軽 自動車 の 車検 代。 軽自動車5年目の車検代について軽自動車で5年目の車検代が車検専...

軽自動車の車検!かかる費用はこれくらい!

軽 自動車 の 車検 代

軽自動車の税金は新車登録から「13年」を超えると高額になります。 そこで、今日は13年目を迎える軽自動車の様々な疑問を解決していきたいと思います。 このページで解決できる疑問はこちらです。 軽自動車税には何があるの? 軽自動車にかかる税金は、3つあります。 1より 取得税に代わり、軽自動車購入時に支払う税金。 燃費が悪く環境に悪い車は重税され、燃費の良い「環境に良い車」なら免除/または安くなる。 このうち、13年目に増税されるのは「軽自動車税」と「重量税」の2つです。 軽自動車税/13年目の金額は? 新車登録から13年経つと「軽自動車税」は増税されます。 新車登録時の自動車税は7,200円ですが、13年経つと 12,900円になります。 軽自動車税一覧表 乗用/貨物 自家用/営業 軽自動車税 新車登録から H27. 軽自動車税は「乗用車」よりバンや軽トラックなどの「貨物」の方が値段が低く、営業用になるとさらに低くなります。 自分の車がどれにあたるのか解らない場合は、車検証の 赤丸印の部分に記載されていますので 車検証をチェックしてみましょう。 車検証 軽自動車税の見分け方 重量税/13年目の金額は? 軽自動車は13年を超えると、自動車税に加えて 重量税も増税されます。 13年を超えた軽自動車は、車検証の赤丸の部分が「自家用」の場合 8,200円に、事業用の場合 5,400円になります。 下の表は、基本的な重量税の金額です。 低燃費の車ですと「エコカー減税」が利用できるので、ここから免税または25~50%減税になる車もあります 13年未満 13年経過 18年経過 自家用 6,600円 8,200円 8,800円 事業用 5,200円 5,400円 5,600円 軽自動車重量税「特殊な13年経過の数え方」 軽自動車が13年経っているかは、単純に現在の年号から「車検証」の初年度登録 青い四角 を引き算するだけですが、特殊な数え方をするので注意しなければなりません。 上の「車検証」の初年度登録 青い四角 がちょうど「13年前」だった場合でも、その年の 12月1日までは13年未満と数え、重量税は6,600円となります。 ですから、13年経っていても車検が1月~11月までの軽自動車は、増税前の6,600円になります。 13年経過 現在の年号 初年度登録 増税される日 平成31年 令和1年 平成18年 平成18年 12月1日~ 令和2年 平成17年 平成17年 12月1日~ 令和3年 平成16年 平成16年 12月1日~ 令和4年 平成15年 平成15年 12月1日~ 軽自動車税 13年を超えると、なぜ高くなるの? 13年を超えた車の「軽自動車税の増税制度」は2016年に始まりました。 「経年車重課」といって、 古い車は燃費が悪い上に、排気ガスなどで環境へ悪影響を及ぼすとされ、軽自動車税の標準税率が引き上げされまたのです。 確かに、古い車は燃費も悪いし、排気ガスも多そうね。 この制度では、新車から13年を超えた車の税率が20%上乗せされ、軽自動車税だけでなく、すべての車に適用される事になったのです。 これは、政府が13年を超える車のユーザーに、新しく環境に良い車へ乗り換えることを促し、電気自動車やハイブリッド車などの「環境に良い車」を普及させたい狙いがあると言われています。 13年経ったら「車検/買い換え」どっちがお得? 新車登録から13年経つと、車を買い換えようか? それとも車検を受けようか迷う方が多いです。 車は高額です。 購入するより、車検をとった方が安いのはあたりまえです。 しかし、13年目にもなると、経年劣化により、様々な箇所に不具合が生じてきて、その費用も心配ですよね。 13年目の車検はどのくらいの費用がかかり、買い換えるとなるとどちらがお得なのか解説していきます。 軽自動車13年超/車検費用はいくら? 13年経った軽自動車の車検は「重量税の値上がり」と「経年劣化の消耗部品交換+故障修理」というリスクが加わりますから、 今までの車検代より20%増しになると考えられます。 下の写真は、 13年を経過した車の「車検請求書」です。 タイミングベルト交換を合わせて15万円近くかかっています。 これは街の認証車検修理工場での車検金額ですので、高額なディーラーではもっと請求されるでしょう。 では、13年を経過するとどんな故障や修理が予想されるのか?金額はいくらかかるのか解説していきます。 タイミングベルトの交換は10年または、10万キロで交換しなければなりません。 最近の軽自動車は品質がよく、まだ大丈夫と先伸ばしているケースが多いですが、個々のお客様の管理の仕方で車の劣化度は異なるので、うのみにしてはいけません。 タイミングベルトが走行中に切れるとエンジンが破損し、廃車にせざるをえないケースがほとんどです。 タイミングベルトが切れるとタイヤにロックがかかり大事故につながります。 13年でまだ交換していない場合は、早めに交換するようにしましょう。 タイミングベルト交換は3万円~4万円が相場ですが、周辺の部品の交換も必要な為、さらに1万円~2万円プラスされると予想できます。 下記はワゴンRが故障した時の修理の目安です。 ハゲる箇所はボンネットが一番多く、次に屋根が多いです。 塗装は少なく見積もって10万円はしますので、金額を聞いて買い換えるお客様がほとんどです。 買い換えの費用とメリット 13年経過すると、軽自動車税・重量税などが高額になり、経年劣化の修理箇所や故障個所も増えます。 その為、車検費用が高くなり車検に要する期間も長くなってしまいます。 修理代や税金がかさむ古い車にお金をかけるより、新しい車にお金をかけたいという方も多いです。 しかし、車検代金より車両代金は高額なので、慎重に考えなければなりません。 一般的に、車の買い替えは13年目が一番お得と言われていますが、 税金のお得度を含め、買い換えのメリットをご紹介していきます。 13年経過の税金 VS 買い換えの税金 まずは、税金のメリットを見て行きます。 解りにくいので、スズキのハスラーを新車で購入する場合の実際の金額を見てみましょう。 グレード 環境/燃費 価格 32. 3度目の延長で、2021年3月まで適用が決まっています。 適用期間 2019年4月1日~2021年3月31日 適用内容 適用期間中に新車新規登録等を行った場合に限り、当該年度の翌年度分について特例措置が適用 「軽自動車税」金額比較 ハスラーを購入した場合、グリーン化特例が使えるので5,400円/年の軽自動車税となりお得です。 軽自動車税は毎年支払わなければならないので、お安くなると助かりますね。 環境性能割 取得税 が非課税になる 2019年10月から、取得税の代わりに導入される新税「環境性能割」では、燃費が良く環境に良い車は免税/減税されます。 0% 0. 0% 1. 最近の新車の70%は、環境に良いエコカーです。 確かに、愛着を持った車を大切に長年乗る事は良い事ですが、 維持費を考え長い目で見ると、環境に良く減税率の高い「新しい車」に乗り換えたほうがお得だと感じます。 13年超のデメリット ・軽自動車税・重量税共に高い ・経年劣化での故障や消耗部品、必須修理などで金額がかさむ 買換えのメリット ・新車はグリーン化特例で、軽自動車税が安い ・新車はエコカー減税で重量税が安い ・「環境性割」は、非課税又は減税 ・買取/下取りが高額査定 また、早めに買い換える事で、下取り価格や買取価格がお得な査定額になる場合があります。 軽自動車は維持費が安いため人気が高く、13年経過した車でも良い値が付きます。 走行距離が少なければ高い値段での買取りが期待できます。 乗り続けて価値がなくなる前に、高額で買取/下取りをしてもらいましょう。 高額なローンを組むのも迷うところです。 13年間大切に乗った愛車。 愛着がわき、もっと長く乗り続けたいという価値観も尊重したいですよね。 まずは、軽自動車税が高くなったり修理や故障個所が多くなる 13年を買い換え時期の 目安と考えましょう。 13年経ったからすぐに買い換えようと無理をせず、転職や就職で通勤距離が多くなる場合や、結婚や出産で家族が増える時など、 ライフスタイルが変わる時期をきっかけに検討するのが良いでしょう。

次の

安心安全!スズキディーラーでの車検費用は?

軽 自動車 の 車検 代

トラックにはさまざまな大きさがありますが、「軽トラック」と呼ばれるものはトラック型の軽自動車に分類されます。 普通のトラックより保険や税金、維持費が安く、使い勝手がいいため、愛用している人も多いのではないでしょうか。 「軽トラックを車検に出す場合と売る場合、どちらがお得なの?」「軽トラックの車検にかかる費用ってどれくらいなのだろう?」など、車検や費用について知りたい方も少なくないでしょう。 軽トラックの維持費をできるだけ抑え、節約したいと思う気持ちは分かりますが、費用を節約しすぎた影響で車が故障してしまったり、事故を起こしてしまったりすれば、修理代や補償に大金を支払うことになってしまいます。 そういった事態を避け、安心して走行するためには、車検の費用だけを考えるのではなく、、信頼できる場所に車検を依頼することが重要です。 本記事では、車検に必要な書類や費用のご紹介はもちろん、車検の際に更新必須の自賠責保険や、定期的な見直しが重要な任意保険について、さらに、車検か買い替えかを検討するタイミングについても、ご紹介しています。 軽トラックの車検に必要なお金、書類、保険といった内容を理解することで、スケジュールでつまずくことなく、効率よく車検を行ったり、買い替えのために下取を検討したりすることが可能です。 目次 1. 急がば回れ?軽トラックの車検費用相場と質の高い車検を受けるための車検依頼先の選び方 軽トラックの車検に必要な書類と手数料。 車検費用は6. 車検費用は6. 必要書類は、整備工場やガソリンスタンドなどお店に依頼する場合と、ご自分で車を持ち込み、ユーザー車検を受ける場合では多少異なるため、注意が必要です。 お店に依頼する場合 ユーザー車検を受ける場合 ・車検証 ・自賠責保険証明書 ・軽自動車税納税証明書(継続検査用)(車検証記載の「使用者」の印鑑が必要になる場合あり) 下 ・車検証 ・自賠責保険証明書(新旧2枚が必要) ・軽自動車税納税証明書(継続検査用) ・軽自動車検査票 ・自動車重量税納付書 ・継続検査申請書 ・点検整備記録簿 ・使用者の印鑑 車検にかかる費用とは? 車検時に必要な費用は、「法定費用」+「車検基本料」+「追加整備費用」として構成されています。 法定費用とは、自賠責保険料、自動車重量税、印紙代といった法律で定められている費用のことです。 どこで車検を受けたとしても、法定費用の金額は変わりません。 では、金額の詳細を見てみましょう。 また、自動車重量税は、軽トラックが自家用か、事業用かによって金額が多少異なります。 車検費用は、自分で行うのか、ディーラーなどに依頼するのかによって金額が変わってきます。 ディーラーや整備工場などで受ける場合は、24カ月定期点検や簡単な整備、車検手続き代行料などを含んだ車検基本料が必要となるため、ユーザー車検よりも割高になります。 また、点検の結果、ブレーキオイルや冷却水などの交換が必要になった場合には、別途その費用もかかります。 依頼する業者によっても料金に違いはありますが、車検基本料だけで30,000円以上。 法定費用を加えると、おおよそ65,000円~を相場と考えておくとよいでしょう。 安心して軽トラを使うために、どこで車検を受けるのがお得?軽トラックの車検費用を抑える方法 おおよその費用相場がお分かりいただけたでしょうか。 それでは次に、軽トラックの車検はどこに依頼するのが一番得なのか、見ていきましょう。 車検は、現在さまざまな場所で受けることができます。 ディーラー、整備工場、カー用品店、ガソリンスタンドほか、車検専門のフランチャイズ店などもあります。 また、自分で車を持ち込んで行うユーザー車検もあります。 受ける場所によって、料金もさまざまです。 以下に、車検基本料の一例をご紹介しましょう。 〈車検基本料の例〉 ・ディーラー車検/34,020円 ・整備工場での車検/41,475円 ・格安車検/30,450円 ・ユーザー車検/0円(申請手数料1,400円のみ) 上記の料金を見ると、ユーザー車検が一番お得に感じることでしょう。 しかし、だからといって「ユーザー車検=ベストな選択」と早急に判断することは危険です。 ユーザー車検とは、軽自動車検査協会に自分で車を持ち込み、検査を受ける方法です。 前述の必要書類を準備し、軽自動車検査協会に自分で検査の予約を入れます。 検査に合格した場合は、法定費用と申請手数料のみで車検が可能です。 しかし、ユーザー車検の場合、整備不良などが原因で不合格になる可能性もあります。 不合格だった場合は、指摘された箇所を修理に出し、再度車検を受けなければならないため、時間も手間も余分にかかってしまうのです。 もっと大きな問題点が見つかった場合は、指定工場や整備工場に自分で持ち込まなくてはなりません。 日程に余裕がなければ、車検切れとなり車に乗れなくなるリスクも発生します。 費用を抑えようとユーザー車検を行った結果、費用も時間も余分にかかってしまったり、事故につながり、賠償や補償で多額の出費が必要となったりする可能性もあるのです。 そういった事態を防ぐためにも、費用よりも信頼がおける整備士がいるところに車検を依頼することをおすすめします。 自賠責保険は絶対加入!車検と保険の関係性 車検のタイミングで保険を更新!車を運転するなら自賠責保険が必須 自賠責保険は、公道を運転する上で加入が義務付けられている保険です。 万が一の交通事故の際に、他人にけがをさせたり、後遺症が残ったりした場合、相手への損害賠償として保険金が支払われます。 車検のタイミング=自賠責保険の更新タイミングですが、ディーラーや整備工場で車検を依頼した場合は、自分で更新手続きをする必要はありません。 ユーザー車検を受ける場合のみ、自分で手続きを行う必要があります。 自賠責保険を支払っていない状態では車検証は交付されないため、注意が必要です。 また、もしも車検を受けることが遅れてしまった場合は、自賠責保険も遅れた分だけ加算して支払う必要があります。 1ヵ月遅れた場合、「24ヵ月(通常の車検1回分)+1ヵ月分=25ヵ月分」を用意しましょう。 車検のタイミングでこそ、自賠責保険と一緒に任意保険も見直そう 自賠責保険は強制保険だとお伝えしましたが、任意保険は厳密にいえば義務ではありません。 しかし、自賠責保険はあくまでも最低限の補償なので、「自賠責保険にさえ加入していれば任意保険は不要」という考え方は危険です。 自賠責保険が適用されないケースについて見ておきましょう。 <自賠責保険が適用されないケース> ・対物賠償(相手の車やガードレールなど) ・人身傷害(自分自身や同乗者のけがや死亡、後遺症に対する補償) ・車両保険(自分の車) そのほか、対人賠償(事故の相手)はあるものの、上限が決められているため、万全の補償があるとはいえません。 さらに、軽トラックの場合、普通車(軽自動車)では想定しにくいさまざまな事故が起こりやすくなっています。 ・荷台の荷物が落下して、後続車を直撃した ・落下した荷物を避けた後続車が、交通事故を起こした ・積荷のバランスが悪く、高速道路のカーブの際に横転し、落下。 下道を走っていた別の車を直撃した ・「少しくらいオーバーしても大丈夫」と安易な過積載により、右折時にバランスを崩し店舗へ突っ込み火災を引き起こした ・荷崩れが気になり、背後を気にしながら運転したことにより、前方不注意で正面衝突した 上記のように、荷台の荷物がきっかけとなって事故を引き起こすケースは、軽トラックにおいて多発しているのです。 荷台の荷物が原因で起きた事故の過失割合は、一般的には「荷物を落とした側:落下物に衝突した側=6:4」といわれていますが、積荷の固定方法などに問題があった場合や積荷が直接車を直撃した場合などにおいては、荷物を落とした側が10割、直撃を受けた側の過失が0というケースもあります。 前述したように、自賠責保険では自分、相手ともに車の修理代は支払われません。 実際にはどれだけ自分が気を付けているつもりでも、いつ事故を起こしてしまうか、いつ事故に巻き込まれるかは分かりません。 莫大な損害賠償が発生したときに困らないように、任意保険への加入を検討することをおすすめします。 車検or買い替え?軽トラックの下取時期の目安 最後に、車検に出すか、買い替えるかを悩んでいる方に向けて、軽トラックの下取時期の目安についてご説明します。 軽トラックの査定に影響する走行距離は?走行距離が多くても高く売れる 軽トラックが最も高く売れる走行距離は3〜5万kmとされていますが、実際には、5万kmを超えてもまだまだ使用に問題はありません。 また、主に農業で使用される軽トラックの耐用年数は4年、運送業で使用される軽トラックの場合は3年と定められているものの、これらはあくまで数字の目安であり、実際の寿命として10年10万km走っているケースも少なくありません。 中には20万kmを超え、今もなお現役で使われている軽トラックも存在します。 また、軽トラックは海外需要が高いため、10年落ちのものや走行距離10万km超えのものであっても、高く売れる可能性があります。 走行距離が多くても高く売れる可能性は十分にありますが、早めに手放すことでより高値が付きやすいものです。 車検代が惜しい、車検代が予想以上にかかりそうだと感じた場合は、車検前に売ってしまうというのも一つの方法といえるでしょう。 車を少しでも高く売るには?日頃からできる簡単お手入れ方法 車を少しでも高く売るには、走行距離や型式も重要ですが、今から変更できるものではありません。 しかし、日常から小まめにお手入れをしておくことで、できるだけ高い値で売却することは可能です。 <高く売るために誰にでもできる簡単なお手入れ方法とは?> ・車庫に入れたり、車カバーをかけたりして直射日光や雨から車を守る ・マメに洗浄し、下回りのサビを防ぐ ・車内に掃除機をかける ・ペットを車に乗せるときは車が汚れない工夫をする(シート・ケージの活用など) ・車内は禁煙 ・匂いの強い芳香剤は使用しない(好みが分かれる) ・売却直前の修理はしない(素人修理はマイナスポイント) ・説明書などの純正の付属品はなくさないように保管しておく ・傷や凹みはマイナスポイントとなるため、普段から運転は丁寧に ・カスタムした場合は、純正部品を保存しておく もしも、現在の愛車の査定額が知りたい場合は、で買取相場を調べてみましょう。 まとめ それでは、最後に軽トラックの車検費用について、もう一度振り返っておきましょう。 ・車検の費用は、法定費用+車検基本料+追加整備費用。 おおよそ65,000円~が相場 ・車検を依頼する際には費用よりも、点検する人の技術を重視すべき ・コストを削減しすぎて、ずさんな車検を行うことが一番節約から遠くなる ・ユーザー車検を利用する場合、自賠責保険は自動的に更新されないので自分で更新手続きをする ・自賠責保険だけでは最低限の補償のみ。 車検のタイミングで任意保険も見直そう ・車検代が惜しい、車検代が予想以上にかかりそうだと感じた場合は、車検前に早めに手放すのも一つの手 ・軽トラックを少しでも高く売るためには日頃の使い方が大切 ・自分の車の買取価格が知りたい場合はグーネット買取で買取相場を調べてみよう グーネット買取では、無料で愛車の買取相場を調べることができます。 また、電話番号を入力する必要がないため「営業電話がかかってくるかも?」「しつこく勧誘されるのでは?」といった心配も不要です。 軽トラックを手放し、車を買い替えたい方や、軽トラックの車検が近いため車検費用について悩んでいる方は、まずは自分の愛車をできるだけ高値で買い取ってもらえる店舗を探してみてはいかがでしょうか?を活用して、愛車の相場を調べてみてはいかがでしょうか!.

次の

軽自動車の車検費用|相場や平均は?ディーラーはやっぱり高い?

軽 自動車 の 車検 代

スズキ車に乗っている方でこれから初回車検や継続車検を受けようと考えている場合、その車のメーカーのディーラーつまりはスズキのディーラーに車検を任せると安心です。 スズキ車の車検をスズキのディーラーで通すことには次のようなメリットがあります。 ディーラーでは基本的にその取扱いメーカーの整備がメインで、日ごろから整備をおこなっている車もスズキ車が多いですから、スズキのそれぞれの車でどこが壊れやすいのか・部品が消耗しやすいのかなどに関する知識が他メーカーのディーラーや民間整備工場よりも多いので、スズキ車であれば確実に車検業務をこなしてくれること間違いないでしょう。 メリット2つめは24ヶ月定期点検を実施していることです。 24ヶ月点検とは車検を業者に依頼した場合に必ず行われる定期点検のことです。 ブレーキや排気ガスにステアリングボックスなど計56項目が24ヶ月点検において点検が行われます。 自動車点検基準という法律で定められているもので、車検の前後で24ヶ月点検をするように記されているのです。 24ヶ月つまり2年毎にこの点検を行いますので、消耗品の確認や故障部分の有無を確認することができます。 24ヶ月点検についてはディーラーだけでなく、車検を行う整備工場であれば必ずしている作業です。 上記の理由と合わせて24ヶ月点検を行うことで、24ヶ月点検それのみで他社との差別化をすることはできませんが、総合的に良いということはできるでしょう。 軽の車検費用 スズキのディーラーで軽自動車の車検を受けた場合、愛知スズキの料金表によると、発生する費用は次のようになっています。 項目 価格 24ヶ月定期点検料金 15,120円 エンジン・下回り下部洗浄 2,700円 ブレーキオイル交換 3,132円 ブレーキ洗浄・調整 3,348円 ファンベルト点検・調整 1,404円 保安確認検査 6,480円 検査代行料 10,800円 重量税 6,600円 自賠責保険(24ヶ月) 26,370円 印紙代 1,400円 車検費用合計 76,054円 愛知スズキの車検費用表を参考に作成 引用元: 軽自動車の車検を受けた場合には少なくとも76,054円は発生することとなります。 この合計金額の内訳は、法定費用で33,070円、基本整備費用で42,984円と言う感じです。 ご覧いただくとわかるとおり、基本整備費用の合計金額は法定費用の合計金額よりも高くなっています。 上述したようにこの合計金額は最低限発生する車検費用です。 車検を通すために部品交換の必要が出てきた場合にはその部品代及び作業工賃が発生しますので、さらに費用は増加します。 それと合わせて、エンジンオイルやクーラントの交換などの整備を受けることも可能です。 おすすめ整備メニューとして次のようなものが提案されています。 項目 価格 エンジンオイル交換 2,700円~ エンジンオイル交換&オイルフィルター交換 4,536円~ オートマチックオイル交換 10,800円~ ロングライフクーラント交換(緑) 12,204円~ エアコンフィルター交換(カテキン) 3,240円~ 下回り錆止塗装 3,240円~ 普通車の車検費用 普通車の車検費用を表にすると次のようになっています。 項目 小型車(~1t) 小型・普通車(~1. 5t) 小型・普通車(~2t) 24ヶ月定期点検料金 16,200円 17,280円 エンジン・下回り下部洗浄 3,240円 ブレーキオイル交換 3,132円 ブレーキ洗浄・調整 3,348円 ファンベルト点検・調整 1,620円 保安確認検査 7,560円 検査代行料 10,800円 重量税 16,400円 24,600円 32,800円 自賠責保険(24ヶ月) 27,840円 印紙代 1,700円 1,700円 (普1,800円) 車検費用合計 89,830円 99,110円 (普99,210円) 107,310円 (普107,410円) 引用元: 普通車・小型車といっても車両重量クラスによって費用が変わってきます。 車検に限れば車両重量の違いで車検費用は変わってくるということが、今回紹介した表をご覧いただくとわかるでしょう。 軽自動車の車検費用合計と比べると10,000円以上高くなっていますが、基本車検整備費用は4,000円くらい高いだけで、この合計費用に違いを生み出しているのは法定費用つまり税金なのです。 軽自動車の重量税よりも9,800円以上高い金額が、普通車・小型車には付けられています。 まとめ.

次の