンが俯瞰で撮影されていますが、映画だとマシンガンの 振動に合わせてスタローンの 筋肉が揺れるんです。 あれは良かったなぁ……(ウットリ)。 スタローンだけでなく、撮影クルーも上半身裸なのは高い湿度に耐え切れなかったからでしょう。 今のアクション映画と比較すると派手さはあまりありませんし(爆発物の数に対して爆発箇所が多いといった謎な派手さはありますが)、アクションも遅く感じます。 しかし、それは本物志向だからこそ。 Tags :•

次の

映画『ランボー2』の貴重な舞台裏の映像。スタローンの弾ける筋肉にゴクリ

ランボー 2 女優

ベトナム帰還兵が引きずる深刻な心の病と、世間からの冷たい差別を描いた1作目から37年の時を経て作られたシリーズ5作目。 ここにきて5作目を出す意味は何なのか?そもそもランボーはもうお爺ちゃんじゃないのか? そんな高齢で戦えるのか?そもそも今さら何と戦うのか? そんなあらゆる疑問は、全てランボーが仕掛けた爆弾が木っ端微塵に吹き飛ばしてくれる。 初めて家族と呼べる心の拠り所となる存在を得たランボーが大切な人のために立ち上がる。 確かに物語が少し進むと、誘拐された娘を奪回しようとする元工作員を描いたリーアム・ニーソン主演の『96時間』にも内容がやや重なる気がしたが、そんな思いも束の間、やはりランボーはランボーでしかなかった。 他者の理解を得ながら幸福に生きることには不器用なのに、皮肉にも人を殺めることにかけては誰よりも器用な男、ランボー。 シルヴェスター・スタローンはそんな不器用な男がハマりにハマる。 スタローンを一躍有名にした『ロッキー』シリーズでも、不器用なボクサーの生き方と哀愁が世界中の涙を誘った。 もっとも、ロッキーが続編が作られるたびにスターとしての存在感を強めていき当初の不器用さが薄れていったのと同様に、ランボーも2以降は当初の差別の被害者としての側面は薄れていき、場所こそ移しながらも最強の傭兵として大活躍していく。 そんな流れの中で作られた5作目にあたる本作、 ベトナム戦争が当時の人々に色濃く落とした暗い影という社会性あるテーマからは当然に乖離しており、批評家たちはこぞって低い評価を寄せたという。 しかし!声を大きくして言いたいのは、この映画の監督は、あるいはスタローンは、観客が何を見たいのかを完全に分かっているということ。 そもそもランボー5作目を観たい人間、観ようとする人間の多くは、映画というよりランボーその人を見たいのだ。 そういう意味で、本作は高齢になったとはいえそのランボーすぎるほどのランボーを確実に味わうことのできる極上の映画に仕上がっている。 これは正直言って予想外だったのだけど、実際劇中のあるシーンとエンドクレジットで合計2回泣いてしまった。 『ランボー ラスト・ブラッド』 あらすじ いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれる元グリーンベレー、ジョン・ランボー。 しかしガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致され、事態は急転する。

次の