ドアモール シャイン。 「欧州車のドアモールに浮かぶ、あの白いモヤモヤ! ホルツの『ドアモールシャイン』でさっぱり解決!【PR】」みんカラスタッフチームのブログ | みんカラスタッフブログ

ドアエッジプロテクターについて皆様はどう思われますか?

ドアモール シャイン

キーワード• すべてを含む• いずれかを含む• 除外する 検索範囲• すべて• 商品名のみ カテゴリ• 送料無料• 条件付き送料無料 配送• 当日配送 きょうつく• 翌日配送 あすつく• 今からの注文で 販売の状態• 在庫ありのみ• 予約可能• 割引あり 商品の状態• すべて• 中古 価格帯• 円~ 円 出品者• すべて• ストア• 個人 支払い方法• 指定なし• Yahoo! ウォレット• クレジットカード• 商品代引• 銀行振込• コンビニ• ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い• ドコモ払い• auかんたん決済• Yahoo! 選択した条件をクリア 5. 0 欧州車白サビ除去効果のある使い切り商品!• 0人中、0人が役立ったといっています• 使い切りのセット商品。 アルミモールの白サビ除去の4種サンドブロック、マスキングテープ、コート剤、2個のコーティングスポンジが入っている。 マスキングテープは1台分には不足するため予備が必要。 コート剤を使用するときにはゴム手袋も必要。 サンドブロック使用時には水を含ませるためのバケツか霧吹きと拭き取り用クロス、コート剤を塗る前に水分を取り除く拭き取りクロスは必要なので事前準備した方がいい。 水を含ませたサンドブロック使用時には白サビが薄くはなっているが拭き取って乾燥すると再び薄く白サビが浮き上がってくるので、サンドブロックの番手を変えて丁寧な作業が必要。 コート剤はスポンジに含ませて一気に塗り伸ばすとよい。 少々白サビが薄く残ってもコート剤をつけるときれいな状態となる。 欧州車の白サビ除去には効果がある。 で購入しました•

次の

【楽天市場】ホルト Holts(ホルツ) MH684白サビ除去&コート ドアモールシャイン:クレールオンラインショップ

ドアモール シャイン

こんにちは、スタッフSSです。 欧州車オーナーの皆さんには、愛車のドアモールを見ていただきたいのですが、 「うちのは銀色のアルミ製だよ」という方、多いのではないでしょうか。 スポーツ系の欧州車だと、黒などでペイントされていたりするケースもありますが、その多くがアルミの地肌そのまま、というケースが多いんですよね。 で、こちらのアルミ製ドアモールにつきものと言えば、そう、表面に浮き出た 白いモヤモヤしたウロコのようなシミ、ですね。 この白いシミのようなものは、実は水垢などではなく、 アルミ表面に発生した錆び=『白サビ』なんですね。 というわけで、今回ご紹介するのはこちらの商品! 世界的なクルマ補修用品ブランド、 「ホルツ」の 欧州車アルミドアモール専用 白サビ除去&コート 『ドアモールシャイン』 です! 付属品はこちらの、白サビを効率よく落として下地を作ってくれる、 「サンドブロック」! 直方体の4面をくるっと一周すると、粗目から細目のサンドペーパーをかけられるようになっています。 まずこちらは320番から600番。 クルっと回すと1200番と3500番の4種類となりますね。 マスキングテープも、ばっちり付属してますよ! で、こちらが下地処理した後に塗布する、 高濃度の可撓性レジンコート剤です。 あ、念のため、「可撓性」は「かとうせい」と読みまして、こちらのレジンコート剤を塗ることで、表面の微細な凹凸を柔軟且つ割れにくい皮膜で覆って ツルツルにしつつ、白サビの再発を防止してくれます! 撥水効果が6ヵ月以上持続するのも嬉しいポイントですね! 他にも コート剤塗布用のスポンジが2つと、マスキングテープが付属しているので、これだけで施工が可能になっていますね。 ちなみに、なぜ「欧州車専用」なのかというと、国産車の場合、樹脂製のドアモールをメッキ加工しているため、「サンドブロック」で下地処理すると、メッキを傷付けてしまうんですね。 はい、というわけで、早速施工していきましょう! 被験者、じゃなかった、被験車はこちら、我が社お偉いさんの先代F11型のBMW 5シリーズツーリングですね! えー、では、早速。。。 って、 ドアモール黒っ!! アルミ製だけど、黒く塗装してあるタイプじゃないですか! じゃあ、今日はこの辺で~、というわけにもいかないので、よーく見ると。。。 あった! ルーフレール! 白サビも。。 ばっちり発生してます! 人様の(しかもお偉いさんの)クルマに錆びを見つけて喜んでるのもどうかと思いますが、今回はこちらのルーフレールに施工していきましょう! 皆さんはぜひ 「これはドアモールだ!」と100回大声唱えて強く自己暗示をかけた上でご覧ください! というわけで、 まずはマスキングしていきましょう! はい、きっちりマスキング完了です! 何度でも言いますが、「これはドアモールだ!」の精神ですよ! 続いて、サンドブロックを水に濡らして。。 白サビの具合に合わせて、酷ければ低い番手(320番~)から始めていきましょう。 使うサンドブロックの目安としては以下を参考にしてくだいね! ひどく劣化した状態なら『320番』 白サビ進行状態なら『600番』 白サビ初期状態なら『1200番』 最終仕上げには、『3500番」、となります! 無理に力を入れる必要はないですから、小まめに水を付けながら進めましょう! 徐々に指先の感覚が変わっていくのがわかると思います! やりすぎはよくありません。 完璧に落ちなくても、あとでコート剤が白サビを目立たなくして、且つそれ以上の進行を食い止めてくれるので大丈夫です! 硬く絞ったタオルで水分をふき取り、十分に乾燥させましょう。 というわけで、十分にルーフレールのように見えるドアモールが乾いたら、こちらの高濃度可撓性レジンコート剤の出番です! 大事なのでもう一度言いますが、 表面をコートした上で、白サビの再発を防止し、撥水効果も6カ月続きます! スポンジの柔らかい面にコート剤を適量取りましょう。 いきますよぉ。 力を入れずに、 一定の速さで同一方向に塗り伸ばしていきます。 この際、塗り重ねとかしないほうがスジムラになりにくいです。 一度で仕上げるつもりで丁寧且つ大胆にまいりましょう! コート剤を塗布し終わったら、マスキングを剥がしまして。。。 仕上がりチェックといきましょう! いかがですか! 白いモヤモヤ白サビがあったとは思えません! 塗布後、約1時間で触っても大丈夫になりますが、 完全乾燥まで24時間は擦ったり、雨や水に濡れないように注意してくださいね! はい、というわけで、欧州車アルミドアモール専用 白サビ除去&コート『ドアモールシャイン』、いかがだったでしょうか!? ドアモールはクルマに乗る際には必ず目に入る部分ですから、一度キレイにしてコートしておけば、いい気分でドライブに出かけられると思いますよ! 施工の動画なども見られるので、ぜひチェックしてみてくださいね! あ、最後にお伝えすることがもうひとつありました! 武蔵ホルトさんから、なんとホルツの ガソリン添加剤 『プレストン スーパーパフォーマンスプレミアム』を、 200名様にモニター商品としてプレゼントします!! 『プレストン スーパーパフォーマンスプレミアム』を試して、パーツレビューに投稿いただける方は、 (holtscampaign holts. 当選された方は、ぜひパーツレビューの投稿もお願いいたします! 皆さんのご応募、お待ちしております! では、また。

次の

ドア 【通販モノタロウ】

ドアモール シャイン

この記事の目次• 欧州車の悩み「白サビ」がコレ! アルミモールのところにウロコ状の斑点があります。 これが問題の『白サビ』です。 これが前から後ろまでビッシリ付いているので、これがどこまで綺麗になるのかが気になるところです。 指触乾燥時間は約1時間前後、完全乾燥まで24時間は擦ったり、雨や水に濡れないように注意してください。 実際に手に持っているのがサンブロックになります。 側面に「320番」「600番」「1200番」「3500番」と記載されており、これ1つで酷い白サビから最終仕上げまで磨くことができます。 マスキングテープを貼ってボディを保護 まず、アルミモールの周り ボディ にマスキングテープを貼っていきます。 この作業は必ず行ってください。 ヤスリでアルミモールを削って白サビを落とすのでマスキングテープを貼らずに手が滑った時は・・・ボディも削れてしまうのでマスキングテープは忘れずに貼っておきましょう。 番手を変えながら削っていく マスキングテープを貼り終えたらアルミモールに付着しているホコリを洗い流してサンブロックを水に付けながら磨いていきます。 白サビの状態はそこまで酷くないので「600番」から始めます。 「600番」で磨き終わったら「1200番」、「1200番」が終わったら「3500番」といった感じで番手を大きくして徐々に均していきます。 もちろん白サビが酷くてどうしようもない人は「320番」から始めてください。 削り終わったらコート剤を塗布する 最終仕上げまでやったらここまで綺麗になりました。 この状態だと再度白サビが発生することがあるので、乾かしてからコート剤を塗布していきます。 根の深い白サビだとサンブロックで落としきれないこともあります。 薄っすら残っている状態だったらコート剤を塗布した時に目立たなくなるので安心してください。 何度も塗るより1回で塗った方が綺麗に塗れます。 あとコート剤の付けすぎ注意です。 垂れてしまうと塗りムラになるので注意して下さい。 施工前との比較 これが施工前との比較画像になります。 もう何も言うことはありません。 素晴らしい。 まとめ といった感じで以上になります。 実際に使ってみた感想は『使いやすい!』これに尽きます。 耐水ペーパーとかだと大きく切りすぎてボディに接触したり、いちいち番手を変えないといけないので面倒だったりするんだけど、1つのサンブロック「320番」「600番」「1200番」「3500番」が付いているのとサイズ感が丁度アルミモールと同じぐらいの幅だったので使いやすかったです。 あとは、このコート剤。 コート剤は使ってみた感じ、あんまり付けない方がいいかな。 ベタベタ付けると垂れる可能性があるので、結構薄塗りした方がいいです。 耐久6ヵ月以上なので、その辺も安心して使用することができると思います。 あっそうだ!忘れてた! 今回みたいに、ぐるーっと1周アルミモールが付いている車種はマスキングテープが足りなくなります。 だからといってマスキング無しは本当に危険だからやめた方がいいです。 例えば「3500番」で磨いている側面は「320番」だったりするのでマスキングぐらいと思ってサンドブロックが接触したら「・・・」ですよ。 なのでアルミモールが長い車種に施工する場合は、追加でマスキングテープを用意しておいた方がいいと思います。 気になった方はぜひ購入してみて下さい! そいじゃ、また!.

次の